しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん看護,緩和ケア病棟の経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。


テーマ:

あじさいかたつむり認定看護師さんや専門看護師さんの活動報告の加点

としても、
晴れ患者サロン晴れが提供される病院が

増えて来たのかなと感じています。

 

晴れ患者サロン晴れの展開は、

国レベルの「がん診療連携拠点病院指定」の

必須要綱になっていると聞いています。


複数のご施設や団体を見たり、

学会での発表を聴いたりして、

クローバー患者力クローバー

看護師側が十分に理解出来ていないケースもあるかな、
と感じる時があり、それは残念に思います。

 

看護師として特別な学びキラキラを得た方々の中には、

その知識本と限られた経験の中で、

確固たる自分のスタイルを持っていて、

 

一種固執しているというか、

自分の中でパターン化してアプローチすることだけで

看護を展開している方々も

少なくはないかなと、

先輩がんサバイバー+看護師さんの言葉もあって、

自分の過去を思い返しながらも感じています。

 

あるライン以上のケアの質の担保合格

看護師自身が疲弊汗しないためには、

有効な方法だろうなと思っています。

 

でも、看護師は万能ではないんですよ~ベル

 

話が反れてしまってすみませんあせる

私の妬みやひがみの自覚叫びを踏まえての捉えですウシシ

あじさいかたつむり患者会世話人の後継者問題は、どこも抱えている様です。


私は部外者であり、

失礼な言い方になってしまいますが、
自然淘汰されるのは仕方ないのではないかなと思っています。

存在するニーズ(needs/欲求)を

満たさないものは消えていくでしょう。


ニーズが変化すれば、

サポートも変化する必要があるでしょう。


院内患者会

メリットの多い素晴らしいもの虹だと実感してますが、
ニーズが充足される手段が他に生まれてくれば、
担っていたものが終わることもあるだろうと思っています。

血液がんは、

固形がんに比べて

普段の生活を取り戻すのに

時間がかかる特徴があるかと思いますカメ

(病気の種類や病期によりますが。)


自分の生活を取り戻すことがやはり一番ですので、

あじさい長期的サポーターが可能な方々あじさい

なかなか生まれにくい部分もあるだろうなと思います。

 

あじさいかたつむり更に、私の知る範囲でのチューリップ赤若い方々チューリップ赤は、様々な形での

若者の為のピアサポートを展開しています。

 

最近注目されてきている、

AYA世代(15~39歳と定義されることが多い)

ケアやサポートは、

その専門病棟を展開した某専門病院の看護師さんも、

難しさを実感しているとお聴きしたことがあります。

 

今までの医療者の概念では届かないとも言える様な

この世代への多様なサポートとケア

院内患者会といった枠にとらわれず、

自分の時間や生活や人生を大切にしながら、

同じ世代の人同士で支えあえる場を

広げられる時代虹になったのかなと感じています。

 

若いパワーが、

院内患者会の後継者ではなく、

多様に生かされる場虹が広がっていっているとも

言えるのかなと感じています。

(やはり地域差は大きいですが…。)

 

ちなみに、

私もギリギリAYA世代の発症ですが、

チューリップ赤若者の集いチューリップ赤には参加したこともありましたが、

私としては根強く傷ついたこともあったりして、

気持ち的に(もう)無理ですウシシ

…そのくらいナーバスな多様な世代と言えるかもしれませんねクローバー

 

クリップ参考クリップ

朝日新聞 apital シリーズ:がんと仕事 進学・仕事・結婚・・・AYA世代のがん患者の悩みを支援

 

ML_SN3S5480.jpg

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

こまめどんちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。