JAL123便墜落事故・自衛隊員への銃撃・
     更に連続自殺⇒パイナップル・ブリゲイズ





   


日本航空123便墜落に関して、
今現在、最も真実に近いと思われる記事。

http://ameblo.jp/64152966/entry-11232911544.html


 【重要記事】
日航機墜落の真実を求めて

http://nvc.halsnet.com/jhattori/nikkou123/


NHK速報の
「待機命令を無視して救助に行こうとした隊員を 射殺」 

NHKアナ「ただいま長野県警から入った情報です。
現地に救助に 向かった自衛隊員数名が、
何者かに銃撃され死者負傷者数名が出ている模様です。
続報が入り次第お伝えします」


この事故(事件?)の1年後から何人もの航空自衛官が自殺に
見せかけられて殺されているようです。

自分も殺されると察したある自衛官は友達に2枚の自殺した
同僚の航空自衛官(1986年7月)の現場写真と決定的な証拠
写真を託して、その自衛官自身も同僚の死後、2ヵ月経った
9月12日に自殺させられたようです。



$wantonのブログ



 わんわん
管理人

自衛隊員・男二人揃って仲良く首吊り自殺なんて聞いたことがない。
殺されたんだね。 
警察官が拳銃で自殺という事件も新聞などで結構目に
するけど、これも、口封じに殺されたのが大半だと思う。

日本の自衛隊の中には、"米軍に徴用された在日朝鮮人部隊"と
いう特殊な秘密部隊の存在があると言われています。

彼等なら、自衛隊員や墜落したJAL123便の生き残り搭乗者を
平気で銃撃したり、殺害出来るのも分るような気がします。

そもそも、幾ら命令されたからといって、自国民の同じ仲間の
自衛隊員や同じ国民を殺害出来る訳がないので、予め、
こういった日本人殺害専門の特殊部隊を創らせたのだろう。

創らせたのは、もちろん米軍CIAの連中である。更に、
この事件に関わる米軍に有利な情報などは、そのほとんどが
組織の特殊工作部隊によって流布されたものと考えて良い。
無論、撹乱情報としてである。


日本航空123便は、米軍機のミサイルによって撃墜された。
墜落したジャンボジェット機の中で、
未明まで生きていたとされるJAL123便の生き残り搭乗者の
40~50名は、特殊な殺人ガスを吸引させられた挙句に、
証拠隠滅の為に焼かれたものと考えられる。


自衛隊の中には、「日本国家乗っ取り」=クーデター部隊の
存在があるといわれており、日本版FEMAがこれに該当し、
陸上自衛隊幕僚監部調査部調査第2課調査別室、通称「調別」
である。

パイナップル・ブリゲイズというのは、この中の日本人暗殺部隊
という事になるのだろうか!?
或いは、在日米軍特殊工作部隊そのものか。

http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-365.html



http://alternativereport1.seesaa.net/article/254217317.html

「政府のやる事に反対意見を持つ市民を殺害せよ、それが軍隊の仕事である。」

「軍隊の仕事は他国との戦争ではなく、自分の国の市民を殺害する事にある。」


米国アイゼンハワー大統領時代に、こうした戦略を立てた「ロックフェラー報告」
を元に、米国では市民殺害用のFEMAと呼ばれる軍隊が作られた。 

この「一般市民に対する暗殺部隊」の創設は、1958年1月、大統領により
採択された、国家安全保障局命令第177=「NSAM.177」によって行われ、
この命令書には「日本にも同様の部隊を創設させる」と記載されている。

この大統領命令に基づき、日本では米国、自衛隊の合同による日本人市民殺害部隊
「パイナップル・ブリゲイズ」が既に創立されている。

このFEMAの事実上の総指揮官が、
オバマ大統領のボス=ズビグニュー・ブレジンスキーである。

 ある日深夜、突然あなたの家に米軍が攻め込んで来る。
玄関は蹴り破られ、あなたと家族は誘拐される。
見知らぬ山中で、あなたと家族は殺害され土に埋められる。
あなたの行き先は誰にも分からない。