しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん看護,緩和ケア病棟の経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。


テーマ:
先週水曜日に
パワハラ対応システムメンバーの
看護部長に電話で申告したら、
翌日は師長の面談のみ
(正味1時間+待ち時間3時間)で帰され、
翌々日には異動になりました。
持て余したカンジ、内科処置室仮勤務です。

骨髄穿刺針がリユースで驚きました
針先端が変色していたし、
やっぱり切れ味よくないものがあるとのこと
絶対ここではマルク受けたくない

穴あき布もリユース、あの青いやつ(笑)です。
この針の一次洗浄は看護師で、
厚手のビニル手袋さえないし

実は、今だ三方活栓使っていて
閉鎖式のライン使用はなんでか
院内で反対派が多いそうです。

他、いいところ探すのが難しい環境です。
ケモ室だけかと思ったら、どこもかしこもそうみたい。

基本物品の数が足りないし、
動線がとてつもなく悪くて無駄な動作が多いし、
あちこち必要なスペースがとられていなくて
危険をはらんでいる状態だし、
ゴミ箱小さくてゴミ溢れるし、
いろいろ汚いし、
とても名のある500床規模の病院と思えない

ハイソなはずの地域なのに
雑巾みたいなタオルケットに溜息。

時給高くなくてていいから、
基本をまともにしようよと言いたい。
転職しなければよかったなぁ

それで…
とりあえず休んで自分を整えることにしました。
甘ったれで申し訳ありませんが、
パワハラ審議と共に
つっこみどころ満載の処置室に、
今は向き合えない

AD
いいね!した人  |  コメント(8)

テーマ:
今週月曜日からずっと37.5~38.0℃くらいの発熱が持続し、
先一昨晩は38.9℃とぶり返しています

上咽頭炎で、
症状は徐々に軽快していますが
発熱がなかなか落ち着きません。

木曜日の血圧のクリニックでの採血で
緊急呼び出しないから、
とりあえず大丈夫かな。

ALL発症時~寛解導入療法までのことが頭に流れ、
再発の恐怖がよぎります

再発した時点で、
私の場合社会的には死んだも同然です。
今の状態には絶対戻れない。

再移植は、HLAが非常に稀なので
出来るかどうかわからない。
私の再移植に価値があるのかどうかも分からない。

元気なうちに、
時間をもっと大切にして
がんばっておけばよかったなという気持ちです。

いつのまにか、
本当に大切なことが
俗にまみれてしまっていたなと思います。
でも主任のパワハラには勝てそうもない

境界性パーソナリティー障害について
ネットで勉強し直して、
まともなことは通用しないことを知りました。

感じるところがあり、
かわいそうな人だと思って
優しく労わっていましたが、
それは間違っていました。
とにかくスルーが一番のようです。

こうなったら、
チームも何もあったものじゃないです。
患者さんかわいそう(不運だし申し訳ない)。
自分かわいそう。

何を選びますか、自分。
そんな気持ちでいます。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:
またパワハラ・モラハラのお話で失礼します

こまめさんって「はい」って言わないよね
とパワハラ主任に言われて…
私の中の何かが終わった。

そんなことはなく、
返ってこなくとも朝の挨拶は行い、
本当はそう聞きたくもない(程度や頻度による)
家族の話を毎朝に近いくらいで聞き、

自分のためにも
患者さんのためにも(部屋の雰囲気になるので)
なるべく朗らかになるようにし、

「主任の家」と化したこの現場で、
気分的な発言にも耐えて従って、
なるべく自分の頭を切り替えるよう努めて
頑張ってきたが、心身は病んだ。

手足縛られ
縄でぐるぐる巻きにされて
呼吸も苦しい感覚。
条件反射で怯える。

1つ年上のコノ人は、
自分の子どもにもこんな教育しているんだろうか
そうだとしたなら、
今に大変なしっぺ返しがくるかもよ、と思う。
(子の立場として実感あります)

