しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん看護,緩和ケア病棟の経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。


テーマ:


今年早々くらいから、くまモンさまにくびったけ(オバちゃん用語)
会うたびに想いは募ります
動画を見ていると癒されます

一度お会いして、握手までは叶いました
くまモン体操を生で見ること
ツーショット写真…集合写真でも可
が次の目標…夢です
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
化学療法の病院での同志、母とほぼ同い年の<は>さんドキドキとデートした。
なんとしてもお会いしたい気持ちが、何だか溢れていた。
お会いするのは2年振りくらい。

駅で待ち合わせしてランチのお店に着く前に、
再再発で予後を自らお聞きになり、無治療を選択なさった、
とお話頂いた。

お野菜と玄米中心のお食事 ヨガ
お灸 カラオケ 笑顔 旅行
お孫さんとの時間 ご家族やご姉妹との思いのシェア
具体的な目標のもとまだ生きたいという強い思い…
をお聴きした。

<は>さんドキドキは、無治療の選択は良かったとおっしゃった。
とても充実した時間を過ごせており、
病気も主治医が驚く程とても良い状態らしいクローバー

治療は完治や寛解はのぞめず、いわば延命目的であり、
その入院生活は嫌だったとおっしゃった。
「告げられた時」はとっくに過ぎている。

…お話を聴かせて頂く私にとって、
白衣は鎧とか権力とか免罪符とかに思った。
看護師とかピアサポーターとか、それらをとっぱらった自分は、
<は>さんドキドキにふさわしいと思える言葉や表情を見つけられない…。

そもそも、「ケアをする者の上から目線」を、
どうしても仕舞いきれない。

それでも、<は>さんドキドキの涙は止めず、
<は>さんドキドキの柔らかい笑顔は消さない様に気をつけた…。
お食事は少し意見させて頂いたが、全ての選択への揺るがない支持に努めた…。

パーフェクトは有り得ないが、
こういう場面は、いつもいつも胸が苦しくなる。

それでもやっぱり、お会い出来て良かったクローバー
<は>さんドキドキに、緩やかに感動したクローバー
私は「娘」として沢山甘えさせて頂いたクローバー

お別れ間際に頂いた<は>さんドキドキの笑顔、
私はとても嬉しく、とても安堵した。

来年はカラオケ音符ですニコニコ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


今日も明日も風をうけたら
心に花の咲く方へ

今日に明日にさみしくなったら
心に花の咲く方へ

私とほぼ同い年くらいのASKAさんの動画を選びました
この時から今と同じ時間が流れた時、流れる間、
小さくても根強い花が、私の心に繰り返し咲いていますように
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
がん経験ありのある看護師さんから問われた。
「何故それでも看護師でいようとするのか」
以下、私の簡略化した答え。

とても意味深い問いかけを有難うございます。
自分の気持ちを確認出来た気がしています。

14歳から看護婦さんを夢みて今4X歳、生きるにもしぬにも、
数々の現実問題を含め、もう他は考えられないと言うところです。
残りの時間を何をして過ごすのが自分の人生にとってベストか、
と言う視点でもそうです。

私の中にも、お見取りをさせて頂いた数々の素晴らしい患者さんとご家族がいらっしゃいます。
又、取り返しのつかないミスをしたお見取りもありました。
今でも深い傷です。
その思い出や経験が、私の心と身体の多くをつくっている気がします。

自分の歩いてきた看護師の道は、今思い返すと、
PCU(緩和ケア病棟)を辞めてから間違いだらけでした。
だから、学びとして病気がもたらされたんだ、
みたいにも思っています。

私の中にも、看護師兼患者として、大きな苦しみや試練が数々あります。
それに丁寧に向き合って、
同じような苦しみを持つ患者さんやご家族へ還元できることをひたすら願いながら、
看護師兼患者の一症例として生きることが
私のスタイルなのかもと思っています。
まぁ、これで精神が破綻しかかっているので、
良い方法なのかは分かりません汗

私が長年愛するアーティストASKAが
「心に花の咲く方へ」と言っていて、
私は大切にしています。
看護師から離れられないのは、どんなに苦しくてもそれが私にとって花が咲くことであり、
過去にめぐりあってきた花の素晴らしさを、自分が病気をして尚更感じ、
誰かのその花になりたい思いさえあるからかもしれません。(以上)

最近「もうだめだ」と思うことが多い。
幾つもの「ああそうだった」を集めて過ごしたいと思い直している。
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:


君の泪は いつか大粒の雨になり
大地を固めるのだから

君の泪は いつか優しい雨になり
きれいな花を咲かすのだから

大地を固めなくても、きれいな花を咲かせなくても、
何かを遺したいと思って来た…。
患者の心で「助けて」と言い、
看護師の心で「苦しい」と言った。

助けてくれた方々には感謝
でも、同じ分くらい傷ついてきた気もする。
患者の心で、看護師の心で、
助けを求める相手に、
自己満足の、微々たる種まきをしてきた。

実りは気にしていなかったはずなのに、疲れてしまった。
もう誰も頼りたくない。
もう誰からも助けて欲しくない。
そんなバチあたりなことが頭をよぎる。
でも、「自分で歩くんだ。」
弱っているから、今一度そう思うことにした。

ありがとう、さようなら。

(追記)最後の一文は、
これから、医療者の誰かを、心から頼ろうと思うことは無いだろう…という意味です
このフレーズでご心配をおかけしてすみませんでした。
お気持ち、ありがとうございました

いいね!した人  |  コメント(6)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。