醤油・チーズ・アルコ-ル・ピーナッツ・
トウモロコシはアスペルギルスの
強毒に汚染されている!!










お知らせ

8月28日より
9月6日の日曜日深夜0時 までの10日間~
8月からの第20期メルマガ~新規購読者の皆様には
講読期間に関係なく、以下のメルマガを無料にて
進呈させていただきます。


★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ121号
6京円デリバティブ破綻で始まる世界恐慌は
リーマンショックの10倍の危機?

★メルマガ123号
預金封鎖に対抗し、円に代えて
最も信用出来る海外の通貨とは!?

★メルマガ151号
新型コロナ騒動は迫り来る
危機の入り口に過ぎない!!



申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/

======



チーズを食べたり、醤油で味付けしたり、
ビール、ウィスキー、ワインを飲んだことがありますか?
アスペルギルスとその毒は、これらおよび他の多くの
一般的な食品を汚染することが知られています。



管理人

今回は非常に重要な記事です。

醤油、チーズ、ビール、ウィスキー、ワイン・・・

以上の食品は、アスペルギルスとその毒によって
しばしば汚染されているそうです。

何故、非常に重要かと言いますと・・・

アスペルギルスのカビ毒はガン細胞の増殖を
阻止する最も重要な p53遺伝子 を破壊するからです。

ええええ-------ですよね。
皆さん、知っていました?

ガン・白血病になったりすると
アルコ-ル類を控えるように~とよく言われますが、
その理由がはっきりと分かりました。

醤油もですかぁ~。

以前、聞いた話を思い出しました。

学校の寮生が学校を休む為に、コップに
醤油を水で薄めて飲むんだそうです。

そういますと、微熱が出て休む口実を
作れるんだそうです。

また、醤油を一度にたくさん飲むと
大変危険で死ぬこともあるそうです。

アルコ-ルも一気飲みで一度に飲みすぎると
急性アルコ-ル中毒で死んだりした話は
皆さんも聞いたことがあるはずです。

やっぱ・・・
厳密に言うと、醤油もアルコ-ルも
毒なんですね。

逆に言えば・・・
ガン・白血病や病気になったら
醤油もアルコ-ルも飲まないほうがいいと
いった結論になりましょうか。

これって、お医者さんもテレビなどでも
誰も教えてくれませんものね。

他に、カビ毒に汚染されている食べ物といえば

アスペルギルス
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/shokuhin/kabi/kabi1-3.html

パン、まんじゅう、ケーキ類、紅茶などに発生するほか、
ピーナッツをはじめとするナッツ類、トウモロコシ、
種々の穀類、穀粉類などの食品、ほこり、土壌など
広く環境中に分布しています。


アスペルギルスのカビ毒
 アフラトキシン

https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/shokuhin/kabi/kabi2-1.html

アフラトキシンには、アフラトキシンB1をはじめ
B2、G1、G2、M1などの種類が知られています。
 
なかでも アフラトキシンB1
天然物でもっとも強力な発ガン物質

として知られています。
 
人に対する急性中毒の例としては、1974年に
インドで肝炎のために106名という多くの人が死亡した
事件やケニヤでの急性中毒事件などがあります。

======


あなたが飲むアルコールは
カビ毒のマイコトキシン
~ ガンの一因になります!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12397066704.html



海外の記事より

2017年5月10日
これはあなたが
甲状腺の問題を抱えている理由ですか?

Doug Kaufmannによる執筆
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.knowthecause.com/index.php/doug-s-blog/4399-is-this-why-you-re-having-thyroid-issues&prev=search

<一部引用>

1992年、スペインの研究者は、
アフラトキシンと呼ばれる真菌毒(マイコトキシン)と
ブロイラーニワトリに対するその影響について研究しました。
これは人間が実験しようとしている
マイコトキシンではありませんが、
それが研究されればするほど、
接触する組織を殺すことが証明されます。
アフラトキシンで汚染された食品をニワトリに給餌し、
罹患組織を後で脾臓、肝臓および
甲状腺であることが判明した。

6年後、日本の医師は、白血病を有する
41歳の男性をうまく治療していました。
彼は後に真菌、アスペルギルスに起因することが
判明した肺感染症を発症するまでうまくいっていた。

この菌類はいくつかの有毒なマイコトキシンを作り、
そのうちの1つはアフラトキシンであり、
これはニワトリの甲状腺に障害を与えるものです。

この菌は真菌感染で死亡したが、
剖検までに菌が吸入して肺だけでなく、
心臓、脳、腎臓、皮膚、甲状腺を
損傷していることが判明した。

甲状腺腫脹...チーズバーガーとビールから?

