再掲-この40年間、喫煙率は2分の1になって、

肺がんは約10倍になっているのは一体何故!?






クリックすると新しいウィンドウで開きます


wantonのブログ






X線、CTスキャンも安全ではない


日本人のがん死の4.4%は放射線検査によるもの

http://blog.goo.ne.jp/jpnx02/e/43c3fd8cfc68e4b049d5d8537d2748fa


放射性物質が出す放射線には、γ線(ガンマ線)という電磁波もあります。

X線やCTスキャンの放射線はこのγ線です。これは、コンクリートの壁で

やっと止まるくらい、透過力があります。なので、肺がんや脳血栓の検査

に使われる、X線やCTスキャンに利用されています。

新聞やテレビに出てくる放射線の専門家はよくX線やCTスキャンと比べて、

「だから、これくらいの放射線は大丈夫」と言います。本当にそうでしょうか?

しかし、X線を年に何度も浴びたり、同じ部位のCTスキャンを数年間に
渡っ

て何度も取ったりすることは、その部位の発ガンリスクを非常に高めます。

エジソンはX線画像を見ることができるX線透視装置を発明しましたが

(1886年)、その実験台に助手のC.ダリーを使いました。

ダリーは実験のために、両手、両足に何度もX線を浴びました。


彼は、皮膚がんを発病し、結局、手術で両手両足を切断後、

がんが原因で死にました。

エジソンは「X線が私の助手のダリー氏に有害な影響を与えた……」と

気づいて、すべてのX線の研究をやめました。


その後、学会は、X線の量を少なくし、X線技師が年間に浴びてもいい

被ばく線量を決め、X線をとるときはX線技師は鉛の部屋に避難する

ことが義務づけられるようになるのです。


日本人はヨーロッパの多くの国の人々に比べ、X線、CTスキャンの

受信率が非常に高いです。イギリスの7倍もの頻度です。

日本のすべてのがん死のうち、4.4%はこのγ線による検査

(X線、CTスキャン)によるもの、というイギリスの報告もあります。

(A・べリングトン 2004年 『医療用X線による発ガンリスク』)


X線検査やCTスキャンは、本来、肺がんが疑われる人、脳の血栓が

できている兆候がある人が受けるべきものであり、

人間ドッグで健康な人が受けるべき検査ではありません。



http://www5.ocn.ne.jp/~kmatsu/gan.htm ~より


検診による発ガンが疑われる例
乳がん検診のくじ引き試験

Can Med Assoc J, v147,p1459,1992


カナダでの乳がん検診の効果を確かめるくじ引き試験
対象:40~49歳の女性5万人、試験期間平均8.5年
触診だけの放置群、触診+マンモグラフィ、年3回の検診群


            放置群   検診群
     総死亡    :156人 - 159人
     乳がん死亡: 18人 ー  29人
  
検診群のほうが60%増


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ガン検診、百害あって一利なし
http://www1.odn.ne.jp/russia/gan.htm


