しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん看護,緩和ケア病棟の経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。


テーマ:

日本骨髄バンク・恩返しプロジェクト

 

詳細はこちら

http://ongaeshisp.wixsite.com/ongaeshiproject

 

骨髄バンクは25周年を迎えるそうですが、

20周年記念式典の催しでは、

私個人としてはとてもバブリーな一面を感じ、

その部分には驚きと違和感がありました。


勿論お世話になりましたし、

現在~これからの患者さん,ご家族のことを考え、

このプロジェクトには

陰ながら賛同したいと思います虹

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

某大学病院のお勉強会に出席しました。


3名の先生方のお話は、

場所や時期や少しテーマを変えて拝聴したことがありましたが、

今回はまたとても充実したものでした。


今の私にとっては、

特にがん専門看護師さんのお話が身に沁みました。

 

診断時からの緩和ケア

サポート,ケアのチームアプローチ


終了後にお時間頂いてかけて頂いたお言葉
「ケモの<投与管理>は、

当然患者さんの生活を整えることも含んでのことです。」

(滴下管理だけが役割と言う現場で)ぜひ働きかけてください。」


患者さんの生活をよりいっそうよいものにする、
QOLを高める,維持すると言う

プロフェッショナル+温かさ、

各先生方に胸を掴まれましたキラキラ


そして、この上なく幸せなことに、

昔緩和ケア病棟でご一緒した先生ともお話して頂けました。


私のような者にまで、

あの当時あの緩和ケア病棟で学んだ、

あの当時一般とはかけ離れた

特別とも言える様な

視点,視野を、

分かち合うスタッフとしてお話して頂き、

身が震える程の感動と励みと幸福感を得ました虹
本当にありがとうございましたクローバー


ヒマワリ分からない・知らない人には

「教える」という視点,もしくは役割・責務へのギアチェンジ


ヒマワリ「患者さんのため」は本当に患者さんのためなのか、

自分の満足になっていないか見直すこと


ヒマワリ捨てなければならないこともある

どうしても捨てられないなら離れてみることも有用

 

白血病罹患以前と

患者さん,ご家族を看ることについて、

その土台、骨組み、基礎、多くの肉付け部分

私は変わっていない、

何だろう…堂々と言えてしまって

自分でも驚きました。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

クローバー骨髄腫の患者さん,ご家族と医療者の皆様にクローバー

 

虹多発性骨髄腫サバイバー+看護師のさゆりさん主催のセミナー虹

 

さゆりのひとり言-多発性骨髄腫と共に-

http://blog.goo.ne.jp/kerakera30/e/75d5a37b10e8ff98fdefea426a9d773a

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

パワハラ主任さんと副看護部長さんと

師長さんと私の四者面談、

無事終わりました。


副看護部長さんに促されてではありますが、

主任さんから謝罪がありました。
つっけんどんで

殆ど目を合わせないのはもう仕方ないですし、

多くは望みません。

 

私の本心を記した手紙で、

主任さん自身の真意が私に伝わっていなかったと

悲しみ汗のお応えでしたが、

そうではないんですよね…。

 

尊敬する部分やついて行きたい一面はあったし、

教育そのものには感謝していますクローバー

 

主任さんの感情の波やそれによる言動の激しさに

常に怯えるようになり、消耗しましたあせる

 

化学療法室のメンバリングは、

主任さんにとって負担の大きいものだったし、

私としては、

組織としてのビジョンには疑うものがありました。

それは、副看護部長さんも振り返りされていた様子でした。

 

組織として「チーム」というものや

「当院の外来化学療法室のあり方」を考えて頂ける、

きっかけにも繋がって?ひとまず安堵しています。


前の電話で師長さんから

「あなたの思う通りになんて行かないわよ。」と言われていて、

師長さんが何を感じ考えているのかと言うことで

又ストレスゲローになりましたが、

とりあえずは私にとってよい結果になりました。

 

外来化学療法室は

薬剤投与管理だけするところではありません。

院内他部署やメンバーで

患者さん,ご家族のトータルペインの受け皿があればいいですが、

当院には(まだ充実してい)ないと言っていいでしょう。

 

院内では一番身近で一番長い時間を過ごす

化学療法室のスタッフが、

有害事象~副作用を聴く中で、

精神的・社会的・スピリチュアル(実存的)な痛みや

他の身体的苦痛に

触れないでいることの方が難しいと私は感じています。

看護師ならば。

 

「外来化学療法室は、患者さんの話を聴く所じゃなくて、

患者さんに指導する所だよね!

「仕事のこと訊くってさぁ~そんなに大事~?

と以前言っていた師長さん(化学療法認定看護師)は、

私のこの言葉にのけぞってポーンいました。

 

患者さんそれぞれの生活を知らないで、

通りいっぺんの「指導」をすればいいということでしょうか?

むむむ…浅すぎる…若すぎる…もしそうならば…。

 

(外来)患者さんは孤独です。

チームサポートや情報が乏しい当院にも

頼れる場所はあると思って欲しい。

 

「人間」をサポートするということ、きちんと考えて欲しいです。


主任さんには、このパワハラ的態度に対し

これまでに幾度も注意・指導があったそうですが、

今回ほどこたえている様子はないとのこと。

「パワハラ」という表現や扱いがショックだったらしいです。

メンタル面のお勉強を新たに始めたと伺いました。


私は私の課題に取り組み、

主任さんは主任さんの課題に取り組む

という形に無事なりました。


主任さんの個人的なメンタル面まで

私の様な弱者に負荷が来る事はもう起こらないこと、

化学療法室チームの質の向上~

患者さん,ご家族への看護の質の向上

展開されることを祈っています虹

 

 

でもまだ体調はおかしいです

心も脱力したままです

甘いんですけどね…さくらんぼ

いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
とある川沿いで行われた
小規模の5kmマラソン大会に出場しました。

お若い方々ばかりで
体調も整っていない私はビリ確定
と覚悟してスタートしました

案の定ビリ。
途中気分が悪くなり歩いてしまいましたが、
38分近いタイムでも完走できました

以下、またパワハラの件で恐縮です

加害者,被害者(私)と
副看護部長さんと師長さんで
近日面談となりました。

先日、副看護部長さんと2時間の面談で、
先にヤられた方がおっしゃっていたこと…
上は弱者を守ってくれない・問題はないことにしたい
がよく分かりました。

それでも、少しは副看護部長さんも
被害者,私の立場を想像できたらしいです。
でも、確たるものではないと感じています。

2時間頂けたことにはたいへん感謝していますが、
その後期外収縮が頻発して
眩暈,胸部不快,呼吸困難感が続いています。

師長さんの力量も前より分かってきました。
限られた環境での経験で、
お若いから仕方ないと思うように努めています。

面談と言われて緊張が高まっていますが
自分が選び入れた道の結果なので、
責任は果たそうと思っています

1か月はあっと言う間で、
当初医師から言われていた2か月のお休みを
素直に受けておけばよかったと感じています。

今回の件、
礼を持って謙虚に誠実に話して解決できる
とは信じていませんが、
正直変化は求めています。
それが自分を痛めつけていることを感じています…。

暑ければ暑いなりに走ればいいし、
体調よくなければそれなりに走ればいい。
歩いてもいい。
休んでもいい。

よいお天気 心地よい風 
思う様に清々しく動く身体
苦しさと共にいられる心持ち
こんな時には、自分のベストが出るのだと
じゅうぶん分かってきたので…

いいね!した人  |  コメント(7)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。