新札1万円札の渋沢栄一
   ~ 偉人伝 ~







韓国最初の紙幣の顔は渋沢栄一
https://www.fnn.jp/posts/00044638HDK/201904092000_WatanabeYasuhiro_HDK

日清戦争後の三国干渉などで朝鮮半島での
ロシアの影響力が強まると状況が変わり、
貨幣制度の改変のため、日本の貨幣の流通量は
大幅に減ったという。
そこで第一銀行は、大韓帝国の許可無しに
「無記名式一覧払い約束手形」を発行した。

この約束手形は、実質的な紙幣として朝鮮半島で流通し、
大韓帝国は1905年に正式な紙幣として
承認せざるを得なかったという。
その紙幣に、頭取である渋沢栄一の肖像画が描かれていたのだ。





「日本の資本主義の父」渋沢栄一

江戸時代末期に武蔵国(現在の埼玉県)の
富裕な農家に生まれる。
一橋慶喜(後の江戸幕府15代将軍・徳川慶喜)に仕え、
幕臣としてパリ万国博に派遣される。
明治維新後は民部省に勤めて貨幣や銀行の制度の
調査立案を手がけた。
退官したのち、第一国立銀行(現みずほ銀行)、
王子製紙、東京海上保険(現東京海上日動火災保険)を
はじめ約500社の設立にかかわり、
「日本の資本主義の父」と呼ばれる。

============


管理人

日本の資本主義の父といわれる渋沢栄一氏は
日本赤十字社の設立などに深く関わり、
日本の近代化に多大な貢献をした。





赤十字というのは、スイス国旗の白の部分を
赤にしただけのものである。
つまり、赤十字はスイスの裏の顔を表している。

スイスの裏の本当の顔とは・・・
国際金融資本である。

何故、スイスは永世中立国家で、
世界の資本家が金を預けるかわかりますか?

何故、国際決済銀行BIS、基軸通貨を司る
中央銀行の本部があるかわかりますか?

アメリカの政府の組織であるCIAの本部が
何故、スイスにあるか、解りますか?

スイスは、世界金融資本の総本山であり
世界の中心なのです。



ヒットラーはヨーロッパだけに止まらず
遠くソ連まで侵略しながら
何故、スイスのみ侵略しなかったのか ?

スイスが実質的に世界の中心であり
世界金融資本の総本山だったからです。
所詮~ヒットラーも世界金融資本の
操り人形に過ぎなかった。

ヒットラーは、ロスチャイルド一族の1人の
愛人の隠し子であると書かれています。
つまり、ユダヤ人を弾圧して血祭りにあげていた
ヒットラー本人が、実はユダヤ人だったのです。


渋沢栄一は、国際金融資本の代理人だった。
国際金融資本による日本国の
通貨発行権の支配 を確かなものにする為に
選ばれた人物であったのである。
それが渋沢栄一の第一の任務であった。

第二の任務は・・・
日本の近代化を大急ぎで進めること。
国際金融資本の後ろ盾があったので
約500社もの会社の設立に
関わることが出来たのである。

その目的とは・・・
日清戦争と日露戦争を起こす為に
是非とも、急速な近代化と強力な軍事力を
何としても整える必要があったからである。

渋沢栄一は、全て国際金融資本の指示通りに
代理人として忠実に動いた。
日本が大日本帝国として、急速に軍事国家として
歩み始めたのは、他でもない・・・
国際金融資本の連中が、最新技術を供与し
資金も提供したからである。


1946年に預金封鎖をした大蔵大臣は、
渋沢栄一の孫にあたる渋沢敬三であった。

https://kaigai-shin.net/archives/12511





天皇はなぜ負けると分かっていた
日米開戦を決断したのか?
歴史の事実を知らなければ・・

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=311582

①天皇はなぜ負けると分かっていた日米開戦を決断したのか?

彼(天皇ヒロヒト)はユダヤ(金貸し)から脅されて、
戦争を仕掛けなければお前がスイスの銀行に隠している
資産をすべて奪うぞと言われたのだ。
だから大東亜戦争を仕掛ければ戦後に一定の資産は
確保してやると言われたのである。

ヒロヒトは日米戦の始まる1年前に、側近の木戸幸一
(候爵 内大臣)に今後10年のことを語っており
『木戸日記』に記されている。

まもなく世界大戦が始まる。
その戦争で勝者になるのはアメリカとソ連だ、
ドイツも日本もやられて敗戦する。
しかし10年後には日本は復活する、と。
10年後とはサンフランシスコ講和条約の年であった。

②天皇は大打撃を受けるまでなぜ降伏しなかったのか?

アメリカは戦争遂行のために日本に石油を売ったからである。
アメリカはパナマ国籍のタンカーなら太平洋の通行を許可する
とし、裏から石油を日本に提供した。
これを仕切ったのが三菱であるが、日本水産という
ダミー会社を使って石油を運搬させた。

当時、石油は陸軍に1年分、海軍に1年半分しかないと言われた。
なのに実際には戦争は4年近く続いた謎を、史家たちは解かない。

③天皇家の蓄財は何故出来たのか
 又その蓄財はどの様に海外に移したのか?

