トランプ 2017年10月28日
鎮痛剤乱用で非常事態を宣言 
   全米死因トップ










2017年10月28日
トランプ、鎮痛剤乱用で非常事態を宣言 全米死因トップ
http://www.thutmosev.com/archives/73296404.html



医薬品メーカーは鎮痛剤に常習性のある成分を混ぜ、「良く売れる」商品にした





鎮痛剤乱用が死因トップ

トランプ米大統領は10月最終週にも、オピオイドなど医療用鎮痛剤乱用で、
非常事態を宣言すると発表しました。

医療用鎮痛剤によって2015年に約3万3000人が亡くなり、
2017年は50歳以下の死因トップになる見込み。

この鎮痛剤は骨折や慢性疼痛、歯科治療など何にでも効く万能の痛み止めだが、
副作用が酷い。

常習性があり、一度服用すると辞められなくなり、摂取する量が増えていき、
最後は意識不明になります。

アメリカでの購入には医師の処方箋が必要だが、痛み止めなので
比較的簡単に入手できると言われている。

これを逆に言えば常習性のある鎮痛剤は、
医師や医薬品メーカーなどにとっては「儲かるビジネス」になっている。


<引用終わり>


2016.06.03
プリンスさんの命を奪った…鎮痛剤「オピオイド」とは
http://www.iza.ne.jp/topics/events/events-9475-m.html

2016.5.2
プリンス、半年前にエイズ発症を知らされていた!?
http://www.cinemacafe.net/article/2016/05/02/40143.html



《 マイケル・ジャクソンさん急死も薬が原因 》

2009年に自宅で心肺停止状態で急死した故マイケル・ジャクソンさんのケースは、
多くの医師らが違法に不必要な薬を処方していたことがわかっている。
麻酔薬の急性中毒や、睡眠鎮静剤を複合的に使用したことが死因とされており、
主治医は過失致死で有罪判決を受けている。



オピオイド ウィキペディアより

オピオイド (Opioid) とは、ケシから採取されるアルカロイドや、
そこから合成された化合物、また体内に存在する内因性の化合物を指し、
鎮痛、陶酔作用があり、また薬剤の高用量の摂取では昏睡、呼吸抑制を引き起こす。

このようなアルカロイド(オピエート)やその半合成化合物には、
モルヒネ、ヘロイン、コデイン、オキシコドンなどが含まれ、
また合成オピオイドにはフェンタニル、メサドン、ペチジンなどがある。

これらは本来的な意味で麻薬(narcotic)である。
オピオイドとは「オピウム(アヘン)類縁物質」という意味であり、
これらが結合するオピオイド受容体に結合する物質(元来、生体内にもある)
として命名された。
内因性のオピオイドにはエンドルフィン、エンケファリンなどがある。

オピオイド薬の使用には、オピオイド依存症(英語版)や、離脱症状、
また過剰摂取による死亡の危険性がある。
アメリカでは、薬物中毒死の43%までも、オピオイド医薬品の過剰摂取で占めており、
2014年にもアメリカ神経学会は頭痛、腰痛、線維筋痛症などの慢性疼痛状態では、
オピオイドの使用は危険性の方がはるかに上回るという声明を行っている。








管理人

プリンスさんは、鎮痛剤「オピオイド」の過剰摂取で
エイズを発症させたのではないでしょうか。

オピオイド系の薬物は、免疫系を壊します。
そりゃあ・・・エイズにもなるし、ガン・白血病にもなります。
また、たとえ弱い薬であっても膠原病やリウマチを発症させます。

膠原病の8割は女性です。
生理痛の痛み止めが原因と考えられています。

★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!

免疫細胞であるT細胞を炎症させているのは、
実は、痛み止めのお薬なのです。

この事実は、多くのお医者さんも知りません。
皆さんは、今日、はじめてその真相を知ったのです。







『エイズはすべてインチキだった』
~世界中の著名な医師や細菌学者が告発しています。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12261877335.html

以上の記事の一番重要なところを引用します。


内科医の西岡 昌紀 医師
のサイトより

HIVは本当にAIDSの原因か?(7)
https://blogs.yahoo.co.jp/nishiokamasanori/


そして、次の論文に御注目下さい。
この論文は、今、御紹介したブラウンらの論文から5年後の
1979年に発表された論文です。
この論文は、ブラウンらの論文とは違った視点から、
麻薬が免疫系に与える作用を論じた論文で、
彼らの研究は、ヘロインではなく、モルヒネを取り上げて居ますが、
大変重要な事を、AIDSと呼ばれる病気が「発見」される数年前に指摘して居ます。