真菌による甲状腺炎は、真菌のために炎症を
起こした腫れんだ甲状腺炎です。
それは最も多くアスペルギルスと呼ばれる菌に
よって引き起こされます。

あなたは、
「OK ... なぜ私はこれについて気にしますか 」
と考えているのですか?

シンプル。
あなたはそれを食べているかもしれないし 、
アスペルギルスの毒が残っているかもしれないから。

チーズを食べたり、醤油で味付けしたり、
ビール、ウィスキー、ワインを飲んだことがありますか?
アスペルギルスとその毒は、これらおよび他の多くの
一般的な食品を汚染することが知られています。

多くの医者が知らないもの

残念ながら、 医師はあなたの甲状腺の問題を
カビの曝露に帰するとは思わないでしょう 。
彼らがあなたから何かを隠そうと
しているからではありません。
これは医学部の菌学(真菌の研究)について
医師が広く教えられていないためです。

医師は、病原体(真菌と細菌の両方がある)が
患者の医療上の問題の原因であると疑われるときに、
処方パッドをつかむ傾向があります。
彼らはしばしば抗生物質を処方する。
もちろん、それはペニシリン自体が真菌代謝産物であり、
真菌感染症を引き起こす傾向があるため、
患者に逆行する可能性がある。

例えば、真菌の甲状腺炎の場合、
真菌の状態を治療するために抗菌薬を使用することは、
実際に甲状腺疾患のような病気の急速な拡大に
寄与していると私は信じている。

私は何十年にもわたって
ヒトの病気との真菌の関係を研究しました。
私は前の段落で触れた傾向に気づいた。
医学的状態が人口の大部分に急速に広がっているにも
かかわらず、何千もの科学文献があるにもかかわらず、
原因はほとんど分かっていないが、
私はすぐに真菌を疑う傾向がある 。

例:アメリカでは心臓病や癌の2つの主な死亡原因を
どうやって止めるのでしょうか?
単に症状を治療するのではなく、
原因を突き止めなければなりません!

心臓病や癌は、単に医師や医学研究者が医療訓練で
学ばないものによって引き起こされているに違いない。
それは妥当と思われませんか?
彼らは通常、真菌(菌学)の研究で単一の完全な
コースを取っていないが、 何千もの研究論文は、
真菌がヒトの免疫を抑制し、重篤な疾患を
引き起こすと結論付けている 。

1996年の本「 臨床菌学の原則と実践 」では
歯を除いて真菌がヒトの組織に含浸することが
できると CC Kibbler医師が書いています。

甲状腺は人間の組織ですが、甲状腺機能低下症や
甲状腺??機能低下症(または他の甲状腺疾患)の診断に
関しては、大部分の医師は真菌を疑うことはありません。

私は医師が真菌を患者の症状や病気に寄与していると
定期的に判断すべきだと確信しています。
それは非常に論理的でシンプルで安全で安価なアプローチ
であり、甲状腺疾患やその他の健康上の問題に
寄与している菌を除外するのに数週間しかかかりません!

最も重要なのは、多くの場合、動作することです。
私のキャリアでは、真菌について学んだ後、
いくつかの医師に真菌が引き起こした健康上の問題を
認識する方法を教えるためにそれを取りました。


新しい質問 考慮すべき新しい戦略

あなたの健康上の問題(甲状腺またはその他)が、
カビ、カビ、酵母、菌類またはそれらが作る有毒な
マイコトキシンに関連しているかどうかを認識するのを
助けることができるかどうかを見てみましょう。

始める前に、私はあなたの病歴はわかりませんが、
あなたの医師はただ一つの要求しか持っていません。
私はあなたの甲状腺の状態がどれほど深刻であるか、
あなたの医者があなたに持っている薬は何かを
知らないが、彼/彼女はしている。
このため、現在の甲状腺治療プログラムに変更を
加える前に、医師と相談してください。
また、このニュースレターのメモを準備して、
開始前に相談してください。

要するに、これは治療計画ではない。
それは新しい考え方の始まりです。

1.あなたの甲状腺の問題はいつから始まったのですか?

