岡村孝子さん ~ 急性白血病‼







お知らせ

希望の春 ~ メルマガ特別イベント
https://ameblo.jp/64152966/entry-12450915496.html

*イベント期間

3月31日 から・・・
新期購読者~77人に到達した時点で終了です。
(お申込みではなくお振込み者が優先順位となります。)
終了の際にはお知らせ致します。


管理人

今現在、52名の購読者がありました。
ここ最近、年間購読や2~3年購読が大変増えたのが
なかなか、77人に到達しない要因になっているようです。

そこで・・・、キリがないので
*イベント期間は、4月30日までで
終わりにすることに致しました。

*イベント内容は、記事の通りですが
それとは別に、「白血病大特集号」
ご希望の方には、3千円にて提供させていただきます。
白血病の真相が理解出来るはずです。

以上~お知らせまで
============


岡村孝子さんが患う
急性白血病はどんな病気か

https://toyokeizai.net/articles/-/278322

歌手の岡村孝子さん(57歳)が自身の公式サイトで
急性白血病と診断されたことを公表した。

私は血液内科を専門としてきた。
本稿は急性白血病について詳しく解説していくが、
岡村さんの病状について直接的に触れたり、
今後を予測したりするものではないことを
最初にお断りしておきたい。

白血病に早期診断という概念はない

有名人が白血病になると、周囲から質問を受ける。
多いのは「早く見つかったから治るかしら?」というものだ。
実はこの質問ほど回答しにくいものはない。
それは白血病については早期診断という概念がなく、
また同じ白血病でもタイプが細分化され、
タイプによって治療成績がまったく違うからだ。

同じ白血球の悪性腫瘍であっても、治癒が高率に期待できる
早期胃がんと、予後不良な癌の代表的な存在である
膵臓がんほど、さまざまなケースがある。

まずは早期発見だ。これは池江璃花子選手が白血病を
公表した際にも話題となった。
池江さんの白血病発覚について「早期発見」をポイントに
して報じたメディアは複数あった。
これは医学的には不適切だった。

白血病は血液の病気だ。
大きくは急性白血病と慢性白血病に分かれるが、
いずれも骨髄に存在する幼弱な血液細胞が
無制限に増殖することが原因だ。
早い段階から全身を循環する。
この状況は胃がんなど固形がんとは対称的だ。

固形がんは1カ所でがん細胞が生じ、
進行とともに全身に転移する。
がん細胞が原発病巣に留まっていれば、手術で摘出できるが、
そうでなければ抗がん剤や放射線治療をするしかない。
この場合、予後は不良となる。

国立がん研究センター中央病院の報告によれば、
胃がんのステージ1の場合、ほぼ100%が治癒するが、
遠隔転移を伴うステージ4の患者の5年生存率は約10%だ。
がん検診などで早期に発見し、早期に治療をしようと
勧めるのも合理的な判断だ。

ところが、白血病ではこのような概念はない。
白血病が進行すると、骨髄が白血病細胞によって占拠される
ために、赤血球・白血球・血小板などがつくれなくなる。
この結果、息切れや出血、さらに感染症が生じるが、
このような合併症があるからといって治癒しにくいわけではない。

白血病治療の予後を規定するのは、
骨髄性かリンパ性かという白血球のタイプ、
さらにそれぞれにおいて遺伝子や染色体の異常に基づく分類だ。
タイプによって治療法は異なる。

急性前骨髄性白血病(APL)というタイプの白血病がある。
この白血病は初発時に出血を生じやすく
突然死しやすいことが知られている。
脳など重要臓器に出血すれば突然死することもある。
2000年に亡くなった格闘家のアンディ・フグ選手はAPLだった。

かつてAPLは死の病だった。
大野竜三・愛知県がんセンター名誉総長は論文において
「APL患者が入院すると病室は血だらけとなり、
野戦病院さながらだった」と振り返っている。

状況を変えた治療法

この状況を変えたのは、1988年に中国の上海第二医科大学の
医師たちが活性型ビタミンAであるATRAを用いた治療を
開発したからだ。
ATRA単剤を23人の患者に投与したところ、22人が完全寛解
(骨髄中の幼弱な細胞が全細胞の5%以下になること。
白血病治療の成功の基準)となった。

その後、抗がん剤治療との併用が研究され、
現在はAPLの無再発生存率は60~80%と高率に治癒が
期待できるようになった。
医学研究が白血病患者の予後を劇的に改善した一例である。

