しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん専門看護や緩和ケアの経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。


テーマ:
来年度から、看護師の研修制度が義務化するらしい。
その具体的指導方法やシステムは、今の私には分からない。

看護学生は、実習は行っても「技術は就職してから学べばいい。」というスタンスを多く私は感じている。
カリキュラムも、理論重視になっているらしい。

その研修システムがしっかりしていなければ、現場としては、やっていられない…と感じると思う。

施設によっては、新人ナースと学生の実習指導が重なる。

<患者さんに寄り添った看護>は充実せず、投薬,処置といった<業務>を安全,確実にこなす事でいっぱいだと想像する。

私は内科経験が多い。
ベッドサイドで時間が許す限り患者さんの思いを傾聴し、未熟ながら,非力ながらケアに努めてきた。

のろまで要領も悪く、先輩の受けは良くなかったが、患者さんからの評価に励まされ頑張った。
当時はただ嬉しかっただけで、自分の良さ(個性)は何なのか全然分からなかった。
ただがむしゃらだったと思う。

自分が患者になり、自分の当たり前とか大切な事とかは、今のナースのそれとは一致しない事が少なくないと実感した。

6,7年程前か、大学病院に転職した先輩が教育係になり、「看護の面白さが分からない子ばかりで可哀想…。」と涙ぐんだ。
その気持ちは、当時の私には全く分からなかった。
…近年、よく思い出す。

時代は変わる。
昔とは違う。

オバサンナース!自分の<絶対的価値観>だけではもう難しいですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
2/20(日)は 看護師国家試験の日だった。

某看護師・看護学生コミュニティーサイトでは、ずっと国試(国家試験)関連のスレッドが目まぐるしく展開している。

ネットだから気軽に書き込みするのだろうが、オバサンの私としては、国試ごときでこんなにも不安を吐露する「普通」に違和感を隠せない。

自己採点で点数が悪かったから、「死にたい…」とまで書く…。
「死にたいと感じる程」辛く苦しい気持ちは まぁ…分かるとしよう。

しかし、私オバサンナースは、これからナースになる方々に、「死にたい」と<軽々しく>口にして欲しくない。

国試は、あくまで <ナースのスタートライン> に立つ事の許可である。
大変なのはこれからだ。

私達の頃と違い、スタートラインでの実践力は低い。
学生時の実習内容が違う。
技術面は、見学止まり,模型使用…学生同士で実施する事はあるらしい。

筋肉注射。
初めて人体に行う新人看護師が殆どの様だ。
(准看護師は私には分からない。)

…あなたは、看護学生に注射されたくないですか。
キチンと学内の厳しい技術試験にパスし、勿論ナースの指導,見守りの保証はあります。

私達はそういう教育を受けた。
様々な看護技術を、患者さんに協力して頂き、学生の内に基礎は身につけた。

今は、学生=無資格者 が医療(看護)行為を実際行う事が認められないらしい。
患者の人権の尊重の高まりだそうだ。(現在の看護学生より)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
今月初旬の外来で、前医からお付き合いの 大好きな<ほ>お姉さんドキドキ+娘さんドキドキに半年振りで再会したクローバー

<ほ>お姉さん親子ドキドキは基本的にいつも笑顔ニコニコニコニコだ。

移植もほぼ同時期で、病室(無菌室)も確か2件程離れた所だった。
扉が無かったので、<ほ>お姉さんドキドキの笑い声ニコニコが毎日の様に聞こえ、ほぼ寝たきり時期の私の熱も痛みも癒されたクローバー

移植主治医も同じなので、先日の「トラブル」は話さないでいようと思っていたが、結局黙っていられなかった汗
でも、<ほ>お姉さんドキドキは、前から移植主治医のスタンスを悟っていらした。

生活保護の報告もして、福祉事務所の対応の悪さに悩んでいる事を聴いて頂いたクローバー

私の地区は、近隣地区の中では最悪と言える福祉環境,応対であるらしい事を知ったショック!

