あなたには公平な看護の提供が出来ません | しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん看護,緩和ケア病棟の経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。


テーマ:

アルバイト先の外来師長さんとプチ面談した。
(血液内科・造血幹細胞移植看護に長けているらしい方)

来月末お仕事の契約終了なので、
退職しようと思っていた。

目玉が飛び出て床に落ち、
拾い上げてはめ込むのにも疲れ、
気持ちの辛さもあるが、
体力的にギブアップ寸前あせると思っていいのだ…
と思い始めたところだった。

でも、4時間週2日でもいいらしいので、
無職よりは良いかと思い、
もう少しだけ続けることにした。

院内には、三交代勤務のサバイバーナースが複数いると知らされた。
比較されている訳ではない様だが、
複雑な気持ちになった。

もう少し身体が楽な部署で使ってもらえないかと、
ダメもとで言ってみたが、
「がん患者としての感情移入から公平な看護の提供は困難」と評価され汗
異動はないと言われた。

私に対し年単位での回復を考えているとのこと…。
懐の大きさには感謝クローバーだが、
業務内容の考慮が無いのだから、
結局、人員不足で忙しい部署で巧く使われるだけで…
いやいや…汗
労働とはそんなもの…
組織とか雇い主なら当然の考え…
感謝クローバーを忘れてはならないと思い直した。

いいオバチャンでシングルだから、
キャリアや看護師人生のまとめ上げキラキラへの思いは
なかなか捨てられない。

まずは、人並みに働くことだけど…汗
(ここまでfacebookパソコンより編集・転載)

日頃限られた時間で、
私が考えながら行っている内視鏡看護は、
「サバイバーとしての感情移入がある」
と判断されているんだなと思った。

確かに、サバイバーの目線は無くせないが、
看護としての客観性は失わない様に努めている。
それが不十分極まりないと言うことか…。

「患者さんにしてみれば…」
とか何とか言うと、
決まり文句の「感情移入」が出てきて叩かれる。
病気になる前からずっとそうだった。

患者目線の何が悪い。

病を得て、
患者/看護師の立場のバランスに
私が翻弄された時期は過ぎた。
越えた。

あなた方も、
病気になったらきっと分かるでしょう。
自分がどれだけ自分本位だったか…。

馬鹿にすんなよ。
…あ~音符朗らかにねニコニコこまめさんヒヨコ

 

 

 

こまめどんちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス