あなたが飲むアルコールは
カビ毒のマイコトキシン
~ ガンの一因になります!








始めに

糖尿病の本質と治療法
~ 足を切断しなくて済む治療法!


★メルマガ第89号として予定していました
以上の記事は、深刻なご相談が寄せられ、
緊急を要することもあり、
甲状腺ガンの記事に差し替えることに
致しました。
どうか、ご理解とご容赦いただきますように。


8月11日の8時30分より
最新のメルマガが配信されます。

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


以下、ごく一部を公開します。

覚えておいて、
アルコールは マイコトキシン です!


海外の記事より

2017年5月10日
これはあなたが
甲状腺の問題を抱えている理由ですか?

Doug Kaufmannによる執筆
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.knowthecause.com/index.php/doug-s-blog/4399-is-this-why-you-re-having-thyroid-issues&prev=search

1992年、スペインの研究者は、
アフラトキシンと呼ばれる真菌毒(マイコトキシン)と
ブロイラーニワトリに対するその影響について研究しました。
これは人間が実験しようとしている
マイコトキシンではありませんが、
それが研究されればするほど、
接触する組織を殺すことが証明されます。
アフラトキシンで汚染された食品をニワトリに給餌し、
罹患組織を後で脾臓、肝臓および
甲状腺であることが判明した。

6年後、日本の医師は、白血病を有する
41歳の男性をうまく治療していました。
彼は後に真菌、アスペルギルスに起因することが
判明した肺感染症を発症するまでうまくいっていた。

この菌類はいくつかの有毒なマイコトキシンを作り、
そのうちの1つはアフラトキシンであり、
これはニワトリの甲状腺に障害を与えるものです。

この菌は真菌感染で死亡したが、
剖検までに菌が吸入して肺だけでなく、
心臓、脳、腎臓、皮膚、甲状腺を
損傷していることが判明した。

甲状腺腫脹...チーズバーガーとビールから?

真菌による甲状腺炎は、真菌のために炎症を
起こした腫れんだ甲状腺炎です。
それは最も多くアスペルギルスと呼ばれる菌に
よって引き起こされます。

あなたは、
「OK ... なぜ私はこれについて気にしますか 」
と考えているのですか?

シンプル。
あなたはそれを食べているかもしれないし 、
アスペルギルスの毒が残っているかもしれないから。

チーズを食べたり、醤油で味付けしたり、
ビール、ウィスキー、ワインを飲んだことがありますか?
アスペルギルスとその毒は、これらおよび他の多くの
一般的な食品を汚染することが知られています。

多くの医者が知らないもの

残念ながら、 医師はあなたの甲状腺の問題を
カビの曝露に帰するとは思わないでしょう 。
彼らがあなたから何かを隠そうと
しているからではありません。
これは医学部の菌学(真菌の研究)について
医師が広く教えられていないためです。

医師は、病原体(真菌と細菌の両方がある)が
患者の医療上の問題の原因であると疑われるときに、
処方パッドをつかむ傾向があります。
彼らはしばしば抗生物質を処方する。
もちろん、それはペニシリン自体が真菌代謝産物であり、
真菌感染症を引き起こす傾向があるため、
患者に逆行する可能性がある。

例えば、真菌の甲状腺炎の場合、
真菌の状態を治療するために抗菌薬を使用することは、
実際に甲状腺疾患のような病気の急速な拡大に
寄与していると私は信じている。

私は何十年にもわたって
ヒトの病気との真菌の関係を研究しました。
私は前の段落で触れた傾向に気づいた。
医学的状態が人口の大部分に急速に広がっているにも
かかわらず、何千もの科学文献があるにもかかわらず、
原因はほとんど分かっていないが、
私はすぐに真菌を疑う傾向がある 。

例:アメリカでは心臓病や癌の2つの主な死亡原因を
どうやって止めるのでしょうか?
単に症状を治療するのではなく、
原因を突き止めなければなりません!