<ほ>お姉さんドキドキの経過も良好クローバークローバークローバー
笑顔ニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコ爆発キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ
また湧き起こるパワークローバードキドキを頂いたクローバードキドキ
有難うございましたブーケ1

あの同志(闘病仲間)ドキドキでお花見桜しましょうね音符
<や>お姉さんドキドキとは実現出来なかった…。

あと、<ほ>お姉さんドキドキのおかげでブーケ1私の移植病棟主治医<ひ>先生とも笑顔ニコニコで話す事が出来ました。

<ひ>先生も、外見はすっかりフツウの美女2人キラキラにひひにキャーキャーパー言われて嬉しかったハズですにひひ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
先日、無料の弁護士相談に行った。

今まで <生活保護>に関して私は様々傷つき、何を信じれば良いのか分からなくなった。
精神状態が一時明らかにおかしくなったのを自覚した。


これまで受けた説明事項,手続き,言動に明らかな不備を感じていた。

同志(闘病仲間)の話を聴く…。
生活保護関連のコミュニティーで実際のケースを知る…。

「私が説明を受けた<法>」には、絶対抜け道がある(違法と言う意味ではない)…鵜呑みにしてはいけないと思った。

これまで、役所,庁,保健所,年金事務所,病院のMSW,厚生労働省,患者用相談施設各種…主に電話だが、出向いての相談もした。
そして弁護士会の利用。

少しずつ納得出来てきた。

担当の弁護士さんから、前にも 白血病の女性から生活保護の相談があったと聞いた。
不可能だが、その方に会いたいと思った。

前記 様々 相談する際、感じた事…。

「生活保護」 「鬱病・適応障害」では 態度が今一つ粗雑…。

「白血病・骨髄移植後」 「母難病,弟ひきこもり(必要時説明)」 で相手の声に張りを感じる。
面談時では、表情に真剣さが増す様な変化を感じる。

「(元)看護師」 「移植病院の名称,元職場であった事 (必要時説明)」 で相談態度はより良い変化を感じた。

話の流れで、看護師,患者として今後に生かしたい旨説明し、相談の感謝を述べると、悪い気持ちになる事はなかった。

頭の混乱は整理されつつあると思う。
負けるもんか。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
私は本当の独りぼっちではない。
沢山の心ある方々ドキドキに支えられて生きていられる。

再発の恐怖は殆ど無い。皆無と言ってもいい。
でも、その時が来たらきっとショックだろう。
一方でホッとするだろう。

今 再発しないでいられる事に、罪悪感に似た感情がある。
何故 自分がまだ生きていられるクジを引いたのか…と思う。
このクジ、誰かに譲れるのなら譲りたい。

全て自分で選んだ道だ。
私の環境はしかたない事だ。

でも、パートナー (配偶者)も子も無く、そういう意味での独りでの闘病生活は…闘病人生は、侘びしい。
悲しませる人が少なくて済んだと思い返し、自分の慰めにする。

ずっと衣食住の心配をし続ける。
将来生きて行く手だてを考える。

完治したら待っている事を考える。
老いていく母の事、ゴールの見えない弟の問題。
お墓の管理。

移植による2次がんなどの可能性。
医療保険にはもう入れない。
私の老後。

でも、生きていれば、喜びも笑顔もあふれているだろうクローバー
それは分かっている。

自分が特別とは思っていない。
苦しみも悲しみも人それぞれだ。
あえて比べて順番をつける事ではない。
それぞれだ。

でも、だから、
「あなたはラクね。」などと言われたくない。
個人の感情は自由だが、言動にされるのは勘弁して欲しい。

まだ私は、そんな言動をスルー出来る程 出来ていないから。
こんな人間もいるのだ、と知って欲しい気持ちを消せないから。
いいね!した人  |  コメント(6)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。