肺ガンや肺腺ガンの本質と治療法とは!?







お知らせ

11月20日、19時20分~
最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ135号 
肺ガンや肺腺ガンの本質と治療法とは!?

届いていない読者の方は私まで
直ぐにご連絡下さい。


管理人

あくまでもメルマガの概要部分しか
ここでは掲載出来ません。
まして、肺にまで直接届く治療法などは
決して書けませんので悪しからず。

★メルマガ135号

<一部のみご紹介>

プロローグ

癌は真菌の増殖が原因だ
という仮説はほんとうか調べた

http://tacchan.hatenablog.com/entry/2015/01/20/231913

<一部引用>

決定的なのは大日本住友製薬のこのビデオ。

腫瘍病原真菌の姿-アスペルギルス

深在性真菌症の原因として、
アスペルギルスを筆頭に、カンジダ、
クリプトコッカス、ムーコルなどの接合菌が
4大原因真菌といわれています。
監修が帝京大学名誉教授だの、学術指導と協力が
帝京大学だの日本赤十字だ。

ビデオの中で肺がん患者の肺の癌に、
アスペルギルスの菌糸が蔓延してるようすが
映っています。
アスペルギルスは免疫が低下した患者に
日和見感染するのですとか言ってます。


今こそ多くの人に
知って欲しい 【ガンの秘密】

https://ameblo.jp/64152966/entry-12270889591.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




中村獅童が経験した肺腺がんの
原因や肺がんとの違いを専門医に聞く

https://news.mynavi.jp/article/20170801-cancer/

――肺腺がんの原因について詳しく教えてください。

まず、肺がんの原因として
最も影響が大きいものは喫煙です。
喫煙が発生原因と考えられる肺がんは、
女性では20%程度ですが、男性では70%近い
と考えられています。
自分ではタバコを吸わない受動喫煙でも、
肺がんの危険が高くなることがわかっています。
喫煙と特に関係がある扁平上皮がんでは、
喫煙により発生頻度が10倍以上になる
と言われています。

一方で肺腺がんの場合、喫煙との関連性は小さく、
喫煙による危険度は1.5~2.5倍程度と考えられています。
まったくタバコを吸ったことがない人にも発生し、
喫煙している人の場合でも、喫煙量はあまり多くない
ことがほとんどです。






肺がんの種類と分類|4つのタイプとその特徴
https://oncolo.jp/cancer/lung-type

肺腺がん

肺腺がんは、日本人に最も多い種類の肺がんとなり、
男性の約40%、女性の約70%を占めます。
また、非喫煙者や女性の肺がんの多くは
腺がんとなります。
肺の末梢に発生し、進行は中程度といわれています。

肺腺がんのもう一つの特徴が、EGFR遺伝子や
ALK遺伝子といったドライバー遺伝子の変異
(ドライバーミューテーション)が
陽性であることです。

---------------------------------------------


ドライバー遺伝子

がん遺伝子・がん抑制遺伝子といった、
がんの発生・進展において直接的に重要な役割を
果たす遺伝子をドライバー遺伝子と呼ぶ。
がんの発生過程においては、ゲノム変異が起こり
やすい状態(いわゆるゲノム不安定性)となるため、
がんの発生には無関係な遺伝子にもランダムに
変異が起こることが知られている。

============


ステージ4の転移癌を全て消滅させた
「春ウコン」とカンジダの深い因果関係!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12345397132.html

<一部引用>

● 発がん性のある副産物の生産
 

まず、カンジダ・アルビカンスは
ニトロソアミンを生産します。
ニトロソアミンは、特定のプロトオンコジーン
(ガン原遺伝子)を活発化させる発がん物質で、
そのプロトオンコジーンがガン化の引き金になります。

次に、カンジダ・アルビカンスは
アセトアルデヒドを生産します。
アセトアルデヒドは、エタノール
(イースト菌発酵の際の副産物)の最初の代謝物
として生まれ、さまざまなガンを促進する特性を持つ、
DNA損傷性(突然変異原性)・発がん性のある
化学物質です。
(お酒にも含まれるアレです)


● 炎症を誘発する 

● Th17反応の誘導 

カンジダ・アルビカンスに反応して優勢になる
CD4 T細胞の組み合わせ、すなわちTh17細胞は、
血管新生と腫瘍発生・成長を促進する因子も分泌します。

<引用終わり>
============


管理人

肺ガンの専門医は、肺腺がんの原因として
確実なものはわかっていません。
・・・と語っています。

私の記事を見たほうが、はるかによく
理解出来るのではないでしょうか?

それにしても・・・

肺腺がんは、日本人に最も多い種類の肺がんとなり、
男性の約40%、女性の約70%を占めます。
また、非喫煙者や女性の肺がんの多くは
腺がんとなります。


ここでも、何故、肺腺がんが男性よりも
女性のほうが圧倒的に多いのかといった
肝心な部分の解説が全くされていません。
要は、何も分かっていないといったところ
でしょうか。

いつも思うことですが、多くの医師が
何故、疑問に感じ大きな議論に
ならないのでしょうか?
おかしいと疑問を感じ、そして、考え・・・
そして、議論するという重要なプロセスが
全くどこにも見当りません。

何故なのか・・・
是非、皆さんで考えてみて下さい。

お医者さんや医療関係者の皆さんは
木曜ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』
を見て楽しんでいる場合ではないですよ!!!