心臓病や癌は、単に医師や医学研究者が医療訓練で
学ばないものによって引き起こされているに違いない。
それは妥当と思われませんか?
彼らは通常、真菌(菌学)の研究で単一の完全な
コースを取っていないが、 何千もの研究論文は、
真菌がヒトの免疫を抑制し、重篤な疾患を
引き起こすと結論付けている 。

1996年の本「 臨床菌学の原則と実践 」では
歯を除いて真菌がヒトの組織に含浸することが
できると CC Kibbler医師が書いています。

甲状腺は人間の組織ですが、甲状腺機能低下症や
甲状腺​​機能低下症(または他の甲状腺疾患)の診断に
関しては、大部分の医師は真菌を疑うことはありません。

私は医師が真菌を患者の症状や病気に寄与していると
定期的に判断すべきだと確信しています。
それは非常に論理的でシンプルで安全で安価なアプローチ
であり、甲状腺疾患やその他の健康上の問題に
寄与している菌を除外するのに数週間しかかかりません!

最も重要なのは、多くの場合、動作することです。
私のキャリアでは、真菌について学んだ後、
いくつかの医師に真菌が引き起こした健康上の問題を
認識する方法を教えるためにそれを取りました。


新しい質問 考慮すべき新しい戦略

あなたの健康上の問題(甲状腺またはその他)が、
カビ、カビ、酵母、菌類またはそれらが作る有毒な
マイコトキシンに関連しているかどうかを認識するのを
助けることができるかどうかを見てみましょう。

始める前に、私はあなたの病歴はわかりませんが、
あなたの医師はただ一つの要求しか持っていません。
私はあなたの甲状腺の状態がどれほど深刻であるか、
あなたの医者があなたに持っている薬は何かを
知らないが、彼/彼女はしている。
このため、現在の甲状腺治療プログラムに変更を
加える前に、医師と相談してください。
また、このニュースレターのメモを準備して、
開始前に相談してください。

要するに、これは治療計画ではない。
それは新しい考え方の始まりです。

1.あなたの甲状腺の問題はいつから始まったのですか?

あなたの甲状腺の問題を引き起こしたかもしれない
ものを考え直してください。
その時にカビに暴露されましたか?
あなたの症状が始まる前に移動したことがありますか、
あなたの新しい家にはカビの問題があります。
私はこれがまれだとは思わない。

2.あなたは一生を通して多くの抗生物質を服用しましたか?

ペニシリンとその誘導体は最も純粋な形で
成形されているので、数回の抗生物質を服用した後に
甲状腺の問題に気付き始めましたか?
はい、抗生物質はしばしば健康上の問題に関係しています。

3.パスタ、パン、砂糖、アルコールを欲しがっていますか?

ヒトの細胞/真菌細胞の関係では、
真菌は常に支配的なパートナーとなる。
真菌は人間を寄生させ、彼らは食物のために
私たちの食事から炭水化物を要求します。
あなたがそれを知る前に、あなたは14歳の時から
初めてピザファンです

病気のアルコール依存症は、しばしば、腸や胃の
病原性酵母が繁殖する腸内の真菌状態と密接に
関連していると私は長い間信じてきました。
それらの酵母は、それらが成長して増殖するのを
助けるものを欲しがる。

覚えておいて、
アルコールはマイコトキシンです!
それらのマイコトキシンは、酵母を保つために
必要なものに正確になることができます。
- もっと欲しがる。

4.栄養補助食品を摂取したときに
甲状腺の状態が緩和されることに気づいていますか?

ビタミン、ミネラル、アミノ酸、脂肪酸などの
ほとんどの栄養補助食品は抗真菌性を持っており、
多くの人がその症状が改善していることに気付きます。
あなたがサプリメントで気分が良くなったら、
これは甲状腺の問題の真菌(または栄養不足)の
成分を示すかもしれません。

5.あなたの甲状腺の問題を診断したので、
 あなたは何度も病気ですか?

病原菌はマイコトキシンと呼ばれる有毒物質を放出する。
これらは免疫力を抑制するので、
真菌が体内で増殖しているときに
免疫系が正常に機能しないため、
真菌が摂食された症状を抱える人々がしばしば
病気になることは不思議ではありません。

これらの質問のいずれかに「はい」と答えた人が
非常に多い場合は、別のアプローチを試す準備が
できているかもしれません。

私は、おそらくすべての甲状腺疾患が
真菌に起因するとは限らないことを認めている
最初の人ですが、甲状腺疾患の「菌類の連鎖」を
医師の承認を得て試験するのは簡単なので、
それを1〜2ヶ月間調べます。
カウフマンダイエット中や服用中の抗真菌薬を
服用しているときや、天然の抗真菌性サプリメントを
服用しているときには、甲状腺の改善を
記録するために医師に相談してください 。

