年間死亡者数はその国の医者総数に比例する!






るいネットさんのサイトより

年間死亡者数はその国の医者総数に比例する
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=303235&g=131107


先進諸国各国の年間死亡者数はその国の医者総数に比例します。
先ず実際のデータを御覧下さい。

国名   医師総数 年間死亡者数 [年間死亡者数]/[医師総数]

スイス   2.9万人  9,2960 人     3.21

スウェーデン  3.5万人 11,5000 人     3.29

フランス 20.7万人 77,1400 人     3.73

ドイツ  30.5万人 102,9000 人     3.32

[年間死亡者数]/[医師総数]の比率は年間死亡者数、
医師総数が多かろうが少なかろうがほぼ一定である事を
御確認できると思います。
世の中で死亡原因の殆どが病気であるのですから、
先進諸国においてその国の医者総数が多ければ多いほど
その国で一年間に死ぬ人の人数が多い、という事実を
どう理解したら良いのでしょうか?!


[年間死亡者数]/[医師総数]の
3.21人や3.29人や3.73人や3.32人は、
「その国の医者一人一人が死を看取った患者の人数」と言えば
聞こえが良いが、医者総数が多ければ多いほど死者数が多いと
いう事から「医者一人一人が年間に殺害した患者の人数」と
解釈した方が妥当なのではなかろうか?!

この[年間死亡者数]/[医師総数]はアメリカナイズの進んだ国では、
更に増大する事となります。
つまり人間関係が物質的打算で更にドライになった文化の国々です。

国名    医師総数  年間死亡者数 [年間死亡者数]/[医師総数]

オランダ 4.8万人  20,5800 人     4.27

英国   16.8万人  77,1600 人     4.66

米国   74.1万人  394,8200 人     5.33

日本   26.4万人  144,7500 人     5.49

つまり、アメリカナイズで物質的打算が極限まで押し進められた
国々では「医者一人一人が年間に殺害した患者の人数」が
オランダ4.27人、英国4.66人、米国5.33人、
アメリカ以上にアメリカナイズされた国・日本では医者一人一人が
何と5.49人の患者を一年間に殺害する計算となります。

実際、薬の本当の副作用を知り尽くしている医者が、
病院・クリニックの儲けの為、他の病院・クリニックとの競争のため、
副作用を利用して収益をあげるための手段である顧客としての患者を
益々重病に陥らせる事例が後を絶ちません。

自分の健康は自分で護る事が一番良い事です。
私の知っていた人達を見回してみても、医者任せにした人達は、
医者の処方した薬の副作用で必ず廃人にさせられるか、死亡しています。

現在、病院やクリニックで広範かつ大量に使われている医薬品の
主だった物の副作用を示して見ましょう。

自称利尿剤のアルダクトン・ラシックスは
統合失調症(発狂)の副作用が有ります。

胃潰瘍患者用の食欲増進剤とされるアルサルミンは
大量のアルミニウムが含まれておりアルツハイマーを
急速に進行させます。

アミノ酸点滴剤の中、成長ホルモン直前物質である
アルギニン入りの物を癌患者に投与すると初期癌が瞬く間に
巨大化し腹膜播種も引き起こします。

血液をさらさらにすると称して投与するバイ・アスピリンは
強力に胃潰瘍、十二指腸潰瘍を引き起こす副作用が有ります。
そのようにして知らない内に胃潰瘍にさせられている貴方に、
医者は決まって胃潰瘍で血液を失うから貧血剤・増血剤として、
酷いときにはフェロミアという鉄剤の劇薬を、そうでなくても
インクレミンという鉄剤を投与します。
フェロミアとは若い人でも修に1回以上呑めば実が持たない位の劇薬です。
何が劇薬かというと、胃潰瘍に罹っている人がフェロミアを呑まされると
度々の大量出血が胃腸から起こります。
そしてフェロミア、インクレミンいずれもそれを呑み続ければ
胃潰瘍を胃癌に発展させます。


以上転載終了
---------------------------------------------




関連記事


その一

病人がいなくなると病院経営は成り立たない
~病院や薬品会社は、本来病気でない人も病気にしていまう~

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=307019&g=131206

「殺人に手を貸すのは私はもう耐え切れません。もうやめました。」

と看護師長からメールが来ました。




その二

内海 聡 医師

「悪魔に魂を打っていたと気付いた医師の話」
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=859893924094362

