石原裕次郎さんは
正しい治療をしていれば、
今も尚、生きておられたはずです。







      



お知らせ

メルマガは
今月11月より新しい第25期に入りました。

第25期の最初の記事は以下の記事になります。

メルマガ203号
石原裕次郎さんは
正しい治療をしていれば、
今も尚、生きておられたはずです。



既に、最新の原稿は配信担当の方に送っていますので
今日、14日に配信されるはずです。


一部のみ ↓ ご紹介します。


管理人

昭和世代の方は、石原裕次郎さんや美空ひばりさんを
ご存じない方はいらっしゃらないでしょう。

戦後の大スターと言えば、直ぐにこのお二人の名前が
浮かんでくるくらいの稀代の大スターでしたね。

今回のメルマガは、石原裕次郎さんが主役です。

裕次郎さんは歌そのものはあまりうまく無かったと
言えば語弊がありますが、あれだけ多くの国民の心に
響いたのは、その歌声の音質にあるような気がします。

少し低音ですが、その部分に伸びがあり震えるのですね。
それが何とも心地よく人々の音感に訴えているような
気がしてなりません。

女性では、松任谷由実( 荒井由実 )さん。
この方も、歌そのものはあまりうまく無いと
感じさせるのですが、何故か、人々の心に染み入るのです。

分かりやすいのが、卒業写真という曲です。
当時の荒井由実さんとハイ・ファイ・セットの
山本潤子さんが共演して卒業写真を歌っているのですが、
素人の耳で聴いてても、やはり、山本潤子さんの方が
歌そのものは全然うまいと感じさせられます。

山本潤子 卒業写真、翼をください
https://www.youtube.com/watch?v=c1vTp00DrUU

しかし、巷の多くの人は松任谷由実( 荒井由実 )さんの
歌を圧倒的に支持しているのですから、世の中分かりません。


その本質は、どうやら声の音質と伸びのある響きにありそうです。
これは、石原裕次郎さんと松任谷由実( 荒井由実 )さんに
共通するものだと思います。

石原裕次郎 - 夜霧よ今夜も有難う
https://www.youtube.com/watch?v=ZBXp264E1qY


だから、歌そのものが偉大なんだと
納得するより他ありません。
ちなみに、歌は松任谷さんより石原さんの方が
断然うまいと思います。

このお二人ですが、カラオケの点数でチェックすると
案外・・・結構低いかもしれませんね。(笑)


この声の音質なんですが・・・
恋愛にもかなりの影響力があるみたいです。

私のジャム工場のアルバイト時代の話ですが、
新卒の可愛い女の子が正社員として入って来て、
やはり、正社員の男性と結婚するに到ったのですが、

彼女曰く・・・
「 彼の低くてハスキーで抜けるような声が好き!」・・・
な~んて、のろけてましたからね。(笑)



本題に入ります。


石原裕次郎 伝説になった男 
10年目の真実!(1996年放送)

https://www.youtube.com/watch?v=s1mfjynpXhU





伝説・石原裕次郎の最期......大ケガ、大事故、
大手術が続いた「嵐を呼ぶ男」の生涯

https://www.excite.co.jp/news/article/HealthPress_201710_post_3266/



ウィキペディア より

闘病歴

1978年、舌下潰瘍のため入院・手術。
その後悪性腫瘍(舌癌)との診断を受けたが、
本人には告知されなかった(1983年再発)。
1979年には舌下白板症と診断され、
術後部に潰瘍が出来たため再手術する。

1981年4月、『西部警察』のロケ撮影中に背中と胸に
激痛が走り、慶應義塾大学病院に緊急入院。
当初椎間板ヘルニアが疑われたが、その後
解離性大動脈瘤と診断され大手術を決行。

生還率3%と言われたが、奇跡的な回復を遂げ無事退院した
(見舞い客は1万2,000人、手紙5,000通、花束2,000束、
千羽鶴1,000束、さらには石原の車のボディーにも
励ましのメッセージを書く人もあった)。
退院後も首、腰の痛み、発熱が続き、右耳が難聴となった。

