BSE牛肉食べ放題の国・ニッポン!





始めに

ここ最近、BSE~狂牛病という活字をテレビや新聞、週刊誌などで
ほとんど目にしなくなりましたね。
報道管制でも敷かれているのでしょうか?
実は、こういった時が一番危険でヤバイんですよね。
日本国民は・・・本当に忘れやすい民族ですから。


ハンバーグ、ミートボール、レトルト・ビーフカレー、牛肉缶詰、
大手牛丼チェーン店、大手外食チェーン店、大手焼肉チェーン店、

学校給食に、ハンバーグ、ミートボール、
病院の入院患者の食事に・・・介護食にも。


お母さんは、まさか、お子さんの弁当に、ハンバーグやミートボールを
入れていませんよね。
いずれ・・・・・・、大変な事になっても知りませんよ。

学校・教育関係者の皆さんは、学校給食に、ハンバーグやミートボールを
出していませんか?
放射能汚染食材を積極的に取り入れ、「食べて応援」に協力するだけでは飽き足らず、
米国にも「食べて応援」する訳ですね・・・BSE疑惑牛肉を。
学校で、あなた達、一体何を教えているんですか?
未来ある子供たちに、早く死ぬ方法でも伝授しているのですか?

世界に表示されているBSE検出の統計は、氷山の一角。
実際には、その何百倍もあると疑ったほうがいい。
皆さん、この事を是非、頭に入れておいて下さい。
家畜業者も、少しでもBSEの疑いのある牛は、秘密裏に処分し、
闇市場に流して損益を出さないようにするのは常識の範疇。


2010年の春から夏にかけて、日本では、日本の宮崎県南部を中心に
口蹄疫の流行したのは記憶に新しい。
そして、韓国では、2010年の11月から翌年にかけて、韓国全土で
口蹄疫が大流行した。

日本と韓国に共通するのは、米国からのBSE規制緩和への圧力に
激しく抵抗していた点である。
不思議な事に、世界でこの2国に、集中的に口蹄疫が大流行した。
米国からのBSE規制緩和への圧力に、素直に応じていれば、
口蹄疫も両国で蔓延しなかったのではないかと噂されています。

そうそう、もう一つ共通点があった。
日本も韓国も、米国の準植民地であるという一点。
やはり、逆らっちゃぁ~いけないんだね、宗主国に。
くわばら・・くわばら・・・




2016.04.10
危険な牛肉、流通の恐れ…牛のBSE検査を国が大幅緩和、
これまでの危険部位も検査対象外に

http://biz-journal.jp/2016/04/post_14619.html

今、日本の牛のBSE(牛海綿状脳症)対策を一変させるBSE国内対策見直しによる
食品健康影響評価作業が、食品安全委員会プリオン専門調査会で行われている。

これまでBSE検査対象牛は、48カ月齢以上の全頭だったが昨年12月、
厚生労働省は対象から健康牛を外し、と畜場で運動障害や神経症状等がある
24カ月齢以上の牛のみとすることを食品安全委員会に諮問。
同評価作業はこれを受けたものである。これにより、
ほとんどの牛は検査対象にならなくなる。

2001年に日本でBSEが発生して以降、全月齢の牛を検査対象とする全頭検査体制を
確立していたが、13年4月から検査対象牛を30カ月齢以上の牛に、
同年7月からは48カ月齢以上の牛を検査対象にするよう規制を緩和してきたが、
今回の見直しで原則検査をしないという方向に抜本転換することになる。


海外では発生相次ぐ

では、世界的にBSEの発生はなくなっているのであろうか。
今年3月には、フランスでBSE感染牛の新たな発生が確認されたばかりか、
昨年はアイルランド、ノルウエー、スペイン、スロベニア、カナダ(以上、各国1頭)、
英国(2頭)でBSE感染牛の発生が確認され、一昨年は、フランス(3頭)、
スペイン(2頭)、ルーマニア(同)、ドイツ(同)、ポルトガル、英国、
ブラジル(以上、各国1頭)でBSE感染牛の発生が確認されている。
このように、BSEは決して過去のものではなく、発生件数は少なくなっているものの、
現在も発生が続いているのである。

そのなかでも問題なのが、異常プリオンが含まれている肉骨粉を含む飼料を
原因として発生する定型BSEではなく、原因が不明で発生する非定型BSEである。
前者は、肉骨粉などの動物性タンパク質飼料の使用規制によって発生を抑制する
ことができるが、もちろん飼料規制が不徹底であれば発生は継続拡大する。

