木下さん!

あなたは、数々の疑惑に対して

何故、きちんと弁明なされないのですか?




飯山一郎HPより

http://grnba.com/iiyama/index.html#rr06281


ズバリ言えば、木下黄太という人間は日テレの「謀略機関」の細胞だ。
彼は、日本テレ会長・氏家斉一郎氏(故人)のスパイからのし上がって
きた人物だ。


スパイとして違法すれすれの取材をし、「偏向」した同僚や「反乱分子」
の情報を「奥の院」に報告する仕事もしていた。
そのような「仕事」は今もしている。


米国にある『木下黄太・マネジメント・オフィス』の経費も、日テレ系の
組織から出ているのではないか?!

木下黄太氏のような人間は、どこの大組織にもいる。当たり前のことだ。
しかし、木下黄太氏の「放射能の恐怖を煽る講演会ビジネス」は遺憾だ!
と、鷲は思う。


逃げたくても逃げられない! こういう可哀想なヒトを、
東京にいるのは馬鹿だ!とののしる。

さらに放射能障害の恐怖を、これでもか!とばかり植えつける…。
これは、どう考えても、残酷な「仕事」、いや「仕打ち」ではないのか?!



━─━─━─━─━─



木下黄太の「運動」は、個人の運動ではない!~より


米国にある『木下黄太・マネジメント・オフィス』も、木下黄太の個人
事務所ではなくて、木下黄太という専任講師をサポートし、監視し、
プロデュースし、問題が発生したら法的に対応するという「某組織」
の事務所なのだ。

どんな組織なのか? 分かる夜寝?!

全国規模の土壌汚染データの収集、全国をまたにかけた講演会
の開催、会場が狭いとなると、別の1000人規模の会場を即座に
確保するなど、まさに“組織的”である。


だから、木下黄太が「運動」を個人でやっていると思っているシトは
充分に用心して欲しい。

木下黄太の「個人的な善意」を信じて、子供の放射線障害の相談を
したり、メールで個人データを知らせたりしては駄目だ。

木下ブログに投稿すると、IPアドレスを記録されてしまう。

木下のツイッターのフォローも早めに解除したほーがEー!

木下黄太の講演会運動や、ガレキ反対運動は、

個人データを収集し、反原発意識の高い人間を
囲い込むことなのだからね。


この10日間で木下黄太はガラリと変わった。本性をあらわした!

「原発再稼動のデモには行くな!」 とまで本気で言いだした。

いっぽうで、木下黄太の本性を暴いた飯山一郎への中傷行為が

木下ブログのコメント欄や、ツイッターや、鷲の掲示板まで使って

一斉に始まった。まさに組織的である。






管理人

米国にある『木下黄太・マネジメント・オフィス』 ・・・ねぇ~。
そんなものを米国に持つ為には、
最低でも、①年収5千万円以上なければ、
無理だと思うのですが、どうなんでしょうか?


確か、今現在は無職のはずなんですが・・・
別情報では、まだ日本テレビに籍があり、休職中という話も。
休職中の場合でも、
年収1500万以上とも推測されている給料は支払われるのか?


或いは、②誰かが資金提供しているのでしょうか?

または、③某○○○組織にサポ-トされているのか?

この3つの中のどれかだと思いますが、
また、それ以外には到底考えられませんね。
極めてシンプルで初歩的な疑問ではありますが、
非常に重大な疑念が生まれています。


木下黄太氏は、明快に弁明する必要があると考えます。





バレバレだった 木下黄太はスパイ

彼は(日本テレビ会長・故人)氏家(斉一郎)氏のスパイだった。
スパイというか細胞だ。

田原: 何をしようとしたのか。

堀江: つまり、テレビ局の中に、
彼(木下氏)のようなトップとマンツー(一対一)でつながっている社員がいる。
それで(僕のところに来たように)突撃記者のようなこともやるのだけど、
たまにやっぱりやりすぎて処分される。
でも、どこか閑職ポストか何かに就かせて、氏家氏がキープしておくわけだ。

そういう人が何人かいて。
あとは、例えば社内に氏家氏の敵対的な勢力がいたりとか、
不都合な情報とかもどんどん報告させるわけ・・・






管理人

この記事に書かれているような事が、もし事実ではないのであれば、
木下氏は、堀江氏を告訴すべきでしょうね。

もし仮に、事実であるとするならば、大変深刻です。

何故ならば、日本テレビは、他のメディアとは完全に違う媒体です。
某国CIA自身が創設し、その傘下にある組織だからです。

日本テレビも東京地検特捜部も創設したのは、米国CIA





インターネット特有かも知れないが、
その人に対する意見の記事を書くと大変な事になってしまう。

記事を書く人やツイッター上でおかしな事を言う人には
熱狂的な信者がいて、そういう人達の攻撃にあう。
それは時に組織的で、複数の別々嫌がらせのメールの中に
もう一方のメールの内容を知っているフシがあったりする。

