水泳の池江選手は何故❓
~ 白血病になったのか❓











池江璃花子選手・白血病、
「早期発見」報道への疑問点…
女子選手の定期的血液検査の重要性

https://biz-journal.jp/2019/02/post_26685.html

競泳女子の池江璃花子選手が12日、
白血病を患っていることを公表した。
来年の東京五輪では金メダルの有力候補と目されており、
日本水泳界のみならず海外にも衝撃を与えているが、
弱冠18歳の女性アスリートの勇気ある告白に、
各界から応援の声が上がっている。

白血病は「血液のがん」と呼ばれ、
難病というイメージが強いが、近年では若い世代で
白血病を発生した人のうち7割以上は治っているとされる。
また、JALSG(日本成人白血病治療共同研究グループ)の
HPによれば、日本における白血病発生率は2009年では
年間人口10万人当たり6.3人(男7.8人 、女4.9人)と
なっており、骨髄性白血病が喫煙と関連があるために
喫煙者の多い男性に多いという。

白血病という病気について、血液内科医で元東京大学
医科学研究所特任教授の特定非営利活動法人・
医療ガバナンス研究所理事長、上昌広氏に解説してもらった。


上昌広氏の解説

メディアでは、『「白血病」治療のカギは“早期発見”』、
『池江は現在入院中担当医師「早期の発見だった」』
などの報道が目につく。

厳密に言うと、これらは医学的には誤りだ。
白血病は血液の病気であり、血液は全身を循環する。
胃がんなど固形がんのように1カ所で病変が生じ、
全身に転移するものと違う。
早期発見や手遅れという概念はない。

白血病治療の予後を規定するのは、
遺伝子や染色体の異常に基づく分類だ。
早期診断か手遅れかという議論は、そもそもない。
池江選手に関して、遺伝子や染色体の異常についての
情報は公開されておらず、彼女の予後がどうなるか予断は許さない。

私が気になるのは、1月13日に都内で実施された競技会で、
自身の日本記録から4秒以上遅れたこと。
18日からのオーストラリア合宿で、練習中に激しく肩で
息をするなど異変が見られたといわれる点だ。
おそらく、この時期に白血病による貧血が進んでいたのだろう。
決して早期診断ではない。

白血病の恐ろしいのは、突然死することだ。
もっとも多いのは出血だ。特に脳出血は危険だ。
2000年に急性前骨髄球性白血病で亡くなった
アンディ・フグ選手がそうだったといわれている。

池江選手の場合、脳出血による突然死を防いだという点では
「早期診断」といえなくもない。
ただ、貧血が顕在化するくらいだから、
血小板も減っていたはずだ。
出血しなかったのは、単に幸運だった可能性が高い。

私が不思議なのは、池江選手のような一流の女性アスリートが
定期的に血液検査を受けていなかったと考えられることだ。
貧血は競技成績にダイレクトに影響する。
男女を問わず、筋肉量が多いアスリートは貧血になりやすく、
生理による出血がある女性はなおさらだ。
最近は定期的に血液検査を受けるアスリートも珍しくない。
精度は落ちるが、採血をしなくてもヘモグロビンの濃度が
測定できる「アストリム」などの非観血的測定装置もある。
選手やスタッフがやる気になれば、容易に実施できる。

もし、池江選手がヘモグロビン濃度をチェックしていれば、
1月の時点で本当の意味での早期診断ができていた可能性がある。
白血病はもっとも進行が速いがんだ。
数日の遅れが命取りとなる。
逆に数日診断を早めるだけで、
出血のリスクを相当減らすことができる。

多くの人が池江選手の一刻も早い競技復帰を願っているが、
医学的に一般的な事例と照らし合わせた場合、
東京五輪は難しいかもしれない。
焦らず完治させて、2024年の五輪を目指してほしい。

一方、スポーツ界は今回のことをきっかけに、
女性アスリートの健康問題、特に貧血問題に取り組んでもらいたい。
定期的な血液あるいはヘモグロビン検査の導入を検討してはどうだろう。
(文=上昌広/医療ガバナンス研究所理事長)

<引用終わり>
==================






【放射能大観】~大量の窒素酸化物を発生させ、
  社会環境や人体にカビが大繁殖する!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12070434932.html

