体温35度前後の低体温の人は
ガン発症予備軍 ~ 低体温脱出法とは!?










メルマガからのお知らせ

新年のイベントは
1月31日 を持ちまして終了します。
あと、二日です。
今後、イベントは当分の間、予定していませんので
是非、この機会をご利用下さい。


メルマガからの新年特別イベント


3ヶ月購読 の皆様には

特別無料人気記事を用意しています。


1年間購読 の皆様には

8期・9期・10期・11期・12期・13期
の6つの中から見たいメルマガの2つ~2期分を
無料進呈させていただきます。


2年間購読 の皆様には

8期・9期・10期・11期・12期・13期
の6期分の記事全てを
無料進呈させていただきます。


3年間購読 の皆様には

8期・9期・10期・11期・12期・13期
の6期分の記事全てを
無料進呈させていただきます。

更に、旧メルマガ過去記事の
★メルマガ第1号〜★メルマガ第51号までの
全記事を無料進呈させていただきます。


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com








がん細胞は39℃以上になると死滅する!?
免疫力を上げるには体温を上昇させるのが一番良い!

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-195.html


管理人

ガンには様々な種類のものがあり、
39℃以上になると死滅する・・というのは
一つの指標と考えれば良いと思います。
その悪性度にも様々な違いがあります。
39℃以上でも死なないものもあります。

しかしながら・・・
肺炎等と併発して高熱が続き、
ガンが消えた例は1万件以上もあるらしい。
これもまた現実としてある訳です。

ガン患者やリウマチなどの痛みについて

皆さん、一度は歯痛に悩まされた事が
あると思います。
特に、眠くなって床についたら余計に
歯がズキズキと痛んで眠れないことを
経験された人はたくさんおられると思います。

実は、痛みというのは免疫力が低下するほど
痛みが増すものなんです。
眠くなると深部体温が下がりますよね。
体温が下がると免疫力は低下します。
そうしますと、悪玉菌が力を増します。
その悪玉菌が活性化し毒素をだしたりして
神経や細胞に打撃を与えます。
だから・・・痛いのです。

これが、痛みの真相です。
少なくとも、9割がそれです。
他には体内機能の低下などがあげられます。
なので、痛みを緩和するには先ず・・・
体温を上げて緩和すべきなんです。

あまりに痛いので痛み止めは飲むのは
とてもよく理解出来ます。
しかし、後々~良いことは何もありません。
ステロイドや免疫抑制剤と同じで・・・
あとで大変なことになります。

また、終末医療においては痛み止めや睡眠薬を
多用して楽にすることだけしかしません。
その結果・・・あっという間にあの世行きです。
終末医療とは、安楽死と同じですね。

また、薬の痛み止めに関しては少なくとも
免疫力を低下させないものを使用すべきです。
医療関係者にはそのような知識が全く見られません。
実際に、終末医療の現場に立ち会った方から
多くの報告が来ていますので間違いありません。

免疫力を低下させない「痛み止めの薬」に関しては
いずれ、メルマガの記事にする予定ですが、
温熱療法も併用して痛みを緩和すべきです。

更に、ガン患者の人は
あまり時間が残されていないこともあり、
遠赤外線マットで、体温の保温をお勧めします。
どんな特効薬よりも役に立つはずです。
無論、体調不良の人にも超お勧めです。


【低体温 上げ方】低体温改善の実例紹介



動画では、腸内環境を改善したことが
低体温改善に大きく寄与したことが報告されています。
体内環境を良くするのが最も重要であることが
理解出来ると思います。

あとは、適度の運動によって筋力アップすると
自然に体温は上がります。
更に補うものとしては
腹巻きやズボン下をはくと良いと思います。
特に寝るときにはより重要なアイテムです。


小腸を修復する方法が書かれています。

カンジダ症を完治
http://cho-katu.com/kanji/kanchi.html

◎カンジダ菌を減らす

◎腸を修復する

◎腸内環境を整える


以上の記事には、重要なことがほとんど書かれています。
皆さんも、何度も読み直してください。







【光軍の戦士メールマガジン】


第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!