しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん専門看護や緩和ケアの経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。


テーマ:
某団体 定例フォーラム 「多発性骨髄腫 」に参加。

過去と今回のこの定例フォーラムで思うこと。

「誰のためのフォーラムですか。」

医師からは横文字のスライドばかりショック!
申し訳ないとか恥ずかしいとか感じないのかな…
優しさ…愛がないと感じてしまいます。

病棟のカンファレンスみたいなことが多くて、
一般の方々,特に高齢者はついていけないように私は感じます。

「わからない…。」と言うつぶやき、
今回も聞こえてきます。
私だってついていけないですから

過去には、壇上で医師同士が
専門用語バリバリで討論してしまいました汗

過去、スピーカーの緩和ケア医に
HRT(ホルモン補充療法)の選択について質問した
司会者のセンスに私は驚きました

参加費を支払って配布される資料に
いつもレジメンは無くてとても残念です
内容を持ち帰りしにくい、振り返りしにくいなと感じます。

アンケートも無く、
参加者目線の評価もシャットアウトなのでしょうか

十分な情報・知識を獲得出来ず、
「免疫療法大切です」って言葉だけ響いちゃったら、
大変な勘違い(全く無意味な民間療法に走る)を
助長しちゃうかもとちょっと心配になりました。

次の薬剤師さんのお話には期待していますよ~
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
先日、新人入職の病院=私の移植病院
(消化器内科病棟/現副院長:S医長チーム)時代の
先輩お二方と数年振りのディナーでしたニコニコ

もう20年以上前になる当時には、
先輩方も私も分かりませんでしたが、
あのチームは特別で最高だったと振り返られることに、
幸せを会う度感じ直しますクローバー

現在と比べたら乏しい治療・ケア方法でしたが、
「患者さんのために」と真心込めて日々看護にあたる先輩方の姿は、
私の揺るがない基盤になりました。

医師も、「看護婦さんは患者さんの一番近くにいて色々知っている」と言うことを
大切にしてくれる方々が比較的多かったと思います。

私の人生の最大の後悔の一つは、
若い頃にはその有難みが殆ど分からなかったことです。
(当たり前だと思っていました。)

昔も今も、小さい私の気持ちを尊重してくださる先輩方を尊敬し、
感謝しています。

幸せなひとときでしたキラキラ
ありがとうございましたクローバー
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
私が一番忘れてはならないことは、
今の時間は、
骨髄バンクのドナーさんによって頂いた
貴重なものだと言うことキラキラ

ドナーさんがいなかったら、
今私はこの世にいなかったかもしれません。

お恥ずかしいですが、
自分の移植が絶対的適応ではなかったこと
(維持療法でもいけたかもと言うこと)で、
当然あるべき有難みが薄れていた様に思います。

本来なかった時間と思えば、
自ずと選ぶべきことは見えてくるでしょうキラキラ

TVテレビドラマのセリフも真に受け易い私は、
「真心は通じて受け継がれるもの」と言うこと、
大切にしようと思いましたクローバー
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
現在のパート先での化学療法室では、
とても太った
(私にとって)イジワルなナース2名にご指導頂きました。

化学療法認定看護師さん(サイさん)と
複数いる外来副師長さんの一人(シャチさん)です。

(シャチさんが病棟にいると看護師が次々退職し、
人員確保が大へんなので外来におろされましたが、
ご本人は知りません
外来でも複数の看護師が泣かされていますが、
外来師長さんもお手上げなのか改善されません

「人間ドック短時間パートの能天気オバチャンなんちゃって看護師」が、
思いつきで化学療法室勤務を希望したように
彼女らには見えたんでしょうね。

配属を決めた外来師長さんより、彼女らに、
私について殆ど全く説明が無かったとのことです。

「がん看護は難しいんだからあ
「がん看護は重い重くて大変なんだから
「がん患者は、ちょっとしたことでトラブルになって信用に関わるの分かる
「私が言ったこと以外患者と話さないでって言ったよね
「本当に自信のあること以外患者と喋らないで