   
で、訳すと、
「正常なヒト血中Tリンパ球上のモルヒネ及びメチオニン・エンケファリン受容体
を示唆する証拠」と言ふ物です。

即ち、白血球の一種であるリンパ球は、大きくT細胞とB細胞に分けられますが、
そのT細胞と呼ばれる群のリンパ球の表面上に、
モルヒネやメチオニン・エンケファリンと言った物質と結合する分子が存在する様だ、
と言ふのが、この題名の意味する所です。

何の事か分からないと言ふ方もおられるでしょう。
簡単に言へば、Tリンパ球の表面には、
モルヒネ等の麻薬と結合する分子が存在する様だと言ふ事です。
そして、これが、Tリンパ球に対して、麻薬が作用を持つ事を
分子レベルの実験で裏付けて居るのです。


<引用終わり>
---------------------------------



●解熱剤、抗ガン剤が悪化させる 

大沼氏は初期高熱に用いられる解熱鎮痛剤が
「白血病を発病させる」と痛烈に指摘。

「白血球細胞は、化学薬品(解熱剤)を〝非自己″と認識し、
食菌して自己を守ろうとする。

食菌した白血球は、
薬の成分で白血病細胞に変わっていきます


なんのことはない。
投与する治療薬が、白血病を悪化させている。



管理人

モルヒネ等に似た成分は、鎮痛剤や解熱剤にも含まれている場合が多いです。
睡眠薬や一部の風邪薬、そして、抗うつ剤などにも含まれていると思われます。
これらの化学成分が、Tリンパ球と結合するのだそうです。

そうしますと、一体何が起こるのでしょうか?
Tリンパ球は、本来のものと違って別ものになる?
もし、免疫機能を喪失するとしたら、どうなってしまうのか?

そのTリンパ球に、カビ菌やウィルスが寄生したとしたら・・・
同時に、免疫機能が弱体化した上に、
カビ菌やウィルスが大繁殖するのではないでしょうか。
これは、リンパ腫や白血病とも大いに関係がありそうです。

皆さん、これは極めて重要な情報ですよ。
同時に、非常に恐ろしい情報です。
何故ならば、そういった免疫低下~免疫不全になってしまうような
化学成分が・・・意図的に、一般のクスリに仕込まれて来た可能性があるからです。
犯人は、決してモルヒネ等の成分だけではない。
他にも色々とあるはずです。

こういったクスリの大元は、人口削減を進めている連中が仕切っています。

この恐ろしい秘密が、全世界に・・・日本国内で大々的に告発されたら・・・
世界はもとより、日本国中が大変な騒ぎになるでしょう。
告発しようとした人物は、間違いなく暗殺されます。 



重要関連記事

2015-05-17
日本では、人口削減に多大な貢献をした者が
イルミナティ・メーソンの上位になれるという!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12027537445.html

その御婦人というのは、実は、関西のイルミナティ・フリーメーソン
の幹部の奥さんというお話でした。
本当かどうかは、私には分かりませんが、お話を伺っていると、
色んな事をかなり詳しく知っており、まんざらウソではないと
感じ、長時間に渡り、色々とお話した訳です。

その内容の全てをお話する訳にはいきませんが、一部を公開します。

日本という国は、激烈な競争社会ですが、イルミナティ・フリーメーソン
の社会も例外ではないそうです。
たくさんの組織が日本各地にあり、色んな意味で競争があるらしい。
そして、お互いに仲もあまり良くないと話されました。

今、一番競争しているのは、日本の人口削減にどれだけ貢献したか
というのが、最大の重要事項であるそうです。
各地の組織が、その一点で大競争をしているらしい。
その貢献度によっては、更に、上位に上がれると話されました。

日本の天皇は、戦前よりも戦後のほうが、
はるかに地位が高くなったと・・・
何故なら、日本の人口削減に最大限の貢献をしたからだそうです。
なにしろ、天皇は日本のイルミナティ・フリーメーソンのトップですから。
あらゆる反対を押し切って、日本を戦争へと向わせたのは、他ならぬ、
天皇その人であったそうです。
しかも、360万人以上の日本国民の削減に大貢献した。
だから、戦後にばら撒かれている様々な噂は全てウソです。
プロパガンダそのもの。
天皇が、最大最高の責任者で間違いないそうです。
ずっと一貫して、海外のイルミナティとつながっていたと・・・。

そして今・・・
日本のフリーメーソンが、日本の人口削減の貢献度で競っているそうです。
天皇の大出世ぶりを目の当たりにしているので、それに続けという訳でも
ないでしょうが、皆さん、我も我もと・・・必死に、
直接・間接大量殺人に加担しているというのが真相です。

食べて応援なんてのも全てそこから出て来ています。
その為に、あらゆる美辞麗句を駆使するという訳です。

復興~絆・・・食べて応援・・・死んで応援!?