かなり前から、アメリカでは胃ガン検診が廃止になりました。

発ガン率が上がることがわかったからです。

実施した場合と実施しない場合を比べてどちらがガン死亡率が高いか

を比較しての結果です。

X線撮影による被爆で11.5年の寿命を縮めると言われています。

日本でも最近では、厚労省が「効果がなく、むしろ危険性がある」と

発表して廃止した?ようです。

その他の部位でも同様なので、全部廃止すべきところが実際はそうも

いっていないようです。

乳ガンマンモグラフィ検診など、なぜかコマーシャルで盛んに推奨しています。

これもやはり欧米では有害性が実証されているのに。



世の中というもの、人間というものを知るべき


国家予算の約半分31兆円が医療費、その約半分15兆円がガン治療

費やされています。これに病院・製薬会社・医療機器会社・保険会社・

厚労省・政治家・大学医学部・マスコミが利権を求めて群がっている

という構図。病院は、検査器械だけでも億の金をかけ、大きな建物も

大勢の従業員もかかえているので、


これを使って患者に仕立て上げ

治療と名付けた公認殺人を続けないと、すぐに潰れ、

理事長も院長も夜逃げかホームレスとなってしまいます。


高級外車に乗り尊敬されセレブとしての生活を守り家族が路頭に迷わ

ないよう、正常な判断を捨てるんです。将来批判されたときには、

「当時は皆それがいいことだと思ってたんです。患者さんも納得されて

いたし。医学部ではこれしか習わなかったし。」と言うことでしょう。


歴史を見れば人間とはそういうものだというのを多くの例から学ぶこと

ができます。世の中とはそういうものです。

私だってそうです。親戚に医師や製薬会社の技師がいたり、知人に

医師がいたりしますが、彼らには気が引けて何も言えません。

今日から職を失ってくださいと言うようなものですから。


例えば、岡山大学医学部付属病院の某医師が、同病院のガン患者の

1年間の死亡者の死因の80%はガン以外であったという内容の論文を

学長に見せると、学長は「そんなことを患者が知ったらどんな騒ぎに

なるか君はわからんのか」とわめきそれを破り床に叩きつけたという

話があります。


程度の低い人のいう言葉は決まっています。

「それだったらなんで皆病院に行く?」「それだったら医者は要らない」

昔の軍隊と同様、現代医学も全く信用すべきではありません。

個々の人は善良な人ですが間違いなんです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


嫌煙運動の正体。

http://blog.livedoor.jp/ks_revenge/archives/765579.html


1998年グロ・ハルレム・ブルントラントは自国の大統領を辞任後、
WHOの事務局長に就任し、就任演説でいきなり
『タバコは人殺しである』と宣言。
他にも沢山言うべき事があるだろうに、である。

その後、『環境内タバコ煙(受動喫煙)と肺癌には明白な関連性が認め
られない』という研究報告を出していたIARC(国際がん研究機関)に
それを政治力で撤回させ、WHOの政治力を結集して
全世界的な嫌煙運動を力強く展開。

また、まだ評価の定まっていない、いくつかの研究論文だけを科学的
根拠として持出し、『受動喫煙』は、どんな少量の曝露でも健康被害を
もたらすというキャンペーンを繰広げ、全世界に【屋内全面禁煙】を
押しつける。
ブルントラントに率いられたWHOと反タバコ派の医師たちは、
錦の御旗のように、『タバコの害は科学的に完全に証明されている』と
声高に主張し、その科学的明証性を宣伝。それに反論する者は全て
タバコ会社の回し者か、科学に反対する人類全体の敵であると
一方的に非難。
この際に、ファイザーその他の製薬会社との癒着も指摘されている。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファイザー製薬

チャンピックス - (禁煙補助薬)

主成分 バレニクリン

http://www.weblio.jp/wkpja/content/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%8B%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3_%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%8B%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81


抑うつおよび自殺


バレニクリンを服用中の患者に、自殺念慮・自殺行為・奇異行動・眠気を

含むいくつかの重大な副作用がみられたと市販後調査で報告された事を

発表した。2008年2月1日、FDAはこの件について「Chantix(バレニクリンの

アメリカでの商品名)と重大な神経精神医学的症状に関連がある可能性が

さらに強まった」と警告を発した。


2009年7月1日、FDAは、抑うつ・自殺念慮・自殺行為を含む重大な副作用

が報告されていることにより、バレニクリンを同局の最も強い安全上の警告

である『黒枠警告』に移動した



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



管理人


WHOが、世界の嫌煙運動を推進した事に注目すべきです。

WHOといえば、イルミナティの管理下にある重要組織。

アフリカなどにエイズウィルスをばら撒いたりして、世界の

人口削減を強力に推し進めている確信犯です。

http://ameblo.jp/64152966/entry-11470989137.html

そのような組織が、世界の人々の健康の為に嫌煙運動を

やっていたと信じるのは、あまりにも無知というべきです。


当ブログが、以前から指摘して来ましたが、ケムトレイルによって

新種のインフルエンザやマイコプラズマ肺炎などを飛行機から

散布しても思ったような成果が上がらなかったその理由の一つ

として、タバコのニコチンが、これ等の実験室で生み出された

ウィルスを抑制することに気づいたものと思われます。

それ故、世界的に嫌煙運動を展開したと考えるのが、

最も理に適った考え方であると思います。


イルミナティ傘下の製薬会社の巨大な利益を生み出しつつ、

世界の人口削減を推進していく為には、タバコは大きな阻害要因

であったと云う訳です。

無論、タバコそのものも有害な一面はあるようですが、世界に

おいては、それが過大に誇張されて宣伝されていたようです。


レントゲンのX線の本当の脅威については、もう一度、

我々が再認識する必要がありそうです。

今や、医師会の巨大利権になっています。

ガンとの因果関係を認めることは絶対に無いでしょう。

それによって、100万人死のうが、変わることはありません。

お金が一番なのですから。

本質的には、原発利権と何も変わりません。

被爆により、向こう数十年の間に、仮に1000万人の国民が、

ガンに侵され死んでいこうとも、何も変わりません。

今の国民の意識レベルのままだと、恐らく、それに近いような

悪夢が、何度も繰り返し起こることでしょう。


神のご加護があらんことを!


最近の異常としかいえない禁煙煽りは、

この新型インフル蔓延させる目的!

http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/309.html


ケムトレイル散布用に改造された旅客機内部の様子が

写真で紹介されています(後半)。

http://www.youtube.com/watch?v=ghoaomHQB2g&feature=player_embedded#



<元FBI長官がケムトレイル散布を止めるよう要請した>

http://ameblo.jp/64152966/entry-11468794540.html


       $キノコの光合成  $キノコの光合成
明らかにジェットとは違う専用の噴霧システムが見受けられる…らしい。
この投稿者が見たものもこのようなシステムの内部だったのかもしれない。