~ 中略 ~


いつもの事ながら、どの記事を見ても
肺ガンとカビ菌の関係は全く切り離されています。

以下の記事をご覧下さい。
肺ガンはカンジダだけではありません。
アスペルギルスやム-コルも関係してくる
可能性があります。


---------------------------------------------

肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!
~真菌培養でアスペルギルスが
検出されないのは何故か!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12312372825.html

アスペルギルスのカビ毒の一つである
アフラトキシンB1
自然界でもっとも強力な
発ガン物質として知られています。


---------------------------------------------


アスペルギルスなんて生活環境の中で
普通にどこにでもいます。
そして、空気中から吸っている可能性は
いつでもあるのです。

しかも、自然界でもっとも強力な発ガン物質
のカビ毒を出す訳です。
いつもはそんなには悪さをしませんが、
免疫力が落ちたり、肺に炎症が起こったりすると
増殖して大変ヤバイことになる可能性があります。

このアスペルギルスを肺ガンと全く切り離して
いるのが現代医学です。
皆さん・・・信じられますか?


肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!
~真菌培養でアスペルギルスが
検出されないのは何故か!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12312372825.html


尤も、私たち日本国民の肺は日常的に
毒性ガスや農薬によって叩かれています。

ガン死亡数トップ ~ 肺ガン
の本当の原因を知りたいですか!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12347043422.html


管理人としては、肺炎や肺ガンが怖い方は、
日頃より、花粉症用のマスクをすることを
お勧めします。
無論、今現在~肺ガンを患っている人も
マスクをしたほうがいいです。
マスクをした分、温かい空気が肺に流れます
ので、免疫の面でも助けになるはずです。
今後、一層寒くなるので尚更です。


タバコも無論、肺ガンに関係します。
しかし、世間で言われている原因~因子とは
少々、異なります。


たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が~ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12439778156.html



★メルマガ第82号
白血病の子供を世話していた
看護士が白血病になった真相!

~より、一部引用します。

たばこの中でがんを引き起こす原因は、
たばこの葉の発酵プロセスを加速するために
使用する酵母と砂糖です。


( 中略 )

感情~ストレスは酸を生成する発酵されるホルモンの
放出を通じて酸性を作り出します。

生物学的環境が過度に酸性化されると、
原始段階は中間段階に進化し、これは細菌である。
これは、 酵母、菌類およびカビを含む最終段階に至る。

これらの形態は、酸性化した血液および組織のような
妥協した生物学的環境において増殖し、進化する。

======


管理人

たばこの葉の発酵プロセスを加速するために
使用する酵母って・・・
一体何を使っているのでしょうね???
カビ菌をどんどん吸っているような事と
同じではないかと思ってしまいます。
しかし、私も吸っているので
あまり偉そうな事は言えませんが ~ 泣。







肺ガンの基礎知識として

気管支鏡検査の時の写真で見ることの出来る
肺ガンのガン細胞の色は大変重要です。

肺ガンに関与する原因真菌として考えられるのは
主として、カンジダとアスペルギルスの2大真菌です。
稀に、ム-コルがあります。
無論、他にもあってこれが全てという訳ではありません。

カンジダは → 白 です。
アスペルギルスは → 緑灰色や黄色 が多い。
ム-コルは → 少し黒っぽい赤、或いは、黒い。

~ 中略 ~

先ほど掲載したカビ菌の色ですが
覚えておいて、決して損にはなりません。
こいつが主犯なのかとシンプルに
分かりますから。
なにしろ、肺ガンとカビ菌を結びつけて
考えるなんて、病院やお医者さんは
先ず絶対にしませんから。

あなたが知っておくことが後々・・・
大変大きな役割を果たすことになる
可能性が大です。


肺ガンとカビ菌の関係

海外~医学文献より

さまざまな真菌性肺感染症は、肺がんを模倣した
放射線学的所見を生み出す可能性があります。
これらの感染性病変を肺がんと区別することは、
放射線科医と臨床医にとって依然として困難です。

このような場合、レントゲン写真の所見と臨床症状は
肺癌を強く示唆し、誤診は適切な治療の開始を
大幅に遅らせる可能性があります。
同様に、イメージング研究の発見は、病原体として
の種の検出に取って代わることはできません。
通常、病変の感染性を診断するには生検が必要です。



肺がんの真菌感染
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=https://www.aspergillus.org.uk/content/fungal-infections-lung-cancer&prev=search

