日本国内1千万人の糖尿病の皆様
~ 全員集合‼








「糖尿病で足を失う」、
決して珍しい話ではありません。

http://myfreestyle.jp/patient/general/diabetes/tonyo/7-1.html


糖尿病足病変の原因と対策
https://www.paramount.co.jp/learn/topics/detail/3

原因は神経障害と血流障害

では、糖尿病患者はなぜ足病変が
起こりやすいのでしょうか。
その一因と考えられているのが、糖尿病によって
引き起こされる「神経障害」です。
 
神経障害は、血液中の高濃度の糖分が末梢の神経を
傷めてしまう病気で、糖尿病の比較的早い時期
(罹患後5~10年)から発症し始めます。
 
「神経障害が起こると、まず手足がしびれたり、
痛んだりします。さらに進行すると、感覚が鈍くなり、
けが、やけど、靴ずれなどによる痛みを
感じにくくなります。その結果、手当てが遅れ、
感染などによって足病変が進みやすくなるのです」
(大浦先生)。
 
また、神経障害によって運動神経が冒されると、
足の筋肉が萎縮し、足の裏が変形して
つちふまずがない偏平足になったり足跡が
ワシ爪のような形になります。
歩くとき、突出した部位に圧力が集中し負担がかかり、
傷つきやすくなります。
こうした足の変形も、足病変の誘因になるそうです。
 
神経障害とともに、もう1つ足病変の原因となるのが
「血流障害」です。
糖尿病が長年にわたると、全身の血管で動脈硬化が進み、
心臓では狭心症や心筋梗塞、
脳では脳梗塞の引き金になります。
また、足でも「末梢動脈疾患(PAD)」という
病気が起こってきます。
 
PADになると、足の動脈(特に膝下の動脈)の内腔が
狭くなって血液が流れにくくなります。
すると、足の先まで十分な量の栄養や酸素が
届かなくなります。
動脈硬化がさらに進んで、足先などの細い血管が
完全に詰まってしまうと、そこから先の部分の組織が
死んで、潰瘍や壊疽を起こします。
 
「糖尿病による足病変は、神経障害を合併している
患者さんに多く見られますが、そこに動脈硬化による
血流障害が加わると、より重症化しやすくなるので
要注意」と大浦先生は指摘します。

======


清原和博さんが患う糖尿病と
『足切断の噂』について思うこと

https://ameblo.jp/64152966/entry-12395917785.html

清原さんの糖尿病発症と悪化は
過去の 覚せい剤 が大きな原因となっています。


以上の記事の続編です。


管理人

定説
糖尿病の本当の原因はまだよく分かっていない。

なので、常に、原因も治療法も確立されていない
・・・と、どの医学書にも書かれているような
記述を目にする羽目になる訳です。


回答
いえいえ、原因はある程度まで分かっています。
日本国内の糖尿病の人は1千万人。
製薬会社や病院が天文学的利益を上げる
事の出来る~まさに金の生る木。

真実がわかってしまうと・・・
糖尿病~関連の天文学的利益を損ないます。
だから、真実を語ってはいけないのです。
ガン巨大利権の構造と全く同じですね。

という訳で、あまり詳細に書けないのは
いつもの通りです。
詳しく知りたい人は以下のメルマガを読んでね。

第15期メルマガ(5月から7月まで)

★メルマガ118号
糖尿病への本当の答え!!!


以上の記事をご覧になれば
以下の病院の治療だけでは
まったくの不十分であることが
ご理解いただけると思います。

インスリンの投与
糖尿病の薬を投与
食事療法
運動療法


いつもの事ながら・・・
核心部分が抜け落ちておりま~す。

私は多くの秘密を告発するなんて
大それたことは決して致しません。
しかし、今回・・・そのごく一部を
皆さんは目で見ることは出来ます。
ある程度のヒントにはなるでしょう。


海外の記事です。
とても糖尿病の本質が分かる記事です。
翻訳がちと駄目ですが、
リンク記事の全文を是非、読んで欲しいと思います。


海外記事
糖尿病の新しい原因:毒素はどのように
1型および2型糖尿病を引き起こすことができるか

https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=https://drpompa.com/cellular-detox/diabetes-caused-by-toxin-induced-insulin-resistance-type-1-diabetes-vs-type-2-diabetes/&prev=search