ただ、APLのような白血病は例外的な存在だ。
いまでも成人の白血病の治癒率は高くはない。

成人の急性白血病は、8割を占める急性骨髄性白血症と
残り2割の急性リンパ性白血病に大別できる。
特定非営利活動法人「成人白血病治療共同研究支援機構(JALSG)」
によると、急性骨髄性白血病の長期生存率は40%、
急性リンパ性白血病は20%程度である。

いずれのタイプも治療では複数の抗がん剤を併用する。
副作用は強く、脱毛・嘔気・倦怠感は必発である。
池江選手がツイッターで
「思ってたより、数十倍、数百倍、数千倍しんどいです」
とツイートしたのは、このためだ。

抗がん剤は白血病細胞だけでなく、
正常な造血細胞も傷害するため、骨髄抑制を引き起こす。
白血球、赤血球、血小板を作ることができず、
赤血球や血小板の輸血、および感染症対策として
クリーンルームに入ることになる。
閉鎖的な空間に長期間にわたって「拘束」されるため、
心理的なストレスとなる。

白血病の治療が過酷なのは、治療が1回で終わらないことだ。
最初に行う抗がん剤治療は、白血病細胞の量を減らし、
完全寛解に導入することを目指す。
ただ、1回だけでは白血病細胞を撲滅することが
できないことがわかっているため、
強い抗がん剤治療を数回にわたり繰り返す。
急性リンパ性白血病の場合は、
飲み薬を持続的に服用することもある。
この結果、順調にいっても治療が終了するまでには
急性骨髄性白血病で半年から1年間、
急性リンパ性白血病で1~2年間程度はかかる。

遺伝子や染色体情報を加味して治療は個別化

さらに、近年は遺伝子や染色体情報を加味して、
治療は個別化されるようになった。

英国の医師たちが1998年に発表した多施設共同研究の
結果では、t(8;21)と表記される染色体異常を有する
急性骨髄性白血病患者の5年生存率は69%だったが、
5番染色体が欠損しているタイプの急性骨髄性白血病の
5年生存率はわずかに4%だった。

急性リンパ性白血病は、一般的に予後が不良だ。
特に年齢が高くなるほど、治療成績は悪くなる。
前出のJALSGが2002年に報告した研究では、
フィラデルフィア染色体という予後不良因子がない
急性リンパ性白血病患者の長期生存は30~49歳が32%だった
のに、55~64歳は26%にすぎなかった。

近年、チロシンキナーゼ阻害剤という新薬が開発され
状況は変わったが、フィラデルフィア染色体が陽性の
急性リンパ性白血病は、5番染色体欠損の急性骨髄性白血病と
同じく、長期予後は極めて不良だった。

このようなハイリスクタイプの場合には、
地固め療法が終了するのを待ち、
骨髄移植や末梢血幹細胞移植
(本稿では以下、まとめて骨髄移植と記す)を行うことが多い。
大量の抗がん剤や放射線を用いて、がん細胞を撲滅し、
HLAという白血球の血液型があったドナーから採取した
骨髄細胞を移植する治療である。
本稿で詳述は避けるが、骨髄移植の方法は多様化した。
ドナーソースとして骨髄バンクや臍帯血バンクも整備され、
また、前処置に用いる薬剤を工夫し、かつて50歳が上限と
されていた骨髄移植が60代でも可能になった。

初回の寛解で、そのまま骨髄移植を行った場合、
フィラデルフィア陽性の急性リンパ性白血病でも
50%程度の長期生存が報告されている。
抗がん剤や放射線の副作用、および移植に伴う免疫反応
(移植片対宿主病、GVHD)のため、20~30%程度が
合併症で命を落とす治療であるが、
骨髄移植は白血病患者にとって切り札ともいえる存在だ。
この治療を開発した米国のエドワード・ドナル・トーマス博士は
1990年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。

さらに、今年3月、25歳以下の再発あるいは難治性の
B細胞性急性リンパ性白血病に対して、
CAR-T細胞療法という免疫療法も承認された。
ノバルティスファーマが販売するキムリア®だ。

その効果は劇的で、同社が実施した国際共同治験では、
再発あるいは治療抵抗性の小児・若年成人の
急性リンパ性白血病患者50人に投与したところ、
41人で白血病細胞が消失した。