INCDMI Cantacuzino、
真菌学研究所、ブカレスト、ルーマニア

要約:がんの感染は罹患率と死亡率の原因です。
真菌症は、免疫不全患者における頻繁な
日和見感染症です。
細胞性免疫が特定の真菌感染症の発症の
素因である場合の変化。
目的:この研究の目的は、肺癌患者48人の血液培養、
気管支肺胞洗浄液および胸膜液の真菌感染症を
判定することでした。
この研究は、真菌感染症(特に日和見感染症)の
増加する発生率に対する放射線療法の影響を
評価するために設計されました。

結果:分離株の総数は639で、
次のように分布していました。

カンジダアルビカンスおよび非アルビカンス334、
接合菌115、アスペルギルス属 141
およびその他の真菌49.
カンジダ種およびその他の酵母は
全体の52.26%を占めました。

カンジダ・アルビカンスが最も頻繁に
見られる種であり、15.8%でしたが、
次にGeotrichum capitatum 8.92%、G。
candidum 7.19%、
およびCandida tropicalis 17.19%でした。
糸状菌は、Aspergillus fumigatus 7.66%、A。
flavus 4.69%、A。niger 3.59%でした。
A.ニデュランス2.34%。
接合菌は、
単離されたすべての株の17.99%を占めました
(Absidia corynbifera 5.94%、Mucor hiemalis 4.38%)。
真菌の存在と頻度は、
がんの種類に関連して説明されています。

結論:放射線療法後、
真菌感染症(55.79%)が増加しました
(酵母および糸状菌)。
微小細胞癌の患者は多形性で豊富な菌叢を持っています。

<引用終わり>
---------------------------------------------


管理人

肺ガンの大部分を占める肺腺ガンについて
その原因は分からないと専門医は
はっきりと言っています。

原因が分からないと治せないだろうなと
普通の人は思うはずです。
だから、グラフにある通り・・・
ガンにおける死亡率が断トツで一番高いのでしょう。

当メルマガサイトは、原因について
細かく究明しました。
また、治療法についても
今考えられる最善のものをヒントとして
皆さんに提示させてもらいました。

医療サイドが原因が分からないと
明言しているのですから・・・
我々が何とかする以外には無いでしょう。

こういった作業をする人が、
今の日本には誰もいないのですよ。
だから、私が取り組まざるを得ないのが
実情なんです。

尚、私は医師法や薬事法に抵触するような
事は、ブログ等において一切書けませんので
皆さんには、ご理解いただき
ご容赦いただきますように
切にお願い申し上げます。







12月31日まで
メルマガのイベント中です。

https://ameblo.jp/64152966/entry-12501380974.html



【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第17期メ-ルマガジン
( 今年11月から来年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ135号 
肺ガンや肺腺ガンの本質と治療法とは!?

★メルマガ134号 
ヨーネ菌やクローン病の恐怖も
恐ろしい大腸ガンも全て人間が創り出している!!!


現在進行中 ↑ 今月11月から始まりました。
----------------------------------------------------




第16期メ-ルマガジン
( 今年8月から今年10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ133号 
腎臓ガンのお父さんを助けて!!!

★メルマガ132号
アボカドの成分が白血病の原因である
「がん幹細胞」だけを攻撃することが判明!

★メルマガ131号 
喘息の原因と正しい治療法について

★メルマガ130号 
白血球もミトコンドリアも
活性酸素でガン細胞をやっつける!!!

★メルマガ129号
~ 膵臓ガンからの生還 ~

★メルマガ128号 
乳ガンにおける日本最高の医学論文!!!

★メルマガ127号 
人類滅亡レベル「人類最大の脅威」~
史上最強の耐性真菌カンジダ・アウリス

★メルマガ126号 
C型肝炎ウィルスの進化を止めれば
肝硬変や肝臓ガンにはならない!

★メルマガ125号
世界で始めてC型肝炎ウィルスの
起源を解明したかもしれない。




第15期メ-ルマガジン
( 今年5月から今年7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ124号
神様は何故26年と3ヶ月の命しか
彼女に与えなかったのだろうか・・・

★メルマガ123号 
預金封鎖に対抗し、円に代えて
最も信用出来る海外の通貨とは!?

★メルマガ122号 
エイズの本当の真犯人?

★メルマガ121号 
6京円デリバティブ破綻で始まる世界恐慌は
リーマンショックの10倍の危機‼

★メルマガ120号
ワクチンもブドウ糖点滴もガン3大療法も
人口削減計画の一環であると
公文書に明記されている!

★メルマガ119号 
〜 ある一人の女性の死を見つめて 〜

★メルマガ118号 
糖尿病への本当の答え!!!

★メルマガ117号
「春ウコン」があらゆるガンや
難病に効果があるという話は本当か!?

★メルマガ116号 
政府が「南海トラフ」地震に関して
大手企業に極秘文書! ~ by. CIA

【 臨時版 】
日本人の土地財産を組織的に奪い取る闇の巨大組織



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ115号 
5.11 〜 危機と株価の動向!?

★メルマガ114号 
堀ちえみさんの舌癌と咽頭口頭ガン

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリーキーガット症候群!