しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

しかたない、がんばろう!~急性リンパ性白血病をいきる~かんごしに生きる~

2008年春、急性リンパ性白血病 (ALL) になった。
38才独身、看護師18年目…。
がん看護,緩和ケア病棟の経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までを振り返りながら、記していきたい。

コメントやペタなどを頂いても、病状・体調により十分にお応え出来ないことがあると思います。 お許し下さい。 ひとつひとつのお言葉や出会いは、感謝し、大切にしていきますp(^-^)q
歴史に刻まれる大きな出来事の最中。
 
目に見えない得体の知れないものに、人間が、社会が、脅かされています。
 
あちこちシステムが破綻しかけています。
飲食店1つにしても、物流から原材料から農家,漁師,畜産,その他関係しています。
お金¥が回らなければ、様々な類の会社も困り果て、
雇用を縮小したり倒産したりすることが増えれば、貧困が増大するでしょう。
 
若者は新型コロナウイルスに感染しても、風邪程度の症状〜無症状で済んでしまうことが多いそうです。
後遺症の問題もありますが、今大丈夫でも、将来的にどう影響するのか,変化するのかは不明なままです。
 
若者に限らず、自分自身がウイルス同様になっていること,ウイルスの媒介者になっていることを想像出来ない、
愚かな人々が一定数います。
 
このまま社会の脆弱さが進めば、困るのは人間です。
人を選ばず日常生活が破綻することも増えると思います。
 
雇用が縮小となれば、現在学生の皆様の将来にも大きく影響するでしょう。
 
今が良ければ、自分さえ良ければ、は悲劇の将来を生むと思います。
 
政治家は身銭を切らない。
自分の垢の一片だって税金¥で出来ていることを分かっていません。
(いつまでも人数減らさない,国際的にみても報酬多過ぎる,老人がいつまでも執着している,無能なのも多そうだ)
 
補償補償補償補償補償と言うけれど、お金¥は湧いてくるものではありません。
国の借金¥が増えれば、若者に負担がいくのは必然です。
 
年金はもちろん、当然であった医療保険制度の破綻も夢ではなくなるでしょう。
お金¥が無ければ、治療できず死ぬしかない世の中も遠くないかもしれません。
 
命の選別が切迫しています。
コロナ対応で、他の緊急性のある急性疾患への影響が心配されています。
 
自分のためにも自分を律することが今一番求められていると思います。
 
自分がウイルス同様になっていることを想像してください。
心身的に,社会的に弱い人間を、間接的に窮地に追い込んでいる1人になっているかもしれないと想像してください。
 
豊かな時代になりました。
求めればすぐに叶うことが多い時代になりました。
我慢が出来にくい世の中,人間になっていると思います。
 
ウイルスに人間は試されている。
頭脳を持たない,心の無いものと同化してしまわないで欲しいと願います流れ星
 
 
 
 
 

あけましておめでとうございます鏡餅
この場で支えて頂いております皆様ラブラブに改めて感謝申し上げますクローバー
ありがとうございますクローバー

現勤務先病院はクラスター真っ只中です。
まずは、究極の優しさ(骨髄提供)で頂いたこの身体を、守らなければならないと思っています。

当外来化学療法室では立ち位置が微妙なはてなマーク

でも輝かしいキラキラご経歴の腫瘍内科医(ご専門は血液内科はてなマーク)がいらっしゃいます。
ヒヨコのある日の思いの表出へのお応えなのかうーん
昨年末、「来年は色々改善していきましょう。」とお声がけ頂きました。

ヒヨコの感じていることがよりよい看護ハートの提供につながるよう、
牛しっぽ今年牛あたまも目の前のことを地道にやっていきますカメあせる

人の人生晴れに関わっているという意識を常に持ち、
せめて笑顔ニコと次の一歩あしを支えられるケアギバーへの精進を重ねて参りますカメあせる

皆様ラブラブには、
どうか引き続きご支援ドキドキ頂けますよう、お願い申し上げます。

又、骨髄バンクランナーズ走る人メンバーとしての活動も、
腰痛の様子を見ながらにはなりますが、継続して参りますカメあせる

牛しっぽ今年牛あたまもどうぞよろしくお願い致します。
 
 
 

