『がんの盲点―白血病はがんではない』
~白血病細胞は薬によって造られる。





管理人

抗がん剤と骨髄移植は、今や巨大利権となっており
ある意味において、本質的には同じものです。

白血病になると、血液は骨髄で造られているから
他人の骨髄を移植しましょうというのが骨髄移植です。

これを世界的に進めているのは、ロックフェラーを中心にした
人口削減委員会~イルミナティの連中です。

骨髄とは、血液を脂肪に変換して貯蔵する貯蔵庫に過ぎません。
飢えたり空腹になると、また血液に還流される仕組みです。

しかし、骨髄には血液を造るために絶対に必要な酵素が全く見当りません。
ですから、骨髄移植は百害あって一理なしというのが私の一貫した考えです。
血液は、小腸で造られるというのが最有力であり、
今や、真相究明による最先端現代医学の常識となりつつあります。


骨髄バンクなんて、人から無料で骨髄を提供してもらって、
医療機関の移植手術によって莫大なお金が請求されます。
人減らしして巨額な利益を生むという意味では、
まさしく抗がん剤と同じです。

こういった巨悪犯罪は、徹底訴追を受けるべきです。

同時に、以下の記事も是非、見ておいて下さい。
もみじ
極めて重要な記事です。
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2014/05/1852.html?g=132107



ガン・白血病闘病記なんてブログもウソのサイトが結構多いそうです。
無論、本当のものも多くあるかもしれませんが・・・

目的は、検索した時の洗脳~ミスリードが目的かと考えられます。
ミスリードの目的は、抗がん剤・放射線治療・手術といった3大治療を
正当化し頭に叩き込むのが真の目的でしょう。

ガン・白血病検索サイトには、そういった洗脳サイトが実に多いです。
それによって、人の運命と生死が決まってしまいます。
洗脳サイトの大元の主管は、人口削減委員会~イルミナティです。
そういった連中に殺されないために、私はブログ記事やメルマガを書いています。


関連記事

アボカドの成分が白血病の原因である
「がん幹細胞」だけを攻撃することが判明!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12145377387.html
フェイスブックのシェア~36000



『白血病について』〜重要資料 より転載


急性白血病と慢性白血病

一般の病気とは異なり、白血病の急性および慢性はそれぞれ異なった疾患です。
故に急性白血病の経過が長引いても慢性白血病になる訳ではありません。
成熟していない若い白血球が増加するものを急性白血病、
未熟なものから成熟した細胞まですべてが増加するのを慢性白血病といいます。
臨床経過も異なり、急性白血病は急激に発症し著明な貧血や白血球増加、
血小板減少(出血傾向)を伴います。慢性白血病の白血球数は著明に増加
するのですが、症状のないことも多く健康診断時に偶然に見つかることが
多いようです。



『がんの盲点―白血病はがんではない』
(大沼四廊著 創英社)~より抜粋

白血病治療でよく聞く骨髄移植。
それは「骨髄が造血機能を持っているので、
他人の骨髄を移植して造血を促す」という。

しかし医学研究では骨髄造血は否定されている。
血液は腸管で作られる腸管造血が病理観察でも認められている。

 
大沼氏は「西洋医学の盲点は実に多い」という。
とくに「白血病に関する盲点は、発病原理から違っている」と指摘。
それは「ストレスで細胞が局所壊死し、
壊死細胞を適宜排除できなくなることに起因する」


●死んだり疲弊した白血球細胞 

白血病はガンでない―という根拠を大沼氏は3点あげている。

(1)過労白血球:「白血病細胞は、薬の使い過ぎや過労状態で
『だれにでも見られる細胞』である。
過酷条件下でできた寿命のつきた白血球の死骸や成長の止まった白血球である。
狂って増殖したものではない」 

つまり、白血病細胞は「疲弊した白血球」にすぎない。

(2)顆粒球細胞:
「たとえば顆粒球は交感神経作用で増殖し、副交感神経作用で減少する」。
増減は自律神経(ストレス等)によって左右される。

また白血病細胞は
「血液を浄化し、体液中のPH改善で健全細胞に生まれ変わる」。
つまり白血病細胞は健全な白血球に変化するのだ。
これは、血液を正常化すれば白血病細胞も消えることを意味する。

