しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん専門看護や緩和ケアの経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。


テーマ:

再発進行がんの固形がんで、

化学療法(やはり延命目的のもの)は、

もう、QOL(クオリテイオブライフ)を落とすだけだと診断されて、

もう為す術がないと言われた様に感じて、

高額な科学的な根拠(エビデンス)の何一つない治療に、

大切な大切な時間とお金をつぎ込む方々が

一定数いらっしゃると聞きます。

 

化学療法で根治を臨める血液がん患者さんでも、

科学的根拠のある治療より、

その辛さから民間療法に行ってしまわれる

残念な選択をされる方もみています。
又、治療をすれば完全寛解~長期生存が十分期待出来るのに、

その道のりと将来を考えて未治療を選択された方もみています。

 

(普通のもしくは良心的な)医療者としては、

説明を含めたコミュニケーション不足やケア不足で、

患者さん,ご家族の希望がおかしな形になってしまうことは

最も避けたいことだと思います。

 

患者,家族としては、

いかに生き抜くか、いかに時間を大切に過ごすか、

自分は、自分の大切な物事や気がかりを考えた時にどうしたいのか、

きちんと向き合う必要があると思います。

 

標準治療…

現在の医療で科学的根拠に基づいた最も信頼できる治療

 

これを提示されてもどうしても納得できず、

心の安寧といった様な意味で

民間療法に希望を注ぐのは

それはそれでいいと私は思います。

効果は(仮に)無くたって構わない、

何でもいいから出来る限りのことをしたいという「思い」を

満たす手段としての選択はありかもしれません。

でも、そういったものは現実としては、

単に民間療法を行う方々の私腹を肥やすだけです…。

 

医療者は、

なぜ患者さんやご家族がそういった思いや考えや選択をするのか、

民間療法に限ったことではなく、

きちんと向き合うことが必要だと思います。

 

患者さん,ご家族も様々な方々がおり、

一部の特異的と言えるような人生観や死生観までには

たちうち出来ないのも実情だし、限界があります。

 

比較的単純な問題として、

きつい治療、キツイ時間キツイ生活、痛み続ける心と身体、

それにきちんと手を差し伸べなければ、

患者さん,ご家族は医療と言うものに信頼はできなくなって、

その心は遠くにいってしまいます。

それは、結構簡単に離れていくものかもしれないと、

自分の患者経験も通して思います。

 

医療者の今のたった一言が患者さん,ご家族の信頼を失う。

それが治療の選択にも大きく頑なに影響する。

このこわさは熟慮しなければなりません。

 

患者さん,ご家族は、

時間の長さにやみくもにこだわるのではなく、

どうか質も考えて頂きたいです。

 

例えば、「病を商売にしているような方々」は

標準治療を超えて何でもやっている様にも(私には)見えます。

それでとある結果を残している場合もあって、

選択の多様性を感じる部分ではあると思います。

 

でも、それは多くの方々にとっては現実的ではないとも

言えるだろうと私は感じています。

 

世の中には、

がんに限らず様々な困難と共に生きている方々が

沢山いらっしゃいます。

進行する病によって来る最期の時に、

現実的にはそれらを遅らせる手段はかなりかなり限られた中で

時間を大切に重ねているような方々は少なくありません。

 

生命を脅かさない障害であっても、

それと共に生きるということは、

一定の困難や辛さは命ある限り続くと言うことでもあります。

 

何でも簡単になってしまった豊かさの増した現代では、

命や障害さえも思い通りに操作できる様な

あたかも万能さや永遠の命が存在するかの様な「勘違い」が

自分の苦痛を増加させてしまっている側面があるように感じます。

 

若い方々には特に酷かとは思いますが、

限られた時間を自分はどう生き抜くのか、

治療を追い求めてぎりぎりまで積極的に闘い、

治療の副作用のコントロールで日々過ごすのも一手ではありますが、

自分のいのち、

自分の時間、

自分の人生の証、

自分の幸せに思いをめぐらせ、

その為に医療者をツールとして使いこなして頂きたいと思います。

 

緩和ケアは、

昔よりも広まってはきましたが、まだまだ行き届いてはいません。

制度によっても、その道を狭くしているような現実があります。

治療医も、緩和ケアには巧みではない方々の方が

まだきっと多いでしょう。

 

自分の時間、QOLを考える時、

困難かもしれませんが、

緩和ケアに精通した医療スタッフに繋がることも考えてみてください。

「緩和ケア科,チームに繋がりたいです。」と。

 

医療者はそこにある患者さん,ご家族の思い、心身の辛さ、

逃げたり言い訳したりせずに、向き合って欲しいです。

それが責務です。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

こまめどんちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。