空気中の放射線はオゾンや窒素酸化物を発生させる。
そして、この窒素酸化物により社会環境や人体の外部、
そして、体内にカビが大繁殖する事態に陥る。

カビの被害が増えている 放射線を好むカビが繁殖か
http://www.asyura2.com/15/genpatu43/msg/749.html

311後、東京で一番変わったのは飲食店の水がかび臭くなったこと。  

うわっ 電車の中カビ臭なにこれ

川崎も昨年から黒かび酷いです。
普通のカビというより墨汁みたいです。
何年も住んでますが、初めてです。

東京の城南地域の不動産屋の情報です。
賃貸のアパートやマンションのカビが凄いと
店子から頻繁に電話があるそうです。
去年はこんな事はなかったと。
いよいよ始まります。カビ地獄が。

家のエアコンからカビ臭半端ないわ…こんなの入れ替えちまおうぜ

「カビはまずい。カビと放射性物質はセットと思っていい。
家の中に生えるキノコと考えて対処を。
一旦生えたら相乗効果を発揮して、負のスパイラルに落ちていく。
胞子で飛んだら吸い込んでしまう。
窒素化合物の多い室内だとしたら日中に
施肥をしない植物を入れて改善を。 」


<引用終わり>
-------------------------------------



cmk2wl さんのツイ-トより
https://twitter.com/cmk2wl/status/533433586397888512

1. 窒素化合物と放射性物質とカビ、細菌。
空気の成分の約 80%は窒素。
工場や自動車、放射性物質で生成された窒素酸化物(NOx)は
酸性雨や光化学スモッグの原因にもなっている。
そして窒素は環境を循環する。

9. しかし窒素化合物が体内で常に飽和状態、又はヘモグロビンが
異常となり過剰に溜め込まれた場合にはどうなるか…。
タンパク質(窒素を含む)等が、窒素過剰な状態になれば、
細菌、カビなどの繁茂を体内で招くことになる。
つまり、人体が異常な窒素循環に巻き込まれる。


-------------------------------------



皆さん! 
シャワーは大変危険です。
今直ぐに止めましょう。

https://ameblo.jp/64152966/entry-12156711396.html


管理人

池江選手は、常日頃より本拠地の東京の温水プ-ルで
水泳の練習をされておられるのでしょう。
激しい練習のさなか、常に、水しぶきの超微粒子を
吸い込みシャワーと同じ効果を受けていると考えれば
その危険性は嫌がおうでも高まります。

つまり、塩素と放射能ですね。
それだけではありません。
温水プ-ルの水質です。
温水と放射能によってカビ菌が異様に増えている
可能性が高いと考えざるを得ません。

塩素
放射能
各種のカビ菌


こうして見ると、首都圏の水泳選手は
極めて白血病にかかりやすい環境にあると
申し上げてもよいと思います。

上の引用記事にもありましたが、白血病で怖いのは
脳出血による突然死であると血液内科医で
元東京大学医科学研究所特任教授の上昌広氏も
そのようにおっしゃっておられます。

私は当然だと思います。
カビ菌は、血管の血液の中で増殖して
血栓を作るからです。
毛細血管が特に詰まりやすいのは誰の目にも明らかです。
脳は毛細血管が網の目のように集中しています。
脳出血になりやすいのは誰にでも理解出来るでしょう。

そんな訳で・・・
首都圏や関東~東北の温水プ-ルで常時、
水泳の訓練をされている選手は、大変危険な
環境下にあると申し上げてもいいと思います。
水泳アスリ-トだけではありません。
学校の生徒にもその危険性は少なからずあり得ます。

大日本住友製薬の医療情報サイトを見てみると
白血病の中の記述に面白いものがあります。

以下 ↓

白血病患者の血液の中に・・・
カンジダなどのカビ菌が見つかると
極めて予後が悪い。

暗に、カビ菌との因果関係が示唆されています。
あくまでも示唆のレベルに止まっています。
何故なら、ガン・白血病・悪性リンパ腫の関連で
現代の医学界においては、カビ菌との因果関係は
完全に無視、或いは、タブ-となっているからです。

それだけではなく、白血病・悪性リンパ腫に
非常に関係が深いのは間違いない
リ-キ-ガット症候群さえもタブ-視されている
可能性がうかがえます。
だから、大半のお医者さんが知らないのではありませんか。
抗生物質や幾多のお薬が、このリ-キ-ガット症候群を
引き起こすので、知って欲しくないのは容易に理解出来ます。
お薬を処方出来なくなりますからね・・・。

