「5年生存率7%未満」
~ スキルス性胃ガン闘病記









管理人

次回の★メルマガ136号は
11月30日に配信する予定です。

胃ガンとスキルス性胃ガン

これに近い感じの題名になると思います。
今~猛勉強中です。


あるご家族のスキルス胃ガンの闘病記を
以下にご紹介させていただきました。

スキルス胃ガンで悲しくもお亡くなりに
なられた轟哲也さんは、理科系で
知識を得ようと必死にネットで調べられたそうです。

ただ、残念なことに・・・
日本語でネットでいくら検索しても
そのほとんどがクソ情報しか出て来ません。

私はこの4年間というもの、その事実を
嫌というほど経験させられました。
恐らくは、本当に核心に迫る情報は
ことごとく消されているのだと思います。

いつも言うようですが、医療情報だけでは
本当の真相を知るには到りません。
世界の闇の構造や仕組みを知らなければ
決して、核心に迫ることは不可能ですし
覚醒することも無理でしょう。

「そんなバカな」・・・で終わりです。
そういった人達は、真に覚醒することなく
不幸な道を歩んでしまわれるに違いありません。


現代のガン3大療法に沿って闘病されて
その苦しい闘病記の中の情緒的なものには
確かに心を動かされるものがありますが・・・
しかし、そういった範疇のものしか
大手メディアや雑誌には決して載らないのです。

皆さんも既にご承知のはずですね。
大手メディアやマスコミ、医学界といったものは
全て、世界の人口削減を強行に推し進める
イルミナティによって完全支配されているのです。

陰謀論でもなんでもありません。
100%の間違いない真実です。
これを知らなければ、どんなに真相を話しても
医学論を展開しても全くの理解不能でしょう。
やはり、「そんなバカな」・・・で終わりです。

世界の闇の真相と・・・
そして、
闇の扉を開いて得られる確かな真実

この絶対に必要なプロセスを経て
初めて、真実の一端に触れることが出来ます。

本当の正しい真実を知ること無くして
あなたと家族の皆さんが救われることは
極めて困難となりましょう。

本当の原因は分らないと・・・
ほとんどの医師や医学者は明言しています。
本当の原因が分からないのに
どうして、ガンや難病が治せるでありましょうや!?


残念ながら・・・
その多くのガン闘病サイトは
ガン利権マフィアによって臨検され
管理されているとしか私には思えません。
真に核心に迫るコメントは・・・
闇に葬られるだけに終わるでしょう。
私はそのような無駄なことはしません。


あなたが覚醒しなければ
あなたとご家族の皆さんは
救われないのではないでしょうか!!


私は一介の研究生に過ぎませんが
秘密のパンドラの箱を共に開けましょう








掲載日:2018年2月21日
正しい情報で、スキルス胃がんに光を
~轟哲也さん、浩美さんが歩んできた道~

https://www.gsclub.jp/tips/5428

スキルス胃がんは、胃がんの約10%を占める。
進行が速く、早期発見も治癒も難しい。
弁理士の轟哲也さんもそうだった。
2013年12月に発覚。
その後、NPO法人「希望の会」(現在は認定NPO法人)
を立ち上げて理事長に就任し、2016年8月に他界するまで、
妻の浩美さんとともに、スキルス胃がんの患者のための
活動を続けた。
浩美さんは今も患者や家族を支え、
正しい情報の周知に力を入れている。
(文:中村智志)


1冊の冊子がある。
『もしかしたらスキルス胃がん
 -治療開始前に知りたかったこと-』
NPO法人「希望の会」が2016年1月に作成して、
ホームページからもダウンロードできる。
42ページ。専門用語の解説も交えながら書かれていて、
わかりやすい。

「治療を受ける人自身が主役」
「主治医に、どんなことでも感じていることを伝えましょう」
といった診察時の心がまえから、
「体重が急に減る」「胃が動かない」など
スキルス胃がんを疑うべきサイン、スキルス胃がんの特徴、
転移の現れ方、治療方法、緩和ケア、臨床試験の参加方法、
セカンドオピニオンの取り方、ネットや書籍の情報の探し方
(「がんが消えた」などの表現に惑わされない)などまで、
幅広い。


