2014年2月のある日~
東京の八王子で起こった不思議な出来事






     


2014年2月8日(土)関東地方では
記録的な大雪となりました。
東京は45年ぶりの27cm、熊谷は60年ぶりの43cm、
そして千葉では観測史上最高の33cmを記録しました。
前橋は33cmでしたが、同じ群馬でも私の自宅(太田市)
では、午後23時に36cmを測定しました。2014/02/09

======



管理人

2014年当時~私は7ヶ月ほど・・・
東京の八王子市の川口小学校近くの1軒家に
滞在していたことがあります。

そして、問題の2月にも八王子に居ました。
確かにすごい大雪だったのを今でも鮮明に
覚えています。

2月9日だったと思うのですが・・・
午前中に車でエンジンをふかしながら
ウインドが雪に覆われていた為、
運転席の横のハンドルを回してウインドガラスの
雪を落とす作業をしていました。

その時に、不思議な現象を目の当たりにしました。
ウインドガラスと車体には僅かな隙間があります。
その隙間に雪が入り込んでいて、しかも氷結して
いたのでした。

それが、ハンドルを回している時に、ウインド全面に
氷結した氷が一緒に表に出てきたのです。

皆さんもご存じのように・・・
氷って、力を加えるとパリって割れますよね。

ところが、表に出てきた氷が
グニャっと円のように折れ曲がり
そして、壊れないでそのままつながっているのです。

パリっ・・・ではなく、
グニャ・・・なのです。

こんな事って有り得ないでしょ。
あたかも、氷の中に繊維が入っていて
氷が繊維質みたいにゆるく変形しながら出て来るのです。

これは、普通の雪ではないと直感しました。
だから、普通の氷ではなくなっているのです。

私は人工降雪であると直感しました。

実は、人工降雪は harrp によって
簡単に降らせることが可能です。

問題は・・・
その時に、大気中に何が撒かれたかです。

でなければ、氷があんな風に壊れることなく
グニャっと折れ曲がるはずはないのです。

つまり、普通の雪や氷ではないって事です。

私はその現実を身をもって体験させられたのです。


今回、何故~この件を記事にしたかと言いますと
ケムトレイルには幾つかの目的があります。

その中の一つに・・・

今日までインフルエンザウイルスを
凍結したものを人口繊維の中に封入し、
ケムトレイルに混ぜて、都市上空から航空機に
よって空中で噴霧されています。

・・・という事実が判明しています。


そこで我々は、ふと気づく訳です。

今までは、インフルだったのか・・・。

今は、新型コロナを撒いているのですか?・・と。

皆さん、私が何故~記事にしたのか・・・
ご理解いただけましたか?



ケムトレイル、HAARPを事実としてテレビ放映する
ドイツと、トンデモ扱いするお花畑の日本

https://ameblo.jp/64152966/entry-11773066499.html




2014年2月9日は日曜日でしたね。


知ってました?
→ 『東京の大雪は、なぜ土日に多いのか?』

https://ameblo.jp/64152966/entry-11769775282.html




東京の大雪は土日と祝日に集中
東京都心の大雪注意報の基準は、降雪5センチです。

結果的に5センチ以上積もった日を、
90年代以降で調べてみました。

5センチ以上の積雪があったのは12回。
そのうち10回が、土曜日・日曜日・祝日に降っています。

80年代は、そういった傾向は見られません。

一方、2000年以降の5センチ以上は、
すべて土日か祝日です。

~ 中略 ~

軍は空からバリウム・アルミニウム・
インフルエンザウイルス等を散布。

バリウムは、うつ病、
アルミは、アルツハイマー病の原因となります。

政府は、ケムトレイルによって人口を削減し、

製薬会社は、ケムトレイルによって作り出される
病気の予防ワクチンや薬で莫大な利益を
生み出しているのです。



普通の飛行機雲とケムトレイルの違いと見分け方!

実は飛行機雲は水蒸気のため、あまり長い尾を引かず、
すぐに消えるのです。

航空機の姿が無いのに、長い一直線の雲が残っている
場合は、間違いなくケムトレイルと考えて良いでしょう。

多くの人が飛行機雲だと勘違いしている飛行機から
出ている煙、あるいは空に雲のように残っている
細長い線は、実はケムトレイルなのです。

~ 中略 ~

このケムトレイルは、先進国各国の政府と軍と
製薬企業の共同プロジェクトです。

政府は人口削減が目的で、
軍は生物兵器実験・気象操作が目的です。

そして、製薬会社は病気を与えて薬を売るために
行っているのです。

中でもインフルエンザウイルスは、凍結したものを
人口繊維の中に封入し、ケムトレイルに混ぜて、
都市上空から航空機によって空中で噴霧されています。

多くの人は、
「そんなこと信じられない・・・ただの陰謀論だ」
と思うかもしれません?