これに対して非定型BSEは原因が不明であるだけに対策も打てず、
発生を抑制することもできない。
現にヨーロッパでは01年から15年までに非定型BSEが90頭も発生しており、
飼料規制が徹底されているなかでも、以下の通り発生が継続している。

・10年:8頭
・11年:8頭
・12年:9頭
・13年:5頭
・14年:7頭
・15年:3頭


脅かされる食の安全

この非定型BSEについては、3月10日に驚くべき研究結果が
農研機構・動物衛生研究所から発表された。
それは、「非定型BSEから新規BSEが出現する現象を確認」という
次のような研究成果であった。


「従来型のBSEとは異なる性状の非定型BSEは全世界で100例ほど確認されていますが、
孤発性と考えられる非定型BSEに関する科学的知見は乏しく、
リスクの推定は困難となっています。
農研機構 動物衛生研究所は、非定型BSEの性状解明に関する研究を進めてきました。

カナダで確認されたH型非定型BSEの材料を牛型プリオンたん白質遺伝子改変マウス
(牛型マウス)で継代培養することによって、新たなBSEプリオンが出現することを
明らかにしました。
このプリオンは牛への脳内接種実験で従来のBSEに比べて短い潜伏期を経て、
BSEを発症させることが確認されました。
新たなBSEプリオンの出現は、非定型BSEが牛群で継代された場合に
病性が変化する可能性を示唆するものと考えられます」

要するに、非定型BSEが動物で伝達を繰り返すことによって、
新たなBSEプリオンが出現する可能性が明らかになったということである。
その新たなBSEプリオンは、潜伏期間が従来の16.2~22.5カ月から14.8カ月と短くなり、
脳内の蓄積パターンが異なるものであった。

では、健康に見える牛を原則検査しないという今回の方向転換により、
この非定型BSEが私たちの食生活に入り込まない保証はあるのだろうか。
この非定型BSEは、高齢牛に発生しやすいと指摘されており、
48カ月齢以上の牛のBSE検査をしてきたこれまでの検査体制であれば
排除される余地があったが、今回の見直しが実現すれば48カ月齢以上の検査は
なくなるのであり、この非定型BSE牛が私たちの食卓に入り込む可能性は高くなる。

さらに、厚生労働省は、これまで危険部位としてと畜場で廃棄していた
扁桃及び回腸遠位部、脊柱を危険部位から外すことを求めており、
脅威はいっそう増すことになる。

食品安全委員会プリオン専門調査会は次回から、
この非定型BSEについて審議をする予定になっているが、
国民の食の安全を守る防波堤になるかどうか、その真価が問われることになる。
(文=小倉正行/フリーライター)

<引用終わり>
------------------------------------------



狂牛病の真実
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Tachibana/9059/tomatoma/bse.htm


 狂牛病は、決して新しい病気ではない。

狂牛病は1990年頃から、専門家の間では人間への感染の危険性が問題視されていた。
問題視はされていたが、その問題が世間に明るみに出ることは、畜産に関わる人々の生活に、
大きな打撃を与えかねない。
もしも勇気を持ってその事実を世間に明るみに出したとしても、反対意見で握り
つぶされるか、政治的圧力で押さえつけられるかのどちらかであった。


1700年代の初め頃から、羊のスクレイビーという病気→(ご存じの通り、
脳がスポンジ状になって最終的に生命維持が困難になり死に至る病気)←は知られていた。
しかし、他の種に感染する可能性が示唆されたのは、ごく最近のことである。
その間、スクレイピーと診断され、処分された羊は数百万頭と言われているが、
発症するまでに最長5年と非常に期間が長い。

発症前に加工され、市場に出回ったものが多数に上るという見解が一般的である。
しかも、スクレイピーは現在でも羊の群があるところなら、どこでも存在する病気である。
ちなみに、この事実はかなり昔から知られていたが、狂牛病騒ぎで有名になった
イギリスでは、長くにわたって何の対策も講じられていない。

加工された羊は、人間の食用になる他、人間が食べられない部分は
砕かれて家畜の餌として市場に出ることになる。
この餌を食べた牛が、狂牛病を発症した疑いがあるという意見が一般的である。


スクレイピーは、ほとんどの動物に感染することが報告されている。 

政府はしきりに隠そうとしているようだが、スクレイピーに感染した羊の組織を使用して、
他の動物に同様の病症を発症させることに成功した例がいくつも報告されている。


感染した動物は、以下の通りである。

サル

ハムスター





山羊

マウス

ラット

ミンク

モルモット


人間での実験はさすがに行われていないが、人間にきわめて近い遺伝子を持つサルが
感染したことから、人間に感染する可能性も非常に高いとされている。
また、口腔内に傷があると、感染する危険性が格段に増すという実験結果も報告されている。
羊から感染する以外にも、羊→牛→人間という感染経路も十分にありえるとされている。


 人間ではどうなのか?