(3)可逆性変化:
「白血病は骨髄での造血機能障害と言われているが、
骨髄造血の正式論文は存在しない」
「血液ガンと言われるが、血液は浄化することで瞬時に戻る。

白血病は実は可逆性があった」。

白血球が白血病細胞になる。

同時に白血病細胞は白血球にもなる。





●解熱剤、抗ガン剤が悪化させる 

大沼氏は初期高熱に用いられる解熱鎮痛剤が
「白血病を発病させる」と痛烈に指摘。

「白血球細胞は、化学薬品(解熱剤)を〝非自己″と認識し、
食菌して自己を守ろうとする。
食菌した白血球は、薬の成分で白血病細胞に変わっていきます」

なんのことはない。投与する治療薬が、白血病を悪化させている。

「疲労細胞」だから、その原因を取り除けば、
健全な「白血球」に変化してくれる。

よってベストの白血病治療は、
ストレスや過労を避ける徹底した休息にある。

有毒な解熱鎮痛剤や猛毒抗ガン剤を投与すれば
ストレスを増大させ白血病細胞が健全細胞に変化するのを妨げる。


★これで安心! 

血球細胞は千変万化する……この真理から、
白血病細胞も健全細胞に変わるのは当然。

ストレスを避ける徹底休養、少食菜食こそベスト治療。


(以上、引用終わり)
----------------------------------------------



内海 聡 医師より

白血病は癌ではない

日本での白血病発症率は10万人に約6人という。
発症すると血液を造る造血幹細胞がガン化して、
血液や骨髄の中に異常な白血球が〝増殖〟する、という。

この〝異常〟白血球の種類によって
「リンパ性」と「骨髄性」に分けられる。
さらに進行の速さから「急性」と「慢性」がある。
この分類に入らない「成人T細胞白血病」という種類もある。
「急性」は数カ月で死亡する可能性もあるが、
「慢性」は発症から3~5年たって「急性」に転化する場合が多い。
これが、一般的な白血病の〝定義〟である。

しかし、これらの定義が正しいとは限らない。
  医学界には──「白血病はガンではない」と断言する立場もある──からだ。
ガンではないなら「血液中などに見られる異常な白血球は、何なのか?」。
それは、なんと「ただの〝くたびれた〟白血球にすぎない」という。
「白血病はガンではない」といえば、首をひねる人が大半だろう。
医学界は猛反発するはずだ。
しかし、「疲弊白血球説」は、十分にうなずける。
「十分な休養を取ることで、白血球はもとに戻る」という。 
「疲れたら休め」。
これは健康維持の鉄則だ。

さらにここでもうひとつ、大事な事実がある。
「現代医学はガン細胞の定義をあきらめました」
「現在の医学界ではガン細胞の明確な定義はありません」
(近藤誠医師、慶応大医学部講師)
標準的な白血病治療とは「抗ガン剤による化学療法が中心」という。
くわえて「骨髄移植」や「臍帯血移植」などを〝必要に応じて〟行なう、という。
これだけ手を尽くしても、5年生存率は40%にすぎない(急性骨髄性の場合)。
つまり10人のうち6人は5年以内に死ぬ。
白血病治療薬のマイロターグは致死率90%を超える。

「『白血病はガンではない』──これが、私が過去二〇年以上にわたって
自然治癒の研究を続けてきて一五〇種類以上の難病と対峙し、
それらを克服してきた結論です」
大沼四廊博士(生化学)は著書『がんの盲点』(創英社)で明快に述べている。
 
「(白血球の一種)顆粒球は、交感神経の作用で増殖し、
副交感神経の作用で減少する細胞である。また、血液を浄化し、
体液中のペーハー(pH)を改善することで健全な細胞に
生まれ変わることが確認されている」

「白血病は骨髄での造血機能の障害と言われているが、
骨髄で造血されているとした(骨髄造血説の)正式な論文が、
この世に実在していない。
あるのはすべて(血球を)発見したという存在説である。

また、他のガンと異なって腫瘍を作ることもなく、マーカーも存在しない。
〝血液のガン〟と言われるが、
血液は浄化することで瞬時にもとに戻ることが証明できる。
つまり、これまで普遍的疾患と思われてきた白血病だが、
実は可逆性(もとに戻る性質)があった」(以上、同博士)
 
「骨髄造血説」自体がペテン中のペテンである。


(以上、引用終わり)
----------------------------------------------


『白血病、千島学説、癌治療における少食と断食の価値』
http://cancer-treatment-with-diet-cure.doorblog.jp/archives/30975825.html

骨髄移植は無意味であり、逆効果。

白血病の真の原因は小腸の絨毛の損傷にある。

損傷させる一番の原因は放射能で、
次いで薬剤(抗生物質、鎮痛剤、精神安定剤など)。

結局、白血病になったらどうする事がベストなのか?

