娘の引っ越しは何事もなく無事に終わった。

何事も無いというか心配の斜め上を行ったというのか。

引っ越し屋さんが到着するとあの男は自分の部屋に籠ったらしい。

そのまま籠っていたらいいのに何故か出てきて今度は駐輪場に。

どうやら車でどこかに行こうと思ったみたい。

ところが鍵を持たずに出てしまったらしく駐輪場で動けなくなってしまった。

いつ主人と鉢合わせするか分からないから戻ることも出来ない。

娘に鍵を持ってこいとLINEをしても引っ越しの最中でなかなか返事がない。

季節は10月、すぐ車に乗るつもりで着の身着のまま、自転車に紛れて駐輪場の中に隠れていたようだ。

やっと娘が鍵を渡して車に乗ったものの、今度は主人が気になって車も出せない。
苛ついて娘にLINEを送ってきた。

親父の車どこ‼️
どこだよ⁉️
親父の車どこだよ‼️‼️

ざっとこんな感じ。

相変わらず主人に対しても言い方が酷い。

実の息子でさえ親父なんて言わないのに。

鍵を渡す時娘が、顔を合わせてもいいんじゃないのと言ったら

今度きちんと挨拶はする、でもそれは今じゃない。と答えたらしい。

ちょうど引っ越しと幼稚園バスのお迎えがかち合ってしまった。

娘はママたちに引っ越しの挨拶をしてさっさと出てきた。

噂になるだろうけど後は知らないと言った。

社宅だというのに気を使わないあの男のせいでこれまでも何か言われていたみたいだし、今更だ。

「奥さんはそうだと思ったけど御主人は違う仕事だと思った。」

これ、全然誉め言葉じゃないから。
分からないだろうけど。