1984年、肝臓癌が発覚した。
前の定期健診で肝細胞癌と診断されるが、
裕次郎本人には最期までガン告知をされなかった。

1986年5月、高熱が続くため慶應義塾大学病院に入院。
血圧降下剤の副作用による肝内胆管炎と診断され、
7月の退院後はハワイで静養した。


死去

1987年4月20日、体調不良を受けてハワイから急遽帰国し、
慶應義塾大学病院へ検査入院。
5月2日に一旦退院したものの、3日後に再入院し、容態が悪化。
幻覚症状(肝性脳症)を発する。

その後意識不明の状態が続き、7月17日15時43分、
医師が臨終を告げ7分後心停止するも、
酸素吸入により一度は心拍が再開するが、
16時26分再度心停止し、死去。52歳没(享年53)。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


管理人

石原裕次郎さんの闘病歴をざっと眺めると
私が今まで書いてきたメルマガで全て説明が出来る
ことに驚かされます。

舌癌なんて~もろにカビ菌ですよね。
しかし、現代医学はイルミナティによって支配されており
舌癌やその他のガンの原因から完全に排除されています。

お医者さんに、ガンとカビ菌の関係を尋ねると
「 はぁ~ ??? 」なんて感じでおかしな顔をされますから。

舌癌の私のメルマガ読者の方は、〇〇と〇〇〇〇の
たった5千円足らずで簡単に治った事実があります。

堀ちえみさんなんて、恐らく、最低でも100万以上は
病院に支払っているはずです。
手術なんかもしていますから、もっとかもしれません。


つまり・・・
舌癌という出発点の時から、医療の現場において
間違った認識から間違った治療が行われていた可能性。

当時のあの時点で、きちっとした正しい治療が
行われていたら、最悪の闘病生活を送らずに済んだのです。



石原さんにとって闘病に到る最も重要なファクターは、
分かっているだけで・・・最低でも2つあります。

●ドンペリやワインを始めとした数種のお酒を
 毎日のように多量に飲んでいた事。

●大俳優としての宿命でもありますが、大きなストレスを
 常に抱えていたこと。


シャンパンは大きなタンクで作ったワインを瓶に移し替える時に、
炭酸ガスが発生し続けるようあえて酵母が残るようにし、その後、
温度管理をして保存、瓶内での炭酸ガスが増えるように発酵を
コントロールします。



第23期メ-ルマガジン
メルマガ193号 
今は亡き ~ 女優の
川島なお美さんは助ける事が出来た!!!




あなたが飲むアルコールは
カビ毒のマイコトキシン
~ ガンの一因になります!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12397066704.html



当時のワインやシャンパンは、結構ヤバかったと思います。
かなり危険なDDT の農薬が使用されていたからです。

▼ DDT の農薬

▼ カビ毒としてのアルコールの毒性

▼ アルコール摂取はカビが大喜びし更に増殖する。
 カビは、人がもっとアルコールを欲しがるように
 人体の神経を常に刺激する。


つまり・・・
石原裕次郎さんの身体の血管の中の血液は、
常に、アルコール毒とカビ毒によって満たされていた。

そして、これらの毒によって膵臓もやられ、
糖尿病になっていた事は明らかです。
リーキーガット症候群

糖尿病によりインスリンの働きも低下し → 高血糖へと

血糖値が高いまま推移しますと、血管を酸化させ
非常にもろくなってしまいます。

その典型的な例が、糖尿病が重篤になって来ますと
足先の毛細血管がやられ、まともに機能しなくなり、
足を切断する羽目になってしまうのです。

現代においても、糖尿病患者さんが治療を続けながらも
足を切断するという最悪の事態になってしまうのは、
一重に・・・病院とお医者さんが、
糖尿病の本当の原因を知らなかったり
理解していないからです。

今の結果が全てを物語っています。



★メルマガ118号
糖尿病への本当の答え!!!