もしかしたらスキルス胃がん

医療に関する部分は、「希望の会」理事長だった
轟哲也さんが執筆し、それ以外の部分は
妻の浩美さんが担当した。

浩美さんはこう語る。
「胃炎と診断されてピロリ菌を除去したのに、
胃の違和感が残る。内視鏡検査をしても何も映らない。
スキルス胃がんは胃の表面に出てこないで、
胃壁の内部を浸潤するので、医師でも気付きにくい。
経過観察をしているうちに、ようやく見つかったときには、
ステージ4、というケースが多いのです」
 哲也さんも、その一人であった。


最初の診断は胃炎だった

2013年1月のある朝、哲也さんは朝食を取らなかった。
代わりに、唐突に切り出した。
「今日、実は胃カメラの検査を受けに行くんだ」
おどろく浩美さんに、事情を説明した。
2012年11月の区の検診で「要再検査」となったこと。
「画像診断に自信がある。慶応義塾大学病院から独立した」
というクリニックで検査をすること。
満腹になる量が以前より減ってきている
という自覚症状があること。

哲也さんは健康に気を配っていた。
食事は野菜中心で、酒もたばこもやらない。
ジョギングやウェートトレーニングにも精を出す。
父方の家系に胃がんの人が多く、若いときから、
いつか自分も胃がんになると考えていた。
そのため、毎年、区の検診を受けていた。
 
浩美さんは勤務先の学校法人へ、
哲也さんはクリニックへ出かけた。
哲也さんは弁理士で、自宅が職場であった。
帰ってきた浩美さんに、ホッとしたように言った。
「がんではなかったよ。胃炎だと言われた」


ただ、胃の中に、胃がんの原因にもなるピロリ菌が
あったので、除去することになった。
除去には数カ月を要した。
哲也さんはその間にも、
「胃がどんどん悪くなる」と感じていた。
食後にみぞおちのあたりが痛む。少し食べると、
のどが、蓋が閉まるようなつっかえる感じがする。

そうした症状をクリニックの医師にも伝えても、
「ピロリ菌の除去をすると、逆流性食道炎のような
症状になることがあります」
 という答えが返ってきた。
地元の行きつけの胃腸クリニックにも相談したが、
検査はせずに「胃炎ですよ」と言われた。


1年後、スキルス胃がんとわかる

やがて1年が過ぎて、2013年11月、
再び区の検診を受けた。
バリウムを飲んだ瞬間、哲也さんは冷や汗が吹き出し、
胃が破裂しそうになった。
「これは、まずい」と直感した。

2週間ほど経ったころ、家の電話が鳴った。
都立広尾病院の医師からであった。
「胃のX線画像に病変が見られます。
一刻も早く精密検査を受けたほうがいい」
4日後に広尾病院で胃の内視鏡、CTスキャン、
病理検査などを受けた。結果を聞きに行く日は、
長男の健太さんの誕生日でもあった。
その朝、哲也さんが浩美さんに言った。

「今日は胃がんだって言われてくるよ」
浩美さんは「胃がんは切れば治る時代だ」と考えていて、
いつも通りに出勤した。
しかし、哲也さんからの連絡は違った。
「やっぱりがんだった。それも、スキルス胃がん。
治療法がない。
『命は数か月ぐらいと考えてください』って言われたから」
 
哲也さんは理科系で、自分でよく調べるタイプだ。
診断を受ける前から病名を推測していた。
頭が真っ白になるのではなく、
「ようやく正しい治療が受けられる」と受け止めた。

主治医からは、「腹膜播種(腹膜への転移。
がん細胞が種をまいたように広がる)があれば、
まず抗がん剤で転移をなくし、その後、胃の全摘手術を行う」
という治療方針が示された。
後で知ったことだが、腫瘍マーカー(CA19-9)は750と、
正常範囲(0~37.0)を大幅に超えていた。
このときの浩美さんには、スキルス胃がんの知識はなかった。


