しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん専門看護や緩和ケアの経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。


テーマ:

mini_130506_16410002.jpg

mini_130515_1206.jpg

mini_130515_12090001.jpg

mini_130515_12150002.jpg

mini_130515_121000010001.jpg

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


緩和ケアは、ざっくり言えば、QOLをあげるケアです。

この動画では、特に痛みのケアの大切さが分かると思います。

身体的苦痛・精神的苦痛・社会的苦痛・スピリチュアルペインの
全人的苦痛が緩和ケアの対象です。

終末期ケアだけが緩和ケアではありません。
治療支援の側面があります。

このようなイベントで、一般の認知を上げることも大切ですが、
私は、腫瘍治療域の医療者の意識を上げる…というか、
ここまでくると半強制的みたいな「教育」さえも必要な気がしています。

WHOが言っていることも、
がん対策基本法…がん対策推進計画が言っていることも、
現場の医師らでは、どこ吹く風の状態が少なくないと感じています。
がん対策推進計画概要
WHO(世界保健機関)による緩和ケアの定義(2002年)

緩和医療学会の会員数は1万人を越えたと聞きます。
患者さんの緩和ケアを考える多くの看護師は、
理解のない腫瘍治療医に悩んでいます。

治療支援の面で、患者さん・ご家族から
「緩和ケアを受けたいです」と言わなければ、
叶わない状況もあると言うのが現実です。

治療の主治医の理解を得られなくても、
現場には分かっている医療者が必ずいます。

外来,病棟の看護師さん方の中、相談を担う部署(相談支援センターなど)は、

きっと、力になってくれる人がいると思います。

…もうそろそろ、いつでもどこでも、私にもそう信じさせてください。

実は、この場(オレンジバルーン・フェスタ)に伺いました。
「サバイバーナース(患者+看護師)」としての苦痛に
寄り添って頂いて感謝しております
ありがとうございました

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
ちょっと感じたこと。

例えば、全国で志を同じくした医療者が集まったとして、
「私達しかできないことをしっかりとやりとげていきたい。」
という思いを新たにする…
これで終わっていいのでしょうか。

本当に必要で、
本当に大切なら、
「私達だけ」ではなく、
皆が同じように、似たようにできることを目指した方が、
もっと素晴らしいのではないかと思いました。

「私達にしかできないこと」に、
このことも当然含まれていることを信じています。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
緩和医療学会に参加しました。
ある血液内科医の方に思うところがあって、
勇気を出して、お話をお伺いさせて頂きました。

本当に温かく向かい合ってくださいましたクローバー
この先ずっと、私を支え続ける力となりましたクローバー
ありがとうございましたクローバー

お名刺を頂き、お礼のメールをお送りしたところ、
これまた温かく、大きな励みになるお返事を頂きましたクローバー

先生ブーケ1すみません。
失礼であるのは承知しておりますが、
どなたかの励みクローバーにもなるだろうと確信し、
抜粋・編集をしてお伝えさせてください。


>正直なところ、私達医師には
患者さん方はなかなか言いたいことも遠慮されるためか
伝わってこないことも多く、
こまめさんから教えて頂いたお話は
再度自分自身の診療を振り返る契機となりました。

>会場でも申し上げましたが、
血液内科でも症状緩和が重要であること、
決して軽視されるべきでないことを発信し続けることで、
少しずつでも変わっていくのではないだろうかと思っております。

>こまめさんも含めて症状コントロールが大事であることを知っている医療者が
周囲に一人ずつ伝え続けることで、
現場を変えていく(現場が変わる)ことは可能だと私は信じています。

>遠く離れていても
同じ視点で話すことが出来る仲間がいることは
有難い限りです。


私(こまめ)なんかを「仲間」とか「医療者」とかおっしゃって頂き、
胸がいっぱいですクローバー
本当にありがとうございましたクローバー

固形がんはもちろん、血液内科における、
治療支援・闘病支援としての緩和ケアについて
非力ながら頑張り続けますニコニコ
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。