======

年末メルマガ無料プレゼント

https://em-tr250.com/bkn47379/xmas2020/

パスワード → dk4j 半角英数

======



石原裕次郎さんの血管は、慢性的にアルコール毒と
カビ毒によって傷ついていたはずです。

そして、高血糖によって血管は非常にもろくなっていた。

その結果が → 解離性大動脈瘤 です。




傷ついた血管の一部に、カビ菌が繁殖していた
可能性も大いにあります。
そうなると、一体どうなるかは・・・
皆さんにもご理解いただけると思います。
いずれ・・・血管が裂けます。


アルコールは闘病中に止めたとしても
カビ毒はどんどん増え続けます。
そして、肝臓がそれらの毒によってパンクする。

そこへ、例のハイブリッドが肝臓を侵食し、
肝臓ガンと診断されるに到る。


ガンは真菌と白血球のDNAが融合し て
出来たハイブリッド種である!!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12611617377.html


肝臓ガンの患者さんの場合・・・最近においては、
抗がん剤ではなく
分子標的治療薬という新たな毒が投与されます。

ガン細胞は、分子標的から逃れる為に
直ぐに変異してしまいます。
カビ菌は怪物~モンスターなのです。

原理は、院内感染と同じです。
病院で抗生物質が投与され続け、
やがて耐性菌が生まれ病院内で大暴れするやつです。

メチシリン バンコマイシン 等~イタチごっこです。


ガンの基本原理が理解されていないから
このような薬も出て来ますが、しかし、
人体は更に・・・化学物質に汚染されます。


★メルマガ158号 
 殺人病棟

あの・・・本当に気の毒な娘さんに起こった同じ出来事が
日本中の多くのガン患者さんにも起こるのです。

そして、それは石原裕次郎さんにも起こった。


ここまで書いてきた事は、恐らく・・・
そのほとんどが事実です。

しかし、今の日本には、その真相を理解している
お医者さんはほとんどいません。

仮に居たとしても、正しい治療ばかりを行おうとすると
病院から徹底的に排除されるのは先ず間違いありません。

日本に、真の医師は数人程度しか存在しない???

これが最も恐ろしい現実ではないでしょうか!!!

だから、毎年~40万人もガンで死ぬんですね。

この現実を日本国民の誰も気づいていません。
これこそが、日本最大の悲劇なのです。


狂っている・・・本当に狂っている!!
今の医学界と治療現場は本当に悲惨極まる。。。


以上、ここまで
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
        
続きは本編のメルマガよりご覧ください。



苦しい逆境の中で、野球も人生においても
大切な事は ~ 楽しむこと ~ だと気づいた
新庄剛志さんは、とってもピュアな方ですね。

「レベルが違いすぎる…」メジャーの実力に唖然。
だが掴み獲るスタメン‼︎逆境の中でこそ新庄剛志は輝く!







101回目のプロポーズ(1991)
第12話(最終話)「SAY YES」
https://www.youtube.com/watch?v=63S9zFe-jbE


飛鳥さんは、反原発などの政治的発言により
麻薬捜査局から標的にされましたね。


SAY YES / CHAGE and ASKA





【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第25期メ-ルマガジン
11月から来年1月末までの3ヶ月間

メルマガ203号
石原裕次郎さんは
正しい治療をしていれば、
今も尚、生きておられたはずです。


来年の1月末 ↑ まで進行中

-----------------------------------------



第24期メ-ルマガジン

メルマガ202号 
「若年性ネフロン癆(ろう)」の
真の原因をお医者さんは知らない!?

メルマガ201号
白血病 ~ 治療・最前線

メルマガ200号
勇気を失うことは全てを失うことである!!

メルマガ199号 
 殺人病棟 2

メルマガ198号 
白血病や悪性リンパ腫の本質を
日本で初めて解明したメルマガ!!!

メルマガ197号 
膀胱ガン、胃ガン、腎臓ガン、
前立腺ガンへの特別な対処法!!