あなたの甲状腺の問題を引き起こしたかもしれない
ものを考え直してください。
その時にカビに暴露されましたか?
あなたの症状が始まる前に移動したことがありますか、
あなたの新しい家にはカビの問題があります。
私はこれがまれだとは思わない。

2.あなたは一生を通して多くの抗生物質を服用しましたか?

ペニシリンとその誘導体は最も純粋な形で
成形されているので、数回の抗生物質を服用した後に
甲状腺の問題に気付き始めましたか?
はい、抗生物質はしばしば健康上の問題に関係しています。

3.パスタ、パン、砂糖、アルコールを欲しがっていますか?

ヒトの細胞/真菌細胞の関係では、
真菌は常に支配的なパートナーとなる。
真菌は人間を寄生させ、彼らは食物のために
私たちの食事から炭水化物を要求します。
あなたがそれを知る前に、あなたは14歳の時から
初めてピザファンです

病気のアルコール依存症は、しばしば、腸や胃の
病原性酵母が繁殖する腸内の真菌状態と密接に
関連していると私は長い間信じてきました。
それらの酵母は、それらが成長して増殖するのを
助けるものを欲しがる。

覚えておいて、
アルコールはマイコトキシンです!
それらのマイコトキシンは、酵母を保つために
必要なものに正確になることができます。
- もっと欲しがる。

<転載終わり>
---------------------------------------------



ガンは真菌と白血球のDNAが融合し て
出来たハイブリッド種である!!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12611617377.html

<一部引用>

食作用とともに、p53遺伝子は癌から私たちを
保護する上で最も重要な役割の1つを果たしています。
がんの侵入を止めるだけでなく、腫瘍細胞を殺し、
がんの発生さえも防ぎます。

しかし、すべてのがんの50%以上で、科学者は
患者のp53遺伝子が変異しており、がんの発症を
止めることができないことを発見しました。
American Cancer Societyによると、p53遺伝子 は、
すべての遺伝子の中で最も研究されています。
なぜなら、この遺伝子が損傷すると、癌細胞などの
損傷したDNAを持つ細胞が増殖するからです。

あなたは私を知っている。
「あなたは癌にかかっている」という恐ろしい
3つの言葉を聞いた後、私の最初の質問は
「医師、私のp53遺伝子が変異した原因は何ですか?」
なぜ私を守らなかったのですか?
もちろん、ほとんどの医師は、
「p53遺伝子が変異する原因はわかりません」と答えます。
彼はそうしないかもしれませんが、今はそうするでしょう。

医学雑誌Liver、International(2011年4月)によると、
「アフラトキシンの遺伝毒性は、p53の活性化を迂回する
欠陥のあるDNA損傷応答に関連しています」。
これは、食料供給で見つかる

全米科学アカデミーの議事録では、1993年に、
アスペルギルス菌によって作られたマイコトキシン、
アフラトキシンb1がp53変異を引き起こす ことが
知られていると述べました。
すべて公開されています。


マイコトキシンは真菌によって作られていますが、
真菌が癌の一因であることを認識している
医療機関はほとんどありません。
何千回も言いましたが、もう一度繰り返してみましょう。

治療に至った場合、間違いは人間です。
あなたは管理下にあり、医師のオフィスで
正しい質問をしなければなりません。
それが彼を怒らせるなら、医師とその治療が
重要でないことに気づいて下さい。

======







【光軍の戦士メールマガジン】



申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第20期メ-ルマガジン

★メルマガ162号
緊急! 新型コロナから家族を護る為に
~ 最高の自然生薬をご紹介!!

副題
ガン細胞で死ぬのではなく
カビ菌による赤血球感染が
~ 真の死亡原因である!!


★メルマガ161号 
新型コロナ治療 ~ MMS と ヒドロキシクロロキノン の真実

8月から10月まで 進行中
-----------------------------------------



第19期メ-ルマガジン

★メルマガ160号
医師への提言 ~
新型コロナは酸素の運搬を阻止する
ので人工呼吸器は効果が薄い!!

★メルマガ159号
「進化の法則」で、
新型コロナの強毒株ウイルスは
  自然淘汰される!!

★メルマガ158号 
 殺人病棟

★メルマガ157号 
難治性てんかんの最高の治療法

★メルマガ156号
ガン細胞がどんどん大きくなります
  ~ どうしたら良いですか?

★メルマガ155号 
アトピー性皮膚炎の大元は
小腸のディフェンシン異常にある!?

★メルマガ154号 
「癌」と「自己免疫疾患」の本当の原因

★メルマガ153号
最強の便秘対策は
最高の大腸ガン予防になる!!