抗がん剤とにんじんジュース

哲也さんは告知の1週間後に入院した。
腹腔鏡手術で調べると、腹膜播種がみられた。
ステージ4。
がん研有明病院でセカンドオピニオンを受けたが、
広尾病院の治療方針で問題がない、という結論だった。
 
抗がん剤治療が始まった。点滴のドセタキセル、
飲み薬のTS-1の2種類。治療を始めて数日後、
食べ物が抵抗なく胃に入っていくようになった。
スキルス胃がんのスキルスは「硬い」という意味。
進行すると胃が陶器のようになるという。
哲也さんは、胃が柔らかくなったのを実感した。
希望が見えた。


治療を受けながら、
哲也さんは身辺整理にも力を入れたという。
一方の浩美さんは、
「この人を助けるには、私も何かしなければいけない。
私が仕事をしていたから気付かなかったのか。
作った料理が悪かったのか」
という客観的に見れば抱く必要のない懺悔の気持ちも
あって、インターネットであれこれと検索した。
そして、いわゆる民間療法に引き込まれた。
フコイダン、アガリスクなどのサプリメントを買い、
高濃度ビタミンC点滴を受けられるクリニックに行き、
にんじんジュースを低速のジューサーで一生懸命につくった。
哲也さんは、民間療法で治るとは考えていなかった。
しかし、浩美さんの気持ちを酌んで、
サプリメントを服用し、にんじんジュースを飲んだ。
 

ブログをきっかけに「希望の会」を立ち上げる

2014年1月、浩美さんは、実家の火事で母を亡くした。
哲也さんのがんを乗り越えようという気持ちに
なりつつあった矢先のことだ。
浩美さんは、実父もその17年前に大動脈瘤で亡くしている。
突然の別れのつらさ。
さらに、職場でも孤立して仕事を失う。

一方の哲也さんは、臨床試験のことも調べていた。
2014年の春、「腹腔内投与」という治療法を知る。
お腹にポートを埋め込んで直接抗がん剤を入れることで、
腹膜播種を消すという方法だ。
腹膜播種が消えれば、胃を全摘できる。

しかし、浩美さんが、この臨床試験を行っている
東大病院に連絡を取ると、
「抗がん剤を一度も受けたことがない」という
条件が付いていた。
広尾病院では実施していない。
「かかる病院によって治療の選択肢が違う」
浩美さんは不公平感を突き付けられた気がした。

スキルス胃がんは、情報が少ない。
哲也さんは2014年4月、
情報を集めたい気持ちもあって、ブログを始めた。
タイトルは「スキルス性胃がんに勝つ 
~同じ病と闘っている人達の参考になれば、と思って、
日々の闘病生活を綴ります~」。
浩美さんには黙っていた。
 
だんだん、ブログに人が集まり始めた。
ブログ上で呼びかけて、2014年10月、
患者会「希望の会」を結成した。
その時点でも、浩美さんは何も知らなかった。
 
11月、浩美さんは突然、こう誘われた。
「同じ病気の人と会うから大阪に行く。一緒に行く?」
11月23日、夫婦で日帰りで大阪へ向かった。
哲也さんはブログにこう綴った。
《お互いの経験や、知りえた情報などを出し合い、
情報を共有することができました。
今まではネット上の仮想癌友でしたが、
今日からはリアルの癌友です》(抜粋)
 
翌日には、東京でもオフ会を開いた。
哲也さんのブログの筆致も前向きだ。
《スキルス性胃ガンの話ができる、
スキルス性胃ガンだけど元気な人達が目の前にいる、
それだけでも〔希望の会〕の存在意義があると思っています》
(抜粋)
 