メルマガ196号 
柿タンニンはコロナウィルスとガン細胞を殺す!!

メルマガ195号 
人のクエン酸回路とガン特有のPEPCK-コハク酸回路

メルマガ194号 
~ 対立からは何も生まれない ~


10月31日 にて終了しました。
-----------------------------------------


第23期メ-ルマガジン

メルマガ193号 
今は亡き ~ 女優の
川島なお美さんは助ける事が出来た!!!

★メルマガ192号
低カリウム血症と全身の
真菌感染症との因果関係と治療法

★メルマガ191号
~ 低体温は万病の元 ~

★メルマガ190号 
米国の日本への渡航禁止と退避勧告は
やがて日本が戦時下になる事を意味する!!

★メルマガ189号 
〜 重曹の正しい使い方 〜

★メルマガ188号 
膠原病の全身性強皮症 〜 多発性硬化症

★メルマガ187号
新型コロナウィルスはダミーであり
真犯人は陰に潜んでいる!!!




第22期メ-ルマガジン

★メルマガ186号 
コロナワクチン解毒に関する
 〜 緊急の解毒法 〜

★メルマガ185号 
筋ジストロフィー・多発性硬化症・白内障・糖尿病
は同根 〜 遺伝子と神経を攻撃するカビとカビ毒

★メルマガ184号 
白内障は血液と眼球の酸化が主原因

★メルマガ183号 
コロナワクチンは、コロナ感染拡大装置、
マインドコントロール装置、遺伝子操作装置、
癌誘発装置そして人口削減装置

★メルマガ182号 
リウマチの真犯人が判明しました!!

★メルマガ181号 
免疫力を高める為には
身体の解毒と浄化が必須です!

★メルマガ180号
第一部 広島・長崎原爆の真犯人!?
第二部 コロナ禍で体調不良に苦しむ人々への処方箋

★メルマガ179号 
今・・世界で何が起こっているのか???


-----------------------------------------


第21期メ-ルマガジン

★メルマガ178号 
新型コロナによる味覚異常と嗅覚異常への対処法

★メルマガ177号 
世界で何かが起こっている!?
 ~ 不思議な旅の始まり ~

★メルマガ176号 
絶望から希望へ 〜 人は変われる 〜

★メルマガ175号 
白内障は感染症!?

★メルマガ174号
鬱病とカビ菌 ~
ある酵素によってあらゆるDNAを
思い通りの切断が出来る恐ろしい事実!?

★メルマガ173号
311東日本大震災は日本再占領
~実力支配が真の計画であった!!!

★メルマガ172号
BSE(狂牛病)と人間ヤコブ病の
異常プリオンタンパク質とは一体何者か!?

★メルマガ171号
NWOのグレートリセットに
対抗して世界市民の戦いが始まる!

★メルマガ170号
ネフローゼ症候群から人工透析への悪夢は
回避出来ます!!~ 海外医学論文より

-----------------------------------------


第20期メ-ルマガジン

★メルマガ168号 
恐ろしい中枢神経カビ汚染 ガン 認知症 
パーキンソン病 アルツハイマー病

★メルマガ167号
乳ガンには3種の神器と
重曹~温湿布とマッシュルーム

★メルマガ166号
鉄分摂取型のガン細胞 ~ むずむず脚症候群

★メルマガ165号
自己免疫疾患とガンの仕組みを
分かりやすく解説してみた!?

★メルマガ164号
低気圧で酷い頭痛と体調不良に
悩まされている多くの人の為に!!

★メルマガ163号
預金封鎖と食料不足と
治安悪化の中で家族を護る為に!!

★メルマガ162号
緊急! 新型コロナから家族を護る為に
~ 最高の自然生薬をご紹介!!

副題
ガン細胞で死ぬのではなく
カビ菌による赤血球感染が
~ 真の死亡原因である!!

★メルマガ161号 
新型コロナ治療 ~ MMS と
ヒドロキシクロロキノン の真実

======




【女性が歌う】たしかなこと/小田和正