本当に酷いものです。
だから、彼等はただのキチガイじゃ~ないんです。
人口削減という名の大量殺人が真の目的の確信犯です。
本当の意味でのキチガイと言ってもいいでしょう。
こいつ等が、今の日本を支配しています。

腐ったリンゴしか、日本のトップには成れないのです!
政治家も官僚も経済界もマスコミも・・・
日本政府が先頭に立ってやっているんですよ・・・
信じられますか!?
これが、今の日本の本当の姿なんです。

~絆~ の本当の意味をお教えします。

『あなた達、お願いですから
静かに・・・一緒に死んでください!』

これが、イルミナティ・フリーメーソンの
隠された秘密の最大のアジェンダです。


その真相を巧妙に隠蔽糊塗しているのがマスコミの役割です。
ずっと、アヘンという麻薬を吸わされ続けているのが
悲しき日本国民の真の姿です。


~ 引用終わり ~




日本の実際のガン死亡者数は、
統計よりもはるかに多いのではないだろうか!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12308815683.html





管理人

WHOのグラフですが、実際にはもっとはるかに急上昇している
のは間違いないです。
真実のグラフを作成すると、恐らく、日本国民は驚愕するでしょう。
これが、日本最大のタブーであり秘密なのです。

皆さん、これが偶然だと思いますか?
はい、偶然などでは決してありません。

そして、ブログ読者の多くの人もガンで苦しんでおられます。
これも私は偶然などでは決してないと考えています。

私が何を言いたいか・・・

『 こんなんで、死んでたまるか! 殺されてたまるか! 』

これを言いたいが為に、長々と書き綴ってきた訳です。
絶対に、何が何でも生きてやるぞ・・・といった決意を
皆さんに持って欲しいからです。

全ては、心から始まるのです。
その心は、身体中の細胞や免疫細胞に伝わると信じています。

世界的に有名な遺伝学者の村上和雄さんは、
御著書『生命のバカ力』で、
良寛のこの岩をも貫くようなプラス思考の一念は、
今まで眠っていた遺伝子を目覚めさせると言っています。

しかもその遺伝子が作動することで、それまで不可能であったことを
可能にすることができるというのです。その不可能と思われたことの中には、
癌を治す遺伝子も含まれているというのです。

この強力なプラス思考が、癌を治す遺伝子を起動させ、
進行した癌であってもその癌で死なないようにするばかりか、
癌の自然治癒さえも起こし得るというのです。
何とも頼もしい限りです。

癌を治す遺伝子とは“癌担当リンパ球”の遺伝子のことです。
癌はこのリンパ球によって管理され、癌が治るためには、
このリンパ球の働きがどうしても必要であったのです。
ところが反対に、癌担当リンパ球が眠ってしまうと、
癌は野放しにされ、癌は大きく増殖してしまうのでした。


皆さん、以下の記事を是非、見て下さい。
可愛そうに・・・見られないように消されているのですよ。
なので、キャッシュで見て下さい。

ドロドロ血液を一瞬で変える最も簡単な方法
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:z5xDF0De5cEJ:healthy-happiness.jp/%3Fp%3D4700+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp









お知らせ

11月11日、最新のメルマガを配信しました。


★メルマガ第61号
【 メルマガ2周年記念特別記事 】
真実を知らなければ、人は前に進めない!


まだ届いていない読者の方は直ぐにご連絡下さい。



申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/



メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



第七期メールマガジン (2017年5月~2017年7月)

★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!

★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?

★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!

★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?

★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】

★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?

★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法

★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!

★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?



第八期メールマガジン (2017年8月~2017年10月)

★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!

★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!

★メルマガ第54号 三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第55号
スキルス性〜胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1
 




白い色は恋人の色 - ベッツィ&クリス








AD

コメント(3)