お節介親父 血は争えない(笑)

テーマ:
8月もまだまだ暑いですね。
 


落陽が早くなったので確実に季節は変わりつつあるはずですがまだまだ残暑がきついですが
皆さんお元気ですか?

昨日は仕事お休みいただいて、
私の父と祖母のお墓参りに行ってきました。


父は何度も
お前がいてくれて助かると言ってくれてました。
本当に実父や実母のことは後回しで
お盆すら墓参りも連れて行ってあげれないような現状の私に愚痴も言わずに喜んでくれて
少し申し訳ない気持ちになりました。

父は
四柱推命の日柱は
丙午

やりにくい性格ですよ(笑)
頑固で
偏固で
社長星ですから
職人で人の下で働くことのできない人だから
私には兄と妹がいて3人兄弟ですが、
兄も妹も
父は無理
鈴巳頼むよと

当初はなんで親のことを私ばかりがしないといけないのかな?
とか
貧乏くじ引いた感じ
って思うこともありました。

でも訪問看護師をしてて
出会った人達
親を介護している愛ある家族さんを見た時に
こんな風になりたいなと私の気持ちが変化しました。

いつしかこの面倒な父は私が最期は看る

そう決めたのです。

去年胃がんが見つかり手術をした父ですが、
今のところ生きてます。



お墓参りしているときに出会った老夫婦
うちの父が77歳 その老夫婦は80歳は越えていたと思います。
バケツに水を入れて運ぶのは大変だと思ったのかその老夫婦の分まで勝手に持っていってあげてる父を見て

相変わらず 

お節介
親切の押し売りやなと

でもそんな父のもとで育った私も少し似てるところがあるかも(笑)
血やなあ(笑)と思った私でした。

二人で昼食のお買い物をした帰りの会話。

お婆さんが大きな荷物持ってるから

「荷物持ちましょか?」
言うたら
「ええです」って断られたって話。

それゃあ
そんな怖い顔のおっちゃんに言われたら断るやろ?(笑)と私は心の中で思っていました。

この人情味溢れる人
でも今の時代にそぐわない人やなあと思うと共に

幼少時代はこんな父に守ってもらってたんだなあと誇らしく思いました。




  今日の墓参りでも
父のご先祖さまへの挨拶は長く

家族(この家族が多いこと(笑)自分の孫や子どものことはもちろん。息子の嫁さんの親、私の主人の親、妹の旦那の親、姪っ子、甥っ子どんだけお願いするねんっていうくらいの名前を言ってました。)の健康を祈ってました。
 

家族のことばかりで自分のことは後回しの父の事を私は代わりに祈りました。

親の心子知らず

だった過去の出来事
を走馬灯のように思い出します

恥ずかしい

私も3人の親になって少し
親心がわかりたい年頃になりました(笑)

父と後何回墓参りが出来るかな?
と考えると貴重な時間になりました。

命って限りがあるから
愛しく思えるんだろうな



私のブログを最後まで読んでくださり
ありがとうございました🍀
                    鈴巳