こんにちは。(*^^*)

最近残業続きでマトモにブログを読む時間もありませんでしたが、今日から関東出張のため、先程新幹線に乗り込みました。

つまり、広島から東京まで4時間の自由時間です!
ひゃほ~い!
 (o^ O^)シ彡☆

というわけで、久々のブログ更新です。(*^^*)

さて、今回のカスタムですが、またもやマルイ ガスソーコムのトリガープル改善カスタムです(笑)

それだけソーコムのトリガープルは厄介ということです。(^_^;)

さて、前回のカスタムで、トリガーバーのかかりを浅くすることで、キレの良いトリガーフィールになった我が家のソーコムです。

(前回記事)

東京マルイ ソーコム SOCOM Mk-23 トリガー軽量化カスタム(シングルアクション時)|https://ameblo.jp/668886/entry-12408584402.html


しかし、トリガーを引く際、やはり最後の最後が若干重い。

スライドを外してトリガーユニットだけで作動させると物凄いフェザータッチ(自画自賛)ですが、スライドを組むと途端に重くなります。

なぜか?


その原因はトリガーユニットではなく、スライド側にあります。
多くの固定式ガスガンと給弾方法が違い、バレルの後退しないソーコムは、スライドノズルがトリガーに連動して前進し、給弾します。
その際、気密をとるために、アームとノズルの間にスプリングが仕込まれているのですが、こいつがちょいと固いのです。(^_^;)

気密を左右する大切なパーツなので、ユルユルでは困るのですが、トリガーフィールが最後に近づけば近づくほど固くなるのはコイツにも大きな原因があります。

なので、こいつを軽くしてやります。(*^^*)

しかし、先にも書いた通り、このスプリングは気密の確保にとても重要なパーツですから、安易にエイヤとぶった切ると泣くことになるでしょう。

なので、適当なスプリングを探してきました。(*^^*


左が純正、右が適当に発掘したスプリング。
多分、ホームセンターで以前買った余り物です(笑)

純正は物凄い形してるので、ぶった切るのは少々勇気が要りますね。(^_^;)

長さとピッチは大体同じですが、線径も内径も細いので、かなり軽くなります。(*^^*)

流石に軽すぎかなーと思いましたが、とりあえず組み込んでみます。

組み替える前後で初速を比べると、意外や意外。

まったく初速は落ちていません!
 (*´∀`)♪

こんなヤワなスプリングで良かったのかww

屋外で100発ほど撃ち込んでみましたが、特にヘロヘロ玉も出ないので、問題ないのでしょう。

トリガーフィールはびっくりするほど軽くなりました。

もうマルゼンのP99より良いかもしれないと自画自賛してます(笑)

ただ、もし不具合が出たならば、初速変動に大きく影響するパーツなので、今後もしばらくは様子を見ながら使っていきたいと思います。(*^^*)

10分そこそこででき、加工もいらないカスタムなので、ソーコムのトリガーフィールに悩まされている方は是非お試しあれ。
 ( ̄ー ̄)

(その他のソーコム過去記事)

(修正版)マルイ ソーコム サイレンサー カスタム 穴空きロングインナーバレルの効果|https://ameblo.jp/668886/entry-12325211260.html


マルイ ソーコム 消音カスタム ノッカー~バルブ間カスタム|https://ameblo.jp/668886/entry-12405278420.html


メープルリーフのチャンバーパッキン「ディセプティコン」をマルイガスソーコムに試してみる。|https://ameblo.jp/668886/entry-12410346080.html