希望の会は、2015年3月に、NPO法人化された。
理事長は哲也さん、副理事長は浩美さん。
浩美さんの友人のデザイナーも加わるなど広がりも見せていた。


国立がん研究センター理事長との対談

2015年5月に「全国がん患者団体連合会」が
立ち上がると、浩美さんが連絡を取って参加した。
こうしたことから、専門医をはじめ各方面への人脈も広がった。

7月には、国立がん研究センター(国がん)の
理事長の堀田知光さんと対談した。
哲也さんは、希望の会で企画しているスキルス胃がん
の冊子の内容チェックなどの協力を依頼した。
堀田先生は「国がんと一緒に創りましょう。
その内容を、国がんが展開しているがん情報の
サイトでも見られるようにしましょう」と
賛同してくれたという。
 
浩美さんは、金沢大学や近畿大学などの先生にも
内容チェックを依頼した。
ときに、講演会の出待ちまでして頼んだ。
だれもが快諾してくれた。
哲也さんが執筆した医療関連の部分は、
医師たちの赤字チェックもほとんど入らなかった。
2016年1月下旬、
冊子「もしかしたらスキルス胃がん」が完成した。
哲也さんと浩美さんは、堀田先生はじめ
お世話になった先生たちに手渡した。


だが、そのころから、体調は芳しくなくなってきた。
ほとんど食べられず、食べても吐いてしまう。
呼吸困難になったり、転移した骨が痛んだりする。
バイクも手放した。介護ベッドも入れた。
愛犬の柴犬、豆太郎も16歳で天国へ行った。

哲也さんは2015年には必死に探して金沢市で
「腹腔内投与」の臨床試験も受けたが、
骨転移が判明して、胃の全摘手術には入れなかった。
東京に戻り、イリノテカン、保険適用されたばかりの
分子標的薬サイラムザといった薬で治療を続けていた。
 
そして、千葉県柏市の国立がん研究センター東病院で、
免疫チェックポイント阻害剤の「日本人で初めて」
という臨床試験に賭けた。
スキルス胃がんの患者へ臨床試験の道を
開きたいという思いもあった。


3月半ばに始めた臨床試験は、5月末に中止。
その後はサイラムザとパクリタキセルという
抗がん剤の併用療法を再開した。
 
8月8日の早朝。哲也さんは旅立った。
自ら終末期鎮静を決断し、集まった家族に別れを告げた。
最期の言葉は母への
「産んでくれてありがとう。あなたの子どもで幸せでした」
だったという。
その前日には、浩美さんに「出会えてよかった」と
感謝を伝えていた。
遺体は、哲也さんと浩美さんの遺志で剖検された。


浩美さんは8日、ブログ「あきらめない!
(スキルス胃がんステージⅣ! 私たちの挑戦」に
こう綴った。
《早朝、旅立ちました。
最期までスキルス胃がんの希望のために生きました。
私は彼の意志を継いでいくつもりです。
綺麗な朝焼けでした》(抜粋)


知ることは力になる

哲也さんと浩美さんの歩みから浮かんでくるのは、
情報の重要性だ。
簡単に正しい情報へアクセスできること。
治療法や臨床試験などのすべての情報が
素早く平等に提供されること。
スキルス胃がんそのものの知識が広まること。

 浩美さんはこう語る。

「結果が悪ければ、自分が選ばなかった道のほうが
よかったんじゃないかと思ってしまうものです。
だからこそ、医師は最初に病気のことをわかりやすく
説明して、正しい情報を知る機会を平等に与えてほしい」
 
ネットだけでなく、一般紙にも「奇跡の治療法」を
謳った書籍やイベントの広告が載る。
現実をしっかり受け止めないと、
民間療法やサプリメントに走ったり、
治療をしないという選択をしてしまったりするかもしれない。

「知ることは力になる。『希望の会』では
いつもそう言っています。
知る機会を増やすことが、患者会の役目だと思います。
亡くなった人は戻らないけれど、
制度や医療は変えられる。そこをやっていきたい」