しかし、この情報はケムトレイル政策会議に出席したと
される内部告発者からの情報なのです。

近年、謎の死や事故、他殺、自殺に見せかけて殺害
された異常な数の微生物学者やウィルス学者・・・

その数は2005年までに40人、
現在では100人を超えています。

なぜ、数多くの微生物学者たちが
殺害されているのでしょうか?

実は、彼らは先進国の政府機関で働いていた研究者で、
政府機関による生物兵器開発に関わり、知ってはならない
事を知ってしまい、その内容を外部に漏らした、
或いは漏らそうとした人達なのです。

ケムトレイルの情報も、これらの内部告発者達の
良心からもたらされたものです。

ケムトレイルと普通の飛行機雲との違いは、
何だと思いますか?

ケムトレイルは、機体から長い尾を引き、大気中に長く残留し、
段々広がって筋状の独特の雲になっていきます。

一方、普通の飛行機雲は、短い尾を引き、
すぐ消えてなくなるのです。

これをコントレイルと呼びますが、
最近ではコントレイルに見せかけたケムトレイルが
あるので注意が必要です。



ケムトレイルからは、数々の化学物質が検出され、
撒かれる数が多ければ、次の日は曇りになってしまうほどで、
近年では、この現象が世界中で報告されています。

世界中の先進国の各都市で見られるケムトレイル現象は、
本国内でも頻繁に見られるケムトレイル現象と同じです。

また、ケムトレイルの散布は、

日本においては、特に 週末 が多く、

国籍不明の軍用機、民間機で撒かれているようです。

また、 旅客機とは異なり、
かなり高い高度を航行していることが多いようです。


私はこれまでに、幾度となくケムトレイルの散布を
目撃してきましたが、その中でも、ケムトレイルは決して、
ただの陰謀論などではないという証拠にもなる決定的な
瞬間がありました。

それは、ある日の夕方、空を眺めていると、

同じくらいの高さを飛び、同じくらいの大きさの2機の
航空機が目に入ってきました。

ところが、1機は飛行機雲がモクモクと出ているのに対し、
もう1機は全く何も出ていません。
そこでよーく観察してみると、
全く煙を出してない方の機体はJALの旅客機だというのが
確認できましたが、
もう一方の煙をバンバン出している方の機体は、
見るからに、形は通常の旅客機でしたが、どこのものかは
確認できませんでした。

恐らく民間機の払い下げを軍がケムトレイル用として
購入したのだと思われます。

これを目撃したおかげで、通常の航空機からは、
飛行機雲など絶対に出ないと確信が持てました。



〔写真3・4・5〕は、
ケムトレイル用に内部を改造した航空機。

〈写真3〉




〈写真4〉




〈写真5〉



〔写真6〕は、ケムトレイルの吐き出し口。
翼部分にあることが多い。

〈写真6〉





【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com




第23期メ-ルマガジン

★メルマガ187号
新型コロナウィルスはダミーであり
真犯人は陰に潜んでいる!!!


5月から ↑ 7月まで進行中
-----------------------------------------



第22期メ-ルマガジン

★メルマガ186号 
コロナワクチン解毒に関する
 〜 緊急の解毒法 〜

★メルマガ185号 
筋ジストロフィー・多発性硬化症・白内障・糖尿病
は同根 〜 遺伝子と神経を攻撃するカビとカビ毒

★メルマガ184号 
白内障は血液と眼球の酸化が主原因

★メルマガ183号 
コロナワクチンは、コロナ感染拡大装置、
マインドコントロール装置、遺伝子操作装置、
癌誘発装置そして人口削減装置

★メルマガ182号 
リウマチの真犯人が判明しました!!

★メルマガ181号 
免疫力を高める為には
身体の解毒と浄化が必須です!

★メルマガ180号
第一部 広島・長崎原爆の真犯人!?
第二部 コロナ禍で体調不良に苦しむ人々への処方箋

★メルマガ179号 
今・・世界で何が起こっているのか???


第22期メルマガは4月末にて終了しました。
-----------------------------------------




In Memory of Maurice Gibb (Immortality)