百聞は一見に如かず

25年前、 私は病気と病気の関係を知らない
医師から信者を作りましたが、
私はこれらの科学者に絶対的な証拠を示す
ことによってそれを行いました。

私が訓練した医師の1人、Weakley博士は、
彼の次の4人の甲状腺患者がすぐに改善するのを見た。
それはその後、真菌を最初に排除する(そして安全に)
ために、すべての新しい甲状腺患者との標準的な
オフィスプロトコールとなった。

残念ながら、彼は若い男性で亡くなりましたが、
彼の最後の年の間に、彼は患者と分かち合っていた
この新しい科学的アプローチにとても興奮していました。

製薬会社が関与していない患者のために、
患者の多くがより良くなるので、
彼らが自由にできるようになるため、
すべての医師が再び医学を練習することに
興奮する一日を想像してください。

想像してみてください!

<転載終わり>
---------------------------------------------


肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!
~真菌培養でアスペルギルスが
検出されないのは何故か!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12312372825.html

アスペルギルスのカビ毒の一つである
~アフラトキシンB1は
自然界でもっとも強力な
発ガン物質として知られています。


---------------------------------------------


管理人

以上に続くメルマガの記事として・・・
★メルマガ第89号においては、
マイコトキシン~アフラトキシンの
カビ毒によって、どのような仕組みで
ガン細胞が発生するかといった仕組み
~メカニズムが科学的根拠を元に
克明に書かれています。

続編の記事もやはり海外の記事です。
日本語で幾ら検索しても
本質に迫る内容のものは
全く出て来ません。

これでは、ガン患者さんは到底、
真相を知ることは叶いませんし、
医師もまた同じです。

原因や真相を知ることが出来なければ
治すことも不可能だと思います。
何故なんでしょうか?
日本国内では、真相を知ることが
出来ないなんておかしいでしょう。

★メルマガ第89号においては、
その対処法も書かせてもらいました。

甲状腺異常~ガンに限らず
その他、各種のガンの多くが、実は、
微生物が深く関係している事実を
多くの国民は知らないのです。

アルコールが、実はカビ毒の
マイコトキシンだなんて・・・
大変な驚きです。

アルコールの飲み過ぎで・・
いつか~ガンになるという噂は
本当だったのです。

その科学的根拠が、海外の著名な
医学博士の長年の研究によって
克明に書かれています。

こんな事、ほとんどの人が
誰も知りませんよね。

無論、アルコールのせいだけではありません。
それ以前に、日本国内においては
毒性化学物質が無数に使われています。

食品添加物
農薬
化粧品、シャンプー、リンス、毛染め薬剤
抗生物質、抗がん剤
歯磨き粉
そして、放射能と続きます。

8月10日の記事ですが、
抗がん剤を投与され続けると
健康な人でも死ぬんですよね。
元記事は、朝日新聞の記事なんですが、
そこにアクセスすると見れないようにされています。
ウィルスが仕込まれているのかもしれません。
恐らく、これは私だけの現象ではないでしょう。
なので、検索してヤフーの転載記事をリンクしました。

骨折治療の患者、抗がん剤を39日連続投与され死亡
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6292987

つまり、抗がん剤では健康な人でも死ぬという
とってもシンプルな事実。
健康な普通の人でも死ぬのであれば、
身体が大変衰弱したガン患者に使えば・・・
という事なんですよね。


話を元に戻します。
そういった下地の悪環境が世に蔓延しています。
それらが身体の中で悪さをするのです。

体内環境の悪化 ~ 免疫力の低下

そういった最悪の環境の中で
人の身体の各部が痛めつけられます。
そして、そのような弱体化した人体に
カビ菌や様々な細菌、ウィルスが
取り付いて繁殖していくのです。

そして、猛毒を生産します。

例えば、
アスペルギルスの~アフラトキシンB1は
自然界でもっとも強力な発ガン物質ですよ。

にも関わらず・・・
日本の医学では、ガンとカビ菌の因果関係が
ほとんど論じられていないのです。

まさに、驚愕すべき事実です。
信じられますか・・・皆さん。
何もなかった事になっています。

少なくとも・・・
患者さんには、この恐るべき事実を
是非とも知って欲しいと切望しながら
私は、毎回記事にしている訳です。

実は、皆さんが大変驚くであろう
事実がいっぱい出て来ます。
その事実や真相をたくさん知る事が・・・
皆さんやご家族の皆さんが、本当に
助かる道であると私は確信しています。






【光軍の戦士メールマガジン】

第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!