先日 神様はあまり信じてなかった友達に何故祈るのか?

何故神様が存在すると思っているのか聞かれた。

「私が意識するようになったのは、上手くいかない毎日を日々誰にも相談できないことを抱え働いていた時のこと。ある神社の前を仕事で毎日のように通っていた。そこで自分のやっていることが間違えているのか神社の前で問うていた。すると少しずつ少しずついい方向に向いたのよ。自分でなく、一緒にいてくれる人達、また何かの力でうまくいってる気がした。決定的にそうだと思わせてもらえたのはあんたには白龍がついとる。と宮司さんに言われたことで思いあたることがあったのです。」と、そんな話をした。


その友達は昨年事故の後遺症で手の痺れや痛みに悩まされていた。
だから

一緒に祈った。





 この痛み、痺れから解放されますように 私は祈った。
 友達は今までの健康の有り難かったことに気づいたが、それ以上に今の自分を受け止めることがまだ出来ていなかった。
 でもね、きっと良くなる。
何故?言い切れるか?
友達は動いているから。
リハビリが楽しい。散歩が楽しいと言えているから。
そうそれは前を向いてるってことだから
 幸運は幸せを運ぶって書く。



運ぶってことは動くってこと。
運ぶ為に彼はもう動いているから。
  祈ることは神の前で誓うこと。
すると自分の行動が変わるんだ。
今まで神様の存在を意識してなかったのが、意識すること。
これも行動が変わったってこと。
だからきっといつかこの日を懐かしみ笑える日が来ると思うから。
そして今の苦しみが今の不安が
悩める人への仕事をする際に役立つ時が来ると私は信じています。

今は自分の心地いいことを
楽しみをして、免疫をあげてください。

きっと大丈夫✨

一人といない唯一無二の存在
自分を信じて✨

友達とは偶然の再会でしたが、
私自身が
友達を通して、身体のこと、
病気のこと、今あることの難しさと同時に有り難さを再確認しました。
友達を見ていて、人に頼むこと
甘えることの難しさを感じました。
それは急な身体の変化だから仕方ない。
だからこそできることはしたいし、(お金の貸し借り以外(笑))、また人に頼む練習もしようと思う有り難い時間になりました。

先日また違う友達が
週に1度送ってきてくれるメールに名言をのせてくれるのですがその中に
人は必要な時に必要な人に会う
また人は必要な出来事に会う


なんとなくそれを思いだしました。

今を大切に
人を大切に
自分を大切に



私のブログを最後まで読んでいただきありがとうございました。 
鈴巳