【流石丸】さすらいのんまいもん☆【魁】

【流石丸】さすらいのんまいもん☆【魁】

タイトルを改変いたしました。
流石丸のさすがじゃのぉ(仮 から今回のタイトルに変更いたします。
アテクシ流石丸がいろいろな制限のある中 それを掻い潜り自分なりにおいしいと思えるものを探していこうかと思っております。
主にぺろ(麺類)が多いかもwww


テーマ:

 

昨日と今日 休みだった。

 

昨日は 毎月恒例の病院。

 

このところ 数値がだんだん 上がって来て とうとう改造の話が本腰を入れそうな勢いになって来ている。

 

毎月 今月 その手術の話になるのではないか?とオロオロしながら病院に行くのだ。

 

そして 今月 なんとかパスした。

 

正直ホッとしたほっこり

 

つい 口から

「あぁ あぁああ ドキドキしたぁえーん

 

って 先生の前で言ってしまった。 先生は

 

「ははにやり

 

って軽く笑う程度。 こっちゃぁ 本気でドキドキしてんのになぁ。

 

まぁ いいさ いづれはどうやったって逃れられないものなんだもの。

 

覚悟はしなくちゃね。うーん

 

さて 最近 読んだ漫画の感想をば。

これだ!!

 

なんかぁ すごいだろおーっ!

 

表紙見ただけでは何の話か全く分からんだろおーっ!

 

とある東京の高校に出来た民俗芸能部という部活の話なのだおーっ!

 

たった一人で民俗芸能の踊りを踊っていた紬の周りに集まってきた仲間たちは最初こそ本当に民俗芸能のことを一個も理解していなかったが、鬼剣舞の踊りを見て魅了される。

 

その魅了されてしまった踊りを踊っていたのは何を隠そう紬なのだ。

身長もない。小さな女子高生があの剣舞を勇ましく踊る様は圧巻。

 

紬の幼馴染 未桜の父は昔岩手の民俗芸能を世に広めようと働きかけていた人。その人の元で 紬と未桜は民俗芸能を学んだ。

だが、その父は若くして亡くなってしまう。

 未桜は民俗芸能の踊りを踊ると父を重ね苦しくなると一時期離れたものの民俗芸能部活立ち上げという計画を聞き手伝うべく再度民俗芸能に戻ってきた。

民俗芸能部を立ち上げることに最初は反対だった紬。

「本気の奴らとしか踊りたくない。」

集まったのは 彼女の言う「本気」とは程遠いこれっぽっちの好奇心で入って来たような奴らだった。

ところが 紬の本気の剣舞を見せられた彼らは いつの間にか

「俺も踊りてぇ」

と思う様になり 目標は全国高校文化祭!!とハードルを高く設定w

日々の練習のうち2年部員柳田は

「紬みたいになりてぇ」

と思う様になり。。。

紬は紬で

「絶対に白面の座は渡さない!!

とライバルが増えたことで なんか 活性化されていく。

 

 

民俗芸能なんて地味じゃんって思うかも知れないが 地味じゃねぇよ。

本場を見てみろよ。 マジでかっこいいから!!

そんな 芸能を余すところなく出てくるらしいこの作品。目が離せないなぁ。

今 2巻で出て来ているのが「鬼剣舞」と「鹿(しし)踊り」だけなんだよなぁ。

これが 巻数進んだら 七頭舞とか虎舞とかも出てくるのかなぁ?ウシシ

 

なんかぁ 楽しみの広がる作品ですなぁニコ

 

麻呂の今期のおすすめですニコイヒ

 

 

 


テーマ:

 

今回は Twitterで デコボコのレポートを綴ってみた。

 

こうやって キャリーバックを引っ張って

 

ずーっと ずーっと 旅したかった。

 

まだまだ 遊んで居たかった。

 

「いや きっと また方法は変わるかもしれないが遊べるよ」

 

と言ってくださる人々 

 

確かにそのようになってからでなければ 本当の答えなんて出ないのかもしれないけど。

 

そうだよねぇ 「腎不全です」って言われた時もこんな感じで

 

全てに諦めムードだった。

 

今度は「透析シャントを作ります」って言われて またゾッとなって

 

でも 少しづつ覚悟はしていたつもりでも

 

なかなかどうして 本気の覚悟なんてその場にならなきゃ出来ないのかもしれない。

 

ただ 今回のような長旅は実際無理になってしまう訳で。。。

 

旅が出来たとしても 1泊。ちょっと無茶な行程を考えても2泊できればいいところ。

 

遠いところに行くのも難しくなってしまうかもしれないし。。。

 

旅行の計画が出たらば 病院に申告相談しないといけないらしいし。。。

 

だから、 今回は 最後の長旅ということなのです。

 

今回の旅で いろいろな人の優しさに触れた。

 

そういう人ってみんなイケメンなのよね。

 

あさむし水族館のイルカショーのステージ警備のおにいさん。

 

ふくろう号の運転士のおにいさん。

 

小牛田駅の駅員のおにいさん。

 

みなさん お世話になりました。

 

ほんと みんな イケメンだった!

 

そんなイケメンの人たちを見ると まだまだ旅したくなっちゃうよ

 

でも いったんは ここで おしまいです。

 

来年 どうなっているのか?それは 麻呂自身にもわかりません。

 

後悔はしないように 今日 思う存分泣いたから いいや。

 

さて、今後 どういう生き方をすればいいものかなぁ。。。

 

それは また 次回の時にでも 話せればいいね。


テーマ:


 

 

泣いた。 朝から涙止らない。

 

下手な絵文字とか付けたくないほど 泣いた。

 

人の想いというのはいろいろと良い意味で根深く想えば想うほど形を変えて 届けたい人に届くのかな。。。

 

実は それが 魂の綱っていうか。。。一筋の糸のような。。。どっかで繋がっているような。 奇跡だけどそうじゃなくてその糸で繋がってるのだから必然なのかもしれないけど。。。

 

あぁ なんだか すごいドラマを読ませて貰いました。

 

ピコ太郎 古坂大魔王って人の そういう必然を引きつけるパワーすごいなぁ。。。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス