ビタミンDを人間の乳がん細胞に注射したところ、
うち半分は縮み上がり、数日後には死滅した!









管理人

先ず始めに、あらゆるガンの治療法についてですが、
これ一つをすれば大丈夫なんてことは決して有り得ません。
再発します。
乳がんも決して例外ではありません。


◎ 解毒すること~グルタチオンの点滴

◎ 岩盤浴・陶板浴で身体を温め、汚れた体液を排出し、
  新鮮なアルカリ水を体内に送り込み身体を浄化する。

◎ 重曹水溶液の点滴

◎ 重曹水溶液を布に沁み込ませ、乳房を湿布する。

  ガン細胞が強い酸性液で護られているので、人の免疫細胞が近づけない。
  ガン細胞防御シールドの役割を壊すのが、この重曹水溶液です。

◎ 乳房の患部に深部加熱用の温熱機を頻繁に照射する。



◎ ビタミンDを乳がん細胞に注射する。


★ 特に、乳房と身体全体の低体温化が大変良くありません。
  低体温化⇒免疫力の低下と同じであることをよく理解して下さい。

身体全体の低体温化を防ぐ方法として、
毎日の散歩と腹筋と腕立て伏せがあります。
体温と筋肉は、密接な関係があります。

身体を温める上において、
特に重要なポイントととしては、 が大変重要です。
海塩などの自然塩のみを摂るようにして下さい。

食卓塩などの化学精製塩は、毒だと思って下さい。
塩を摂りすぎると良くないのは、この化学精製塩だからです。

塩が欠乏すると、元気と活力が出て来ません。
本物の塩を摂ることは、ものすごく重要です。
被曝対策にも、この塩が重要な役割を担いました。
被曝対策は、ガン対策とほぼ同じです。

砂糖も化学精製したものは駄目です。
サトウキビから作った砂糖に変えましょう。


● 身体の中の毒物 (添加物・重金属・放射能)
● 低体温
● 体液と血液の酸性化傾向
● ネガティブな精神状態

これらが、あなたのガンを生み出している真犯人です。

血液がより酸性に傾くと、カビ菌やウィルスが大繁殖します。
人の免疫細胞も大量の細菌を押さえきれなくなります。
そうなると、ガン発症の引き金となります。
だから、弱アルカリの重曹水をお勧めするのです。

低体温は免疫力の低下を意味し、血液の酸性化傾向が一緒になれば、
もうそれで、ガンを発症する環境が整ってしまいます。
もう既に、多くの日本国民がガン発症予備軍だと思って間違いありません。

あなたも、ガンになったらこの記事を思い出して下さい。
また、既に、体調不良になっている人は・・・
私の推奨していることを実践することをお勧めします。
少なくとも、最悪の事態は避けられるでしょう。



関連記事

マンモグラフィによる被曝リスクは
胸部エックス線検査の1000倍!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12169319236.html





ビタミンD:類まれながんの対抗策
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12079176694.html


ビタミンDはステロイドホルモンで、実質的に全身のほぼ全細胞に影響を与えます。
自然なもので、がんに対抗するもっとも強力なものの一つがこのビタミンDです。
骨から脳までほとんどあらゆる種類の細胞には、
ビタミンDに反応するレセプターが発見されています。

肝臓や腎臓、そして他の組織は、血液中のビタミンDを
カルシトリオールに変形させることができます。
このカルシトリオールとは、ホルモン状になった、
あるいは活性化したビタミンDのことです。

その後臓器が損傷を修復し、がん細胞を絶滅させるためにカルシトリオールを使います。
ビタミンDは実際にがん細胞に入り込み、
細胞の自然死(アポトーシス)や死滅を誘引することができます。

ニューヨーク州立大学アルバニー校の研究員JoEllen Welsh博士が
有効性のあるビタミンDを人間の乳がん細胞に注射したところ、
うち半分は縮み上がり、数日後には死滅したということです。


ビタミンDは、がん細胞の死滅という効果としてはがんの治療薬であるが
有毒なタモキシフェン(Tamoxifen)と同等の効果がありましたが、
有害な副作用もなく、費用もかなり小額でした。

もし乳がんと診断された場合は、ご自身のビタミンDレベルを70~100 ng/mlに
保たれることを強くお勧めします。

直接、そして安全な方法で紫外線に当たることにより、
そのレベルを実現することが可能ですが、それが難しい場合は 
ビタミンD3のサプリメント を摂取することでも可能









お知らせ

メルマガにてイベントを行っています。
期間は、今週日曜日の9日までです。

メルマガからのお知らせ
http://ameblo.jp/64152966/entry-12288946079.html

皆さん、どうか宜しくお願い致します。

お申込みは以下より

メルマガ受付フォーム
http://wantoninfo.com/



メルマガのメルアド
mail@wantoninfo.com