ガザ:夜明けの大虐殺 ~日本語字幕~






[ドキュメント]ガザ:夜明けの大虐殺 ~日本語字幕~





隠れキリシタンさんのツイ―トより
https://twitter.com/Apocalypse1945/status/485542969009635329

@FIFI_Egypt フィフィさん。悲報です。
パレスチナ人の少年が誘拐され、生きたままガソリンを飲まされ、
火をつけられ殺害されました。
燃え盛る中でお母さん!お父さん!助けて!と何度も叫んだそうです。
今読売TVで知り、号泣してます。
絶対にRTお願いします。
大拡散希望です。酷すぎる




アラファト:ハマスはシャロンの子供である
http://www.larouchepub.com/pr/2001/2850arafat_on_hamas.html

アリエル・シャロン - イスラエルの第15代首相。

アラファト:

1929年8月24日 - 2004年11月11日)は、パレスチナの軍人、政治家。
パレスチナのゲリラ指導者で、天才的な戦術家として知られる。

パレスチナ自治政府初代大統領。
パレスチナ解放機構(PLO)執行委員会議長



イスラエル VS ハマス ← 戦争の構図

しかし、このハマスは、イスラエルが作ったと

PLO議長アラファトが、世界に暴露した。



その結果、アラファトは暗殺された。


イスラエル大統領による、アラファト議長暗殺への関与を認める発言
http://japanese.irib.ir/news/commentaries/item/34520-%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A8%E3%83%AB%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E3%80%81%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%88%E8%AD%B0%E9%95%B7%E6%9A%97%E6%AE%BA%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%96%A2%E4%B8%8E%E3%82%92%E8%AA%8D%E3%82%81%E3%82%8B%E7%99%BA%E8%A8%80



エマーディー解説員

シオニスト政権イスラエルのペレス大統領が、
パレスチナ自治政府のアラファト前議長の暗殺に関与していたことを、
初めて認めました。
ペレス大統領は、アラファト議長の暗殺の事実を認めた上で
「アラファト議長とは、まだ協力の余地があったがゆえに、
彼は暗殺されるべきではなかった。アラファト氏亡き後、
事態はさらに複雑化している」と語っています。


アラファト議長は2004年10月12日、
病気の治療の為フランスの首都パリの郊外にある軍事病院に入院しました。
アラファト議長の容態は、フランスでも思わしくなく、容態は悪化します。
それから1ヶ月もたたない2004年11月11日、
アラファト議長は死去しました。

彼は、死去する2年前から、パレスチナ議長府のあるヨルダン川西岸の町
ラーモッラーにて、イスラエルにより軟禁状態に置かれていました。
アラファト議長死去のニュースが発表されて以来、多くの政治アナリスト
や活動家、さらにはメディアの間でアラファト議長の死因をめぐる疑惑が
浮上しました。

報道の多くは、アラファト議長は自然死ではなく、衣服から検出された
放射性物質ポロニウムにより毒殺された可能性があるとしています。
当時、アラファト議長暗殺事件の容疑者は、やはりイスラエルでした。
しかし、イスラエルはこれまでアラファト議長の暗殺を否定していました。

しかし最近、パレスチナ当局とアラファト議長の妻が死因究明のための
再調査を依頼したことから、昨年11月末に外国の専門家により遺体の
掘り起こしと遺体サンプルの採取が行われています。

イスラエルの政府関係者がアラファト議長の暗殺への関与を認めたのは、
これが初めてです。しかし、彼の妻であるスハー・アラファトは、
昨年11月下旬、、遺体を掘り起こす前にアラファト議長がイスラエルに
より暗殺されたことを明らかにしています。

アラファト議長の妻は、自らの主張を証明する証拠として、
パリの軍事病院で採取された、100に上るアラファト議長の検体サンプル
が存在すると語りましたが、軍事病院側はこれらのサンプルの存在を否定
しています。

ペレス大統領がアラファト議長暗殺への関与を認める発言に至ったのは、
アラファト議長の妻の発言ではなく、明らかに彼の死後イスラエルの国情が
深刻化していることだと言えます。
ペレス大統領のこの発言は、国際社会にとって、何よりもイスラエルの
本質を明らかにしています。

また、イスラエルの本質がテロやテロリズムと直結していることも事実でしょう。
非政府系のテロ組織アルカイダなどとは違い、イスラエルは世界における
政府系テロが具現したものといえます。
重要なことは、ペレス大統領の今回の発言により、パレスチナ自治政府には
国際刑事裁判所に提訴する権利が出てくるということです。


<引用終わり>
*****************************



http://megalodon.jp/2009-0524-1059-27/www.vaticanassassins.org/kolvenbach.htm

上の組織図は ↑ 必見です。
是非、一度、見ておいて下さい。

RELIGIOUS GROUP の中に、Hamas & Hesboll とある通り、

ハマスもヒズボラもイルミナティの傘下に位置づけられています。

アルカイダが、米国CIAとイスラエルのモサド合作の創作物である事実と

よく似ています。


少し調べれば、誰にでも分かります。
ハマスの正体は、イスラエルの傀儡です。

この真相を日本のマスコミは、一切知らぬ顔を決め込んでいます。
本当に腐りきった連中です。
真相の一切を闇に葬り、デタラメの捏造情報ばかりを
国民に垂れ流しています。

その日本のマスコミは、今度は、日本国民を戦争に導く為に、
最大限の協力をしている始末です。

心ある人は、この事実を拡散して下さい。
イスラエルは、全く根拠の無い大量殺戮をし続けています。
今も、子供や市民が虐殺されています。

皆さん、冒頭の動画を一度、是非、御覧になって下さい。

このままでは、みんな殺されてしまいます。




この世の闇とは、かくもおぞましきものなり



 
財産を最も迅速に増やしたいのであれば、
イスラエルの戦争に投資する事が、一番早く財産を増加させる近道である。
イスラエル建国当時、
イスラエル人は1丁10万円程のピストル3丁=30万円を購入し、
深夜パレスチナの農家に「強盗」に押し入った。

パレスチナの老人、子供、農民夫婦を全員を、皆殺しにし、
あるいは追い出し、5000万円相当の、農家と広大な農場を奪う。
一晩で、30万円が5000万円に「成る」。 
これがパレスチナ問題の深層であり、
パレスチナ戦争とは、「極めて高配当」の投資ビジネスである。 

パレスチナ人が住み、耕していたパレスチナの農地の93%が、
こうして軍事力でイスラエルに奪われて来た。
93%=ほとんど全ての農地を、イスラエルが略奪した事になる。

住民であるパレスチナ人が全員追い出され、
村全体がイスラエルに奪われた村は、531に上る。
仮に1つの村に1000人が住んでいたとすれば、
53万人もの農民が住宅と農地を、暴力で奪われた事になる。


世界各地の貧困地帯、紛争地域で、無料の医療活動を続け、
ノーベル平和賞を受けた医師の集団「国境なき医師団PHR」は、
パレスチナで調査活動を行い、
「イスラエル軍に射殺されたパレスチナ人の過半数は、
背後から頭を撃ち抜かれている」と報告している。 


(中略)  

続きは、↓ 以下の記事を読んで下さい。

http://ameblo.jp/64152966/entry-10786477326.html


<引用終わり>
*****************************