============


管理人

天皇は、国際金融資本の代理人と言われても
仕方の無い存在であった。
ヒットラーも同じである。

戦争をおっ始め・・・
国際金融資本を大いに儲けさせた。
同時に、世界の人口削減に大成功を収めた。
世界で数千万人以上の尊い命が失われたのである。

更に、共産主義を創作したのも国際金融資本です。
ロシア共産党も中国共産党も国際金融資本の連中に
よってお金と武器を支援されて成功した。

この構図は、明治維新の時と全く同じです。


1 ロスチャイルドと共産主義 
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=170200

2 ロスチャイルドと共産主義
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=170256


共産主義そのものが、イルミナティの総本山で
あるところのロスチャイルドが、マルクスや
エンゲルスに資金提供して創らせたものです。

そして、資本主義と共産主義が対峙し、長らく
戦争~代理戦争と冷戦が続いたのである。
しかし、資本主義も共産主義も・・・
裏で糸を引いていたのは国際金融資本だった。


巨大国際金融資本がロシア革命を支援
https://blog.goo.ne.jp/khosogoo_2005/e/c3e307d2328ac4572db7ad229854e3a5


日本は、国力に全然見合わない全く無謀の戦争を
満州に東南アジアにハワイへと拡大していった。
始めから、負ける為の戦争が目的であった。
あまりにも馬鹿げた戦争であったにも関わらず
誰も真相を語ろうとしない。

明治維新の時から、日本はもう実質・・・
国際金融資本の植民地だったのである。

ヒットラーも同じである。
ヨーロッパ全土に戦線を拡大しただけではなく、
無謀にも遠くソ連にまで侵攻していった。
ドイツ軍の動きは、国際金融資本からソ連に
逐一、伝えられていた。
そして、当然のごとく大敗北させられた。
日本と同じ、始めから負ける為の戦争だったのである。

それが、国際金融資本のシナリオだった。


続き ↓

終戦直前の8月、ヒロヒトの皇后良子の名で
スイスの赤十字国際委員会に1000万スイスフランの
寄付が行なわれた。
2001年の評価額で約33億円になると
鬼塚氏は推定している。

これは皇室がスイス赤十字となんらかの秘密取引を
したとしか考えられない。
寄付金を赤十字に入れることで、
その数十倍ないし数百倍の秘密預金を、
スイス国立銀行の秘密口座に入れたと鬼塚氏は推理する。
連合国はこの寄付と秘密口座をストップさせようとしたが、
結局赤十字は応じ、連合国も承諾した。
それが1949年のことである。

============



管理人

令和・・018 になって、
1946年に預金封鎖をした大蔵大臣~渋沢敬三の
おじいさん~渋沢栄一 が新札1万円札の顔となった。
これを何故、皆さん話題にしないのか?

これを偶然であると思わないほうがいいです。
新札の顔を決めたのは、安倍総理や麻生ではない。
彼らにそこまでの力はない。
彼らは、単なる下っ端の代理人に過ぎないのです。
決めたのは、無論、国際金融資本の連中。

モルガン銀行東京支店長などを務めて
参院議員にも当選した 藤巻健史 氏は
以下のように危惧しています。
https://dot.asahi.com/wa/2019041600036.html?page=2

このコラムを読まれている方はご存じかと思うが、
ここまで事態を放置してしまった以上、
日銀や円の信用失墜は必至だと私は思っている。

その対処法は
「新券発行&預金封鎖」
 か
「日銀廃止&新中央銀行創設」 
だろう。

ただ新券発行といっても、1946年のときでも
印刷が間に合わず当初は証紙を貼ってしのいだとされる。
当時と違い、今の情報化社会では新紙幣を秘密裏に
刷るのは不可能なので、どうするのだろうと思っていた。
そこでこのニュースの出現だ。
そうか、この手があったのか。

前回は刷新する2年前の発表だったのに今回は5年も前。
いつ危機が来ても十分な新券はそろう。
麻生太郎財務相は、前回、発表から刷新まで時間が
短かったことについて、「あのときは偽造紙幣が
けっこう増えていたので急がなければならなかった」
と説明しているが……。

紙幣刷新への不安を感じるのは私だけだろうか? 
勘ぐりすぎだったと将来言えることを、切に願う。

※週刊朝日  2019年4月26日号

============


★メルマガ123号 
預金封鎖に対抗し、円に代えて
最も信用出来る海外の通貨とは!?








【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com


第15期メ-ルマガジン
( 今年5月から今年7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ123号 
預金封鎖に対抗し、円に代えて
最も信用出来る海外の通貨とは!?

★メルマガ122号 
エイズの本当の真犯人?

★メルマガ121号 
6京円デリバティブ破綻で始まる世界恐慌は
リーマンショックの10倍の危機‼

★メルマガ120号
ワクチンもブドウ糖点滴もガン3大療法も
人口削減計画の一環であると
公文書に明記されている!

★メルマガ119号 
〜 ある一人の女性の死を見つめて 〜

★メルマガ118号 
糖尿病への本当の答え!!!

★メルマガ117号
「春ウコン」があらゆるガンや
難病に効果があるという話は本当か!?

★メルマガ116号 
政府が「南海トラフ」地震に関して
大手企業に極秘文書! ~ by. CIA

【 臨時版 】
日本人の土地財産を組織的に奪い取る闇の巨大組織



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ115号 
5.11 〜 危機と株価の動向!?

★メルマガ114号 
堀ちえみさんの舌癌と咽頭口頭ガン

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリーキーガット症候群!