北朝鮮の核実験で、
福島事故レベルのヨウ素が飛来して来る
可能性があるので注意して下さい!









2017/3/26 10:49

北朝鮮の核実験場に車両 米大分析、装置の搬入か
http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040002_W7A320C1000000/

【ワシントン=共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は
25日、衛星写真に基づき、北朝鮮北東部豊渓里にある核実験場の坑道入り口に、
4、5台の車両とみられるものがあることを確認したと発表した。

同サイトは、断定は避けながらも、車両が6回目の核実験の準備に関係があると
すれば核装置搬入の可能性があると指摘した。

衛星写真では、倉庫区域の近くに砂とみられる建設資材が置かれていることも確認された。
資材をコンクリートと合わせて坑道をふさぎ、核実験の際に核物質が大気中に
放出されるのを防ぐために使われる可能性があるという。

核実験を巡り、FOXニュースは23日に複数の政府当局者の話として
早ければ月内に実施する可能性があると報道。
CNNテレビは24日に核実験の準備が整い、いつでも実施できる状況になったと伝えた。


<引用終わり>
-------------------------------








東海アマ氏のサイトより
https://twitter.com/tokaiama

広島の10倍規模で北朝鮮の核実験が数日中に行われる可能性が明らかに
されてきたが、朝鮮放送で、ほぼ確実と判断できる恫喝表明があった
子供を持つ家、妊娠可能女性たちは、明日までに昆布を備蓄し、
核実験公表直後から味噌汁などのダシを昆布で濃く出しましょう
ヨウ素131が大量に飛んできます


北朝鮮核実験 明日27日か28日に実施される可能性が強まっています
米軍は坑道規模から200Kトン(広島原爆の10倍)と推定
気圧配置から放射能が日本列島直撃の可能性が強い
http://www.bioweather.net/chart/pressure.htm
ヨウ素131は準希ガスで遠達性が強いので日本列島全域が汚染


北朝鮮核実験、これまでの核実験の例から、日本列島に飛来する放射能は、
ガス体のヨウ素131、セシウム137・134 テルルXなどが確実に来ます
ヨウ素は福島事故級になるでしょう 防衛が必要です
セシウムも原子炉事故に匹敵する可能性
高性能の放射能吸着活性炭マスクを用意してください


<引用終わり>
-------------------------------



管理人

前回、2016年9月9日に行われた北朝鮮の核実験は、
朝の午前9時半であることが発表されています。
そうしますと、翌日の午後から夕方には日本に届く計算になります。
概ね、30時間で届くと記憶しておいて下さい。

北朝鮮で核実験が行われたら、その日の夕刊や夜のテレビニュースで
一斉に報道するはずですから、そのニュースを見た人は、
翌日の午後から、危険なのだと覚えておいて下さい。

昆布をなるべくたくさん食べるようにしておいて下さい。
そうすれば、ヨウ素の被曝を最低限に抑えることが出来ます。
このヨウ素は、甲状腺ガンの主犯格とみられています。

マスクは、東海アマ氏の云われる高性能の放射能吸着活性炭マスクが
ベストですが、そこまで出来ない人は、
最低限、花粉症用マスクを着用して下さい。
これである程度は防げると、東大教授が公式に語っています。
本当なんだろうかと疑われる人は、少しお高くつきますが、
N95マスクをして下さい・・8千円くらいします。


4月1日と2日の気象の気圧を見ますと・・・
傾向として、日本に向けて流れる可能性が高いです。
気圧は、高いところから低いところに流れるのが常識です。









北朝鮮の核実験がいつ行われるのか?

核実験の規模がどれだけのものなのか?

核実験後の気圧の状況と風向きはどうなっているのか?



以上の3点が、要注意事項です。
核実験が行われたことが判明次第、また、皆さんに報告させていただきます。


追記

核実験が行われたら、当分の間、室内のエアコンは 除湿 にして下さい。
乗用車は、空気は外気ではなく 室内循環 にすることをお勧めします。








お知らせ

一昨日の25日、最新のメルマガの記事を配信しました。

★メルマガ第39号
急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!


まだ届いていない読者の人は、直ぐにご連絡下さい。
ただちに再送させていただきます。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』




第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号
〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号
〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!




至上最悪の地下核実験「セダン核実験」