しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん看護,緩和ケア病棟の経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。


テーマ:

こまめどんちゃんヒヨコ恒例のグチ大会クラッカー

入職後2日目。
本日も院内の軽い説明があった他は業務の説明殆ど無く、
今日も馬車馬走る走る走る馬DASH!馬DASH!馬DASH! 

with ストレッチャーストレッチャーDASH!

 

お昼休みおにぎりも満足に取れないこと、多いらしい。

午後は忙しさからほぼ放置状態。
アルコール中毒+αのお住まい路上かもはてなマークの方ほし
コミュニケーションほぼ不可状態、指示動作不可の、

力強い筋肉患者さんほし

入院にあげなくてはならなくても、私ヒヨコはまだ分からないことだらけ。
長時間一対一で放置されましたしゃがんだDASH!DASH!DASH!フンバリ

地域の病院病院として信頼ハートされたいから、
救急車救急車は断らないそうですキラキラ


…もう、なんだか笑えますウシシ汗

スタッフの入れ替わりはやっぱり甚だしい台風そうで、
定着しないから慢性的マンパワーハート不足ダウン

私の経験上、ここまで悪化雨雷していたら改善困難ですね…。

所詮、タダの200~300床台の病院なんですね~。

地域から信頼ハートされる前に、

職員から(ある程度)信頼ハートされてなきゃ

ダメなんじゃないのかなあうーん

救急車救急車救急車救急車救急車全て受けるなら、
それなりの質キラキラと言うか…

少なくとも、

患者さんほし医療職看護師医師両面への安全配慮注意と言う様な

形が保たれていなければならないと私ヒヨコは思うのですが…汗

 

採用面接やその前の看護観の作文の提出ですが、

内容なんかどうでもよかった、

こういう所は形があって、管理職はそれをこなすだけで、

結局、一般的に病院にありがちな、

誰でもいいから、ヒトが増えれば良かったんだろうなと感じています。

 

白血病骨髄移植後のオバサンにわとり看護師の

がん看護ハートに対する

看護師看護師としての努力カメは勿論スルー、

この目線を自施設の患者さんほしご家族ほし

組織のツールやちょっとしたエッセンスとして生かしてやろうなんて

やっぱり浮かびもしないのが当然フツウ。

 

採用面接時の

通院治療中のがん患者さんほし

生活の質Pomu太陽の視点のお話では、

実は、手応えが乏しかったと言うか

ズレている気もしていましたうーん

 

「救急勤務で病院全体見れるから。」

「救急でもパートにはメインでやらせないから。」左矢印嘘ばっか

「(職務経歴書で)前に内視鏡やってたってあったから、

内視鏡(救急外来管轄部署の為)やって。」

「夜勤出来ない人は化学療法室に欲しくないの(血液内科病棟管轄の為)。パートばっかりだから増やしたくないの。」

(…パートばっかと言うのもなんだかなと思った。)

以上、昨日の看護部長さま王冠1のお言葉。

どれもこの時初めての話。

 

この方王冠1も、現場の実態叫びは見ていない、

見てはいても適切なアセスメント・プランが不足している、

もしもの最悪ならば見て見ぬ振りの、

どこにでもいる管理職王冠1なだけだったのだろうと感じ直しています。

 

私は、健康上の配慮が必要な人間として、

(骨髄移植後の体力的問題・腰椎椎間板ヘルニア)

それでも果たせる責務の範囲は正直に伝えました。

 

これに誠実ハートには応えてもらえなかった。

…自分の身体を無情に傷つけられているとも言える気がする。

それも、医療職、少なくとも看護職に。

 

騙された感満載ダウンなのですが、

自分に見る目がなかった転んだそれだけですね。

 

転んでも転んだただではしゃがんだ起きないだるまさんが

 

…ここパソコンでグチるだけでは無く、

今回もにひひ何らかのお返しハートハートはさせて頂くつもりです。

今回はまずは自分ヒヨコのためにハート

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。