1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2006-04-26 20:40:16

チャーリーの日常4/26~2

テーマ:ペット
DCF_0101.jpg
後ろ姿がムーミンパパの顔みたい!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-04-26 19:00:36

チャーリーの日常4/26~1

テーマ:ペット
DCF_0103.jpg
朝のパトロールの手始めは窓越しに庭の様子を窺うことから・・・d(^O^)b
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-04-25 15:57:50

在宅訪問診療記(11)

テーマ:ブログ
DCF_0099.jpg
路傍のツクシ

兵庫県但東町のお宅に随分久しぶりにお邪魔した際に玄関先の道端に沢山のツクシ・・・一冬雪深くてお邪魔出来なかった山の中にも、やっと春が・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-04-16 12:48:27

在宅訪問診療記(10)

テーマ:ブログ

にゃーいや~その~はやいはなしが~え~と、


小難しい話を一言で言うと・・・中風の介護されてるご老人は「ごっくんやごほん」がうまくできないで気管に知らずに飲み込んで肺炎起こしちゃうツウことちゃうやろかショック!


ハイ・肺・はい、仰せのとうりでごぜーますだ。しょぼん


じゃ、どうすれば肺炎をふせげるの?・・・ほらサブスタンスPでんがな!



又懲りずに、小難しいことを・・・いや~しんぼしてちょっとだけやし~ネコ



あっついもんやつめたいもん、のましたげたらええねん!ほしたらサブスタンスPたらいうのんが仰山ではって、お年寄りも「ごっくんやごほん」が上手にでけはるようになるんやて・・・それにな、歯ぐきを刺激するのもええんやて!食後5分間ぐらい歯ブラシで歯ぐきを刺激するとサブスタンスPが上昇してホラ嚥下反射と咳反射たらいう「ごっくんとごほん」が簡単に上手にならはるいうことや!


つ~ま~り・・・口腔ケアで誤嚥性肺炎にかからはるお年寄りを少なくでけるいうこっちゃ!!


いやはや何処の言葉でしょう。ボロ院長あっちこっちの方言ごちゃまぜ・・・○○の真似×××いや真似子正直ともいいますやん!ニコニコ


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-04-15 18:02:54

在宅訪問診療記(9)

テーマ:ブログ

小難しいお話の続編・・・風が吹けば桶屋が儲かる・・・脳血管障害が誤嚥性肺炎を起こす。



お年寄りの脳血管障害は、特に深部皮質で起こる頻度が高い。



脳の深部皮質には、大脳基底核というところがありまして、ここで脳血管障害が起こると、黒質線状体という部分が傷つき、ここで合成されるドーパミンが少なくなります。


ドーパミンが少なくなると迷走神経と舌咽神経の知覚枝の頚部神経節で作られるサブスタンスPの合成が少なくなり、咽頭と気管に分布して正常に機能していた嚥下反射と咳反射がうまく働かなくなって・・・つまり「ごっくんとごほん」が上手に出来なくなって、気管への不顕性誤嚥を起こし、これが誤嚥性肺炎を引き起こす訳です。



まとめ


深部皮質の脳血管障害→ドーパミンの合成低下→サブスタンスPの合成低下→不顕性誤嚥


ああややこし~次回は改善と予防の対策ねこへび   オツカレサマ(^^*)

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-04-15 13:51:09

在宅訪問診療記(8)

テーマ:ブログ

どの辺から話を切り出していこうか悩んでいましたら、chikaさんがコメントで「病的雑菌」を取り上げていただきましたので・・・ひらめき電球


先日ユリリンこと小池百合子環境大臣が、肺炎でかなり長い期間入院されていてやっと退院。週明けより公務に復帰されるそうでまずは重畳。アノかたも少々微妙な御年代ではありますが・・・閑話休題ソレハサテオキ



キーワードは『ごっくん《嚥下》』と『ごほん《咳》』!!