<一部引用>

毒素は細胞に到達して細胞の膜に付着し、
炎症を起こしてホルモン受容体を鈍くします。
私が以前に述べたように、それはホルモン抵抗性です。
つまり、糖尿病を含むホルモン病の流行を引き起こして
いるのは細胞がホルモンメッセージを聞くことができない
ということです。

細胞から毒素を除去することは、糖尿病を発現する
遺伝子を変化させるための鍵となります。
言うまでもなく、ホルモン受容体、そして糖尿病の場合は
インスリン受容体が再生し、最終的には元気になって
気分が良くなるのは毒素を除去することだけです。

除去されなければ、誰かが糖尿病から治癒するのを
妨げる多くの上流の毒素があります。
プラスチックや化粧品、農薬、たばこの煙中の毒素、
重金属などのBPAとの強い関連性が研究によって示されています。
個人的には、重金属の除去後に食事やその他の生活様式の変化に
反応しなかった糖尿病と重度の減量抵抗の多くの症例を見ました。

私がよく見ないもう一つの隠れた情報源はカビです。
かびの生えている家や職場は、突然の体重増加や
原因不明の症状の原因となることがよくありますが、
インスリン抵抗性や糖尿病も引き起こします。
私は個人的に多くの患者が糖尿病を発症し、
水で損傷した建物からカビにさらされた後突然体重が
増加するのを見ました。
彼らは非常に病気になり、残念なことに最終的に
それらを悪化させる薬のリストになってしまいます。

線維筋痛症、慢性疲労症候群および突然の体重増加、
体重減少抵抗性ならびに糖尿病のような多くの症状は全て、
カビからの生物毒性疾患に関連する一般的な症状である。
あなたがその個人を家の外に出なければ、
あなたは彼らを元気にすることは決してないでしょう。
聖書のレビ記14章で、神は言います、
そして私は言い換えます…あなたがあなたの家で
カビが成長するのを見るならこれをしてください…
カビが再び現れたら家とその中身をすべて取り除きます。
これはまさに今日行われていることです。

あなたが正しく家を修理することができないならば、
それも汚染されているのでそれから出て、
あなたとあなたのものを持ってこないでください。
これは抜本的な対策のように思えるかもしれませんが、
これがこれらの患者が回復する唯一の方法です。
あなたがそのソースを削除しなければ、
あなたは元気になることは決してないでしょう。

ATPは細胞のガソリンと見なされ、デトックスを含む
ALL機能のためのエネルギーです。
細胞エネルギーの増加は、最も困難な場合の
プロトコルの最初のステップとなることがよくあります。
エネルギーを回復しなければ、他の治療法は機能を
動かすのに十分なエネルギーがないため機能しません。

細胞のエネルギーが低ければ低いほど、炎症が増える。
はい、あなたはただ朝起きることや一日を過ごすのに
十分なエネルギーが欲しくないことを望みませんが、
あなたはまた脳の霧を経験し一般的な痛みを増すでしょう。
細胞代謝の欠陥(エネルギーの生産)は糖尿病患者にとって
根本的な問題であり、それでも開業医はこの基本的な
細胞機能に対処していないので、
それは糖尿病における重要なステップである。

実際、ストレスはメチル基が枯渇する一番の方法です。
覚えておいて、あなたの体はストレスの違いを知らない
:身体的、化学的または感情的かどうか。
その反応は同じで、ストレスに適応するための
メチル基の使用も同じです。
はい、あなたの心配のすべてはあなたに貴重な
メチル基を犠牲にしてあなたのDNAを危険にさらすことです。

有毒なパーソナルケア製品、銀アマルガムの詰め物、
非有機食品、穀物を使った食肉、水道水、予防接種
などからのあなたの化学物質への暴露はどうですか?
リストは続きます。

