しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん看護,緩和ケア病棟の経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。


テーマ:


仕事の件で、
看護学校からの友人にいつものパターンで話をした。

「どう思う?」と聞くと、「こまめは子供だと思う。」と言われた。

本当は、内視鏡の技術や看護師としての姿勢の意見を訊いた。

彼女が、何と言うか…苦しそうと言うか…
意を決して言っている感じがしたので、そのまま聴いた。
ずっと我慢させていたんだな、と改めて感じた。

彼女の、私とは違う確実な歩みや大人の妥協や、
彼女の、自分の病気への向かい方や
担当医療者とのエピソードの語り方とか、
私とは違う。
尊敬しているところは沢山ある。

私は、自分が社会的・組織人的に子供なのは知っている。

この少し前に、
「がん哲学外来」の樋野先生のお話をお聴きしていた。

そこで、「速効性と英断」について、
又、「人に相談しない。その代り、責任は全て自分。」
という様な言葉などが心に響いた。

私は、高校からはずっと劣等生だった。
看護学校では、パワフルな同級生に馴染めず、
父の逝去も重なって気弱になっていたら、
「便所飯」もするほど孤独になった。

子供の頃は学級委員も務めて、人前で話すことも苦ではなかったのに、
ここからどんどんと崩れていった気がする。
看護学生時は、とにかくどんくさかった。

看護師になってからは、
自分が考えていることや問題を、上手に先輩に言えなくなったし、
仕事はいつもとろくて、申し送りもカルテ記載も下手だったので、
自信というものは持てなくなった。

人に比べたら、本当に本当に遠回りをしたが、
きっと今は、ある程度は、
自信があると言っていい看護師ではあると思うし、
そうでなくては困る。
もう、アラフォー最後の年だし

人にむやみやたらと確認することなく、
自分が信じる看護を進めていきたい。
大きな責任から逃げることなく。

組織人としての視野は持ちつつも、
医療人としての責務を果たすことを重視したい。

自分には、もう失うものは無い。
結局は何も怖がるものも無い。
その勢いだけで進みたくなる時もあるが…。

せっかく生きているのに、
せっかく患者でも遺族でもあるのに、
せっかく自分なりに看護師研鑽に努めているのに、
自信にできないのは、自分もかわいそうだ。
ドナーさんにも申し訳ない。

そして、いつだって、
先に天に召されている方々
恥ずかしくない生き方をしたいと思っています。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
新シリーズ??こまめのぼやきヒヨコ

グチを聞かされるのは、
あまり気持ちのいいものクローバーではありませんが、
アラフォーシングル・オバチャン看護師は孤独で、
facebookへの投稿も、もうよくないな~と思い、
ブログにすがります…汗

私の経歴を知らない主任は、
「うちは大きい施設だから~~~。」と何かにつけて言う。
大きいと言っても、1,000床はない。
アルバイトの私をバカにしているカンジ。

「大きい」らしい施設だと、
患者サービス=心遣いが薄くて当然、
安全・安楽面の不備を患者の責任に転嫁して当然、
とおっしゃっている様に感じられる。

先日、主任看護師さんに、
私が言いたいことの8割9割を、
話の展開によりかなり具体的に伝えた。
…オカシイ・リスクのあること。

だから、(私には理解しきれない心理だが、)
主任看護師さんからの逆襲的なことは覚悟していた。

言葉も態度もより一層キツイ汗
上司,看護師としての配慮や優しさの無さが、
集団心理の作用で、内視鏡室の雰囲気になっている様に感じる。

彼女から私に理論や裏付けになる説明はない。
きっとこまめ自身の妬みもあるだろうけど、
彼女のプライドの高さが鼻につくにひひ

私の気持ちはかなり下がりまくるが、
どこかで面白がっているところがある。

もっとヤレビックリマークと思うところがある。
その度、私の経験値がUPアップアップしていくのだ。
がんサバイバー看護師の私のネタとコヤシが増えていくのだアップアップアップ

「終わっている」看護師は確かにいると思う。
その上、そういう方々を管理職につけて、
気づかない(ふりをする)病院も、
「終わっている」一面があるのかもしれない。

半年くらい前から、
「患者さん,ご家族は、いかに病院を使いこなすか。」という視点を、
私は強く持つ様になった。

いつか貴女方が患者や患者家族の立場になったら、
自分の看護師としての不甲斐なさを、
おそらく少なからず痛感するだろう。
(これが全く無かったとしたら、
人として不足しているものがあると思う。)

