日本政府は、
銀行が日銀に支払うマイナス金利分を
国民に支払わせることを決めた!










2018.1.15(月)
マイナス金利の影響がついに日常生活にも及び始めた
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52068

公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が、
銀行が日銀に支払うマイナス金利分を負担する方針を固めた。

今回のケースは、年金積立金という国民の資産からマイナス金利分を
負担するということであり、実質的には国民がマイナス金利を
負担したことと同じになる。

<引用終わり>

詳しくは本文をご覧下さい。



管理人

日銀の異次元緩和~マイナス金利政策は、名目上は・・・
デフレ退治というのが主眼とされています。

デフレとは、簡単に言うと物価下落のことです。
土地も物の値段もどんどん下がっていくことです。

早い話が、物が売れなくなっているのです。
そうなると、給料も上がらなくなり、
ますます物価が下がっていくという悪循環に陥ります。

結果、日本経済そのものがしぼんでいくことを意味します。
それでは困るので、強烈なインフレ政策を執ろうという訳です。


簡単に説明している記事

マイナス金利なのに、何で、日本国債は取引されてんの?
http://www.kizakitoshinaga.jp/archives/3033



しかし、これはあくまでも建前に過ぎません。
日本の借金は、公表されているよりも何倍もあります。
日本国債の金利が上昇すると、日本政府は予算を組めない事態に陥ります。
早い話・・・倒産して、IMFの管理下になってしまうのです。



以下の記事には、ものすごく重要なことが書かれています。

必見です ↓ !!!


NHK報道特集番組「預金封鎖」
の隠された本当の意味をご存知ですか?
~本当は4千兆円以上の借金!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-11991463460.html


財務省の「日本の財政を考える」というHPの中に、

目を疑うような超巨額の使途不明金が存在することを

示唆する情報が含まれています。



<引用終わり>


霞ヶ関の官僚組織は、わが国・日本国内において
超巨大天下り天国を建設しました。
中には、償還不能の組織や団体が無数にあります。

これ等の莫大な借金を・・・
全て、日本国民の借金に付け替えたのです。

あなた達の借金です。・・・と。


皆さん、ご存知ですか?

霞ヶ関~財務省は、国民の年金を自由に持ち出せることを。

年金から徴収したお金は、一般外収支 として計上され、
国会に報告する義務 がないのです。

信じられますか?

国民の財産ですよ!



そして、一体何が起こったでしょうか?

消えた年金記録5000万件

他国だったら、革命が起こりますよ!

消えたんじゃないでしょ。
何者かが使いこんだんでしょ。

都合が悪いので、消えてしまったことにしたんでしょ。
日本国民は、なんとお人よしなのでしょう。
今では、何も無かったことにされてしまっています。

会社でいうと・・・背任横領罪。
国家レベルでいうと、何といえばいいのか?

国家反逆罪に相当するのは間違いありません。
最高刑によって罰せられます。
そんな輩が、国家の中枢に隠れ潜んでいるのです。

第一次安倍内閣の時に、安倍が辞めた本当の理由が
消えた年金記録5000万件の問題だったのです。

1年で解決すると国民に約束しました。
しかし、その約束の1年になる一日前に辞職しました。
安倍は、この国家的大問題を辞職することでうやむやにしたのです。

そして、その論考報償として・・・
また、総理につかせてもらったのです。

哀れ・・・
国民は何も知りません。



そして、もう一つの巨悪の悪者がいます。


日本は米国に、最低でも累計945兆円ものおカネを
 貸しているのに、それが返済されていない!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12084863367.html


文字通り、日本国と国民は、これ等によって食いものにされているのです。
国民が、幾ら働いても楽になれないのは、これが元凶です。



話を元に戻します。
日本がデフレに陥った本当の理由は、
国民が、どんどん貧乏になっていったからです。

非正規雇用や派遣社員、アルバイトが猛烈に増えました。
1990年代には、一億総中流時代ともてはやされました。

しかし、今日・・・
その中流がごっそり居なくなったのです。

これは、完全に政府の間違った失政によるものです。
デフレになるのは当然です。
国民の多くを貧乏人にしたのですから。
買いたくても、買うそのお金が無いのです。
そして、お金持ちはお金を使わないと来ています。

今日、そのデフレを何とかする為に、
また国民のお金を勝手に使うと言い出しました。

もう、メチャクチャです!!!



今や、大企業ばかりが優遇され、その優遇税制により得た
内部留保は、今までの消費税総累積額とほぼ一致します。
そして、公務員も優遇されています。

中でも苦しいのは、中小企業ばかりです。
その中小企業にあてがわれたのは・・・先進国最低の時間給750円。
これで少しは助かるだろうという類いの話です。

結果、一部の富める者と圧倒的大多数の貧しい者達といった
二極化がはっきりした形になってしまいました。

物が売れる訳が無い。
そりゃ、デフレにもなりますわね。

官製相場で、株価をつりあげたって・・・
国民には何の得もありゃしない。

政治家も官僚もバカ揃いだ!
救いようがない。




皆さんに一事アドバイス

預金封鎖を警戒して、金や銀を買っても駄目なんですって。
それも、押収出来る法律がもう既に、作られているそうです。

預金封鎖のシグナルとして警戒すべきは・・・

1万円札がなくなる!?
「7年後をメドに廃止」は本当なのか?


これをやられますと、ほとんど全ての人がタンス貯金などの
お札を銀行に持っていき電子マネーに変換されます。

日本のあるだけのお金が銀行に集まります。
それを待って、預金封鎖するのが最もお利口なやり方です。

皆さんのお金の一部か大部分は、政府のものとなります。

或いは、何兆円規模の電子マネーの消失トラブルという事件が
間違いなく起こると断言してもいいです。

もう過去に起こっているでしょ⇒ 消えた年金記録5000万件

必ず・・・歴史は繰り返す!


皆さんは、以下の記事をご覧になることをお勧めします。


国民の財産が没収される?
預金封鎖とは何か。実施例や対策方法

https://minnkane.com/news/661


最後に・・・
日銀総裁は、世界金融資本の配下でなければ
決して、その地位にはつけません。
つまり、イルミナティの人間だという意味です。
日本を経済的に崩壊させろと命じられれば、
そのように動きます。
操り人形に過ぎないのです。

日銀の異次元緩和~マイナス金利政策

これは、いずれ・・・
すさまじい反動が勃発すると予言している人も多数います。
しかし、それさえもイルミナティのシナリオかもしれないと
心得ておくべきです。

皆さん、覚えておられるでしょ。
日本国民は、世界の中で一番の削減対象であることを。
巨大経済というものは、日本国民の命と直結しています。
それを壊すということは、国民の命を壊すことと同義です。

彼らのアジェンダは不変であり一貫しています。

巨大経済の崩壊は、皆さんがいまだかつて見たことの無いような
怖ろしい光景が目の前に現れることを意味します。
内乱になることは無いかもしれませんが・・・
治安は戦後~最悪のものとなるでしょう。

そして、おうおうにして・・・
そんな時に、戦争がひき起こされるのです。
数々の過去の歴史が、我々に教えてくれています。







お知らせ

1月10日、メルマガ最新号を配信しました。

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは
~ “命を護れる情報” です!


まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/



メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第九期メ-ルマガジン

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第八期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!