新緑の頃に診断、化学療法2nd.lineも効果がなくなり、

主治医より一方的に余命○か月と聞かされた、

アラフォーシングル女子チューリップオレンジのお気持ちに思いを馳せております。
お父様チューリップオレンジは既に同じ病気で他界とのこと。
一人のこされることとなるお母様チューリップ紫のお気持ちと、その道程にも思いを馳せます。


「私はお母さんと同年代だから、お母さんのことはどうにでもなる。」と言う、○科外来主任に、私ヒヨコは密かに怒り的なものを感じました。


自信があって一生懸命なのは大いに結構だけれど、鼻息荒すぎて雑なようなものを感じて、

なんだかな…ぐすんと感じてしまいました。

ヒヨコ自身も、自分ヒヨコと重なる部分(この方チューリップオレンジの年代と両親の件など)を感じると共に、引きずられていることを実感しています。

 

でも、あくまでも、

ご本人軸チューリップオレンジお母様軸チューリップ紫で考えていく、ストレングス虹を信じる、

と言い聞かせているところです。

 

 
 
 
最近、妙に、AYA世代(15〜39歳)のがん患者さんチューリップオレンジのケア,サポートの、ウェブパソコン勉強会の情報に出会います。
一方、昨日は、認知症患者さんの緩和ケア勉強会パソコンに参加しました。
 
要するに個別性、背景,環境をつかむのに課題が沢山あると言うことと、おおおおきくはそう捉えました。
世代による違い、個人個人による違い、当たり前のことを、いかに丁寧に展開するか、
日々時間制限もある中で、多くのテーマをどう捉え看護ハートとするか、
そうだ、看護学校でいつもうるさく言われていたことだ、とも感じてきます。
 
カメラ緩和ケア病棟での27才のこまめヒヨコ
精神腫瘍科が生まれた年です。
25年程前の当時、言葉にならない,出来ない違和感とそのための周囲との溝がありました。
 
医療者が作り上げ信じた理想とするモデルがあって、
まるでそれにあてはめるかごとくの看護と感じていたのかもしれないと思い返します。
欧米には欧米の緩和ケア(終末期ケア)があり、
日本人になじむものはきっと他のカタチだと、漠然と感じていたことを思い出します。
 
ヒヨコは、丁寧にやりたかった、やりたいだけだと思い返します。
 
その人なりのもの、命を奪う病でもっても変えられない黒い,かたい様なものもあって、
未来のご遺族チューリップ紫チューリップ紫の姿に思いをはせながらも、それに折り合いをつけて、
これでいい、今のあなた方チューリップオレンジチューリップ紫チューリップオレンジチューリップ紫でよいと、時には支えたかったんだなと思い返します。
 

クリスマスツリー隣りは看護学校同級生でもあったYちゃんドキドキ
白血病渦中の時にもお世話になりましたクローバー感謝クローバー
 
 
 

今回の病院病院は、これまでより時給¥200円ダウン~日給¥2000円ダウンです。

経験年数の加算無し、昇給絶対無しです。

ここまではしかたない、自業自得ヒヨコあせるもあり、今期化学療法室をやらせてもらえる病院が結局ここ病院しかなかったんだから。

 

○○○○という人事評価システムに、常勤と全く同じように、年間目標に半年毎の自己評価もしなければなりません。

ちなみに、課題も常勤と差無しです。

 

単純な愚痴ですが…。

これまでは有り得なかったのですが、

常勤は、時間内に終わらないと分かっている患者さんチューリップオレンジのことをパートに(無給で)やらせて定時に帰ったり、

(仕方ない部分があったとしても,言葉がけ一つ無く)昼休みも14時過ぎにすることが多かったりします。

 

