子供が幼少時の時と高校生の時に
何度もワクチンを打たせてしまいました。







インフルエンザワクチンは打ってはいけない
http://www.thinker-japan.com/dontvaccinatedkouhan.html


WHO内部書類#47メモの他、WHOが72キロ分の
鳥インフルエンザウイルスを偽装ラベルを貼って、
バクスター社に郵送していたことなど数多くの証拠を
手にしたオーストリア在住の医療ジャーナリストの
ジェーン・ブーゲンマイスター女史が、
国連・WHO・オバマ米大統領を相手取って、
バイオテロ容疑で告訴しました。

またジェーン女史は、弱毒の新型ウイルスが拡散する前に
WHOが、パンデミックの最高レベル6を早期宣言したのも、
2005年の世界保健規則における改定により手に入れた、
レベル6宣言下においてWHOが世界各国にワクチンの
強制接種を含む感染症対策を強制する権利を施行する
目的のためであったと発言しています。

彼女は、告訴直後に職場を解雇され、
現在は自分のホームページ「THE FLU CASE」を
運営し、この事件の真相を世界に伝える活動をしています。






また、リビアの国家元首・カダフィ大佐も今年9月の国連演説で、
「新型インフルエンザウイルスが軍事目的の生物兵器である」
と先進国を非難したのは、記憶に新しいことです。
これを聞いた先進国各国の首脳は、まるであきれたように
途中退席しましたが、知られたくない情報が、
国連で発言されることは思いもよらなかったのかもしれません。
日本のニュースも、まるでカダフィ大佐が、根拠のない
おかしなことを突然言い出した「変な人」のように
取り上げている風潮があったように見受けられますが、
カダフィ大佐は、リビアの国家元首を40年に渡り務め、
今ではアフリカ連合の議長を務めている人物です。

======



ワクチンの接種率・・・世界一

ワクチンの中に、
白血病やガンのウィルスを入れないで下さい!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12129660495.html

SARS(重症急性呼吸器症候群)とは、
アジア人の遺伝子だけに感染するものとして研究開発された。

鳥インフルエンザ・豚インフルエンザは、
人口削減と天文学的利益が目的で研究室から生まれた。
エボラもテング熱もそうですね。


エボラ出血熱パンデミック拡散中!
~あなたが今直ぐに知るべき事のまとめ

http://ameblo.jp/64152966/entry-11905171289.html

~より、一部引用

The London Times – “Smallpox Vaccine ‘Triggered AIDS Virus.’” 
ロンドン・タイムズ 
「天然痘ワクチンはエイズウィルスを誘引する」



The London Times – May 11, 1987




On May 11, 1987, The London Times,
one of the world’s most respected newspapers,
published an explosive article entitled,
“Smallpox vaccine triggered AIDS virus.”

1987年5月11日に、世界的の評価の高い新聞の中に一紙、
ロンドン・タイムズは、「天然痘ワクチンはエイズウィルスを引き起こした」
と題する爆発性の記事を公表しました、
http://thetruthwillrise.wordpress.com/the-london-times-%E2%80%9Csmallpox-vaccine-%E2%80%98triggered-aids-virus-%E2%80%99%E2%80%9D/


このアフリカでの天然痘ワクチン接種は、
世界保健機構(WHO)が主催した天然痘根絶プログラムでしたね。

このワクチンの中にエイズウイルスを混入し、
アフリカの人々をエイズに感染させましたね。



<引用終わり>
*****************************



メルマガ読者の方よりのご相談

wantonさま おはようございます。

何も知らなかった私は 幼少時のワクチン、

高校卒業の頃のはしかのワクチン(2期?)を

10年程前に子供たちに接種させてしまいました…

何か対処法があるのでしょうか?


======


管理人

恐らく、このような不安をお持ちの方は
かなりたくさんおられると思います。
大体、ワクチンを接種した経験のある人は
数百万人どころではないでしょう。

まさに、時限爆弾を抱えて不安な日々を
過ごす事になる訳です。
尤も、ある時に気づいて覚醒し始めた親たちだけ
という注釈がつきますが・・・。

圧倒的大多数の親や子供たちは、今も何の問題意識も
持たずに、普通に暮らしている事と思います。
もし万一・・・ある時、原因不明の病魔に襲われても
ワクチンとの因果関係など頭にも浮かばないでしょう。

「 よりによって何故、この私が・・・」
何も知らないと、こんな風になるのでしょうね。
何も知らないと、悲劇が待ち受ける可能性があります。

さて、ではどうすれば良いのか・・・
といった話になる訳ですが、
ここではあまり書けません。
ある意味、医療行為に該当するとみられて
医師法やら薬事法に抵触する恐れがあり、
なかなか難しい一面があります。

無論、相談者のご本人にはある程度の事は
お伝えしましたが、そもそも・・・
今まで何度も警告やら記事の削除をされていますので、
ブログ閉鎖から退会といった最悪の事態だけは
何としても避けなければいけません。

ブログだけではありません。
5月11日以降・・・
「 メルマガが届きません 」・・といった通報が
70通前後も来ています。
また、私のメルマガサイトに到っては、一度に、
100近くも妨害メールが舞いこんで来ました。
全て、英語や外国語の訳の分からないものばかりです。

ここ一連の流れをみますと
511の本当の危機は決して終わってはいない
のではないかと強く感じさせられました。
ただ、2019年の511に起きなかった
というだけです。
深く静かに、その危機は進行していると
考えるべきだと私は思わずにはおれません。

アメーバブログでは、特に、人工地震や不正選挙を
大きく取り上げていたある著名なサイトが
つい最近、閉鎖~退会になってしまいました。
私はまだ運が良かったです。



慟哭の詩~破れし者へ by.孫崎 享
https://ameblo.jp/64152966/entry-10856134420.html

日本社会のどの分野であれ:
「立ち上がろうとする者が出ればこれに被害を
与えるシステム」だけは完璧に、見事に、機能している。
特に最近は酷い。

個々の政治家が敗れ、
個々のジャーナリストが破れ、
個々の公務員が敗れている。
持ち場から追われている。

今後も敗れていくだろう。

======







お知らせ

5月31日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ118号 
糖尿病への本当の答え!!!

届いていない読者の方は私までご連絡下さい。



【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com


第15期メ-ルマガジン
( 今年5月から今年7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ117号
「春ウコン」があらゆるガンや
難病に効果があるという話は本当か!?

★メルマガ116号 
政府が「南海トラフ」地震に関して
大手企業に極秘文書! ~ by. CIA

【 臨時版 】
日本人の土地財産を組織的に奪い取る闇の巨大組織



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ115号 
5.11 〜 危機と株価の動向!?

★メルマガ114号 
堀ちえみさんの舌癌と咽頭口頭ガン

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群! 





青春の輝き (カーペンターズ)