しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん専門看護や緩和ケアの経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。


テーマ:


 

ALL (急性リンパ性白血病 )Ph(-) 私の話ヒヨコ


JALSG-202O 寛解導入療法+地固め5コース

~骨髄移植後の中で、
髄注 <MTX+DEX>×2×2とおそらく+1回、
<MTX+DEX+AraC>×2 

計7回受けています。(量は不明)


ざっくり言えば、

脳みそにダイレクトに抗がん剤とステロイドが行っているので、
個人差はあっても100%ではなかったとしても、

おかしくなるのは当然だろうと、

同志(闘病仲間)ヒマワリで話したことがあります。


血液がん患者会晴れで、

少なくない方々ヒマワリより「頭がおかしい」と言う発言を聞きます。
自分も含め、

主に「記憶が定着しにくい」と言うことが多い様です。


化学療法や移植を受けていない加齢の影響のみの自分と

比較出来ませんし、
加齢と言われればそうなのかもしれません。


データになっていないものに対して、

医療者は断定的なことは何も言えないでしょう。


「移植してから頭がおかしくなっちゃったから

看護師は辞めたの。」

とおっしゃっていた方ヒマワリもいました。

 

ホントにね、

頭がしぼられしぼられってなっても、

それから進めなくて苦しい感覚が出ることがあります。


私は、若い頃からの慢性化したうつダウン

(看護師の仕事による反応性うつ)もあるので、

その影響もあるかと思いますが、

こういう感覚は移植後からかな…。


私が走る走る人理由は様々あるのですが、

コレに対する対策でもあります。
あかしあつめのお勉強本

そういう一面があります。


原因知りたいけど、

知ったところでケアは変わらない。


結局は自力でどうにかしないとなりませんが、

こういうヒント、後押しがあると

まだ頑張ろうって思い直せます。


押川先生キラキラありがとうございますクローバー

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(5)

こまめどんちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。