評価者の主任さんクマも師長さんしし座も、私ヒヨコと同じ現場には居ません。

それで評価するって、

既にお馴染みぶー30代前半感情の起伏激しい波化学療法認定看護師ウサギと、

サブリーダー的な40代看護師にゃー(スタッフに自分の子どもへと同様と思われる言葉遣いをするタイプ)に

ヒヨコの事を聞いて行っているんだよなと思いました。

 

改めて考えたら、こんな評価の良し悪しなんて気にする必要は無いんだけど、

事実と違う認識をされるのも、こういう評価方法も、単純に腹立たしい部分もありぶー以下の手紙を評価者しし座クマに渡す事にしました。

 

 

○○○○の評価ありがとうございました。
予測していた面談の機会がございませんでしたので、書面でお伝えさせて頂きます。

ウサギむかっさんの対応について苦痛が重なり、疲弊しています。
院内のカウンセリングや、この度発足したパワハラ委員会に相談する事も頭をよぎっています。


これまで、若い頃から多々厳しい指導と言うイジメに合い、

又、一時期熱中した内視鏡看護における業務改善を重ねる中で、

こういうものでは、上司に相談することが必須とされるのが殆どでしたので、この書面としました。
更に、こういうものでは、苦しくて助けを求める当人の内省を促されるだけで終わる時もあり、逆に傷つくだけで終わったことが思い出されます。

先日、内科のブタむかっさんとの電話対応時、患者さんチューリップオレンジの件で普通の対話がどうしても困難だった為、

あえてブタむかっさんと同じテンションに合わせつつ、言葉は乱れない様にし、対応しました。
それでも、予定以上に大きな声で感情的になってしまったことは反省していますヒヨコ汗

この件をきっかけに、自分ヒヨコの中の我慢に限界を感じ、

転職者のゴールデンキラキラルールと言われる「3か月は黙っている」という期間も過ぎましたので、

患者さんチューリップオレンジの前で感情をのせて注意をしてくるにゃーむかっさんに手紙をお渡ししました。

冷静な対話をもつことが叶い、感謝クローバーしております。
自分ヒヨコ自身の様々な課題には、これからも努力していくつもりです。

ウサギむかっさんには、こういう対応策では、私ヒヨコの苦痛は軽減されないと感じています。恐怖を感じています叫び
立場は上でも若いチューリップ赤人の言動に対し、寛大な部分を持つことを、50代となり自分ヒヨコの課題とはしています。

人のいいところも見る様に、相手の立場を想像する様に、長年努め続けて来ました。


何が起きているのかは私ヒヨコの仕事日記に記載してありますが、ここでは示しきれません。
根本は経験してきたことの違いだと思っています。


当院には当院のやり方があり、スタッフである以上それに従う責務があることは、勿論理解しています。
いい意味で仕方無いと思える範囲の違いが、ウサギむかっさんの不機嫌や怒りやののしりになっているのだと思います。

新しい方が入り、万が一、もしも、私ヒヨコと同じこの様な種類の現場に会ったならば、患者さんチューリップオレンジの目も配慮しつつフォローしたいと考えています。

ご多忙中恐れ入りますが、来年牛でも構いませんので、

10~15分程度の面談の時間を設けて頂けないでしょうか。

将来的には、可能でしたら、四者面談希望の気持ちもあります。


ヒヨコの願いは、ウサギむかっさんとは、仕事上余計な感情的発言無く、必要な事のみ話し合える関係です。

 

 

薬剤のことは患者さんチューリップオレンジに話さないドンッなど、私ヒヨコに数々キレた30代前半看護師ブタネコは、子ブタネコのためお休みに入りましたニコニコ

化学療法の経験は多少ありそうだけれど、ご希望ラブラブではなくダウン配属となった、私ヒヨコよりずっと若い看護師さん方が来ました。

 

ヒヨコにとって、優しい風晴れが吹いて欲しいです流れ星

化学療法看護ハートにたけている看護師さん星が身近にいたらなあ虹