「こいつら、グルかよ」と物理的につぶやいたりする。

そんな、様々な嫌がらせを受けた事も事実で、
一時期本当に恐怖を覚えた事があった。


特に、
広瀬隆さん、武田邦彦さん、木下黄太さんあたりに
対する意見を書くと、結構酷い仕打ちを受ける。





職場放棄で処分された日テレ報道局デスク木下黄太

最前線で原発取材にあたっていた報道局社会部の統括デスクが
「自主避難」し、 社内で大問題になっているという。
出社拒否しているのは木下黄太デスク。


ウィキペディアで木下黄太 を検索しましたが、
見つかりませんでした。
おかしいですね?
あれだけ有名な方なんですが・・・

しかも、ある記事によると、日テレを退職になってないのは
恐らく、事実であろうという事らしいです。
休職中って扱いなのかな?

もし、事実なら、あれだけ反原発活動をやっていて、
解雇にならないというのは不思議で仕方ありません?
通常は有り得ない話なんですが、御本人に聞いてみるか、
日テレに問い合わせて見る他はなさそうです。

━─━─━─━─━─



広瀬隆さんについてこんな情報があります

「セリッグ・ハリソン」 (アメリカ軍・情報将校)から30年間、
反原発について広瀬氏は指導されてきたようです。

CIAは日本の反原発や反戦活動を裏で操ってきた。
東アジアの国々をアメリカの言いなりにさせるべく、
謀略工作を行う専門の人物セリッグ・ハリソン




セリッグ・ハリソン

(CIA = 東アジアの核保有の動きを監視する係)&広瀬隆

http://ameblo.jp/umincosmo/entry-11350938069.html


「『放射能が恐ろしい!』から、

関東圏域(東京も)から逃げなきゃ命が危ない!」と

緊急性を煽って警告を発し、更に、

「反原発の首相官邸デモに参加しましょう」と熱く呼びかける広瀬氏。

(20万人を集めた)







管理人

日本のあちこちから、無数に聞こえてくる言葉に対して、

木下黄太氏には、是非とも、応えて欲しいものである。


『 あの人は、どこに行っても、どこであろうとも、


相手が誰であろうとも、罵声ばかりが聞こえて来る。


この人には、慈愛の心が微塵も感じられない。』



愛の無い正義感って存在するのだろうか!


何か、仕事でやっているような気すらしてしまうが、

もし、仕事か、或いは、何かの任務だとしたら、

それは、一体何だろうか?

http://ameblo.jp/64152966/entry-11346567056.html




どうやら、

右翼も左翼も関係ないらしい。


その双方のどちらにも、例の工作員が暗躍しているらしい。


無論、

反原発派にも原発推進派も同じという事になる。


対立する双方に、工作員を配置して、

操縦しつつ、舵取りをして、

大きな流れを自分達の都合の良いように

導くのは、最高度の高等戦術として教書にあるらしい。

http://ameblo.jp/64152966/entry-11332605703.html



もう一つ ↓


http://blog.shadowcity.jp/my/2012/10/post-1269.html


「日本は謝れ」と叫んでいるのも、

「うるせー、バ韓国」と応えるのも、どっちも統一協会。

残念、プロレスどころじゃない、完全にジサクジエン。

一人芝居。何のためにそんな事をやっているのかというと

半目しあって、アメリカに反抗しないようにするため。



私は、
木下黄太氏の行って来た事を支持し、応援もしてきました。
活動そのものは、ある程度、正当性があったのです。


しかし、最大の問題は、その活動が善意に基づくものか、

或いは、他の目的の為なのかという一点です。


今回は、それが最大の核心部分です。


もし、他の目的であるとするならば、

いずれ、決定的な裏切りに出会う事になるでしょう。


ここ一連の流れを見ていますと、

悪いほうの可能性を強く感じています。


彼のウィキペディアが抹消されているのには、

何か、とても不自然なものを感じます。

恐らく、意図的に消されたものと思いますが、

それを消せる人間なんて、そんなにはいないはずです。

一体、何を知られたくなかったのか?


いずれ、全てが明らかになると思いますが、

今の私たちには、そんなに時間は残されてはいないのです。

幾ら、非難にさらされても、真実を追求するのみです。


ある方が、私に以下のように申されました。



私も平時であれば他人を批判などしません。

自分に返ってきますから。


しかし、311以降は戦時です。


日本や日本人を守るために敢えてやっています。


戦争 ドンッ ですから。





wantonのブログ



木下黄太的なものとは何ですか? 

http://togetter.com/li/331903