★メルマガ152号 
新型コロナウィルスの正体が判明か!?

-------------------------------------------



第18期メ-ルマガジン

★メルマガ151号
新型コロナ騒動は迫り来る
危機の入り口に過ぎない!!

★メルマガ150号 
加湿器やネブライザーに水道水を使わないで下さい。

★メルマガ149号
新型コロナ闘病記から判明した
~ 最善の治療法 ~ とは

★メルマガ148号
志村けんさんは、
新型コロナ恐怖扇動目的の為に
死の広告塔にされてしまった。

★メルマガ147号 
皆さん、今直ぐに緊急事態宣言
~ ロックダウンに備えて下さい ‼

★メルマガ146号
日本政府は新型コロナ大拡散につながる
重要施策を4月から施行する!!

★メルマガ145号 
日本で最も花粉症の隠された
真実を知ることの出来る記事!!

★メルマガ144号 
白血病患者が辿る最悪のケース ~ ムーコル感染症 !!

★メルマガ143号
カンジダ症にヨーグルト塗布で劇的に改善
  ~ ニキビやアトピーには???

副題
日本と世界の歴史がひっくり返る ~
隠された日本民族のルーツが明らかに!?



第17期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ142号
お米で胃がん? ~ 日本国民は組織的・計画的に
殺されている事が判明!!

★メルマガ141号 
電車の中は電子レンジに似た危険地帯です!!!

★メルマガ140号 
肺ガン・肺炎・喘息の為の最高度の救命情報!!
ガンは真菌と白血球のDNAが融合して
 出来たハイブリッド種である!!

★メルマガ139号 
ガンよさらば!!
~ 誰にでも簡単に出来るマイナスイオン風呂 ~

★メルマガ138号 
犬の駆虫薬で末期ガンが完治した
~その仕組みを科学的に解明しました。

★メルマガ137号 
ピルを使い続けると、いずれ
致命的なガンを発症する危険性がある!!!

★メルマガ136号
【 驚愕 】
スキルス胃ガンの真犯人が判明!

★メルマガ135号 
肺ガンや肺腺ガンの本質と治療法とは!?

★メルマガ134号 
ヨーネ菌やクローン病の恐怖も
恐ろしい大腸ガンも全て人間が創り出している!!!



第16期メ-ルマガジン
( 今年8月から今年10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ133号 
腎臓ガンのお父さんを助けて!!!

★メルマガ132号
アボカドの成分が白血病の原因である
「がん幹細胞」だけを攻撃することが判明!

★メルマガ131号 
喘息の原因と正しい治療法について

★メルマガ130号 
白血球もミトコンドリアも
活性酸素でガン細胞をやっつける!!!

★メルマガ129号
~ 膵臓ガンからの生還 ~

★メルマガ128号 
乳ガンにおける日本最高の医学論文!!!

★メルマガ127号 
人類滅亡レベル「人類最大の脅威」~
史上最強の耐性真菌カンジダ・アウリス

★メルマガ126号 
C型肝炎ウィルスの進化を止めれば
肝硬変や肝臓ガンにはならない!

★メルマガ125号
世界で始めてC型肝炎ウィルスの
起源を解明したかもしれない。




第15期メ-ルマガジン
( 今年5月から今年7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ124号
神様は何故26年と3ヶ月の命しか
彼女に与えなかったのだろうか・・・

★メルマガ123号 
預金封鎖に対抗し、円に代えて
最も信用出来る海外の通貨とは!?

★メルマガ122号 
エイズの本当の真犯人?

★メルマガ121号 
6京円デリバティブ破綻で始まる世界恐慌は
リーマンショックの10倍の危機‼

★メルマガ120号
ワクチンもブドウ糖点滴もガン3大療法も
人口削減計画の一環であると
公文書に明記されている!

★メルマガ119号 
〜 ある一人の女性の死を見つめて 〜

★メルマガ118号 
糖尿病への本当の答え!!!

★メルマガ117号
「春ウコン」があらゆるガンや
難病に効果があるという話は本当か!?

★メルマガ116号 
政府が「南海トラフ」地震に関して
大手企業に極秘文書! ~ by. CIA

【 臨時版 】
日本人の土地財産を組織的に奪い取る闇の巨大組織



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ115号 
5.11 〜 危機と株価の動向!?

★メルマガ114号 
堀ちえみさんの舌癌と咽頭口頭ガン

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリーキーガット症候群!