初日から、何の説明もなく頭ごなしに、
こんなことを繰り返し言われ続け、
又、些細なことを嘲笑され続け、
気弱な私はおかしくなったままです

自分の弱さを呪いたいくらいです

そもそも、患者・看護師両面で、私には納得がいかない発言でした。

それでもその場はなんとか気持ちをキープしました

こういったことと、こんな雰囲気の一部は、
患者さんにもおそらく伝わっていたと思います。
患者さんが私に対して温かかったです…。

ここからますます低俗なお話なんですが…

そこまで言われるならば、
大デブで、イジワルが顔や言動に出ていて、
常に上から目線な言葉遣いで裏声で
患者さんと接しているあなた方は、
いかがなものでしょう、と言いたくなります。

その体型で、
まずは、
嘔気・嘔吐,食思不振,体重減少,体力低下による
苦しさ・辛さを 受けとめる姿勢が整っていると言えるのでしょうか。

様々な辛さを抱えている患者さんが、
欲望のままに食べ過ぎている怠惰な体型
その根底にあるものに、
不快感が生じないとは 言い切れないと私は思うのです。

そして、 がん看護が特別大変だと私は思いません。
死がちらつくような
(時に)絶望が滲むような病と共に生きる方々への
看護の密度や濃度は、種類は違っても同等だと思っています。

問題点が多ければ、
その分同じ密度の複数の看護と言うキューブを
積み上げたり、 並べたりすることが必要にはなるでしょう。
(そんなイメージです。)
これは至極当然なことです。

現在46kg/157cm(整体で1cm+)の私は、
化学療法室のある患者さんに「小さい看護師さん」と呼ばれました

…私は、これからも、
小さいこと,些細なことから大切に、
笑顔で
温かく穏やかな雰囲気を忘れずに
患者さん・ご家族・医療スタッフと共に歩む姿勢でいたいです



優しいお顔のサイさん。

サイさん,シャチさんにも、勉強になるなと感じるところはあります。
私は、他人の良いところは見習い、
礼節をわきまえ謙虚でいることを、忘れたくありません。
(今回は散々なことを書きましたケド…
)

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
今日は低俗なお話で恐縮です。

私のMAXデブは、60kg/156cmで、26才の頃でした。
可愛いデブではなかったので、
先輩看護師から「こまめ、人間じゃないね」と言われたことがあります
そんな私です。

この時期は緩和ケア病棟の勤務でした。
ある日、
巻き髪のマダム的美人
ターミナル期のがん患者さんから呼び止められ、
「帰ったら食べちゃうの
と耳元でそっと言われました。
恥ずかしかったです

冷静に振り返ってなら自覚出来ますが、
デブだと食べ過ぎている意識が欠けると思います。

その後、徐々に普通の体型になりました。

30才過ぎて糖尿病専門病院に勤務しました。
ある日、
「アノ人には言われたくないよ。」
とそっと患者さんに言われました。
知識は豊富でも言葉のキツイ、
ふくよかな臨床検査技士のことでした。

患者さんは、医療者の外見(体型)も見ているんだなと実感しました。

…この先にある、 自己管理力,セルフケア力
…はたまた、ここから、人間性の一部を 見越すことも
あるのかもと感じています。

私自身 みにくいデブで、
尋常じゃなくかなり過食していました。
だから、基本デブには寛容です。

でも…
「ふくよか」くらいならいいですが、
例えば樽みたいな体型は、やっぱり良くないですね~。
例えば幼児2人連れている様な下半身は、やっぱり良くないですね~。
腹囲(お臍周り)90cm以上は、やっぱり良くないですね~。

例えば、これで+イジワルだったら、
看護師としては最低最悪ではないかと感じています。

そう言った方々が、看護師「業務」がデキルとしても、
温かさとかツメとか、
患者さんとの信頼関係構築や
チームワークやリーダーシップには
どこか欠けるようになっているのではないか、と思っています。

看護師自身のセルフケア不足や 自己の感情のコントロール不足は、
看護の端々に滲み出るものではないかと私は思っています。

穏やかに理性的に、
思いやりを持って日々過ごすそうとすることに
過過大なストレスがかかり、
過食に繋がっているのだとしたら、
看護師自身に何らか歪みがあると私は思うのです。

そして、過食に足らず
わざわざ、むやみやたらと人を傷つけるような言動には、
人としてのセルフケア力の欠乏を私は感じてしまいます。

つづく
いいね!した人  |  コメント(2)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。