その時、
私の言っていることの真意を知るだろう。

いつか、心から「ああそうか」と思って、
患者さんに向かう姿勢を改善して頂くためにも、
私は、あともう少し頑張ろう。
今日を頑張ろう。

…本当は、何より今が大切なんだけど、
明らかにオカシイことが日常で、
それに疑問が無く自信を持っている方々には、
私はやっぱり非力です汗
AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:


8年前の映画
まさよしファンということもあり、当時、劇場に観に行った。

まさよしの演技の素晴らしさは、
既に「月とキャベツ」で感じていて、
この映画でも、特に表情がたまらなかった

たまたまこの動画に会って、DVDを見直した。
…明らかに違う感覚があった。

さまざまな思いと考えがあると思う。
私は、この主人公の、独りよがりに偏らない、
せつない思いは自分に不足しているものだと感じた。


…先日、アルバイト先で、骨髄移植患者さんと接した。

病院でアルバイトを始めてしばらくは、
動悸に苦しむのかと覚悟していたが、
なんとも言えない変化があった。
波はもちろんたつけど…結構穏やかなような気がする。

検査終了後、ベッドからお身体を自力で起こせないご様子だったので、
半抱っこの形になった。

自分の身体自体が温かく感じた。
感情なのかな。
これは私の独りよがりだけれど、
私のせつない思いが、
患者さんへの温かさに変わることを願っています


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
アルバイトを始めておよそ2か月

不信と不安でお仕事前夜は不眠になってしまい、
最近になり、
勇気を出して、
かつ、どんな対応をしてくれるのか知りたくて、
院内の臨床心理士さんの職員向け相談を受けた。
そこの勧めで、外来師長さんに、 私が見た事実と不安を伝えた。

おそらく外来師長さんの指示があり、 主任さんとの面談になった。
主任さんは、日頃すぐキツイ冷たい口調で言葉を放ち、
コミュニケーションをはかるどころではない。
私はいたたまれない気持ちになっていた

私は主任さんから傷つき過ぎているし、
一方、リーダーシップや看護師としてあり得ない一面を感じている。
挙句には、精神腫瘍科の主治医には退職を促されたし、
この際、遠慮無くお話させて頂こうかなと思った。

前職で臨床心理士さんに、
「幾らどんなに相手が悪くても、
逃げ道をつくる隙を与えない追い込みは逆効果です。」
と言われていたのを思い出す…。

元々、強気に物言いが出来るタイプではないが、
患者さんに明らかな害があるのは耐えきれなくなる。

それでも、主任さんが(師長さんの指示でも)時間をつくって、
普段よりは穏やかに対話できたことには、 率直に感謝している
私の看護師としての質問や不安に対する返答は、
全く満足のいくものではなかったが、
聞いて頂いたことには安堵している

今の私に出来ること,責務は、実際ここまでだと思っている。
具体的に変わるのかどうかは、
現実、アルバイトの私の関与できることではない。

正直、自分が予測出来ていた事故やミスが起きた時に、
自分がはまるようなことはもうごめんなんです

「内視鏡看護」
看護師が機械を知らず 直接介助にも一切つかないとしても、
取り組める面白い部分は沢山あるのに、
「外来看護の質の向上に努めます」とただ掲示するだけで、
業務に対する具体的自己研鑽をせず、
何が楽しくて仕事をしているのかと残念に思う

主任さんより、エビデンスの資料請求(命令)があった。
疑問を感じないから、自分で調べられないの

「結局使われている」感があるが、
患者さんの安全・安楽のため、
胃カメラ未検だと言う主任さんの気持ちに、
種まきが出来たらいいなと思う…。

日常の診療で、
医師のオカシサを即座に指摘出来るのは看護師だと思っている。
そういう壁の役割を果たせないのなら、 そこに看護師は要らない。

仮に、医療事故を起こしていても、
なかなか根本的体質は変わらないものなのだろうか。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
アルバイト先で、難聴の患者さんと接した。
補聴器で、口話が普通に可能のようだった。

ふと、「安心した」「ほっとした」
を意味する手話の形に、私の手が動いた…。
時々、こんな風に手が手話のように動くことがある。

「手話、できるんですか」と
その患者さんが、嬉しそうにおっしゃった。

私が「少しだけ出来ます。」と応えると、
その患者さんは「あぁ、よかった…。今日は良かった…。」と
ほっとした様な笑顔になった

「手話の勉強、頑張ってください」と
励ましのお言葉を頂いた

今年、地域の手話講習会に通っている。
「手話通訳士」は、
私の頭がそういう構造ではないので、かなり困難。
でも、医療の現場での橋渡しの手話遣いにはなりたい。

全てが中途半端なんだ…。
もう少し頑張ってみようかな。


いいね!した人  |  コメント(2)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。