白血病の改善は真っ先に食事改善をして、
「半日断食」や「週末一日断食」などの
安全な『短期間の断食』をする。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


赤血球母細胞は腸壁で発見された!

http://www.daitouryu.com/iyashi/jouketsu/jouketsu02.html より

 千島学説を支持する森下敬一医学博士は、
「赤血球母細胞は腸の壁で発見されたことが
『腸造血説』のキメ手になった」と述べています。
 赤血球母細胞はその名の通り、
赤血球を生み出す母親の細胞であり、
この大型の細胞が腸の壁の「腸絨毛組織」だけに
存在することが実験によって確認できたのです。

 この様子は顕微鏡写真に収められ、
食べ物が赤血球母細胞に変化し、
発展していく総てのプロセスが記録され、
赤血球母細胞から赤血球が生み出され、
血流に送り出されていく事実が確認されたのです。
 これは間違いなく、血液は腸で造られているという、
「造血のメカニズム」が確認できたのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤血球が細胞に変わるのを顕微鏡で見た3人。
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-1383.html より

実際に「赤血球分化説」の検証をした学者もいた。
 その一人が森下敬一医学博士で、
森下博士は顕微鏡下に、
千島が見たものと全く同じ現象を観察することができた。
森下博士は、ウサギの赤血球よりももっと大きな
ガマの赤血球を使って観察してみることにした。
すると、赤血球が変化して
細胞核を持つ一個の単細胞になっていく
一連のプロセスを観察することができた。

そしてその細胞を染色したところ、それは立派な白血球だった。
つまり、ガマの赤血球が時間を経て
白血球に変わってしまったのである。
つまり「赤血球が細胞に変化する」ことを
そのままはっきりと裏付けるものだった。
森下博士はその後もウサギを使って
「骨髄で血液は造られていない」ことを確認し、
千島学説の正しさを全面的に認めた。
森下博士のこの観察成果は、
1957年3月24日の「中部日本新聞」夕刊紙上に、
十段抜きという大きな扱いで華々しく報道された。







写真をみると肝細胞のあるところに
多数の赤血球が存在している。
「丸い核」がはっきりと見える肝細胞がある一方、
移行期にある肝細胞は「丸い核」が
うっすらと見え始めている。







オタマジャクシの脾臓も同じ
赤血球が脾臓に無数に散乱している。
ところどころに、赤血球から脾細胞(一種のリンパ球)
及び両者の中間移行型の細胞が存在。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


森下・千島学説は、万能細胞の存在を予言していた
http://plaza.rakuten.co.jp/healthycyuunen/diary/201202120000/ より

赤血球や白血球がお互いに変化しあっている・・・という、
当時としては仰天理論であった。
しかし森下博士は、顕微鏡で
赤血球が白血球を"産み出す"瞬間を動画フィルムでとらえている。
この血球の「可逆分化説」も、現在では完璧に証明されている。

安保教授は「赤血球、白血球、血小板などが互いに変化するのは、
現代医学では常識だよ」とニッコリ。
つまり、何十とある各種血球細胞は、
生体の必要に応じてお互いに変化しあっているのだ。
このダイナミックな動きは、全身細胞の相互間でも活発に行われて
いることが近年、立証されている。


<転載終わり>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






お知らせ

2月22日~最新のメルマガを配信しました。

メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!





殺害映像を公開します。
テレビでは病気で死んだと演出されていますが、
こんなヘンな病魔など存在しません。
すべては収奪のために仕組まれた計画なのです。
真っ赤な嘘です。


医猟組織犯罪 殺人工場の悪夢
小児ガン発がん剤による薬殺ビジネス