子宮が肥大する子宮筋腫も
前立腺が肥大する前立腺肥大症も
真犯人は同一犯か!?










お知らせ

今年の11月から始まった第17期メルマガ
を購読される方には、過去の複数のメルマガを
無料でプレゼントしています。

主な内容 ↓
https://ameblo.jp/64152966/entry-12501380974.html

*期限は 12月31日 までとなっています。

特に、ここ最近の記事は
今年一番の最重要~救命情報 ・・やら
https://ameblo.jp/64152966/entry-12554503616.html
【 驚愕 】 スキルス胃ガンの真犯人が判明! ・・やら
極めて重要な記事が満載です。


年明けからの新春イベントは今のところ
まだ考えていません。
今がお得なチャンスです。


【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com


==================


メルマガ読者の方よりご相談が寄せられました。

以下 ↓

最近、前立腺肥大症と思しき症状で、
ノコギリヤシを飲んでますが、
一向に代わり映えしません。
情報が有れば、お教え下さい。


管理人より

子宮が肥大する子宮筋腫も
前立腺が肥大する前立腺肥大も
真犯人はほぼ同一犯の可能性が高い。

残念ながら・・・
日本における現代医学においては
この二つの病気の原因は分かっていないと
解説されています。

原因が分からないのであれば
一般国民は治らないだろうなと考えます。
当然、切るしかないといった結論になります。

しかし、それでは国民が困る訳です。
原因が意図的に隠されているのか?
或いは、本当に分かっていないのか?
・・・知りませんが。

どちらにしろ、病院やお医者さんが分からないと
言っている以上、個々の国民が調べて
治そうとする行為を法で裁くのは間違っています。
法律は一体誰の為にあるのでしょう!?

法律よりも更に、最上位の日本国憲法において
日本国民の生存権はしっかり保障されています。


大まかに説明しますと
前立腺が肥大する原因は男性ホルモンを供給する
器官や臓器が、既に、細菌やカビ菌の繁殖によって
汚染されている可能性が高いです。

男性ホルモンを供給するのは
95%が精巣(睾丸)と5%が副腎で作られています。

女性の子宮が肥大する子宮筋腫も
膣カンジダによる可能性が大です。
膣はカンジダが大繁殖することで有名です。

ただ、そこに到るまでの免疫低下や化学汚染などの
様々な要因やプロセスは、ここでは割愛します。
自然とそのような結果を招いた訳ではありません。

もうお分かりかと思いますが、
前立腺肥大症と子宮筋腫は同一犯である
可能性が非常に濃厚です。

また、免疫力が更に低下してしまいますと
悪性ガンを発症しますので、
決して油断は禁物です。


そうなりますと、やるべき事は
ほぼお分かりになるのではないでしょうか。

★カプセル重曹を飲む。
https://ameblo.jp/64152966/entry-12465927010.html

お風呂に入った時に、少し温まったら浴槽に腰かけて
★重曹やポー・ダルコ~エキスを睾丸にすりこむ。
★ウコン+ビタミンCを毎日飲むことを半年は続けてみる。

更に、
★納豆と味噌を毎日~なるべくたくさん摂るようにする。

*以上のことを粘り強く試されたらいかがでしょう。



前立腺肥大症~医学出典より

前立腺が肥大する原因は
まだはっきりとは解明されていません。
しかし、「男性ホルモンの働き」が関与して
いることは間違いなく、中高年になって
男性ホルモンを含む性ホルモン環境の変化が
起こることにより、
前立腺が肥大すると考えられています。



男性ホルモン~医学出典より

男性ホルモンは第2次性徴に関わり、
筋肉や骨の形成を促したり、精子の産生や
男性機能に深く関係する重要なホルモンです。

男性の内生殖器である前立腺は男性ホルモンと
関わりの深い臓器で、男性ホルモンがなければ、
前立腺は発育できず、機能することもできません。

前立腺の細胞が異常増殖して発生する前立腺がんも
同様に、男性ホルモンの影響を強く受けています。

男性ホルモンにはいくつかの種類がありますが、
総称して「アンドロゲン」と呼びます。
アンドロゲンは、95%が精巣(睾丸)で、
5%が副腎(*)で作られています。

==================




松田聖子 瑠璃色の地球