イクメンだが食事は作らなかった

浩美さんは都立青山高校からお茶の水女子大学
家政学部へ入り、幼稚園の先生を目指した。
哲也さんは都立戸山高校から早稲田大学理工学部に入った。
2人は、早稲田大学の準体育会のようなスキーサークルで
知り合った。
浩美さんが早稲田のサークルに入った理由のひとつは、
野球の早慶戦の後に新宿で盛り上がるところに
憧れていたからだ。
ともにスキーは初心者で、哲也さんは1年先輩だった。
「いかにも理系で、どんなことでも客観視している。
ぶれない。これ、と決めたら絶対に動かない人でした。
論理的なので、議論したら必ず私が負けました」

今でも、判断に迷ったときに、
哲也さんならどうするかなと考えるという。
長男の健太さん(28)もこう話す。
「テレビひとつ買うのでも、すべてのカタログを
比較検討しました。衝動買いなんて絶対にない。
抽象的なことも好まなかったですね」
哲也さんは、いわゆるイクメンだったが、
食事だけは作らなかった。
「おふくろの味」を大切にしたい、という
ポリシーだったと浩美さんはみる。

健太さんはキユーピーを退職し、
「Medical Compass」という会社で働いている。
哲也さんともつながりがあり、厚生労働省で医療改革にも
携わっていた医師の宮田俊男さんが2016年12月に
立ち上げた会社だ。
症状を入力して質問に答えると市販薬を紹介してくれる
「健こんぱす」などのアプリを開発している。
長女の友貴さんはフリーライターとして韓国に拠点を置く。


いつまで悲しんでいてもいい

哲也さんの旅立ちから1年半近く。浩美さんには、
「静かな遺族でいたかった」という思いもある。
テレビに出たりしたことで、たとえば
リレー・フォー・ライフなどのイベント会場で静かに
追悼したいときにも声をかけられたりする。
遺族の代表として発言を求められる機会も少なくない。

「今のほうがつらいですね。立ち止まる時間ができて、
本当にいないんだな、と感じます。
家族は、忘れようとしなくていい。
若い人が配偶者を亡くしたりすると、
『そろそろいい人見つけたら』なんて善意で
勧められたりしますが、かえって心を閉ざしてしまう。
後になるほど悲しくなることもあるんです」
 2018年1月末のブログではこう書いた。


《夫が遺した言葉
【自分がいなくなった後、家内には、
支えてくれる友人達が周りに溢れるほどいてほしい。
息子や娘には、それぞれが家庭を持ち、
親のことよりも自分達の家庭の幸せのために
一所懸命に毎日を送ってほしい。
それが去りゆく者の願いです。】
これが、どんなに愛されているということだったのか、
今更ながら深く感じています。》
浩美さんは今も、活動を続ける。
若いころからの信念は、「あきらめない」。
その思いが、スキルス胃がん、ひいてはがんに
立ち向かう人たちに一筋の光を照らしている。

<転載終わり>
-----------------------------------------------------



スキルス胃がんの早期発見は可能か?
「5年生存率7%未満」の現実

https://diamond.jp/articles/-/192660

スキルス胃がんは、がんの中でも
治癒が最も困難ながんの1つです。
20代でも発症し、死に至ることがある極めて厄介ながんです。

ピロリ菌治療薬の台頭や内視鏡検査および手術技術の
発達により、胃がん全体の罹患数や死亡数は
今後減少していくと予想されます。
ところが、スキルス胃がんは発症原因が特定されて
いないばかりか、診断時には既に相当進行していることが
多く、有効な治療方法が確立されていません。

胃がん発症年齢はほとんどが60歳以降であるという
ことから公的な胃がん検診は50歳以降で十分だと
いう見解が主流です。
しかし、ことスキルス胃がんに関しては
話が単純ではありません。
若年でも発症し、しばしばその命を奪う
スキルス胃がんに対して、
どのように対処すればいいのでしょうか。

スキルス胃がんは働き盛りでも発症
5年生存率はなんと7%未満

スキルス胃がんは、膵臓がんと同様に
極めて治療成績が悪い難治がんです。
その上、若年齢(20代)でも発症することが
決して珍しくありません。

膵臓がんは、そのような若い世代での発症はまずありません。
他の胃がんも好発症年齢は60歳以降と比較的高齢です。
一方、スキルス胃がんは、自分の子どもがまだ小さく、
これからも元気に生き続けなければいけないような
(自他ともに死を受け入れがたい)世代でも発症し、
その命を奪うことがしばしばあるのです。

