しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん専門看護や緩和ケアの経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。


テーマ:


病気をのりこえる

という意味で、「over」を使っている場面を見ます。
私は英語ができませんので、詳細は分かりませんが…
ちょっとしっくりこない気持ちがあります。

のりこえる
というのも時に解釈が難しい…と言うか、
人それぞれの思いが生じやすい気がしています。
私自身、使いこなせていない言葉だと思います。

私自身、
「病によってもたらされた状況や状態」
を乗り越えていないからでしょう
「乗り越える」よりも、
「共に歩む」という感覚を大切にしたいと思っています
…また私の屁理屈かもしれません。

メッセージ力の強い言葉は、
使うことに気をつけなくてはならないな…と思います。

例えば、
病気が治った人が、
のりこえよう あきらめないで
と言えば、
励まされる人がいても
落ち込むような人もいるように感じています。

闘病の中、天に召された方々やご家族が、
例えば、
乗り越えられなかった 
あきらめないという気持ちや思いが足りなかった
と感じる…。

そんなはずはなくて、
私達は本当にがんばった、と思って頂きたいですし、
実際そうだと思います。

 over the rainbow  が思い浮かびます。

病の彼方…
「病気の向こう」では、
悩みは、
口の中で溶けるレモンドロップのようになくなっていく…。
甘酸っぱさがとけていく…。
もしかすると…後味をのこして

そんなような気持ちになれることが、
もしかすると、
 over 
の状態なのかな…と、
ふと思いました。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
25年のファンとしては、
あの行為が事実だったり違法なことをしていたとしても、
楽曲を愛する気持ちに変わりはありません。

ASKAをはじめ、こういうご職業の方々は
非常にセンシティブだろうし、
色々追い込まれていくことで
自分がよく分からなくなる感覚があるのではないかと思います。

どうやら、残念なことになっている様ですが、
ASKAのデビューから続く苦悩は
こんな一ファンから見ても感じるのだから、
まずはご本人の苦悩が癒えることを願っていますクローバー

この不確かな悪を題材に、
医療現場での困り事を、
ASKAの名前を使って名付けて書いてある
医師のブログを見ました。
医療者として、
品がない 情けない プロ意識というものは何だろう…
何とも言えない不快を 私は感じました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。