しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん看護,緩和ケア病棟の経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。


テーマ:

この度は、入職後間も無く、ご多忙中お手数をお掛けしておりますことを改めてお詫び申し上げます。


3/7(水)ようやく何とか外出出来る様になりましたので、近医整形外科労災認定病院を受診しました。
レントゲンとMRIも撮って診察して頂き、同封の診断書を発行して頂きました。
ご査収よろしくお願い致します。

面接時に、「白血病骨髄移植後8年、マラソンで体力増進を図っているがフルタイムの勤務はまだ難しい為週4日で、又連勤もまだ難しい為平日4日で水曜日を定休日としたい。」と明言しました。

履歴書にもその旨明記してあると思います。


又、腰椎椎間板ヘルニアも明記しており、状態を尋ねられた際には、「現在はコントロール良好です。」と答えたと認識しております。

私の腰痛は24歳から始まり、30歳を過ぎた頃からは神経ブロックを定期的に受けて一般的な外来業務(フルタイム)を果たせる状態でした。
某大学病院麻酔科で神経ブロックを失敗され、別の大学病院麻酔科で後遺症だろうとされた症状も含めこれらをカバーするために、また神経ブロックを重ねた時期がありました。


白血病入院加療~自宅療養中計6年の間に、長年の腰痛と坐骨神経痛は消失しました。

短距離のマラソンが出来る様になりました。
履歴書にも明記してある通り「一般的な」外来業務であれば、今回の様な酷い腰痛や坐骨神経痛再発までは無く過ごせておりました。

私の配属の説明については、説明内容が数日で右往左往されており、人によってお話も違い、私としては真意は図りかねます。


3/1配属先を看護部長様より、「救急にしたから。救急なら病院全体が見れるから。パートだからメインでやることはないし、大きなことはやらせないから。内視鏡やってたってあったから(職務経歴書)、内視鏡やって。」と言われたと認識しております。
面接では全く無かったお話でした。

希望の化学療法室は叶わないとしても、「地域連携のよいパターンを知りたい。」「がん化学療法においても、外来治療が主体となっている現状で、そういう患者さんの生活を支える看護をしたい。」

と話す身体的配慮を要する看護師が、面接でもそのお話だけでしたので、救急外来になるとは全くの想定外でした。


自分としては、正直ここまで対策出来なかったことが責められるべきポイントになるのだろうかと疑問に感じます。


全くの私事になりますが、3/11(日)名古屋シティマラソン ハーフに出場予定でした。
私のドナーさん縁の地 名古屋を、移植後10年に向けて感謝の気持ちで走り抜ける予定でした。
全国各地に広がる「骨髄バンクランナーズ」の仲間とも会える予定でした。

パート看護師なんか、業務を流す為の単なるコマの一つであることは現実です。
例え対人援助職のプロである看護師であっても、看護師一人一人の生活、ましては個人の人生への想いまで考えないのが常であると思います。


ですが、パートであっても「当院で地域連携のよいケースを勉強したい」という志を持って、健康上の問題はあったとしても果たせる責務を明示して採用試験に臨んだ人間に対して、今回の対応は、一看護師としても疑問を感じます。

端々に、私が仮病だという様な雰囲気を感じています。

気のせいであると思いたいです。
自分でも、ずっと順調でしたので、ここまで具合が悪くなるとは思っていませんでした。

1.5日間、ストレッチャー搬送(高さ調整しないこともあり・私一人のこともあり)・患者さんの移動各種・指示動作不可の激しい体動の患者さん更衣全介助(一人で)など、自分なりに、鎮痛剤を内服して一生懸命やりました。
昔だったら絶対的に避けていた動作でした。


師長さんより、3/19から内視鏡で、それまでは救外でと予定を示して頂きましたが、その2週間体力的にも腰痛的にもたないと思う、と申し上げようと思っていたところでした。

素晴らしい理念を掲げる病院の職員の皆様として、私に対し、然るべき、最低限必要な対応を改めてお願いしたいと思います。
よろしくお願い致します。
お忙しい中、お目通し頂きありがとうございました。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。