ロスチャイルド vs D.ロックフェラ- 

☆どちらの派閥かの見分け方



ある大手のブログで以下のような記述がありました。


(英国諜報機関MI6の情報将校であったジョンコールマンが

書籍で、「ロックフェラーが議員になった時に資産は

ロスチャイルドが管理しており、私は自由に動かせない」と

述べていたことが書かれています。

巷で言われているロスチャイルドVSロックフェラーと

いうような情報はフェイク情報です。)

宝石ブルー

私もこの内容については、以前から知っています。

しかし、あまりにも単純化されて間違いやすいので、

まとめる必要を感じました。

ロックフェラーといっても一つではありませんから。


デビッドとジェイでは、対立しています。

正確には、☆ロスチャイルド+ジェイ・ロックフェラー連合

★デビッド・ロックフェラーグル-プが対立している訳です。

一緒くたにしたのでは訳が分からなくなります。


上に出て来るロックフェラーというのは、もしかしたら、

ジェイのことかもしれませんが、あの部分だけを取り出して

流すと、それこそ逆に、フェイク情報になってしまいます。

つまり、唯一ロスチャイルドこそが悪の大元であるといった風に。


私に言わせれば、双方とも同じ穴のマフィアであり、

マフィア同士の内部抗争を繰り広げているに過ぎません。

この前のリ-マンショックの際には、大やけどを食らったのは、

そのほとんどが、ロックフェラーの連中だと云われています。

無論、仕掛けたのは、ロスチャイルドです。

この対立する両者が、主従関係である訳がありません。


こういった初歩的なところで勘違いすると、先々で大変大きな

間違いや判断ミスをしてしまうでしょう。

私も既に、勘違いをしている可能性もありますので、この際、

最低限のまとめをしておく必要を痛切に感じました。


宝石赤

          ロスチャイルド vs ロックフェラ-

政府紙幣        反対        賛成


9.11は         
自作自演        肯定        否定


原子力推進      賛成       反対?


東アジア共同体    賛成       反対


外国人参政権     賛成       反対


核武装         反対       反対




誰がこの世界激変を仕組んだ黒幕か


ロックフェラー家 vs ロスチャイルド家の
対立構造から次の世紀の主役を読む


藤井昇氏

http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe600.html



 
“英米一体”の日本人の認識はまったくの間違いだ!


アメリカ最大最強の保守本流(WASP=ワスプ)派のロックフェラー

財閥は、イギリス最大最強のシオニスト派のロスチャイルド財閥を

相手に、過去半世紀以上にわたって、熾烈な戦いを繰り広げてきた。


もちろん、イギリス国内に米保守本流の仲間もおり、アメリカ国内にも

英シオニストの同盟者はいる。

しかし、《米ロックフェラー派 対 英ロスチャイルド派》の対立の深刻さ

がわかると、英米は「特殊関係」で仲がよいどころか、英米関係とは、

実は骨肉相喰む、とんでもない喧嘩兄弟であることがわかるのだ。


「英米がともにアングロ・サクソン国家で仲がよい」などというのは、

とてつもなく浅薄な理解であり、そんなことでは、歴史の真相は理解

できない。ましてや、ビジネスに役立つ国際情勢の予測など、

できるはずもない。


アメリカとはそもそも、イギリス帝国主義支配やロスチャイルド家支配

を嫌って生まれた国なのである。

しかし、イギリスは《ロスチャイルド=モルガン》金融枢軸を中心に、

経済的にアメリカを支配しようとするばかりでなく、シオニストの

マスコミ・コネクションを通じて、アメリカ人に対英コンプレックスを

植え付け続けてきたのである。

ビートルズもローズ奨学金(クリントン大統領もその一員)も、

その好例であろう。



戦前の二大政党制の“根”にあった二大財閥の対立構図


簡単ではあるが、戦前、昭和初年代の《政友会 対 民政党》の

二大政党制が、国際舞台における

《米ロックフェラー財閥 対 英ロスチャイルド財閥》の対立と

密接に結びついていた事実を指摘しておきたい。


wantonのブログ


 