実験データではないが、人間間で感染した例や、
他の種から人間へ感染した例がいくつも報告されている。


狂牛病が発生した農場主が
CJD (人間に感染した狂牛病のことを特にこう呼ぶ) に感染して死亡
(8例 いずれもイギリス)。

○肉や飼料を扱う業種(飼料の試食に携わっていた)で、CJDに感染して死亡。

○神経外科や組織学者が患者からCJDに感染して死亡。

○成長ホルモン (これは人間の死体から採取する) の投与を受けた子供数名が
CJDに感染して死亡。

○人間の死体から採取された、女性ホルモン接種を受けた女性数名がCJDに感染して死亡。

○羊の血清から調製された、狂犬病ワクチン接種によって、CJDに感染して死亡。


人間医学では、CJDは遺伝によって起こるという説が押し通されている。
しかし、犠牲者の家系にそのような症状で死亡した人間はおらず、
親族にもそのような症状を発症している者はいない。
それでも、「遺伝によるものである」という意見を通そうとしている。
そちらの方が政治的にも混乱を招かず、都合がよいからではないだろうか。


 現在生きているほとんどの人間は、すでに感染している可能性がある。

狂牛病が世間に明るみに出たのは、ごく最近のことである。
それまで、狂牛病という病気自体がほとんど認識されていなかったので、
「立てないのは足の関節の欠陥」と診断され、そのまま処理されて肉に
なってしまっていた。
しかも、そのような例は「よくあること」と認識されており、
特に対策も講じられていなかった。

また、脳や神経組織などは、すりつぶして安物のソーセージに増粘剤として加えられたり、
他の臓器と一緒にミンチにして、ハンバーガーの中に挟まっている肉になったりして
いたのである。
最近、狂牛病騒ぎでそのようなことはなくなったが、
近頃までごく当たり前に行われていたことである。
イギリスでは未だに平然と行われている。

CJDは、感染までに十年と言われているが、病原体を摂取する量によって、
発症までの期間が増減する。
近年、突然痴呆症のようになってしまう症例がたびたび報告されているが、
昔はこのような症例はほとんどなかったとされている。
CJDに関連するものである可能性も示唆されている。


 政府の安全宣言は本当に信じてもよいのだろうか。 

「狂牛病の病原体は、脳・神経組織・腸・リンパなどの臓器に
集中しており、肉は大丈夫」と発表された。

専門家に言わせると、それは「真っ赤なウソ」である。
おそらく、少し知識のある人ならば、間違いであることを指摘するであろう。

病原体は、発症するまでほとんどの器官に存在する。
ただ、発症する頃には、脳・神経組織などの器官に病原体が多数存在し、
そこに集中しているような状態になっている、というだけである。

また、リンパの毛細管は血管のように体内をほとんど網羅しており、
当然普通の肉の中にも含まれている。
それを手作業で切り分けるのは絶対に無理である。

また、神経組織も同様である。神経組織は束になっていれば目に見えるが、
普通は1本1本が分かれた状態で筋肉上に存在する。
神経1本1本をすべて除去するなど、獣医にも無理な話である。
今では検査されているため、「検査済み」ステッカーが貼ってある肉を
食べるなら大丈夫である。


 イギリス産の肉は、ものすごく怪しい。

スクレイピーに感染した羊肉を摂取することで、人間に感染する可能性は
実験データがないのでわからないが、イギリス産の羊肉は、食用が禁止されている。
これは、イギリスの羊はスクレイピーに感染している割合が高いためである。
「可能性」ではなく、実際感染している割合が高いのだ。

また、牛肉に関しても不透明な部分が非常に多い。
大腕を振って安全宣言をしているが、
狂牛病対策はほとんど行われていないと言ってよい状態だ。
処理業者はもちろん、農場主でさえそのようなことに気を配ることはない。
対策は発表されているが、ほとんど守られていない。








お知らせ

メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 を10月9日に配信しました。

機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12207218197.html

以上の記事の続編が、★メルマガ第22号となります。

まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!