”余命3ヶ月”全身ガン男性が
「犬の駆虫薬(フェンベンダゾール)」
で完治!?









がんが全身に転移…
余命3カ月の男性が犬の駆虫薬で完治?

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-00000011-nkgendai-life

ホント? なんて声が聞こえてきそうだ。

全身にがんが転移し、「余命3カ月」と宣告された米国の男性が、
犬の駆虫薬を飲むことで完全回復したというニュースが
世界中の注目を集めている。

英紙「サン」(4月27日付電子版)などによると、
この男性はオクラホマ州エドモンドに住む
ジョー・ティッペンズさん(写真)。

2016年に小細胞肺がん(SCLC)と診断されて
治療を始めたが、17年1月には、がんは胃、首、脾臓、
骨など全身に転移し、手の施しようのない状態になった。

医者からは「ここまで転移しては回復の見込みは約1%です。
余命は3カ月ほど」と宣告された。

ジョーさんは「余命を1年まで伸ばせるかもしれない」
という実験療法に参加すると同時に、何か奇跡を起こす
別の方法はないものか、とあれこれ調べていた。

ある日、母校オクラホマ州立大学のフォーラムを
チェックしていたら、
「あなたが、もしくは知り合いががんにかかっているなら、
連絡してみて」という投稿が目に入った。

連絡を取ってみると、驚いたことに投稿者は獣医だった。
獣医はジョーさんに、次のように説明した。

「偶然、犬の駆虫薬として使われるフェンベンダゾールが、
マウスのがん細胞を攻撃した可能性があることが
発見されたんです。
それでステージ4の脳腫瘍の患者にフェンベンダゾールを
処方したところ、6週間も経たないうちに腫瘍が
消えてしまったのです」

この話を聞いたジョーさんは実験療法を続けるとともに、
フェンベンダゾールをネットで購入、服用し始めた。
価格は1週間分でたったの5ドル(約560円)。

そして3カ月後、実験療法を受けている病院で、
PET(放射断層撮影法)スキャンを受けたところ、
がんがきれいに消滅していたというのだ。

「3カ月前……がんは頭からつま先まで、
体中に転移していました。恐ろしい転移で、
3カ月以内に100%死ぬという状態でした。
ところが3カ月後、PETスキャンには
何も映っていなかった。
どこにもがんはありませんでした」

ジョーさんは実験治療、フェンベンダゾールの他に
ビタミンEのサプリ、
大麻から抽出されるカンナビジオール(CBD)、
香辛料のウコンの有効成分であるクルクミンなどを摂取していた。

しかし実験療法を受けた約1100人のうち、
がんが完治したのはジョーさんのみ。
フェンベンダゾールが劇的に効いたとしか考えられなかった。

ジョーさんはその経緯を、公式ウェブサイト
「Get Busy Living(必死で生きる)」
で発表した。

「がん患者に誤った希望を与える」との批判も受けたが、
ジョーさんは次のように語った。

「医学的治療に関するアドバイスをする資格はありません。
でもできるだけ多くの人々に体験談を語る資格はあるはずです」

一方、フェンベンダゾールによってがんが治ったという
ケースが、ジョーさん以外に40件以上あることも判明。

ジョーさんの話を知ったオクラホマ医療研究基金が
フェンベンダゾールのがん治療の性質に関する研究を
始めているという。

<引用終わり>
============


この関連の記事では、
黄金の金玉を知らないか?~さんが
一番うまくまとめておられるので
リンクして貼っておきますね。

犬の駆虫薬で末期癌が完治?!
ガンの原因はやはりカンジタ(真菌)か

https://golden-tamatama.com/blog-entry-2019-05-06.html


管理人

今回の犬の駆虫薬で末期癌が完治~の件で
私なりに特に重要と感じた部分を
抜粋しておきます。

ジョーさんは実験治療、フェンベンダゾールの他に
ビタミンEのサプリ、
大麻から抽出されるカンナビジオール(CBD)、
香辛料のウコンの有効成分であるクルクミンなどを摂取していた。


フェンベンダゾールとウコンの有効成分が
うまくマッチングして成功したのだと思います。
つまり、フェンベンダゾールだけが重要なのでは
ないと私は考えています。

そういった意味では、ジョーさんは
本当にラッキーだったという事になります。

いつも私はメルマガに書いているのですが、
たった一つのものに頼っては危険だという事です。
フェンベンダゾールの一つだけに頼っては
うまくいかない可能性があると思っています。
ガン細胞は、たった一つのものに対しては
実に巧妙に対処~適応してきます。
決して、そんなにあまいものではありません。

ステージ4の転移癌を全て消滅させた
「春ウコン」とカンジダの深い因果関係!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12345397132.html



2017.02.10
がん、高治癒率の民間療法から見えてきた
  「真菌」との深い関係性

https://biz-journal.jp/2017/02/post_17981.html

偶然、抗真菌薬が
ガンに効くことが発見された事例もある


とはいえ、真菌対策ががん治療につながることを
発見した人々はたくさんいる。 
1999年、ドイツの医学博士マイノルフ・カルトハウス教授は、
白血病の3人の子供たちが二次的な真菌感染に対して
3倍の抗真菌薬を摂取した後、
予期せず完全寛解に至ったのを観察した。
2006年、彼の研究チームは抗真菌薬治療のあとに
白血病が消失した事例をさらに6件出版報告した。 

ちなみに、報告された6件において、
慢性播種性カンジダ症(CDC)に対して
抗真菌薬治療が始まると、患者たちは白血病薬に対して
ひどく反応したため、白血病治療は止められた。