白血病で亡くなった息子が抗がん剤は拷問以上だと教えてくれた
草思社 定価 \1,575(税込) 丹羽靱負 著       

以下転記

私が抗がん剤を使わない、なんとかがんを治すクスリはないかと
生薬の研究を始めたのは今から27年前。
私の息子が小学校2年生で白血病になりまして、
抗がん剤で生き地獄を見まして、死んで行きました。
そのことがキッカケです。

当時、京都大学医学部を卒業して23年。
京大で私はSLEの専門家だった。
(全身性エリテマトーデス。自己免疫疾患のうち、
代表的なものが膠原病で、膠原病のうちもっとも多臓器に
わたるのが特徴なのがSLE。
自己抗体や免疫障害を主微とする疾患である)
英語の論文を20以上書き、東大の患者もほとんど私が診ていました。

患者さんが来ると、まずはプレトニン(ステロイドの一種)を
20錠くらい飲ませる。
ところが、プレトニンでコントロールできるのはわずか10人のうち5人。
あとの5人はなんぼ飲ませてもびくともしない。
プレトニンを100錠、200錠、点滴のなかに入れてばんばかやるわけだ。
次に抗がん剤をやるわけだ。
がんというのは、人間の正常な細胞とそれよりも何十倍も強いお化け
みたいなものとが共存しているんです。

抗がん剤をやると患者さんはゲーゲー吐きながらしんどいと訴える。
そうすると医者は、検査のデータを見せて、
「あんた何をいっているんだ!このとおり抗がん剤でガンが
小さくなっているのに。」
マーカーの数値が下がっているのを見せられて患者さんは
「すみませんありがとうございます。ゲーゲー」と感謝する。
そこでまた抗がん剤。ゲーゲーやる。
人間が死にかかったら抗がん剤をやめる。

がん細胞がどんどん大きくなってマーカーが3倍4倍。
また抗がん剤やる。患者さんゲーゲーやる。
「先生もうやめてください。」という。
「なにいってるんだ、マーカーが下がったじゃないか!」
「あ、ありがとうございます。」

ゲーゲー。また途中でやめる。マーカーが上がる。またやる。
ゲーゲーありがとうございます。を繰り返しながら苦しんで
死んでいかなければならないんです。
がん細胞のほうが絶対に人間の細胞よりも強い。
絶対にがんよりも人間のほうが先に死ぬ。
それは自然の摂理であります。

僕はそんなこと分かっていたけど、卒業して23年。
大学でもこれしか教えてくれないし、教科書もこれしか書いてない。
だから何百人ものがん患者さんが抗がん剤でみんな苦しんで死んで
いくのを見届けるしかなかったんです。

ちょうどいまから27年前に私の自慢のかわいかった長男が
白血病になりました。
親子だから自分の病院に入院させたら注射も駄々をこねてさせて
くれないと思い、当時、西洋医学が全てと思っていた僕は、
高知大学病院に入院させました。

先生たちは丹羽先生の子供だから最上級の治療を、と言って、
高額な抗がん剤をばんばん打ってくれました。
1年3ヶ月。
おそらく医者が何万人集まってもこんな凄惨な死に様は
見ていないというくらいの地獄を見ました。
私は医者をやりながら神さん、仏さんはどうして自分のいちばん
かわいい息子のこんなむごたらしい姿をみせるのだと。
神さん、仏さんはなにを考えているのだと思いました。

私は息子の剛士が亡くなって初めて目が覚めた。
私が何百人ものがん患者に抗がん剤をやっていたけど、
そんなの効果がないことは分かっていた。
だけど、これしか大学では教えてくれなかったし、
本にもこれしか書いてない。
私は23年間、何百人ものがん患者さんを苦しめて死なせてしまった。
神様が私に抗がん剤をやめさせるためには他人様を苦しめても
分からないから、自分の最愛の息子の、この世の最悪の生き地獄で
見せないと分からないだろうと。


以上転載終了
---------------------------------------------



管理人

今日、この記事を推考している途中に、
ある方から、メッセージが来ていました。
何という偶然でしょう。

内海医師のサイトの記事中にも出ていましたが、
お母様が膠原病で苦しんでおられると・・・

以下、引用させていただきます。
(匿名扱い)

日付:2015年08月29日

件名:もたぎ茸について

突然のメッセージ失礼します。
いつもブログ拝読してます!
このブログのおかげで今まで気付けなかったこと、
気付こうとしなかったことに気付き、
自分の頭で考えるようになりつつあります。
まだまだ未熟でブログの内容によっては頭が追いつかない
こともありますが(´ヮ`;)
こらからも更新をよろしくおねがいします!