こんな類の方どこにでもいたけど…
ああ、看護師世界は幾つになってもなじめない。

ダレカタスケテ

AD
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:
精神腫瘍科の元主治医の講義を受けて来ました。
入院中から何年もお世話になった医師です。
以下、私と移植主治医とのことを
全て話して来た医師です。

つい先日書いた通り、
移植主治医は私の移植には消極的でした。

当時の移植病院の看護部長さんが
私の元直属上司(師長さん)だとか、
院内に同期の看護師が複数いるとか、
入職当時お世話になった消化器科医師がいるとか、
そういうしがらみが、
医長でもある移植主治医には
好ましくなかったのだと捉えています。

入院中、
移植主治医の症状コントロールの意識の乏しさに泣き、
緩和ケアチームを自らお願いして
関係は更ににぎすぎすしました。

退院後、皮膚のGVHDの悪化を見逃し、
そもそも皮膚は自分で観察しろと言って全く観ない時期があり、

皮膚科受診をお願いしたら拒否され、
その後だいぶ経ってから
意味不明なタイミングで皮膚科受診を促され、

皮膚科医が、
私の希望での受診だと
移植主治医から言われていると言って、
「ウチの看護師だったんだよね~」などと意味ありげに言われて
受診の理由を問われるとか、

婦人科の症状を言い続けていても全くスルー、
自らホルモン補充療法を具体的に希望し、
婦人科への紹介状を依頼すると
これまでのことをすっとぼけるとか、

障害年金を障害者手帳と勝手に間違えて
申請の為の書類記載を頑なに拒否するとか、

そんな中、
就業の相談をした際
「知らな~い」と言われて、
私は白衣の襟を掴んで殴りたくなりました

かなり強い衝動的な思いでしたが、
もちろん実践はしていません。
「待っている患者さんに迷惑かけるよなあ。」
と思っていました。

そのことを、
当時主治医のこの精神腫瘍科医に言ったら、
Ⅱ型双極性障害のレッテルを貼られて、
気に入らない人がいたら暴力沙汰を起こしかねない人間
にされました。

ずっと私の思いを聞いてくれていたハズのこの人が、
この悲しみ,怒りの原因となっている
長き不条理な我慢、
時の流れを見ずして、
この悲しき衝動にだけ注目していることに
大きな落胆がありました

でも、自分には分からないことが
この医師には見えているのかもしれないと、
気分調整薬4種類程度を
とっかえひっかえ言われるがまま試用して、

結局、心身共にどろどろおかしくなってしまい、
自分を見失い、
長年の友人や患者友だちの強い勧めもあって、
この精神腫瘍科医師から離れることにしました。

白血病になる前からお世話になっていた
精神科医に戻り、
パキシルCR12.5~25mgで
見ての通りまあまあ
調整出来ています。

一年くらい、「私はⅡ型双極性障害ノイローゼ」でした。
今の精神科主治医に忘れなさいと繰り返し言われて脱しましたが、
今もふと頭をよぎり、恐怖感が湧きます。

この精神腫瘍科医は、
抗うつ薬パキシルを使ったら、
Ⅱ型双極性障害だから
アガって人を殴ることになりかねないから、
絶対処方しないと言い張っていましたが、

パキシルを飲んだからと言って、
私に明らかな躁症状は出ていません。

この精神腫瘍科医受診時、
短い診察時間でいろいろお話したいことがあった時、
時間を意識してあえて早口で話していましたが、
それを「アガっている=躁状態」として
書類に書かれていたのを見て
愕然としたことがあります。

講義は、
がん患者における心的外傷後成長のお話が中心でしたが、
病気そのものではなく、
医療者から不合理に与えられたものに関しては
なかなか難しい,苦しいものではないのかなと思いました。

自分自身、
医療者の知識不足や基本的対応の不足に
いちいち気がとられるのは、

なんちゃってでも看護師だからだと言うこと、
患者としての揺れる心情として当然,必然なこと、
心砕けるほど頑張った今も愛する
大昔の職場への過剰な期待ということと思って
尾をひかないようにし、