ごく単純化して言えば、

戦前日本の《政友会 対 民政党》の二大政党制とは、

《米ロックフェラー 対 英ロスチャイルド》の

日本における代理戦争だったのである。



第二次世界大戦中にトップ・スパイとして活躍し、ナチスの秘密や

第二次世界大戦の真相を知り尽くしていたと言われている

ユダヤ系スペイン人のベラスコという男が、死ぬ前に、

「第一次と第二次の2つの世界大戦は、

二派に分かれたユダヤ資本家らの争いに起因した」、

「第二次世界大戦で真の意味の敗戦国はイギリスだろう」と語っている。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




虚空と君のあいだに-さんのサイトより

http://www.mkmogura.com/blog/2009/12/25/585


GHQ民政局(左)が、A級戦犯を指名し、GHQ情報参謀2部(右)が、

その岸、児玉、笹川をエージェントとして拾った。
 
これは、ロスチャ=民政局と、ロック=G2(参謀2部)の対立である。
 
 
で、やったこと。

天皇を撤廃しようとしている&自分達を戦犯にしたジョージ・アチソンを、

「偶然」飛行機事故で死亡させたわけである。
右翼、CIAでセットだ。
 
で、結果。天皇制が象徴天皇として存続が決定した。

ロスチャイルド      Dロックフェラ-
GHQ民政局      GHQ情報参謀2部
憲法9条       戦争屋と自衛隊
労組や日教組     CIAや神道、反共カルト
北朝(左派全羅道)  南朝(全羅道右派+慶尚道)


続きは本文を御覧下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



管理人


戦前より、日本国内の政治家や軍部には、

ロスチャイルド と Dロックフェラ-のスパイだらけであった。

満州国建設は、日本を代理人にしてロスチャイルドが

やらせていたようだ。


そのままでは、Dロックフェラ-は、敗北してしまうので、

戦線を中国全土へと意図的に拡大するよう工作した。

そうする事によって、ロスチャイルドの野望をくじいた。

つまり、日本を敗北へと導いたのである。


やがて、日本は敗戦を迎へ進駐軍によって支配されるに到る。

その時に、ヘゲモニ-は、ロスチャイルドからロックフェラ-へと

徐々に取って代わられたのである。


こうした歴史の真相を知らなければ、今現在起こっている事の

本当の意味は決して理解出来ないであろう。

まして、ロスチャイルドが一元的に世界支配を進めていると

いった認識を持つと、多くの日本人が重大な判断ミスを

犯すのは火を見るより明らかである。



ロックフェラー 対 ロスチャイルド

http://ameblo.jp/64152966/entry-11425440653.html

~より


1914年にFRB(連邦準備銀行)が設立された時までは

アメリカもロスチャイルド家が実質を握っていたと思われるが
多くのロスチャイルド家の代理人が恐らく賄賂や恐喝により
ロックフェラー家に乗っ取られアメリカが「ロックフェラー帝国」に
なる準備が整い「1929年ブラックサーズデイ(世界大恐慌)」を
ロックフェラー家が意図的に起こしロスチャイルド系が大火傷した。
そこからはアメリカは「ロックフェラー家」が支配する帝国になった。

そして第二次世界大戦でロックフェラー家はブッシュ家を使い
「ナチス・ヒトラー」を支援しユダヤ人を虐待(ホロコースト)し
ヨーロッパの金持ちユダヤ人の財産を没収しヒトラーを叩き潰し、
日本も叩き潰し「ロックフェラー家の時代」に世界はなった。

「満州国」は
ロスチャイルド家により極東にユダヤ人国家を作る計画で
日本に統治させていたのだが米内光政などのロックフェラー家の
スパイがロックフェラー家の指示に従い満州国を超え中国侵略へ
向かい、すぐに真珠湾攻撃である。

おかしいではないか?
こんな無茶な作戦を取るほど日本人は馬鹿なのであろうか?
恐らく唆されたであろう。案の定、日本は「ゴキブリホイホイ」の如く
アメリカの戦略に嵌り敗戦国となり、
実質的に日本はアメリカの植民地になった。