一体、何人死ぬのですか?






KAZE to HIKARI さんのサイトより

何人、死ぬのですか?
http://www.kaze-to-hikari.com/2013/06/post-36.html

<一部転載>

川内博史さん(前衆議院議員、民主党)は、
内閣府原子力安全委員会(当時)から、
1ミリシーベルトで1万人に0.55人が死ぬ、
という文書を正式に入手しました。



1ミリシーベルトというのは、1万人0.55人が死ぬのです。
10ミリシーベルトなら5.5人、100だと55人です。
100ミリシーベルトまで大丈夫という人は、
それを許容してしまう、ということです。
         
当ブログ管理人注意:上の数値は外部被爆のみによって試算されたものです。
低線量被ばく(内部被ばく)による影響は入っていません。
内部被ばくを加算すると、恐らく、何倍にもなると思われます。
つまり、100ミリシーベルトに設定すると仮定したら、
1万人の内、数百人が死ぬという計算になります。
-終わり-


そもそも福島事故が起きるまでは、原子力施設の敷地境界に
おける年間の許容線量は1ミリシーベルト、と決まっていました。
なぜ事故がおこったら、それが緩められるのでしょうか。



福島原発事故が起きる前までは、
「100ベクレルの汚染のある放射性廃棄物はドラム缶に入れて
きちんと管理しなさい」となっていたものが、
今は100ベクレルのものは食べてもいいです、に変わったわけです。
学校の校庭の線量が年間20ミリシーベルトまで大丈夫です、
と文部科学省が言っています。
世界の人たちから見ると、
「日本はいったい何をやっているのだろう」と
いうふうに思われるでしょう。


原子力安全委員会(当時)の方たちと、ミリシーベルトと
いうのは人に対する影響のことですから、
それは「人が死ぬ」ということですね、と議論しました。
では死ぬというのは何人死ぬのですか?と問いつめて、
正式な文書を手にするのに1ヶ月くらいかかりました。


「低線量被ばく(内部被ばく)の影響はありますよ、
データがないから分からないのですよ」ということを、
きちんと言った上で、「じゃあ、避難しますか残りますか」
ということを、一人ひとりの人に選択してもらう、
そして、移住することを選ぶ人にはきちんと支援をする、
残る方にも支援をする、というのが、本来の意味での
復興・復旧支援です。


当時SPEEDI情報を隠蔽した、菅さん、枝野さんの罪は
非常に重いものがあると私は思います。
発災直後、政府は大変な罪を犯してしまった。
だからこそ、放射線被ばくの問題については、
厳格にしていかなければならない。



■KAZE解説

この書類は、ICRPによる広島・長崎の中性子、ガンマー線による
外部被ばくの数値で、内部被ばくは一切入っていません。
注目すべきは、内閣府が、死者を予想する数値を
公式に提示した事実です。




$wantonのブログ








インタビュー全文は、以下から ↓
http://www.kaze-to-hikari.com/2013/06/post-36.html

主な発言をピックアップ ↓

☆福島原原発事故が起きる前までは、
「100ベクレルの汚染のある放射性廃棄物はドラム缶に入れて
きちんと管理しなさい」となっていたものが、
今は100ベクレルのものは食べてもいいです、に変わったわけです。

☆LNTの直線仮説(しきい値無し直線仮説)を国として今まで
採用してきているけれど、具体的に"ミリシーベルト"という人に
対する影響はどんなものか、それは「人が死ぬ」ということです、
では死ぬというのは何人死ぬのですか?と議論を詰めました。

☆当時SPEEDI情報を隠蔽した、菅さん、枝野さんの罪は
非常に重いものがあると思います。
ほんとうに政府は発災直後、
大変な罪を犯してしまっていたのではないかと。

☆そもそも自民党政権は、おそらく福島事故などは
「なかった」かのようにしたいのだと思います。

☆だから、野田前総理も、安倍現総理も、
「福島の復興なくして、日本の復興なし」
という言葉を使うんですね。
その「福島」という言葉は、「行政」としての福島なのですよ。
「福島県民」とか「福島で暮らす人々」ということは、
指していないのですよ。

☆きちんと説明したうえで、「じゃあ避難しますか、残りますか」
と一人一人の人に自由に選択してもらう、そして移住することを
選ぶ人にはきちんと支援をする、残る方にも支援をする、
というというのが、私は本来の意味での復興・復旧支援だと思うのです。

☆「復興庁は、ひとりひとりの被害者、被災者、避難者の要望や
要請を聞き支援する役所ではないのだ。自治体支援の窓口なのだ」




< 解説 >

低線量被ばく、あるいは内部被ばくに関するデータは、
広島・長崎の原爆被ばくのデータからは削除されてきました。
世界的な原子力発電所推進政策をある意味、科学的に補完する
組織、ICRP(国際放射線防護委員会)の見識は、この文脈の中に
あると批判されています。

広島・長崎の「黒い雨」で有名になった内部被ばく問題は、
すでに多くの裁判でその実態が明らかになっています。
また、チェリノブイリ原発事故の被害でも、世界中にこの問題の
深刻さが報告されています。しかし、科学の世界では依然、
「はっきりしていない」という不毛な議論が続けられているのです。
このインタビューでは、こうした背景を踏まえながらも、
国が認めている枠組みの延長上ですら矛盾があることを議論しています。



原子力安全委員会からの回答(二枚を結合)  
PDF:放射線によるがんのリスク.pdf

$wantonのブログ



<以上、一部を転載終了>



  福島第一原発1号機原子炉建屋 川内博史撮影映像(字幕付き)