これらのストレッサーを(感情的および化学的に)一緒に
加えれば、メチル枯渇が糖尿病を含むホルモン問題の
急増を引き起こしている こと、そして我々が原因不明の
疾患と呼んでいることは不思議ではありません。
慢性的な不安や鬱病でさえ
メチル枯渇につながる可能性があります。

メチル基はストレス反応を有効にするために
必要ですが、無効にするためにも必要です。
何人かの人々はそれらが単にストレス反応を止めるのに
十分に持っていなくて、そしてコルチゾールと
アドレナリンの浮き沈みで高められたストレス反応に
残されるほど多くのストレッサーのために
枯渇するようになります。
これらの患者は不安を持つだけでなく、睡眠障害、
そして最終的にはうつ病をも持ちます。
これは私の長年の現実でした。

======



全ての病気の原因は酸素不足・電子不足・ATP不足
http://16296315.at.webry.info/201705/article_5.html

補足

【超簡単】ATPの構造や働きをわかりやすく解説してみた!

https://aji3.com/structure-and-function-of-atp/


酸素不足は・・・
生命力の低下と免疫力の弱体化を意味します。
つまり、命の炎を消すに等しいとご理解下さい。

酸素不足は絶対にまずい!
  本当にヤバイ!


なので、緊急にしなければいけないことは、
無理やりにでも、身体に酸素を送ることです。

======


海外記事
「砂糖は糖尿病を引き起こさない」
https://translate.googleusercontent.com/translate_c?depth=1&hl=ja&prev=search&rurl=translate.google.co.jp&sl=en&sp=nmt4&u=https://medium.com/thrive-global/sugar-does-not-cause-diabetes-did-the-film-what-the-health-get-it-right-3ef441045c01&xid=17259,15700021,15700186,15700191,15700256,15700259&usg=ALkJrhgbWap5zBeI0C9MCxXtoalpax3Dxg

1)1 型糖尿病は糖によるものではありません 。
1型糖尿病は膵臓のインスリン産生細胞の破壊をもたらす
自己免疫疾患と考えられているので、
これはすべてに同意しています。
しかし、1型糖尿病患者は筋肉や肝臓のインスリン抵抗性(IR)を
発症して回復させることができるため、
IRの起源を理解することが重要です。

======







【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第16期メ-ルマガジン
( 今年8月から今年10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ130号 
白血球もミトコンドリアも
活性酸素でガン細胞をやっつける!!!

★メルマガ129号
~ 膵臓ガンからの生還 ~

★メルマガ128号 
乳ガンにおける日本最高の医学論文!!!

★メルマガ127号 
人類滅亡レベル「人類最大の脅威」~
史上最強の耐性真菌カンジダ・アウリス

★メルマガ126号 
C型肝炎ウィルスの進化を止めれば
肝硬変や肝臓ガンにはならない!

★メルマガ125号
世界で始めてC型肝炎ウィルスの
起源を解明したかもしれない。


進行中 ↑
------------------------------------------



第15期メ-ルマガジン
( 今年5月から今年7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ124号
神様は何故26年と3ヶ月の命しか
彼女に与えなかったのだろうか・・・

★メルマガ123号 
預金封鎖に対抗し、円に代えて
最も信用出来る海外の通貨とは!?

★メルマガ122号 
エイズの本当の真犯人?

★メルマガ121号 
6京円デリバティブ破綻で始まる世界恐慌は
リーマンショックの10倍の危機‼

★メルマガ120号
ワクチンもブドウ糖点滴もガン3大療法も
人口削減計画の一環であると
公文書に明記されている!

★メルマガ119号 
〜 ある一人の女性の死を見つめて 〜

★メルマガ118号 
糖尿病への本当の答え!!!

★メルマガ117号
「春ウコン」があらゆるガンや
難病に効果があるという話は本当か!?

★メルマガ116号 
政府が「南海トラフ」地震に関して
大手企業に極秘文書! ~ by. CIA

【 臨時版 】
日本人の土地財産を組織的に奪い取る闇の巨大組織



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ115号 
5.11 〜 危機と株価の動向!?

★メルマガ114号 
堀ちえみさんの舌癌と咽頭口頭ガン

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリーキーガット症候群!