粉ミルクやチーズや牛乳、牛肉が
恐ろしいヨーネ菌に汚染されている!?







初めに

日本国内で粉ミルクで赤ちゃんを育てている
お母様は大変に多いのではないでしょうか?
ざっと読んで見ると・・・
粉ミルク・チーズ・牛乳・牛肉の大部分が
大変に危険であると感じました。
これは一大事です。

次回のメルマガで取り上げようと思っています。
ヨーネ菌~クローン病の本質を
調べてみようと思います。

ただ、国民が生活習慣を完全に変えるなんて
ことは・・ほぼ不可能に近いと思います。
なので、メルマガでは・・その対処法と言いますか
被害を最小限に抑えるアイテムも皆さんに
ご紹介出来ればと考えています。

さてさて・・・
一体何が出てくることやら・・・です。
もしかしたら、大変恐ろしい秘密が暴かれるかも。
皆さん、楽しみにして下さいね。



世界で蔓延するヨーネ病と粉ミルク汚染  
国際ヨーネ病学会理事・百溪英一

転載元) 長周新聞 19/11/2
https://www.chosyu-journal.jp/shakai/13956

<転載開始>

世界で蔓延するヨーネ病と粉ミルク汚染
~唯一清浄化が可能な国の酪農・畜産振興作戦~
 国際ヨーネ病学会理事  百溪英一  
    

はじめに

牛など家畜の伝染病であるヨーネ病が
世界的に大流行している。
ヨーネ病をひき起こすヨーネ菌は直接人間に
感染することはないと考えられてきたため、
その実態は一般にはあまり知られていない。

しかし、人間の難病であるクローン病や、
多発性硬化症など自己免疫疾患の原因になっている
ことを疑う研究報告は非常に増加してきており、
国際的に研究が積み重ねられてきた。

クローン病や多発性硬化症など自己免疫病の
患者数は増加の一途をたどっている。
クローン病はもともと20歳前後で発症する
ケースが多かったが、近年、低年齢化し、
ゼロ歳児が発症した事例も報告されている。

その解明が急がれるなか、私たちの研究で、
ヨーネ菌に汚染された牛の牛乳を通じて
排出される菌がこれらの発病に関連している
ことが明らかになってきた。
生きた菌だけでなく、死んだ菌を体内にとりこむ
ことが、神経難病である多発性硬化症(自己免疫疾患)
やクローン病発症の一因となっている可能性が非常に高い。

研究の途上ではあるものの、海外のヨーネ菌汚染状況は
深刻であり、撲滅が不可能なほど感染が広がっている。
ヨーネ菌は、ほぼ100%輸入牛乳を使用して
製造されている赤ちゃん用の粉ミルクに死菌が
含まれていることは疑いない状況であり、
それが乳幼児のクローン病を増加させている
可能性も否定できない。

一方で日本は長い期間、税金を投じて国家防疫の対策を
してきた結果、撲滅が可能な水準にあり、
清浄化農場も多いことから、本気でとりくめば
ヨーネ菌フリーの原乳を原料にして、
ヨーネ菌フリーの粉ミルクを製造することも
できる状況にある。
そうすれば子どもたちが難病にかかる可能性を
より低くすることができるかもしれない。

とくに、家族に自己免疫疾患を持つ家庭に生まれた
乳幼児にこれを供することができれば
発症リスクを低減できる可能性もある。
さらに重要なことは、ヨーネ菌フリー牛乳、チーズ
そして粉ミルクを製造することのできる国は
日本だけといっても良いことから、
世界中から日本の安心な牛乳や乳製品を買いに来る
状況をつくって酪農業を大きく発展させる道筋も
開けることだ。
農水省は安心・安全をスローガンに掲げているが
あえてヨーネ病を撲滅しない施策をとっている。

今後、TPPや日欧EPA、日米FTAによって、
海外から成牛の輸入が増加することが考えられ、
国民の税金を投じて撲滅直前まできたヨーネ病を
逆に大流行させる危険性がある。
さらに、現在日本では国内産の乳製品を購入できるが、
酪農業が衰退・淘汰されてしまうと、
ヨーネ菌汚染された海外の乳製品を買うほか
なくなることを心配している。

またヨーネ菌に汚染された乳製品の輸入量が
さらに増えて、食卓に並ぶことが
人体に与える影響も無視できない。
ヨーネ病について広く知っていただき、
考えていただく機会になることを願っている。


ヨーネ病とは何か

ヨーネ病は、ヨーネ菌を病原体とする腸の病気で、
BSE(狂牛病)と同じく「リストB」に
分類されている家畜伝染病の一つだ。
感染後長期の潜伏期間を経て、
慢性的な下痢症状を起こすほか、
乳牛では乳量が低下し、痩せ細って
最終的には衰弱死する。(中略)

