しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん看護,緩和ケア病棟の経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。


テーマ:
おつきあい頂いている皆様
今年もありがとうございました

今年は、一年の目標を明確に立てないまま
過ごしてしまいました

ここ数年密かに憧れていた
某がん診療連携拠点病院のパート勤務を果たせましたが、
イジメに合って挫折してしまい、
それをひきずってしまい、とても疲弊しました。

元々の劣等感に
6年の看護師のブランクと心身の不安定さが重なって、
気負いもありましたし、
あったはずの吹き飛ばす力さえ無かったなあ
と振り返っています

その直後、
主治医ほか医療者の無知・プロ意識の不足が影響して
延ばし延ばしにしていた
障害年金申請に再着手し、更に疲弊しました
でも、なんとかやり遂げられて良かったです

10kmのマラソンは、
ベストではないですが自分なりに頑張ったと思います
なんとな~く、
5kmは30分以内に
10kmは1時間~1時間10分以内にゴールしたい
と思っていましたが、
計画的な練習はせず達成できませんでした
自己ベストは更新できて良かったです

来年は、もっと明るいブログが書けるようにしたいです。

血液がん・その闘病について
緩和ケアについて
患者会やがんピアサポートについて
実りあるようなことを目指そうと思っています。

その前に、
今年果たせなかった生活の基盤/お仕事を
軌道に乗せることが先ですよね

今更ですが、
自分の心身がしっかりしていないと
公私共 他人様のサポートは出来ないと実感しました。

これまでは、
人の役に立とうとすることで
かろうじて自分というものを保っていた気がします…。

たまに甘やかしながらも、
本当の意味で、もう少し自分を大切にしたいと思います。
いいかげん過去に引きずられずに、
もう少し自分を信じたいと思います。

今振り返ると、今年の私を表す漢字一文字は、
様々な意味で 労 が思い浮かびました。

おつきあい頂いている皆様
清々しさの足りない私を
温かく見守って頂き有難うございました

より寒いお正月になるようです。

どうぞ身も心も温かくして
よいお年をお迎えください





AD
いいね!した人  |  コメント(6)

テーマ:
HappyMerryChristmas

10km走りました

途中、ストレッチしたりきつい坂は歩いたりしましたが、
今の自分のベストを尽くしました

新しい仕事での疲労や長引いている風邪による
練習不足が正直に表れた結果でした

折り返してからずっと向かい風が続いた中、
自分なりに頑張りました~

向かい風と足が重くなった中、
進みは遅くても、
確実に前進はできているのをあじわいました。
今年の私の姿だなぁ…

快晴で暖かい日差しの川沿いは心地よかったです

応援で沿道にいる可愛いボクから
ミルクキャンディを頂きました

女子高生たちとハイタッチしました

環境面でのストレス無く温かい大会だったので、
来年も参加したいです

mini_141223_0945.jpg


5km過ぎる頃から、
オンコビンによる末梢神経障害の痺れが増強します。

ガバペン800mg/日と五車腎気丸の上に
カロナール(ピリナジン)800~1000mg/回の頓服を
緩和ケアの主治医に勧められていますが、
今回頓服は未使用で苦痛自制内でいけました

AD
いいね!した人  |  コメント(6)

テーマ:
もうかなり前から恒例となった
地元の中学の先輩の焼き鳥やさん
で、
こじんまり小~中学校のお友達と忘年会でした

当時、私はこのメンバーと
特別仲が良かったわけではありません。

私がシングル&病を得たと言うことも
私自身の助けになり、
当時の思い出を共有できると共に、
「現在版の関係進化中」に身を置けるのは、
この上無い幸せだと思っています

「がんサバイバー+看護師」としての
歩みを意識し始めた頃から最近まで、
人間関係においてとても気持ちが不安定でした

病になる前から、
「自分が(なかなか)理解されない関係」は
少なくなかったと思います。

慣れていたつもりでしたが、
自分の不安定さから生じる
新しい関係のあやうさは、
時に大きく私をむしばみました。
必要以上に心奪われていたと思います。

とても疲れたので、
少し前から、
たとえ仮に新しい人間関係が保てなくても
気にしないことに決めました。

何があっても「こまめはこまめでしかない」と、
ちくいちの言動で私を評価しない繋がりがある、
貴重な幸せを改めてかみしめています。

今日は数年振りに会えた友人がいました。
ずっと勝手に気がかりにしていましたが、
変わらない笑顔を見ることが出来て
嬉しさ&感謝ひとしおです

皆様ありがとうございました




AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
朝日新聞デジタル 連載:患者を生きる
(患者を生きる:2677)
働く がんになった看護師:6 情報編 患者と医療者の懸け橋に
http://www.asahi.com/articles/DA3S11506311.html

>がんになった看護師は、患者の立場を身をもって経験する半面、
 体力不足や体調不良、同僚の無理解などで
 復職に支障をきたすケースも少なくない。
 互いに悩みを語り合い、
 経験を看護師の仕事に生かそうと取り組むのが
 「サバイバーナースの会 ぴあナース」だ。