スキルス胃がんの患者さんの悔やまれる死に対して、
そのご家族が耐え忍ぶ姿を目にするたびに、
われわれ医療従事者は自らの無力を痛感するとともに
スキルス胃がんに対する有効な医療技術を
一刻も早く作りだす必要があることを身に染みて感じます。

スキルスとは、ギリシア語で「硬い腫瘍」を
意味するskirrhosに由来します(英語表記ではscirrhous)
スキルス胃がんは、他の一般の胃がんと異なり、
胃の壁に沿って染みこむように広がっていきます。
そのため、がんが相当に広がるまで症状が出ず、
がん発見のきっかけとなる胃粘膜の凹凸も
不明瞭であることが多いため見つけにくいのです。

胃が硬くなり内腔が狭くなってから発見される
ことがしばしばで、既に腹膜播種
(腹膜の中にがんが飛び火して直腸、卵巣、
尿管などに多発転移している状態)を来している
ケースがほとんどです。
すなわち、スキルス胃がんは根治的な手術が行える
可能性が極めて低く、5年生存率は7%未満という
惨憺たる結果となっています。







12月31日まで
メルマガのイベント中です。

https://ameblo.jp/64152966/entry-12501380974.html



【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第17期メ-ルマガジン
( 今年11月から来年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ135号 
肺ガンや肺腺ガンの本質と治療法とは!?

★メルマガ134号 
ヨーネ菌やクローン病の恐怖も
恐ろしい大腸ガンも全て人間が創り出している!!!


現在進行中 ↑ 今月11月から始まりました。
----------------------------------------------------




第16期メ-ルマガジン
( 今年8月から今年10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ133号 
腎臓ガンのお父さんを助けて!!!

★メルマガ132号
アボカドの成分が白血病の原因である
「がん幹細胞」だけを攻撃することが判明!

★メルマガ131号 
喘息の原因と正しい治療法について

★メルマガ130号 
白血球もミトコンドリアも
活性酸素でガン細胞をやっつける!!!

★メルマガ129号
~ 膵臓ガンからの生還 ~

★メルマガ128号 
乳ガンにおける日本最高の医学論文!!!

★メルマガ127号 
人類滅亡レベル「人類最大の脅威」~
史上最強の耐性真菌カンジダ・アウリス

★メルマガ126号 
C型肝炎ウィルスの進化を止めれば
肝硬変や肝臓ガンにはならない!

★メルマガ125号
世界で始めてC型肝炎ウィルスの
起源を解明したかもしれない。




第15期メ-ルマガジン
( 今年5月から今年7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ124号
神様は何故26年と3ヶ月の命しか
彼女に与えなかったのだろうか・・・

★メルマガ123号 
預金封鎖に対抗し、円に代えて
最も信用出来る海外の通貨とは!?

★メルマガ122号 
エイズの本当の真犯人?

★メルマガ121号 
6京円デリバティブ破綻で始まる世界恐慌は
リーマンショックの10倍の危機‼

★メルマガ120号
ワクチンもブドウ糖点滴もガン3大療法も
人口削減計画の一環であると
公文書に明記されている!

★メルマガ119号 
〜 ある一人の女性の死を見つめて 〜

★メルマガ118号 
糖尿病への本当の答え!!!

★メルマガ117号
「春ウコン」があらゆるガンや
難病に効果があるという話は本当か!?

★メルマガ116号 
政府が「南海トラフ」地震に関して
大手企業に極秘文書! ~ by. CIA

【 臨時版 】
日本人の土地財産を組織的に奪い取る闇の巨大組織



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ115号 
5.11 〜 危機と株価の動向!?

★メルマガ114号 
堀ちえみさんの舌癌と咽頭口頭ガン

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリーキーガット症候群!