この菌は消毒薬や環境中で非常に強い。
土の中でも1年~2年半生きるし、
北海道の凍った土地でも生きる。
ヨーネ菌は結核菌やらい菌(ハンセン病の病原菌)
の仲間で「抗酸菌」という種類だが、
性質上はらい菌に近い。
ハンセン病や梅毒も潜伏期間が長く、
最初大したことはないと思っていると、
ひどい症状があらわれる。
ひどい下痢便の牛が見つかっても
氷山の一角ということだ。

(中略)

ヨーネ病は畜産業にとってもっとも経済的打撃が
大きい感染症であり、アメリカの経済損失は
年間2億~3億㌦といわれている。
ただ、アメリカの場合、重症になった牛を殺すだけで、
無症状の感染牛は淘汰していない。
日本の家畜伝染病予防法の診断基準で検査して
殺処分すると、アメリカの牛は
いなくなるほど蔓延している。

(中略)

ヨーネ菌の排菌ルート

もう一つの排菌経路が牛乳だ。
マクロファージがヨーネ菌を乳腺へ運び、
牛乳を通じてヨーネ菌が排出される。
これは子牛への感染源として家畜衛生上の
問題であるとともに、食品の汚染という
公衆衛生上の問題を含んでいる。

(中略)

牛乳中にヨーネ菌が排出されることは、
下痢や糞便での排菌とともに、子牛への直接的で
より確実な感染経路になる。
そして、牛乳に含まれる大量のヨーネ菌を
人間が摂取していることを意味している。

国際的なヨーネ菌の汚染

あまり報道されていないが、アメリカやヨーロッパの
牧場のヨーネ菌の汚染状況は極めて深刻である。

たとえばアメリカの酪農場の大半が汚染している。
ヨーネ菌は潜伏期間が長いのが特徴だが、
アメリカではヨーネ病の診断がなされても
生産性の低下した重症の牛を淘汰するのみなので
蔓延が拡大し、次から次に重症化した牛が
あらわれる状況だ。

検査すらされていない農場も多い。
アメリカ合衆国農務省(USDA)の調査結果を
みると、小農場で63・2%、中農場は75・1%、
大農場では95・0%が汚染されている。
農務省が95・0%と発表するということは、
ほぼ100%といっているようなものだ。
最新の農務省のホームページでは、
「調査をしていないが、
現在はこれより悪くなっているだろう」と書いている。

アメリカでは日本の家畜伝染予防法のように
ヨーネ病に感染した家畜を定期検査で発見して
殺処分させる法律がないため、下痢をしている
牛からも乳を搾っており、症状がひどくなると
と畜場に回して食肉にしている。

テネシー州でと畜場を見学したさい、
つながれている牛の多くは下痢をしていた。
その臓器を見せてもらったが、
日本では見たことがないような重症のヨーネ病の腸も
あり驚いた記憶がある。
日本と同様の検査をして感染牛を殺処分すると、
アメリカ国内に牛が1頭もいなくなる可能性が
あるといっても過言ではない。

ヨーロッパはEUになってから、共通した対策が
できておらずヨーネ病の汚染状況が悪化した。
EU域内には、2010年の段階で8億6600万頭の
牛がおり、20万1027戸の農家が存在する。
しかし、ヨーネ病の防疫対策は全頭検査や殺処分などの
強制力をともなわない「任意のコントロール・プログラム」
が実施されている国や地域はまともな方である。

国境をこえて牛が行き来することも
感染を広げる要因になっている。
各国の農場規模や管理条件もさまざまで、
それぞれ法律も行政機構も違うことが、
防疫努力とプログラムの多様さと弱さを
生み出す原因となっている。
EUとして統一された防疫の基準はなく、
汚染状況は深刻である。

(中略)

日本のヨーネ病と農林水産省の対応

(中略)

98年からは5年に1度、全頭検査をするように
なり、感染牛が見つかった農場では、
3カ月間隔などのくり返し検査をして、
陽性が出なくなるまでくり返してきた。
ELISA検査の時点で陰性が出ても、
時間がたてば感染が進み陽性になる可能性がある。

くり返し検査をすることで、日本のヨーネ病汚染は
かなり解決していった。
こうした検査をしてきたのは世界中で日本だけだ。

(中略)

グラフを見ると2008年から
感染が半減していることがわかる。
だがこれは本当にヨーネ病が減ったわけではない。
それまでELISA法の問題点を黙殺してきた
農水省が、今度は陽性が多くなると
牛乳が販売できなくなることから、
ELISA検査自体をやめてしまったのだ。

現在はPCR法という高感度な遺伝子診断法が
用いられるようになり、五年ごとの全頭検査は
続いているが、これを徹底すればヨーネ病が
撲滅できるにもかかわらず、
農水省は撲滅できないように不可解な工夫をした
検査をすすめている事を指摘しておきたい。