「がんサバイバー兼看護師」での集いの中でも、
正直私個人での勝手な落ち込み・孤独感はあり、
経過や部位別の違いが
とても大きく感じられてしまうこともあります。
(白血病・骨髄移植は、単純に固形がんとは違いますし…。)

一方で、そんなことは関係なく、
根底には共通した
普遍的とも言えるような問題点や感情や思いは
当然あります。

個人では小さくなってしまう視野が、
こういうチームになることで大きく広くなることでしょう。

「がんサバイバーナース」と一言で言っても当然様々です。

がんになる前の歩みがあり、
おかれている環境があり、
それぞれのstoryを尊敬しながら影響を受けながら、
患者さん・ご家族・一般の方々へのサポートを、
その方々のstoryを意識しながら
いっそう丁寧なかかわりが持てることを私は夢見ています

私は現在不本意ながら
病院の人間ドックの勤務です

ドックの利用を通して
病気・健康を何となく意識していても、
実際は程遠い意識の方々の言葉・認識には、
改めて学ぶこともあるなと感じ直しています

私の今のこの一歩も、
今後どなたかに生かせることを夢見ています

いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:
昨月は
巡回健診でのインフルエンザ予防接種の
アルバイトをし、
今月から某一般病院でパート勤務が始まりました。

配属は人間ドック
機械的に話し、機器と紙を見つめ、
ここは本当にただこなすだけ。
「こなす」って好まない表現ですが…。

率直な感想
やっぱりフツーに病院の患者さんと接したい。

面接時 人間ドック勤務の可否を問われ、
スタッフの人数の関係として短期なら可と答えました。
うろたえないで不可と言えば良かった

私の仕事のビジョン
「外来勤務の中で看護技術と知識を充足しブランクを埋め、
ケアの実践をして行きたい。
年齢を考えると、もう寄り道はしたくない。」
も伝わった反応でしたが、
病院に慣れるまでドックもいいわよね~という意見が出て…
正直、違和感がありました。

実際、部署では長期的ドック勤務の雰囲気…
そんなものでしょうね…

雇主側のコノ人使えるのかって思いは
しかたないから、しかたない。

ここの人間ドックの胃カメラでは、何があっても生検しないとのこと。
(きっと切羽詰まった前例が無かったのだろう。)
…(今の)大きい施設はそれが主流なのかな。

消化器内視鏡のキャリアを外来師長さんに問われ、
普通に話したら空気が固まりました。
新しくつくるドック専門内視鏡室で、
「入れるだけ・覗くだけ」の内視鏡をこなせる人が欲しいらしい。
私に技術は求められていませんでした。

勝手は重々承知ですが、がっがりさみしいです…
ドック勤務でいいなら、
わざわざ吟味して病院に入職しませんよ


頑張っていたとしても、
辛抱から逃げていると、
その都度形を変えた辛抱が
いつまでも追いかけてくるんだな。

それでも、慣れれば図々しくもイヤでも
オリジナリティがこぼれ出るのが自分だと思っています

無散瞳眼底カメラと眼圧測定も身につければ、
万が一又派遣になっても得だし、
機器操作手順だけではなく、
せっかくだから所見までしっかり自習します。


私の看護師人生のビジョンは
くっきりとは見えていません
この病と40代半ばということで、
やりたいことと出来ることは明らかに違うからです。

看護技術と知識は出来る限りで
スタンダードに近づけたいこと
・病院の現状を知りたいと言うことだけは確かです。

そして、少しずつでも、
この数年学んだことを実践⇔自己評価する段階に
進みたいです。

ドックの書類一式をを並べ替えたり
あちらこちらに動かしたりを
幾度も繰り返すことを教わり、
頭の中でA4用紙の紙ふぶきが舞い上がりました。

一見能率よくないと感じることが、
少なくとも現状、ここでは必要なやり方だとは分かります。

数か月の楽ではなかった就活で得た仕事が
これなのかと思うと、むなしさが止められません

「例えば新橋高架下で飲むサラリーマンのうち、
やりたい仕事が出来ている人なんていないに等しいの
世の中そんなもんなの」と、
若い頃に、
某大学のオバサン心理士に怒鳴られた記憶が蘇ります。

なりたくてなった看護師です。
挫折が多いですが、
病気になる前までは、
根性で比較的思う通りの道を選んで進んで来たと思います。

病を抱え40代半ばで再出発する、
シングルオバちゃん看護師人生への焦りや思いは、
なかなか理解されないものでしょう、
看護師にも一般の方々にも。

看護部トップにビジョンを確認しようと思っています。

少なくない一般の方々より、
病気の辛さを当事者として知る看護師に
現場で活躍して欲しいとおっしゃって頂きますが、
医療の現場では、
管理しにくい、ただそれだけです。

がんサバイバーという経歴は歓迎されません。
患者さん・ご家族に生かすことは組織として奨励されません。
そう実感しています。


いいね!した人  |  コメント(3)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。