【衛星写真】
今回の豪雨発生源は
太平洋由来ではなく
日本上空 ~ 気象兵器!







以上の画像が、日本に上陸する
台風の基本コースです。
無論、例外は幾つもありますが、
あくまでも基本といえるものです。

太平洋の赤道付近の海が熱く熱せられ
水蒸気大量発生から、やがて、
大きな雨雲となり巨大化したものが
台風になる訳です。
そこには、必ず巨大な雨雲の存在があります。

台風とまではいかなくても、日本に大雨を
降らす雨雲も基本的には台風と同じ様な
コースをたどって日本に上陸して雨を
降らす訳です。

そんなこと子供だって知ってる。
幼稚な話をするなと叱られそうですが、
確認の意味で書かせていただきました。

ところがですね・・・皆さん。
今回の日本を襲っている雨雲なんですが、
大きな雨雲として九州から上陸した形跡が
皆無なのです。
それどころか太平洋で発生した形跡もないのです。

つまり、日本上空周辺で降って湧いたように
いきなり表れているのです。

普通、台風にしても巨大な積乱雲にしても
日本に上陸すれば、海から発生した水蒸気の
供給源が激減し、雨を降らしながら
その勢力はどんどん弱くなっていきます。
これは気象学のイロハの常識であり
皆さんもご存知のことです。

ところがですね・・・皆さん。
今回の大雨を降らしている雨雲なんですが、
日本上空でどんどん巨大化しているのです。
もはや、自然の摂理から大きく逸脱しています。
有り得ないでしょ。

先ず、①の画像をご覧下さい。
7月4日21時のものです。

東アジアの気象衛星~より
https://tenki.jp/satellite/world/5/





下のほうに3つの大きな雨雲が見て取れます。
しかし、この3つは日本に来ていません。
北海道を覆っている大きな雨雲ですが、
時間と共に太平洋側に流れていっています。


その次に、②の画像を見て下さい。
6時間後の7月5日03時のものです。





山陰の日本海沖のほうで、もやもやっとした
雲が表れました。
その次に、③の画像を見て下さい。
6時間後の7月5日09時のものです。





四国沖に、濃い直線的な雲が表れました。
九州の西の方角からも、濃い直線的な雲が
九州に入り込んで来ています。

①山陰沖
②四国沖
③九州の西

恐らく、この3つが水蒸気の供給源に
なっていると考えられます。
この3つが合流し、台風の進路みたいに
東海から関東へ、そして、東北~北海道へと
気流の流れに乗って流れていく訳です。

そして、④と⑤の画像をご覧下さい。









日本列島をすっぽり覆うような格好になっています。
そして、更に⑥と⑦の画像を見て下さい。










日本上空で、猛烈に成長し
分厚い雲になっています。
あれだけの雨を降らしている訳ですから、
勢力が弱くならなければいけないのに、
より一層巨大化しているのです。

これが、大雨の本当の正体です。
何故、より一層巨大化しているのか?

haarpで、日本上空の幾つかの地点で
上昇気流を起こしているからです。
haarpを上空の電離層に照射すると、
電離層は短い時間で数キロも上昇します。

すると、持ち上げられた空間を埋めようとする
自然界の摂理が働きます。
その時に、上昇気流が発生するのです。
ちなみに、その上昇気流に強い横風が作用すると
いわゆる、タツマキになる訳です。

上空に上がれば上がるほど・・・
空気はより冷たくなります。
水蒸気は微小な水滴となり、
それが雲となるのに時間はかかりません。

そういった作業をかなりの長時間に渡って
行い続けると、雲は更に、巨大化し・・・
或いは、豪雨を降らせながらも
ずっと巨大な雨雲でありつづけるのです。

同時に、haarpが起こす上昇気流は
日本近海で発生した膨大な量の水蒸気をも
巻き込む形で・・・更に、
雨雲が巨大化していくという原理です。

皆さん、もう一度、一連の画像を
じっくり見て下さい。
日本がすっぽり覆われるような形になっているでしょ。
私の以上の説明で、この現象を科学的に
きっちり説明出来ていると思いませんか?

恐らく、haarpは一つや二つではない。
多数使われていると考えています。

①山陰沖
②四国沖
③九州の西

以上の3箇所に加え、日本の上空にも
何箇所か使われているはずです。

これが、皆さんを苦しめている
豪雨の真の正体です。

こんなことが出来るのは大国以外にはありません。
しかも、日本の闇の組織も加担しているはずです。
闇の組織には、純粋な日本人はほとんどいないと
私は確信しています。
愛国心を持った人間に、こんなことは
絶対に出来るはずがないのです。

残念ながら・・・
日本という国が、実は・・・
haarpという気象兵器を
たくさん持っているという事実さえ
ほとんどの国民が知らないのです。

いずれにしろ、11がつく日には
十分な注意が必要です。
911しかり・・・
311しかり・・・
711もそうですね。




【気象兵器】海上移動式 HAARP




お知らせ

6月30日~最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!


届いていない読者の方は私までご連絡下さい。


【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!