現在のヨーネ病検査はPCR法という菌の遺伝子を
検出する高感度な手法にかわっているが、
抗体検査と同様に菌が生きているのか
死んでいるのかはわからない。
農水省は、PCR法で陽性の基準値より低い結果が
出た牛について、感染しているかどうかを確認する
ために、早期発見のできない低感度のELISA法で
検査をしている。

本当に撲滅するためには、早期に発見し淘汰する
ことが必要だが、PCR法で数値の低い
グレーゾーンの牛を農場から除去させずに、
むしろ意図的に残し、撲滅されないような
消極的対応をとっている。
ヨーネ病が撲滅されて困るのはだれであろう。
そこには農水省が製薬会社に天下りしている
ことが関係している。

農水省も厚生労働省も危険性を認識しているにも
かかわらず、なぜ本気でとりくまないのだろうか。
赤ちゃんや国民の健康を守ることを
なんと考えているのか疑問である。

ヒトのクローン病とヨーネ菌―関連が
疑われている自己免疫疾患

 
ヨーネ菌と人のクローン病との関係は、古くから
医師や研究者のなかで疑いを持たれてきた。
クローン医師(1884~1983年)が、
「クローン病は牛のヨーネ病によく似ており、
ヨーネ菌によって起こっているのだろう」とする
仮説を発表したのが最初だ。


ヒトのクローン病は厚生労働省指定の特定難病疾患だ。

(中略)

近年、生まれて数週間の乳幼児が下痢症状を起こす
ケースが増えているということも世界的に
小児科医のあいだで問題になっている。
子どもの場合、小児炎症性腸疾患(IBD)と呼んで
いるが、その中身は潰瘍性大腸炎とクローン病だ。

生まれて間もなく難病にかかった子どもたちは、
成長も著しく阻害され、人生の長いあいだを病気と
つきあっていかなければならない。
私は日本国内でゼロ歳児で発症した子どもは
血便が止まらず、6歳で亡くなったという患児の
主治医と病変の病理所見を顕微鏡下で論じたことが
あるが、担当医師の目には涙が浮かんでいた。
こうした状況を目にしてきたことが、私が孤軍奮闘
しながらも研究を続けてきた原動力である。

厚生労働省もヨーネ病が人に健康被害を与える恐れ
があると判断し、2007年から国内酪農産物の
規制を強化しており、その問題認識は持っている。
雑誌や新聞などが何度かヨーネ病の問題を
とりあげたことがあり、火がついて解決に結びつくのか
と期待したが、その後報道も途切れてしまいがちである。

ヨーネ病死菌抗原がクローン病をひき起こす


ヨーネ病とクローン病が似ているといわれる理由は、
腸粘膜の著しい肥厚と慢性的肉芽腫性腸炎の症状だ。
どちらも慢性下痢、痩せ、体重減少、不治の病
といった共通性を持っている。

(中略)
 
ヨーネ菌が感染して起こるヨーネ病と違い、
死んだ菌が人に免疫異常を起こさせてクローン病を
ひき起こしているのではないかということだ。

ヨーネ菌抗原は食品に含まれているのだろうか? 

そこで、食品にヨーネ菌抗原が含まれているのかを
予備調査した。
日本国内のスーパーで購入したヨーロッパ産チーズ
(17種類)をPCR法で検査をしたところ、
ほとんどからヨーネ菌DNAが検出された。

日本人は平均で年に2㌔㌘のチーズを食べている
といわれている。
10㌘中に34・45pgというDNAの検出結果を
もとにすると、1年に6890pgのDNAに
相当するヨーネ菌体を摂取していることになる。
ちなみにフランス人は年間20㌔㌘のチーズを食べるそうだ。

日本はクリーム、脱脂粉乳、バターミルク、
ホエイ(飼料用を除く)、バター、チーズ、粉乳、
コンデンスミルク、アイスクリームなど多くの乳製品を
輸入している。
それらの大半がヨーネ病高度汚染国からの輸入だ
【乳製品の輸入量の表】。
アメリカからはバターを年間約500㌧、
チーズを約2万1424㌧輸入している。
原乳にヨーネ菌が入っているため、
製品にも必ず死菌抗原が含まれている。

赤ちゃんの粉ミルクには脱脂粉乳を使うほか、
ホエイも原料になる。
粉ミルクはほぼ100%、アメリカ、カナダ、
ヨーロッパ、オーストラリアなどからの
輸入原料でつくっている。

加熱殺菌をすると菌は死ぬけれど、死んだ菌は
粉ミルクに入っている可能性があるということだ。
最新の乳製品の輸入動向に、以前はなかった
「学校給食用」の脱脂粉乳が含まれていることも、
看過できない点だ。
海外産のチーズには無殺菌牛乳を使っている場合もあり、
死菌だけでなく生きた菌も入っていて
人が摂取している可能性が高い。