さらに、最近の研究でキムリア®の効果は
長続きしそうなこともわかってきた。
キムリア®投与後3カ月が経過した時点で、
ほとんどの患者が寛解を維持していたのだ。
キムリア®は投与から20カ月が経過しても、
患者体内で検出されたという報告もある。

アメリカで1回5000万円を超える治療費が
問題となっているが(日本は未定)、
白血病の治療を塗り替える画期的な治療法だ。
岡村さんは適応にならないが、池江さんにとっては、
これも切り札となりえる。

タイプによって治療法や予後はまったく異なる

以上、急性白血病治療の現状の一部をご紹介した。
かつて白血病は死の病だった。
1970年に公開された映画『ある愛の詩』では、
ヒロインのジェニーは白血病で亡くなる。
この映画から約50年が経過し、
白血病は治癒が期待できる疾患となった。
医学の進歩を象徴する存在といっていい。

この間、白血病は遺伝子・染色体情報に基づき細分化が進んだ。
治療法も細分化されつつある。
この結果、白血病の解説は実に難しくなった。
タイプによって治療法や予後はまったく異なるのに、
患者のプライバシーもあり、公表される情報は
限られているからだ。
メディア報道はどうしても中途半端なものになる。
誤解と噂が広まる素地をつくる。
白血病についての国民的な認識が深まることを願っている。


<引用終わり>
============


CAR-T細胞療法

https://www.novartis.co.jp/innovation/car-t


https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-04-24/PQFQSH6K50XS01

ノバルティスの「キムリア」のコストは
pALL向けで47万5000ドル(約5300万円)、
キムリアとギリアドの「イエスカルタ 」は
DLBCL向けで共に37万3000ドル。


管理人

記事の著者曰く ↓
白血病の治療を塗り替える画期的な治療法だ。

確かに画期的な治療法かもしれませんが、
約5300万円は、あまりにも高すぎます。
普通の患者さんには到底、無理です。

しかも、それでおとなしくなってくれる
ガン細胞とは到底思えません。
恐らく・・・時間の問題で、その仕組みを
潜り抜けるガン細胞が出現するでしょう。

そう、病原菌と抗生物質の「いたちごっこ」を
思い出せば分かりやすいと思います。
院内感染が深刻な問題になっているのは、
つまり、そういうことです。

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

<一部引用>

話を元に戻しますが、様々なウィルスや細菌、
カビ菌や酵母などには、それぞれに
固有の名前がついています。
しかし、これらの微生物の培養の時に、
例えば、ペーハーを変えたら全く別の微生物に
変化すると論文に書かれています。
一体・・・何になるの???

恐らく、条件はペーハーだけではないでしょう。
他にも色々な条件下で様々に変化する話は
世間に山のようにたくさんあります。
院内感染なんて、もろにそれでしょう。
耐性菌・・・とか。

究極の抗生物質として登場したバンコマイシン
でしたが、細菌がその組成である限り
必ず破壊されると謳われた万能薬でした。
しかし、病原菌がその細胞組織の組成そのものを
全て変えて生き延びたのです。

しかも、これらの微生物は様々なガン細胞から
培養してもほとんど検出不可能です。
本当に・・・一体どのように変化するのか、
是非とも知りたいものです。
これが、ガンの真相解明に最大の障壁となっています。

この研究を徹底的に進めたら・・・
ものすごい事が判明するはずです。
世界中が驚愕するに違いありません。
細菌学は根底から塗りかえられるでしょう。
これが、細菌学~世界最大の秘密です。

同時に、様々なガンや病気の真の原因も
明らかになるのではないでしょうか。
しかし、そういった研究をして来た
最先端の優秀な細菌学者さんたちは、
みな殺されました。
だから、調べてもなかなか出て来ないのです。

<引用終わり>
============


管理人

早い話、現在~世界最高峰の医学界というものは
世界の人口削減を強行に推し進めている
イルミナティがほぼ、完全支配しています。
この構図がある限り・・・
ガンの秘密や真犯人が明らかにされることは
全く期待出来ません。

ガンの解明とはまた別に・・・
世界の背景といったものを知らなければ
世の中を真に理解することは不可能です。
イルミナティさえも知らない人に何を言っても無駄です。
ガンの解明~以前の問題でしょう。