心身が落ち着いて、時間が経って、
その時必要なら、
よく吟味し直すことかもしれないと
思っていました。

それで今がこんなカンジですので、
これまで不器用なりによくがんばったなと思う一面があります。

講義後、現状報告とご挨拶をさせて頂きました。
一目では私だと分かりませんでした。

結果的には誤診であって、
理由はどうあれ患者を苦しませたことを謝れない医師。
おかげ様でと言う患者。

名医で名高い方です。
「これから、看護師として困ったことがあったらご相談させてください。」
と口から出ていました。

お願いしたいことは些細なこと。
もちろん、自分にも課していること。

「点でみるな、線でみろ。
…面でみろ。立体でみろ。」

「言動には何かしら必ず理由がある」
「人に歴史あり」
ということです。


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


マイナス感情どっぷりの低レベルなお話が続きます
パワハラに消耗していると、些細なことまで後を引いて…。

今の部署は基本4名で、大分年下の先輩がいます。
この方がメンバーのメイン業務を回しています。
負担がかかって申し訳ないなと感じています。

複数の患者さんのケアが重なって、
私でも出来ることがあれば、声をかけて確認して行っています。

先日もそのようにしてやらせて頂いたつもりなのですが、
「本当はあの方の○○はやりたかったのに。」
「担当だったから見たかったのに。」
と2日後に言われてしまいました

ちょうど業務が重なっていた様子だったので、
一つ一つ、
○○やりましょうか 
△△私がやっていいですかと訊き、
お願いしますと言われたので行ったつもりです。

いやあ~何だかとってもショックでした
些細なことなんですけど。

当然として、日常的に敬語を使い、
お伺いをたて報告し、立ててきたつもりです。

これには説明させて頂きました。
仮に確認しないで行っていたら…
まずそういうことはないのですが…
言われてもしかたないですけど…。

びっくりしました
これからどうやって
この方とやっていこうかとまで思いました

単純な雑談も責められたカンジでした。
価値観の違いです。
ちょっとしたずれです。

その後「仲良くやりましょう。」と
私がそういった認識なくやっているかの様に感じ、
がっかりしました被害妄想

今回、仕事における確認において、
私としては真逆のことを言われたので、
どうしたらいいんでしょ~と思い悩んでしまいました。

彼女にはっきり指示頂ければ良かったのではと思いますが、
私が原因になっている様です。

しばらくは
パワハラ主任に責められるのを覚悟しつつ、
他人の仕事は自ら手伝わない様にする
悲しいチームだな

場面場面で、「周りを見てやって」 「自分の事やって」と言われ、
その都度色々考えてやってきたけど、
その場面場面に矛盾や窮屈を感じて苦しくなっていました
ただ文句言いたいだけかも…とよぎっても、
真面目に誠実に取り組んできたつもりです。

患者さん中心に
スタッフのやりやすいように雑用も積極的に
声掛け・挨拶の習慣がなくても、礼はかかさない。
尊重し合うのは大切。

場所が変わればやり方もちがうのは、
転職者は分かっていても、
ここ一筋の方々は分からない。

…そして、
「看護の本質」がどう頭にあるか。
それと、医療安全 感染予防対策
カルテ記載のルールや価値観・概念
使用物品の種類・質・数量

私にとっては、土台からズレが大きいです。
名はそこそこ知れているような施設ても
驚くほどの時代遅れ,ずさんな所はあるんですよね
…ぐちぐち,ねちねちになりました。
ごめんなさい。

ふと聴こえてきた
みんな空の下

こんなばかばかしいことで、時間を費やしていてはいけない。

いろいろな人の思いがあって私の今があり、
思い悩み、苦しみに耐え忍んで、越えてきた時があります。
忘れてはならないたましいがあります。


いいね!した人  |  コメント(4)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。