しかし、これらの食品を食べたからといって、
だれもがクローン病などの自己免疫病に
なるわけではないことは重要な点である。
とはいうものの、牛乳や乳製品中のヨーネ菌死菌抗原を
くり返し摂取することで、ある遺伝的背景を持つ人に
クローン病や多発性硬化症などの自己免疫病が
起きる可能性が強いことが世界的な研究のなかで
次第に明らかになってきている。

どのような条件でクローン病になるのか、
ヨーネ菌抗原だけが発症の引き金になるのか、
すべては解明できていないが、せめて乳幼児に
輸入原料を用いて製造されているヨーネ菌抗原の
コンタミした粉ミルクやチーズ、ヨーグルトなどを
与えている現状を何とかすれば、難病になる可能性を
低くすることができるのではないかと考えている。
成人についても、自己免疫疾患になった人が
摂取することで、症状をより悪くする可能性がある。

乳製品や肉のヨーネ菌汚染の報告は増え続けている。
人の血液からヨーネ菌が分離されたという論文や、
腸や便などからヨーネ菌や特異抗原を検出したとする
論文も多くあり食品から菌をとり込んでいることが
示唆されている。

アレルギー疾患との関連

われわれは、126人の自己免疫病でない
大人の血清を調べ、14%の人がヨーネ菌に対する
抗体を有する事を報告し、食品を介した
ヨーネ菌ばく露が日本国内で起きている事を報告した。

また、さまざまなアレルギー疾患のある99人と
そうではない45人の対照グループで血清の
総IgEレベルとヨーネ菌特異的IgEをELISAで
調べたところ、99人の被験者のうち50人が
IgE総レベルが150IU / mL以上を示し、
対照の45人の被験者はIgEが150 IU / mL以下を
示して、ヨーネ菌がアレルギーの発症にも
関与している可能性を発表した。
これらの研究は日本人がヨーネ菌に経口ばく露され
影響を受けている事を示している。

牛肉は安全なのか

乳製品だけではなく牛肉からも
菌が分離されていることも看過できない。
スペインの食肉検査所ではヨーネ菌感染牛47頭の
うち6例(13%)の横隔膜から、
PCR法によって菌が検出された。
腸やリンパ節の菌を細胞内に持つマクロファージが
血流で全身に回り筋肉にも入るのだ。

(中略)

ヨーネ菌との関係が疑われる難病





【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第16期メ-ルマガジン
( 今年8月から今年10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ133号 
腎臓ガンのお父さんを助けて!!!

★メルマガ132号
アボカドの成分が白血病の原因である
「がん幹細胞」だけを攻撃することが判明!

★メルマガ131号 
喘息の原因と正しい治療法について

★メルマガ130号 
白血球もミトコンドリアも
活性酸素でガン細胞をやっつける!!!

★メルマガ129号
~ 膵臓ガンからの生還 ~

★メルマガ128号 
乳ガンにおける日本最高の医学論文!!!

★メルマガ127号 
人類滅亡レベル「人類最大の脅威」~
史上最強の耐性真菌カンジダ・アウリス

★メルマガ126号 
C型肝炎ウィルスの進化を止めれば
肝硬変や肝臓ガンにはならない!

★メルマガ125号
世界で始めてC型肝炎ウィルスの
起源を解明したかもしれない。


10月末で終了 ↑ 
------------------------------------------



第15期メ-ルマガジン
( 今年5月から今年7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ124号
神様は何故26年と3ヶ月の命しか
彼女に与えなかったのだろうか・・・

★メルマガ123号 
預金封鎖に対抗し、円に代えて
最も信用出来る海外の通貨とは!?

★メルマガ122号 
エイズの本当の真犯人?

★メルマガ121号 
6京円デリバティブ破綻で始まる世界恐慌は
リーマンショックの10倍の危機‼

★メルマガ120号
ワクチンもブドウ糖点滴もガン3大療法も
人口削減計画の一環であると
公文書に明記されている!

★メルマガ119号 
〜 ある一人の女性の死を見つめて 〜

★メルマガ118号 
糖尿病への本当の答え!!!

★メルマガ117号
「春ウコン」があらゆるガンや
難病に効果があるという話は本当か!?

★メルマガ116号 
政府が「南海トラフ」地震に関して
大手企業に極秘文書! ~ by. CIA

【 臨時版 】
日本人の土地財産を組織的に奪い取る闇の巨大組織



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ115号 
5.11 〜 危機と株価の動向!?

★メルマガ114号 
堀ちえみさんの舌癌と咽頭口頭ガン

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリーキーガット症候群!