ガンの真の正体・ガンジダとその特効薬とは! 
https://ameblo.jp/64152966/entry-11122613473.html

毎年、世界中で約8百万人以上がガンで亡くなっている。
アメリカだけでも50万人以上に及んでおり、
2030年には世界中で1,200万人に上ると予想されている。
85歳以下の人々の死因で最も多いのがガンであり、
アメリカでは4人に1人がガンで亡くなっている。

「テロから一般大衆を守る」為に、私達の自由が
日ごとに奪われていく一方で、これらの人々全員が、
闇の輩達と製薬カルテルが治療する事を組織的に拒んでいる。
その疾患により、毎年多くの人々が苦しみ、亡くなっていく。

一緒になれば、治療法を見つけることが出来る。
一緒になら私達には出来る。
だが製薬会社が絡むとなると話は別だ。

「治療法」の探求に毎年莫大なお金が慈善事業を通して
集められているが、体制側にはそれを探求する意思は無い。

ロックフェラーが操る優生学 推進 組織、家族 計画 連盟
(Planned Parenthood)の代表リチャード・デイ博士が、
1969年にピッツバーグでの医師たちの会議で、
来たるべき国際社会の変革について
どう発言していたかを以下綴ろう。

個々の計画的変革が書かれた長いリストの詳細を
述べる前に、彼は集まった医師達に
「録音器具の電源を切り、メモを取らない様に」求めた。

だが、ある医師はメモを取り、
後にそこで話されていた事を公にした。

40年後の現在、私達は、デイ博士が如何に並外れて
正確だったかを確かめる事ができる。
1969年に彼が医師達へ話した以下の内容にある。

「ほぼ全てのガンは今すぐ治療可能だ。
それに関する情報はロックフェラー研究所内のファイルに
あるが、それが今後公開される可能性は薄い。」


人々をガンで死なせれば
人口増加に歯止めをかける事になるだろう

とデイ博士は語った。

「あなたは他の病気でよりも、ガンで死ぬ確率が高い」。
こういった人々に情は存在しない。
だからこんな事が出来るのである。

ガンの症状に対し、破壊的な薬、細胞や人体を殺す
化学療法の様な激薬によって処置する事で莫大な富を
得ている以上、大手製薬会社はそれを治療したいという
願望を持ってはいない。

だが、本来それはお金の為ですらない。

例の闇の輩は人口削減の方法として、
人々が必要以上に早く苦しんで死んで欲しいのだ。
そうした訳で、製薬大手陰謀グループの外部の誰かが
効果的なガンの処置法を発見すると、
医療体制派や政府機関にすぐさま目を付けられるのである。

― 中略 ―

ガンの発生を許しているのは弱体化された免疫系である。
免疫系が効率的に機能していれば、
免疫系は手に負えなくなる前に問題を処理する。
この場合は、カンジダを抑制する事である。

では、世界中でガン患者の数が急上昇しているので、
何が起こっているかを見渡してみよう。
人間の免疫系に対する計画的な戦争がそこにはあり、
10年ごとにますます騒々しくなってきている。

飲食物の添加物、化学農業、ワクチン接種、電磁気や
マイクロ波のテクノロジーや周波数、調合薬、
近代「生活」によるストレスによって、
私たちの免疫系は弱体化させられ、攻撃されている。

今日の子供達は、25種類のワクチン接種と
それらの混合物が与えられて、
いったい防御できるのだろうか!?
2歳になる前の、免疫系がまだ育っている
最中だというのに!! 何という事だ…。

これこそが例の闇の輩が人口を間引くやり方だ。
疾患に対する人体の自然免疫能を弱体化させる
という手段によってである。
いま、真の恐怖映画が目前にある。

何よりも早く免疫系を破壊するものは何だろうか?
化学療法、放射線もその一つである。
化学療法とは、細胞を殺す為に考案された激薬である。

― 中略 ―

「化学療法は、治癒するはずの人々を殺している。」

化学療法は、私達がもし治癒するとすれば
健康で丈夫である事が必要だが、
まさしくその組織そのものを破壊する激薬である。

<引用終わり>
============


管理人

皆さんにもう一度・・言います。
世間に流布されている情報はウソばかり。
真実は皆さんで見つけて下さい。
でなければ・・・
あなたや家族の人が死ぬことになります。

真実を知って下さい。
勇気をもって下さい。
決して・・・あきらめないで‼




夢をあきらめないで 岡村孝子





【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!