急性白血病の5年後生存率が大人で25-26%、
子供で90%であったのに対して、
驚くべきことに、
カンジダ治療での生存率(治癒率)は100%だった。
彼の報告では2人の子供と4人の大人を取り上げていたため、
その数字は極めて高かったことになる

(シンプルな真菌感染を白血病と誤診されるケースも
あるが、抗真菌薬の効果は無視できない)。

偶然、抗真菌薬ががんに効くことが
発見された事例もある。
たとえば、大きな腫瘍を抱えた胃がん患者が、
安息香酸を大量に摂取したところ、
数カ月で腫瘍が消えたケースがある。
安息香酸は、食品の保存料として使われ、
諸説あるものの、バクテリアには効かないが、
防カビ剤には利用できるといわれている。

また、海外ではその危険性ゆえに法的に規制されて
いるケースもあるが、二酸化塩素の殺菌力を利用した
MMSという民間療法がある。
当初、マラリア患者が、亜塩素酸ナトリウムを含んだ、
高山病や疲労回復用の液化酸素を吸ったところ、
奇跡的に回復したことでその抗マラリア性が
発見されたものである。

だが、のちに研究が進められると、
塩素系でも二酸化塩素がより優れており、
マラリアだけでなく、がんにも効くとして
注目されるようになった。
もちろん、その背景には二酸化塩素のもつ殺菌力がある。

実は、対がん民間療法においては、過去数十年に及んで、
真菌に対して有効な殺菌剤が治療効果を上げてきた。
たとえば、殺菌力の高いヨウ素を利用したヨウ素療法、
同じくホウ砂やホウ酸を利用したホウ素療法、そして、
真菌の大敵であるアルカリ環境を導くための
セシウム療法なども海外では普及してきた。

がんは真菌の増殖と深くかかわっている。
現段階では、カンジダ・アルビカンスを
単独の病原菌とみなすのではなく、
ほかの要素も複合的にかかわっていると
みなしたほうが良さそうである。

がんと真菌との関係性を研究して注目されてきた
ミルトン・ホワイト医師は、自身が調査した
どのがん組織の中にも真菌の胞子を発見し、
がんとは「慢性的な細胞内伝染性の生物学的に
誘発された胞子(真菌)変容病」であり、
具体的には、「真菌の子嚢菌門に由来する
分生子(無性胞子)」であるとしている。

<引用終わり>
============


管理人

皆さん、実は・・・
自己免疫疾患と悪性ガンは
非常に深い関係があります。

長きに渡ってメルマガを購読している人は、
およそ~この二つをよく理解していると思います。
つまり、その機序~仕組みを大体において
理解していただいているのではないでしょうか。

人の細胞が、細菌やカビ菌に攻撃を受けて
細胞のミトコンドリアとカビ菌が
全面戦争を始めます。
その時に、細胞の内外で炎症が発生します。
これによって出てくる症状が、
自己免疫疾患~と呼ばれているものです。

最悪、人の細胞が、細菌やカビ菌に
占領されてしまったら・・・
悪性ガン になってしまいます。
つまり、遺伝子レベルで支配されて
人の細胞が、ウィルスやカビ菌のコロニーと
化してしまうのです。
染色体異常なんて、まさにそれでしょう。

普通、人はガンにはなりません。
何故、ガンになるかというと
細胞をしっかり護っているヒアルロン酸が
細菌などによって分解されてしまうからです。

つまり・・・
細胞は、無数の外敵の来襲を受けることになる訳です。
ヒアルロン酸の分解過程で炎症も起こりますが
その炎症によって、更に、体内のヒアルロン酸分解酵素
=ヒアルロニダーゼが活性化するのです。




決してガンにならない動物の秘密!?
https://ameblo.jp/64152966/entry-12310372895.html

以上の記事は大変重要です。
一度は必ず目を通してください。
更に、専門的に知りたい人は
以下のメルマガをご覧下さい。


★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

======

http://supervisor-ex.com/bkn47379/toku1812/

掲示板パスワード gemp 半角英数

======


管理人

最後に・・・
現代医学においては、カビ菌とガンの因果関係が
全く無視されたままです。
医学部でも教科にさえない有様です。
大半のお医者さんが、カンジダを増殖させて
引き起こされる→ リーキーガット症候群さえ
知らないのが実情です。

小腸から毎日のようにカビ菌やウィルスが
血管から血液に入っていくというのに・・・
白血病の中で、リーキーガット症候群が
問題にもされていないという惨状。

ちなみに、
白血病の名前の由来は
赤い血が→白くなるからです。
白い色は・・まさに、カンジダの色です。
ほとんどのお医者さんに聞いてみて下さい。
白血病って、何で白くなるんですか???
もし、答えられるお医者さんであれば、
そのお医者さんは、稀にみる超~優秀なお医者さんです。


以下の画像は小腸の中のものです。
白いピーナッツ状のぶつぶつは、
カンジダのコロニーです。
これが、カンジダの色です。
リーキーガット症候群の主要な真犯人です。






【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第15期メ-ルマガジン
( 今年5月から今年7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ116号 
政府が「南海トラフ」地震に関して
大手企業に極秘文書! ~ by. CIA

【 臨時版 】
日本人の土地財産を組織的に奪い取る闇の巨大組織



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ115号 
5.11 〜 危機と株価の動向!?

★メルマガ114号 
堀ちえみさんの舌癌と咽頭口頭ガン

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!