この度メッセージを送ったのはたもぎ茸についてです。
たもぎ茸は膠原病、皮膚硬化症にも効果はありますか??
実の母が膠原病と診断されで日々治療に励んでいます。
職場の健康診断での肺の異常から発覚しました。
母は完璧現代に染まっているので(コンビニ弁当も平気だし
冷凍食品や添加物表示も特に気にせずも平気で摂取)
根本的に生活改善をしなければ意味はないのかもしれませんが…

ただ、
入退院を繰り返し、少しの階段でさえ息切れをし、
少し正座をするだけで足先が壊死してるかのように青白く
変化してしまう母の姿がとても辛いのです。
離れて住んでる為
(と言っても車で1時間もあれば実家に行けますが)
直接の生活改善指導というか手助けはなかなかできず
たもぎ茸がいいきっかけになって欲しいと思うのです。
下手な文章ですいません。
たもぎ茸の膠原病に対する有効性
もしくはその他の情報など教えていただけたら幸いです!
お忙しい中メッセージ失礼しました。

これからも健康に気をつけて更新頑張ってください!
応援しています!!


---------------------------------------------



管理人

病気には様々な病名がつきます。
まさに多種多様。
その原因も色々ると思います。
非常に複雑であるかのように見えますが、
その根本原因は、大きくみて幾つかに分けられると
思います。

食品添加物(毒性化学物質)

放射能や電磁波、レントゲン撮影・・・

重金属や排気ガス

細菌やウィルス、そしてカビ菌。


これらのものが、身体を汚染したりして、
身体の細胞や遺伝子を傷めたり、酸化させている訳です。
ボロボロになり酸化してしまった人の身体は、
様々な形を取って病気を発症することになります。
まず、本人の一番弱い細胞からやられます。
様々な病気の形を取るというのは、つまり、
そういうことなんだろうと考えられる訳です。

大元は、極めてシンプルだと思います。
しかし、国民の多くが、現代医療を頑なに信じ込んでいます。
幾ら、周囲の人間が話し諭しても絶望的なくらい無理です。
つまり、ご本人の意識の覚醒が無い限り、本当の治療に
進んでいくことは有り得ないと思う訳です。

私の両親も鉄板の洗脳された人間でしたから、
何を言っても全くの無駄に終わりました。
全く受付つけないのです。
まるで、プログラムされたロボット人間の様相を
呈していました。

悲しい話ですが、こういった洗脳された先輩たちが、
今の悲惨な日本国にしてしまった部分も多々あります。
311を契機に、その事実が洪水の如く、世に溢れ出て
来たのが真相なのではないでしょうか。
本当に残念なことです。

病気を治すということは並大抵のことではありません。
ある一つのことをすれば大丈夫といえるものなんて
この世には存在しません。

食生活を含めた生活習慣の改善が大前提となります。
その上で、様々な良いと思われる健康食品やその他の
方法を取り入れて治していく以外に、方法は無いのです。

世界や日本を支配している悪魔のような連中が、
どれだけ人の命を間引くかを競い合っています。
本物は、ことごとく潰されるか闇に葬られて来たのです。
悪魔の連中の人命削減の切り札は、抗がん剤です。
抗がん剤の本質は・・
猛毒発ガン物質マスタードガス(イペリットガス)です。
こんな事実さえもほとんどの国民が知らないのです。

人命削減して薬品でボロ儲けするというのが、
現代医療の鉄則であり、真相なのです。
この真相に気付かない限り、何を言っても
全く意味が無いのです。


そして、放射能やレントゲン撮影・・・
毒物の添加物だらけの店頭に並ぶ食品を
毎日・年中、食べさせられ続けた挙句に
放射能と放射能汚染食材でトドメを刺される。

何という哀れな国民なのでしょう。
以下の可愛そうなネコの写真は、
今の、そして、未来の・・・
私たちの哀れな姿ではないのだろうか!?







『向こう側へ…』
http://blogs.yahoo.co.jp/shihihaida/10244288.html

その夢をかなえるには
あなたの愛すべてが必要だから
来る日も来る日も与え続けなさい
あなたの命がある限り
すべての山に登りなさい
すべての流れを渡り
すべての虹を追いかけなさい
あなたの夢を見つけるまで




               Good bye Yesterday