池江選手も一度、小腸を精密検査されたほうが
いいと私は思います。
そこを治さないと、治療なんて到底無理ですから。

皆さんもご存じですね。
以下の画像 ↓




毎日のように、小腸から食べ物のカスや
細菌、カビ菌が血液の中に大量に入っていくのです。
これが、白血病と全く関係ないって・・・
子供にだっておかしいと分かるでしょう。

しかし、残念ながら・・・現代医学においては、
白血病・悪性リンパ腫とリ-キ-ガット症候群は
全く関連づけられていません。
だから、お医者さんも知らないのでしょうね。
なので、治るのが難しいとなるのではありませんか。

白血病の5年生存率なんて・・・
本当に適当に作られたものと私は感じています。
大体、白血病をひとくくりにすること自体おかしいです。
本当にヤバイ白血病もありますし、
病院から処方された「お薬」によって血液が
ちょっとだけおかしくなったものまで様々です。
それが治ったと言われても笑い話にもなりません。

本当にヤバイ白血病は・・・
上の記事にもありましたが、
ヘモグロビンの濃度が減少するやつです。
このヘモグロビンを主食にしているカビ菌がいます。
ム-コルという大変危険なカビ菌です。
だから、酸欠になり息切れするのです。

どう危険かと言いますと・・・・
増殖力が半端なくすごいのです。
なので進行もものすごく早いのです。
しかも、血液の中で増殖しますから血栓をつくるのです。

まてまて・・・
そんなこと、今の学者やお医者さんがわからないとか
知らないなんてあり得ないだろう。
といった声が、当然、聞こえてきます。
そこんとこが、最大の問題なんです。

残念ながら、現代の医学界や細菌学や広告の世界は
ほぼ完全に、イルミナティ→666の連中によって
支配されています。
いわゆる権威だとか学説といったものには
本当にウソやでたらめが多いです。
これは、医学の専門分野だけの知識では
到底~理解不能です。
合わせて、陰謀論も知る必要があります。
私に言わせると、陰謀論でもなんでもない。
厳然たる事実です。


ほぼ全てのガンは今すぐ治療可能だ。
しかし、今後公開される可能性は無い。
   ~ロックフェラー研究所

https://ameblo.jp/64152966/entry-12261035243.html


世界の人口削減を最大の目的とする
悪魔教・・・イルミナティ→666 が
人々の命を本気で救おうとしていると・・・
信じるのは気が狂っているとしか考えられません。
でも、その気が狂っている人々が圧倒的多数でしょ。
だから、骨髄バンクに登録しようと多くの人が
狂気しているのですね。
これって・・・美談ですか???
私には狂っているとしか思えません。
最低限の知識さえも・・・まるで無いのです。

ではどうすれば良いのか・・・
については、ブログ紙上では到底書けません。
ここ最近、何人ものメルマガ読者の方から
もう、あまりヤバイことはブログで書かないで欲しいと
強い要望がたくさん来ております。
私の身の上を心配してくれているのです。
本当にありがたいことです。

そんな訳で、詳しく知りたい人は
メルマガを見て下さいという他はありません。
まだまだ、突然死さされた医師の安保徹名誉教授の
ように死ぬ訳にはいかないのです。

何も知りたくない人は、ブログを閲覧する必要はありません。
まして、メルマガを購読する必要も全くありません。


白血病関連メルマガ記事

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第66号 
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!? ~ 其の3

★メルマガ第64号 
悩める白血病患者の真実

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第52号~
活性酸素を大量発生させガンを発症させる
最大の真犯人はリッキーガット症候群!

★メルマガ第40号
恐ろしい!〜徐々に、
ガンの真の正体が明らかになってきた。

★メルマガ第39号
急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第38号
急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第7号
『白血病について』の追加補足

★メルマガ第6号 
『白血病について』〜生還の為に知っておくべきこと!

★『白血病について』〜重要資料


以上の記事は、3千円で一括購入出来ます。
また、1年間か複数年を購読される人には
無料進呈させていただきます。
ご参考まで。



【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/

メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



■ 放射線が引き起こす病気