・・・肺炎には、内因性と外因性の2種類があるそうで、詳しくは呼吸器関係のサイトで捜して頂くとしてお年寄りの肺炎は内因性つまり・・・お年寄りは口腔内で病的雑菌が増殖している場合が多く、唾液交じりの菌をご本人が気付かないうちに嚥下《飲み込む》しているんですが、若い元気なヒトは嫌気性菌で被われているおかげでこれがバリアーとなって他の病原菌の増殖を防いでいますし、たとえ飲み込んだとしても喉頭から食道、そして胃のほうへ向かうので全く問題ないんですが・・・介護が必要になったお年寄りの50%が脳血管障害をかかえていて、このために・・・ドノタメヤネン??・・後で詳しくガーン 口腔内に唾液が溜まったことを認知できない為嚥下反射が起こらないので、気管へ不顕性誤嚥(気がつかないうちに気管のほうへごっくん)をしてしまう。これは睡眠中でも起こっている。


普通、唾液が間違って気管のほうに流れ込もうとすると・・・ごほん!ごほん!咳反射によって異物を吐きだすんですが、この咳反射も低下しているので・・・体調不良のときに肺炎を起こしてしまうわけです。



お年寄りの肺炎の多くは脳血管障害が元々の原因・・・風が吹けば桶屋が儲かるパターンですよ(^^:)


頭痛くなるようなオハナシなんで(@@:)詳細は次回に・・・orz


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-04-14 19:18:56

チャーリーの日常4/14

テーマ:ペット
DCF_0095.jpg
ブルーの首輪も随分なじんできたようです。でもすこしきついかnya~?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-04-10 17:08:44

在宅訪問診療記(7)

テーマ:ブログ

随分長い間、他のテーマの更新をサボって、チャーリーと戯れておりました。・・・orz


ボロ院長の好きな絵本作家に五味太郎さんというかたがいらっしゃいます。祖父の姓名と語感が似てる所為か・・・絵も文もとってもお気に入りの作家のひとり。


有名なそして大好きな一冊に『わにさんドキッはいしゃさんドキッ』というのがありまして、その最初の一節が・・・

((ゆっくりあそんでいたいけどいかなくっちゃならないね・ゆっくりあそんでいたいけどいかなくっちゃならないね))

という繰り返しの言葉から始まるとても可愛いお話です。


そう、ボロ院長もそろそろ更新しなくっちゃ!!・・・というわけで今夜からまた京都は丹後地方の与謝野町(旧・加悦町)へ助っ人旅に出かけます。


その前の僅かな時間にBrogってますので詳しくはチョット無理ですがサワリだけ(^^)


いくら体験的に語ると言ってもあまりに理論的な裏づけを避けても通れないので難しい話をなるべくサラッと・・・(^^)ハヤク結論だけ言えって・・・それウチのヨメハンの口癖『一言で言えば・・・』


介護が必要なお年寄りは脳卒中で寝たきりになる人が肺炎で亡くなる比率が非常に高い。

老人は口腔内に病的雑菌が増殖し嚥下、つまりうまく飲み込むことができなくて誤嚥性肺炎を起こす。この辺に最大の問題点が、又、口腔ケアのやりがいが・・・・(^^)お迎えの腐れ縁オヤジが現れたので詳細は後日(^^)

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-04-09 09:13:14

チャーリーの日常4/9~2

テーマ:ペット
DCF_0093.jpg
朝のパトロールの前に定位置でハイ・ポーズ(^^)
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-04-09 09:12:11

チャーリーの日常4/9~1

テーマ:ペット
DCF_0094.jpg
今朝は、ヨメハンよりも早く起きてきたチャーリー。
珍しくボロ院長の膝の上に乗っかってきてGoronyan~。
ところが、ヨメハンが起きてきたとたんに、膝に乗っかるnya~。
ヨメハンいわく「くやしいやろ」・・・Guyazi-!・・・・・・・・・・・nya?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

メロメロパーク

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。